car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

投稿日:2017/06/18 更新日:

次期フォレスターはSGP採用、VIZIV FUTURE CONCEPTがデザインベース

スバルではフォレスターのフルモデルチェンジに向けた準備が進められている。前回の東京モーターショー2015では、VIZIV FUTURE CONCEPTとして、次期フォレスターを予告するコンセプトモデルが出品された。2017年秋の同ショーでは、市販型のワールドプレミアとなる見込みだ。

(写真はVIZIV FUTURE CONCEPT、東京モーターショー2015)
次期フォレスター VIZIV FUTURE CONCEPT

スバルではスバルグローバルプラットフォーム(SGP)をレガシィ以下の車種において普及させる計画となっており、既にインプレッサとXVがSGP採用のフルモデルチェンジを受けている。次なる展開として、2012年11月より販売期間5年が過ぎようとしているフォレスターが挙がっている。

VIZIV FUTURE CONCEPT スバル VIZIV FUTURE CONCEPT 東京モーターショー2015

次期フォレスターから採用されるスバルのプラグインハイブリッド、導入は1年遅れる

次期フォレスターに搭載されるエンジンは1.6LターボのDIT、2.0L NA、2.5L NA、そしてプラグインハイブリッドの4種類が候補となっている。日本市場向けには、ここからさらに数種類に絞られる可能性がある。

スバル VIZIV FUTURE CONCEPT インテリア スバル次期フォレスターVIZIV FUTURE CONCEPT

特にプラグインハイブリッドについては、スバルの現行ラインアップでハイブリッド車が無いことからも注目度は高い。メインユニットは1.6L DITとなり、これにモーターアシストが加わったシステムが予想される。

VIZIV FUTURE CONCEPT 東京モーターショー2015 VIZIV FUTURE CONCEPT

新型フォレスターは、2017年10月に東京モーターショーでワールドプレミアされ、2017年度内の発売となる見込み。ただし、プラグインハイブリッドは1年程度遅れての発売となるだろう。

#1 匿名さん2017/06/19(Mon)21:42:39
XVの兄貴分なのかな…
税制の事考えると1.6lターボは不利だろう…
2.0lターボと他にしたほうがXVと差別化出来るだろ〜な…
#2 匿名さん2017/06/20(Tue)12:31:14
次期フォレスターも横長テールランプなのかな
#3 匿名さん2017/10/09(Mon)15:45:59
日本の税制に合わせて1.5L落としてくれたほうがありがたいんだけどな。1.6L載せるくらいなら2Lターボにしろってほんま思う
#4 匿名さん2017/10/09(Mon)17:34:49
ホントそう思います
1.6って中途半端です、それなら1.5か逆に2.0にしろよって思ってしまう
#5 匿名さん2017/10/09(Mon)22:07:02
お前らバカだな。
世界的には1500CCより1600CCという排気量が主流だからに決まってんじゃん。
1.5Lが主流の日本市場が世界的に見れば少数派なの。
#6 匿名さん2017/10/09(Mon)23:17:56
そんなこと
わかってるよバカ♯5
#7 匿名さん2017/10/09(Mon)23:51:31
♯6バカヘ
わかってるなら、根拠を示せよ!
>1.6って中途半端です、それなら1.5か逆に2.0にしろよって思ってしまう

教えてもらってありがとうも言えないのか?
だから、お前は仕事ができないって言われんだよ!
#8 匿名さん2017/10/10(Tue)00:10:23
ニワカのオンパレードだな。
1.5L好きなんだろ?
ウイングロードとか、キューブのほうが安いじゃん?買えよ。

スバルはお前らニワカの意見なんか取り入れないぞ。
日本市場なんてオマケなんだから。
#9 匿名さん2017/10/10(Tue)03:13:29
#10 匿名さん2017/10/10(Tue)03:24:41
♯8のクソ野郎

ウイングロードとか、キューブのほうが安いんならオマエが買えよ

#11 匿名さん2017/10/10(Tue)10:17:11
♯9
♯10
恐らく「マークX」で騒いでるアンチと同一人物かと。
♯7、♯8に対して、罵倒するのが精一杯・・・
反論コメのヒネリが無いから、外野としては読んでて面白くないよね。
#12 匿名さん2017/10/10(Tue)10:32:44
♯11さん!?

だったら読まないのが一番じゃないかしら
コメントしなきゃよいのよ
#13 匿名さん2017/10/10(Tue)10:42:07
♯10さん
違いますよ。
あなたが1.5Lに拘っているから、1.5Lしか設定のない
ウイングロードやキューブの名前を挙げたんじゃないかと・・・
#14 匿名さん2017/10/10(Tue)10:46:46
人それぞれいろいろな考え方があるんだから
肯定的意見も否定的意見もあっていいと思います
アンチコメント探しわまっている人間がいるのが
邪魔くさい
見ていて笑えるけどね
#15 匿名さん2017/10/14(Sat)21:27:08
好きなの買えよ!w
#16 匿名さん2017/10/22(Sun)05:48:56
VWゴルフは、ガソリンの1.5リッターエンジンが、大人気だそうです。ヨーロッパ車でも、1.5リッターが主流!!
#17 匿名さん2017/10/22(Sun)06:24:36
VW製の1.5Lは現時点で日本未導入。それを主流と言われても・・・
現在でも欧州市場は1.4~1.6Lが主流である(メルセデス・ルノー・PSAグループ・FCAグループなど)

欧州市場は長年、排気量は1.0Lから200cc刻みが主流だった
日産・スバル・スズキに1.6Lモデルが存在するのは、上記の流れに従ったもの
だが、近年、BMWおよびミニの直3 1.5L、ボルボの直4 1.5L等、日本に輸入される1.5Lが増加しているのも事実

スバルの1.6Lに対する批判コメントが多いが、スバルのエンジンはボア・ストロークの関係から、多彩な排気量を用意しにくいのだ

少しは周辺状況を理解してからコメントすべき
#18 匿名さん2017/10/22(Sun)18:37:21
#17 ガタガタうるせえよ荒らし君

人それぞれいろいろ意見や考えがあるんだから
他人の意見に絡むなよ
#19 匿名さん2017/10/22(Sun)19:48:43
♯17さん

詳細な解説ありがとうございます。なるほど納得です。

スバルの営業マンの人も+100ccの余裕を感じてください、と言っていました。たかだか年間数千円?の税金の差よりも+100ccを付加価値と捉えたほうが良さそうですね。
#20 匿名さん2017/10/22(Sun)20:14:07
トヨタは以前、日本向けには1.3&1.5Lを主力としつつ
欧州向けには1.4L&1.6Lをわざわざ作り分けしてました
欧州ライバルは排気量200CC刻みが主流だったためです
スバルは企業体力的に、作り分けはしにくいですから
日本市場含めて1.6Lとするのはやむを得ないですよね

#21 匿名さん2017/10/22(Sun)20:29:17
#17 #19 #20同一人物

自作自演大変ですよね
#22 匿名さん2017/10/22(Sun)20:41:32
日本税制区分(1.5or1.6)や5ナンバー枠等、
日本のルールは古過ぎだと思う
#23 匿名さん2017/10/22(Sun)21:15:49
批判が少なそうな無難なデザインだな
トヨタが斜め上のデザインを展開してくるから
逆に古く見えてくるわ
誰がどう見てもフォレスターだけど
#24 匿名さん2017/10/22(Sun)22:14:55
♯17が批判されてる理由が全くわからん
逆に勉強になったけど
#25 匿名さん2017/10/22(Sun)22:52:25
♯17
俺は逆に1.5Lの輸入車が以外に多いのにはびっくり
♯17 ドンマイ!
#26 匿名さん2017/10/22(Sun)23:11:56
プラグインハイブリッドが後から追加なのか・・・
NAエンジンだけだと、ちょっと魅力に欠けるかな・・・
輸入車はターボ車ばかりなので、見劣りする気がする
#27 荒らしはスルーが一番とは、ネット界隈での暗黙のルールである。2017/10/22(Sun)23:35:50
ネットにおける「荒らし」は、掲示板やコミュニティなどでは閲覧者を不快にさせるものである、これに反応した場合「荒らし」の投稿者は返ってきた反応に対して「釣り針にかかった」とばかりにさらなる「荒らし」をする、またこの「荒らし」投稿者を除外する目的で反応したりいたずらに刺激することで、さらなる荒らしが生まれ新規閲覧者などに不快な気持ちを与えることになる。よってこのような「荒らし」が発生した場合、反応や応答をせずスルー(無視)をすることで荒らしは勝手に去るというものである。

#28 匿名さん2017/10/23(Mon)13:14:23
#27
こうやって書いてる貴方が荒らしでは?

名前(任意)
コメント

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

次期フォレスターが開発中、2017年秋東京モーターショーでワールドプレミア

フォレスターは2017年秋 東京モーターショーでのフルモデルチェンジ予想

フォレスターハイブリッド予告、VIZIV FUTURE CONCEPT東京モーターショー画像

東京モーターショー2015、見逃せないモデル(後編)

次期フォレスター予告、VIZIV FUTURE CONCEPTが東京モーターショー公開予定

フォレスター後期モデルへマイナーモデルチェンジ、東京モーターショーで発表

フォレスターtSが発売、STIからのコンプリートモデルは435万円から

次期フォレスターが2016年発表か?SUBARU VIZIV 2 CONCEPTをジュネーブ発表

スバルがVIZIV 2 CONCEPTをジュネーブで発表、次期フォレスター or XVか?

次期フォレスターはスバル&トヨタ共同開発の次世代ボクサーハイブリッド搭載か

新型フォレスターのアイサイト装備グレードが人気、初期受注が好調

フォレスターがフルモデルチェンジ、FA20ターボエンジン搭載、さらに大型化

フォレスターのフルモデルチェンジ発表が11月13日予定、2.0L直噴ターボDIT搭載

新型フォレスターが11月のLAショーで発表予定、FA20ターボ搭載か

フォレスターのフルモデルチェンジは2012年12月、ボクサーディーゼル搭載

次期フォレスターは1.6L水平対向ターボハイブリッド搭載

フォレスターが2012年夏にフルモデルチェンジ

フォレスターの2.0XにS-style(特別仕様車)が追加

スバルが全車種にアイサイトを装備すると発表