car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アクア(旧名プリウスC)の発売日と車体価格が決まる

トヨタ「アクア」、プリウスCの車名が決定

これまでプリウスCとして報じられてきたヴィッツベースのハイブリッドカー。
この正式名称が「アクア」に決まった。
アクアはトヨタとしては初のコンパクトハイブリッドで、発売日は年内の2011/12/26に決定したようだ。
早ければ10月下旬頃からの予約開始もあり得るので、狙っている人は要チェック。
このアクアは人気車種になることはほぼ間違いなく、少なくとも半年以上、場合によっては1年近くの納期待ちになる可能性が高い。
価格については、当初150万円台後半と報じられることが多かったが、大方の予想より10万円アップの160万円台後半、あるいは170万円前後になる見込み。
アクアの燃費性能は10・15モードで40.0km/Lを達成し、現行プリウスの38.0km/Lを上回るものになる。

アクアは二代目プリウスのコンパクト軽量化版

アクアに使われるハイブリッドシステムは、先代の二代目プリウスにつかわれた1.5LのTHSⅡが採用される。
エンジン、制御系ともに改善が盛り込まれているとはいうものの、ハイブリッドシステムに関しては大きな違いはない。
二代目プリウスの10・15モード燃費35.5km/Lから大きく飛躍し、40.0km/Lとなったワケは軽量化にある。
2代目プリウスの1250kgから170kgの軽量化を達成し、アクアの車両重量は1080kg。
もちろんアクアのボディサイズが2代目プリウスより一回り小さいというのもあるが、小型のホンダIMAを搭載したフィットハイブリッドと比較しても、アクアは50kgも軽く設計されている。
ボディサイズは全長3995mm×全幅1695mm×全高1445mmと何とか5ナンバー幅、かつ全長4m以内に抑えた。
全高は最近のコンパクトカーとしては、やや低めで、空力特性を意識したものだろう。

ニッケル水素バッテリーの積載位置は後席下となっており、ヴィッツなどの非ハイブリッド車と比較して、シートアレンジや居住性がどの程度犠牲になるのかが気になる所。
新型アクアの今後の情報に注目していきたい。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント