car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アクア、新型小型ハイブリッド(トヨタ)の燃費性能とトランクルーム

アクアが12月26日発表、来年2012年1月市販

トヨタ初のコンパクトハイブリッドとして、アクアが2ヶ月後の12/26に発表される。
この新型ハイブリッド車種は、これまで開発名プリウスCとして呼ばれることが多かったが、アクアとして正式に車名登録される。
ハイブリッドシステムを搭載しながらも全長3995mm、最小回転半径4.8mと、ちゃんとコンパクトカーとしてのサイズに収まっている。
アクアの燃費性能は、ガソリンを燃料として走る量産車の中で最高となり、10・15モード燃費40km/Lを達成。
開発中は44km/Lと噂されることが多かったこともあり、少し拍子抜けしてしまう人もいるだろうが、それでも現行プリウスを上回る燃費性能は立派。
価格は160万円前後から200万円程度になるとされる。
アクアは2012年のベストセラーカーになることは間違いないだろう。

3グレード構成、アクアLのみが40km/Lを達成

アクアはベースグレードのアクアL、中間グレードのアクアS、そして上級グレードのアクアGの3グレードで販売される。
このうち、アクアLに限り最高燃費の10・15モード40.0km/Lを達成する。
残りのアクアS、アクアGについては、10・15モード燃費で37.0km/Lということだ。
新基準のJC08モード燃費については、全てのグレードで変わりがなく34.5km/Lを達成する。
この34.5km/Lという数字が、これからの低燃費コンパクトカーのベンチマークとなり、しばらくアクアが優勢な状況は続くだろう。

アクアはニッケル水素電池が小型化

アクアの駆動用バッテリー搭載位置はリアシート下。
このリアシート下というのは、ガソリンタンクも搭載されており、非常にスペースが制限されている。
アクアのハイブリッドシステムは、基本的に先代プリウスの1.5Lモデルのものが流用されているが、ニッケル水素バッテリーについてはコンパクト化することで、その積載スペースの問題をクリアしている。
ただし資料のラゲッジルーム写真を見た限りの判断では、後席シートを前倒ししてもトランクルーム床面はフルフラットにはならず、しっかりとした段差が残るようだ。
このあたりをデメリットに感じる人はアクアを選ぶ際に注意が必要となる。
絶対的な荷室容量についてはコンパクトカーとしての及第点をなんとか確保したというレベル。
5名乗車時の荷室長は722mmで、後席を倒せば1660mmに拡大する。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント