car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次々期アテンザよりFRプラットフォーム、マツダのプレミアムブランド化計画

次期アテンザまではFF継続、エクステリアはVISION COUPEがベース

マツダは2017年の東京モーターショーでVISION COUPE CONCEPTを発表した。そのロングノーズのスタイリング、そして車内ではプロペラシャフトの存在を主張するかのような極太のセンタートンネルが設定されていることから、FRプラットフォームであることを疑ったが、担当者はFFであると明言していた。一方で、マツダがFRプラットフォーム化に向けて動き出していることは確定的となっており、アテンザを後継するクラスの車種が将来FR化されることになる。

(写真は現行アテンザ)
アテンザ

こういったマツダの動きを合算すると、次期アテンザは、ボディサイズが近いVISION COUPE CONCEPTをベースにしたエクステリアデザインとFFプラットフォームを採用することになり、フルモデルチェンジ時期は2019年以降となるだろう。

アテンザ リアコンビネーションランプ

そして、2025年以降あたりに登場する次々期アテンザからFRプラットフォームが採用されることが予想される。

(写真はVISION COUPE CONCEPT)
マツダ VISION COUPE コンセプト マツダ ビジョン クーペ リアコンビネーションランプ

FRアテンザ、トヨタとプラットフォーム共用の可能性も

マツダの販売規模からして、アテンザとその派生モデルのみで独自開発のFRプラットフォームを持つというのもリスクが大きい話。トヨタとの提携を活用し、クラウンやレクサス・ISとプラットフォームを共用することも現実的な選択肢となりそう。

自動車業界の提携再編が進む中で、従来からの中小規模ブランドは特色を絞った車種ラインアップへと切り替えてくる。

(写真はアルファロメオ・ジュリア)
アルファロメオ ジュリア 発売 ジュリア リアコンビネーションランプ

近年では、アルファロメオが新型ジュリアとして、マセラティ・ギブリとFRプラットフォームを共用するDセグメントセダンを発売させており、ブランドのプレミアムイメージを強めている。

#36 匿名さん2018/02/06(Tue)21:48:41
完膚なきまでに叩きのめされます。ミニバン乗りなどと言うと。
#37 匿名さん2018/02/06(Tue)21:51:15
#35

週に1度満員乗車、さらに荷物をたくさん…

20アルからcx8へ乗り換えようとしたら荷室問題が。

オプションヒッチ使う訳にいかないし(爆)
#38 匿名さん2018/02/06(Tue)21:59:09
プレミアムブランドとしてアテンザを450万〜で売るなら軽も商用車も辞めないとダメでしょう。
#39 352018/02/06(Tue)22:16:43
♯37
そうか
3列シートが「単についてる」クルマと、3列シートが「キチンと」使えるクルマは違うよな
トヨタ・日産・ホンダで選んでみなよ
ちなみにVクラスは、日本人は「ミニバン」とカテゴライズするけど、あっちでは「商用車ベースの乗用車」だから、なりたちはちょっと違うと思うよ
#40 すいません、素人ですが……2018/02/06(Tue)22:34:35
国産でプレミアムブランドとしての位置を目指すには、まだまだマツダコネクトの質を上げないといけないと思いますが、皆さんはどのように思われてますかね?
#41 マツダコネクト2018/02/06(Tue)22:45:22
そういえば、マツダアンチからも指摘なかったな・・・

マツダコネクトの質の悪さは有名な話
でも2015年ごろからソフトウェアのアップデートを実施して、
ナビ精度の向上、ユーザビリティの向上が図られているよ

こういった「インフォテイメントシステム」の類は、今後重要な要素
マツダは、不具合に対して誠意をもって対応していると思うが、どう?
#42 匿名さん2018/02/06(Tue)22:47:19
マツダはトヨタとの業務提携において、商品補完の拡充を項目として挙げており、ロードスター的なスポーツをトヨタが、トヨタ製ミニバンをマツダが扱うことも無きにしも非ずかもしれません。
#43 匿名さん2018/02/06(Tue)22:50:38
今年、デトロイトショーで発表されたように、ビックマイナチェンジが行われるのが行われる。
そのことから来年のフルモデルチェンジ(以下FMC)はない。
そして次のFMCアテンザがFR化なのではないか?
今さらFFのFMCで出しても、車好きにはFR化までの繋ぎのモデルと受け取られ、営業的に好ましくないのは明白。
ここまで報道されている状況を考えると、あと3年ほどでFRアテンザが出で来るのではないだろうか?

あと、これと組み合わされるであろう直6ディーゼルの開発をやってるという話も気になる。
#44 匿名さん2018/02/06(Tue)22:52:13
ミニバンを否定する意見が多いが、売れている=使い勝手が良い と言うことです。
日本の強みのミニバン文化で、独自のプレミアムで差別化しても良いと思うのですが・・・
マツダの6ATは多段化してほしいですね。
#45 匿名さん2018/02/06(Tue)22:56:25
※38
随分、アテンザの売価を引き上げたなwww

軽と商用車がないほうが、確かに「ぷれみあむ」だけど、すぐには切れないんじゃないかな
メルセデスだって商用車を併売しているんだから、問題はないと思うけど
#46 ド素人2018/02/06(Tue)22:59:50
別にアンチマツダではないですが、あれもこれもといろいろと手を出して大丈夫なのでしょうか。
#47 匿名さん2018/02/06(Tue)23:01:04
新車販売ランキングTOP5のうち、4台が軽。

こんな国…

自社でプレミアム軽しかない。
#48 調べてみたシリーズ2018/02/06(Tue)23:01:35
♯42さん
2017年8月4日付け、トヨタ自動車のプレスリリースより抜粋

商品補完の拡充
 既に北米においてマツダからトヨタにコンパクトセダンを供給しております。これに加え、日本においてトヨタからマツダに小型商用2ボックスバンを供給いたします。またこれ以外においても今後グローバルに商品補完の可能性を検討いたします。

だ、そうです。
#49 匿名さん2018/02/06(Tue)23:06:52
マツダが2020年に直列6気筒ディーゼルエンジンを量産し、FR(前部エンジン・後輪駆動)車に搭載する計画があることが分かった。主力SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)の次期「CX-5」から採用し、「アテンザ」などに採用を拡大する。(出典元:日経オートモーティブ2018年1月号)
本当にできるのかなあ。
#50 調べてみたシリーズ2018/02/06(Tue)23:07:24
♯42さん
続きです。

■マツダ→トヨタへの北米でのコンパクトセダン
「ヤリスiA」のことです。
マツダのメキシコ工場で生産される「デミオの4ドアセダン版」です。
フロントマスクは、ヤリス(ヴィッツ)に似せてます。

■トヨタ→マツダへの小型商用2ボックスバン
詳細不明です。
タウンエースバン・ライトエースバンのOEM供給かもしれません。
現行ボンゴバンの後継車種なのでしょうね。
ちなみに本車は、インドネシアの「ダイハツ子会社」で生産される輸入車です。

せっかく(失礼)ミニバンを廃止したのに、またまたミニバンに手を出すことはないと考えています。
マツダは、自社ブランドでのミニバンは「売れない」と判断して撤退したのですから。
#51 匿名さん2018/02/06(Tue)23:07:47
以前何かの記事で「VISION COUPE CONCEPT」は本格走行は無理だが、一応移動用の自走はできるとあった。
「VISION COUPE CONCEPT」はFFというのは、それが前輪駆動というだけじゃないの?
#52 匿名さん2018/02/06(Tue)23:11:02
ごめん、理解不能
FF=前輪駆動でしょ

#53 匿名さん2018/02/06(Tue)23:12:57
♯48さん
情報ありがとうございました。今後のトヨタとマツダの動向に注視します。
#54 匿名さん2018/02/06(Tue)23:15:27
ここを読んでいると、いかにマツダが期待されているのか、
よ~くわかりますね。

こんなブランド、日本車メーカーではほかに見当たりませんね。
#55 匿名さん2018/02/06(Tue)23:18:18
#50さん
こんな情報は全く知りませんでした。提供ありがとうございました。
#56 調べてみたシリーズ2018/02/06(Tue)23:20:19
いえ、とんでもない

次期ロードスターと、次期BRZ/86のプラットフォームが共用、なんてこともあるかもしれませんね。
でも、もし実現したら、現行ロードスターとシャシーを共用する
フィアット/アバルト124スパイダーは、どうなってしまうのか?
こんなところも気になってきます。
#57 調べてみたシリーズ2018/02/06(Tue)23:22:46
♯55さん
トヨタ・ヤリスiAです。
https://www.toyota.com/yarisia/
完全なる「マツダ車」です。
#58 #41さん、感謝 マツコネ2018/02/06(Tue)23:29:10
ありがとうございます!
確かに、マツコネのプラットホームを海外製から国産社製に変更した点からは、良くなった とは 聞きますね。
けど、国産社外ナビのエントリーモデルのレベルと伺ってますー(´Д`)

ドイツ車や国産の高級車クラスは、ナビ一体型で社外ナビ装着不可の車が一般的……マツダもプレミアムブランドの流れでいくのであれば、ナビや画質・オーディオ性能も せめて 国産社外ナビのスタンダードモデル以上の性能は欲しいです 私は(´Д`)

追記
ミッションに関しても、アテンザクラスで しかもFR化するのであれば、6速ATでは なんだか しょぼい 雰囲気になりますねー。
プラットホームだけでなく、アイシンの8速または10速ATを流用しちゃったり……なんてことになったら、スカイアクティブの理念が薄くなる……???

2020年以降のSUBARUのアイサイトと同じ流れにならないか、懸念。
独自性よりも効率とグローバール化へシフト……なんてことに……
#59 ♯412018/02/06(Tue)23:40:34
ああ、全く同感だ

マツダの課題は、不具合をひとつひとつ、誠意をもって対応すること
マツダコネクトもそうだが、話題のディーゼルの「煤つまり問題」も

トランスミッションは、2020年発売を想定するのなら、今のまま6速ATってことはないよ 
将来のトヨタグループ入りが本当なら、♯58の予想通りだと思う

別に全てを、マツダで単独開発してほしいなんて、思わない
より良い部品をトータルにまとめて製品化してくれれば、いいと思うな
スバルも同じ
#60 匿名さん2018/02/07(Wed)00:46:09
コンパクトカーの売り方も、他社とは違う
ヴィッツ・アクア・フィット・スイフトなどは、廉価グレードベースに安全装備等を充実させた特別仕様車を売り出す(フィットは今はない)

デミオは逆
上級グレードをベースに、ライトブラウンやレッドの上質な内装色を取り入れたシャレオツな特別仕様車で、徹底的にプレミアム感を訴求する
当然、価格は高め

マツダとしては、本当はデミオはもっと数が出て欲しいはず
でも、そこをぐっと我慢して「安物感」を払拭する姿勢が伺える

わかる人にだけ、作り手の感性が伝わればいい
そんな売り方に共感する
#61 匿名さん2018/02/07(Wed)08:18:40
確かにデミオに安っぽいイメージを感じないよな
生活臭がないっていうか
#62 匿名さん2018/02/07(Wed)08:19:46
しかしそう感じてくれるのは、熱狂的ファンだけでもあるよ
なぜならファンなら色々手を掛けられた上位モデルを選ぶけれど
一般顧客は廉価モデルを選ぶからね

デミオで言うと上位グレードは華々しいのに、廉価モデルは
消音材大幅減から、ガラスの材質や厚さまで変えて
ユーザーの見えない所でありとあらゆる企業努力(コストダウン)してあり、それが使ってる人にも
ドア内凍るマウント振動が車体ごと揺すられるプラ内装の方は常にカタカタ等の実害として感じられてしまってる

でも、販売台数を支えてるのは、廉価モデル買ってくれる多数派顧客だ
それを棄てるのは簡単だけど、一定台数を超えたら売上の伸びを支えるのは割安感。マツダはアクセラやデミオのこれで伸ばしてきた
安全支援が全車共通なのは今や当たり前とはいえ、廉価求める顧客は敢えて外したい層も多いので
真にユーザー目線で売るなら、付けるも外すも選択可能にする
しないのは生産効率と安全イメージの為で確実に会社都合だからね

なにも批判しろなんて言わない。ただもう少しフラットに物言わないと、見てるこっちが危うく感じる
#63 ここに来るのは「熱狂的ファン」だけじゃない2018/02/07(Wed)09:13:42
関係者の内部告発か

毎度毎度、マツダのネガキャンお疲れさんだな
余程マツダに恨みがあるようだが、マイナスの感情ばかりじゃ人生つまんなくないか?
どんな意見を述べようが自由だが、おんなじ調子で、全車種で批判を展開してくれたほうが、気持ちがいい
「マツダ」と「輸入車」ばかりネガキャンされると、目立ち過ぎだからな

カタログに掲載されていないグレードごとの仕様の違い(ガラスの板厚等)は、営業マンが説明してくれない限り、一般ユーザーにはわからないわな
でも、こんなの他社でも古今東西いろんな事例があるわけだし、社会通念上「悪」でもなんでもない
なんか問題あるだろうか?
ユーザーを「騙している」と言いたいのかね

それから「安全装備」のレスオプションをしない、っていうのがマツダの今のスタンスなんだろ?いいことじゃないか
「安全装備」をケチってまで買おうとする人間は、「ウチの客じゃない」から、他社に行って結構!ってことだろ?
廉価グレードには、安全装備のオプション設定すらできない他社のクルマより、会社として余程マトモな方針だと思うがな
#64 匿名さん2018/02/07(Wed)09:30:08
ひと昔前のスーパーの特売みたいなマツダのチラシ好きだったのに。

デミオ89.8万円!!

#65 匿名さん2018/02/07(Wed)09:34:45
♯64
見たことあるわ
「マツダ地獄」と言われた時期
#66 国産車 好き嫌いメーカー順位2018/02/07(Wed)11:27:19
皆さんが、順位をつけると どんななるのか気になる。
教えてください(´・д・`)✋

#67 匿名さん2018/02/07(Wed)11:29:34
マツダ
レクサス
ホンダ
スバル
トヨタ
スズキ
ダイハツ
ミツオカ
日産
三菱自
の順
#68 匿名さん2018/02/07(Wed)11:56:27
トヨタ
ホンダ
スズキ
マツダ
スバル
日産
レクサス
ダイハツ
三菱
#69 匿名さん2018/02/07(Wed)12:00:44
#45
レクサスやドイツ御三家並みのプレミアムを目指すならその価格帯だろうなとww

軽自動車のあるショールームでその価格の車は売れ無い。

欧州の売り方は知ら無いけど国内ではベンツも商用車扱って無いし、扱うとしてもちゃんとブランド相応の車に仕上げないとアカン。
#70 #67#68様へ2018/02/07(Wed)12:35:42
無知な私で申し訳ない。
予想以上にホンダが上位でしたので、ホンダの好きな所を教え願いたい!
最近のホンダ=ミニバンの、イメージしかないもので……
#71 ♯452018/02/07(Wed)12:39:00
♯69
うん、正論だと思う、賛同できる

でもさ、マツダは「プレミアムブランドを目指します!」なんて一言も言ってないぜ
マスコミや俺を含めたネットの住民が勝手に騒いでいるだけなのよ
こんな状況下で、「なんとなくマツダはプレミアム!」と思わせてくれるようになったマツダの努力に敬意を表したいけど

て、ことで、プレミアムじゃないから軽や商用車から手を引け!なんて、部外者の俺らが言えないんじゃないか、と
軽とか商用車の「生産をやめた」と「販売をやめた」じゃ、かなり影響度合い違うんじゃないの?今のお客さんを簡単には切れないのでは?

正式にトヨタグループの一員となったら、あらためて今後の方針を示すんじゃないかな
いつになるかわかんないし、できれば今の関係のままでいいんだけどね
#72 ♯672018/02/07(Wed)12:47:13
♯70
ホンダは、期待値込めてこの順位
ミニバンと軽ばっかりだし、F1は出走しているだけだし・・・
不満は多々あるけど、でも、ホンダは最近変わってきた
歴史あるブランドを大切にし、日本でも再び買えるようにしてきた
シビック・CR-V・アコードなど、NSXもそうなのか

現にN-BOXとかミニバンが売れているのが今のホンダ
たまに、S660とかリリースしてくれても、みんな買わないじゃん
「昔のホンダは良かった」なんて言ってるのは、懐古厨のオジサンたち

時代に合わせて変わっていくホンダを、受けとめられるかどうかなんじゃないの
#73 匿名さん2018/02/07(Wed)13:00:13
♯67
♯68
日産と三菱が統合し、「ルノー・ジャポン」に組織改編してくれたら
間違いなく「1位」に推す
そうじゃなければ、日本ではもういらない存在
#74 匿名さん2018/02/07(Wed)13:01:42
マツダが2020年に直列6気筒ディーゼルエンジンを量産し、FR(前部エンジン・後輪駆動)車に搭載する計画があることが分かった。主力SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)の次期「CX-5」から採用し、「アテンザ」などに採用を拡大する。(出典元:日経オートモーティブ2018年1月号)
本当にできるのかなあ。
#75 匿名さん2018/02/07(Wed)13:23:49
さあね、
シャシーの自社単独開発は難しいかもしれないが、エンジンは自前でやるんだろうね。V6ではなく敢えて直6ってところが男前。
世界的に排気量のダウンサイジング、シリンダー数の削減を進めるなか、
ホントかよ?ってのが正直な感想

この記事で、実に気になるのが「次期CX-5から採用」ってところ
現行CX-5は2017年2月からデリバリーが開始されたばかり
わずか3年ちょっとで次期型が登場するとは考えられない。
北米向け「CX-9」も2020年でわずか4年。

色々と信憑性が気になる記事。続報待ち。

なお、熱心なファンは直6ディーゼルより、ロータリーエンジンを搭載した「何か」を待ち望んでいるはずだけど。
#76 匿名さん2018/02/07(Wed)13:36:59
直6ディーゼルで、不具合なんて発生させたら、アンチマツダのおじさんの主張を、また聞く羽目になる
意外にもカープファンだったりしてw
#77 調べてみたシリーズ2018/02/07(Wed)14:05:15
マツダの高出力エンジン調べ

●日本市場で、最も出力の高いエンジン
CX-8用 2.2Lディーゼルターボ  190ps
●北米市場では
CX-9用 2.5Lガソリンターボ 250hp(日本未発売)

2.5Lターボは、5月にMCされるマツダ6(日本名:アテンザ)にも搭載されます。北米マツダのHPを拝見すると、その出力は227hpとのこと。
残念ながら、日本で発売されることはないでしょう。

以前は「マツダスピードアクセラ」や「RX-8」などもラインアップしていたのですから、現状のマツダラインアップは、少々寂しい気持ちになりますね。
「プレミアム」なるジャンルを目指すのであれば、より高出力のパワーユニットは欲しいところです。
#78 匿名さん2018/02/07(Wed)14:36:00
調べてみたの人、おつかれ

そうだな
速そうなイメージリーダーは必要だよな
意外にも、今のマツダのラインナップって、明確なスポーティなグレードが全く無いことに、今頃気づいたw
#79 匿名さん2018/02/07(Wed)15:31:25
VISION COUPE は次世代のデザインスタディであってアテンザのベースでもなんでもないだろ。ちなみに実物にはちゃんとリアデフがあったのでFRな。
マツダはGベクタリング含めてエンジンミッション協調制御やってるからTOYOTAと部品の共有はまずないだろね
#80 匿名さん2018/02/07(Wed)17:04:24
へぇ〜w
#81 匿名さん2018/02/07(Wed)18:42:37
本記事のクルマの駆動方式は「FR」だと思われ。
このクルマがそのまま「次期マツダ6=アテンザ」ではないと思われ。
ただ、このクルマのデザインモチーフは生かされると思われ。
次期マツダ6=アテンザは「FFベース」のまま。
次期次期マツダ6=アテンザが「FR」に転換との情報。

マツダの企業規模で、FRレイアウトを新規開発するのは、実現性は非常に低いと思われ。本記事に記載の通り、トヨタ・レクサス車とのプラットフォーム共用が定石と思われ。

まだまだ先の話。真実を知るのは関係者のみ。
#82 直6気筒 国内でも復活・復権・繁栄を。2018/02/07(Wed)19:53:13
Mercedes-Benzで直6エンジン復活の話を去年聞いた時は嬉しかった!日本導入未定だし、その前に買えないし(笑)

直6+FRで お願いしたいな。

トレンドの直4 のCセグメント以上の車は、いやだ(´Д`)
#83 匿名さん2018/02/07(Wed)21:16:43
FR化は2025年だって?待ちます楽しみ
#84 匿名さん2018/02/07(Wed)23:08:40
「次期型の次期型」の話だから、まだまだ先だな
まずは、来年登場する次期アクセラ&SKYACTIV-Xに期待しよう
#85 匿名さん2018/02/12(Mon)01:21:24
アテンザの後席、あれだけのサイズの割に乗ったら窮屈に感じた。
デザイン優先してるからか。次期型は居住性の改善も望みます。

名前(任意)
コメント

次々期アテンザよりFRプラットフォーム、マツダのプレミアムブランド化計画

アテンザ、LA発表のビッグマイナーチェンジを2018年春頃日本仕様に実施

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

マツダ次期アテンザは2017年秋のデビューを予想、HCCIガソリンエンジン搭載

アテンザ一部改良でGベクタリングコントロール装備、遮音静粛性アップ

アテンザ8月11日の改変は一部改良に留まる、安全運転支援システムを更新

アテンザが2016年8月11日マイナーモデルチェンジ、新エクステリア採用

マツダがアテンザベースの新型クーペを開発中、2.2LスカイアクティブD搭載

アテンザが2016年マイナーモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載スタート

アテンザとCX-5が後期モデルへマイナーチェンジ、グリルデザインを変更

アテンザが好受注とリコール対応のため納期に遅れ、クリーンディーゼルが人気

新型アテンザの納期は3ヶ月待ち、2.2Lディーゼルターボが人気

新型アテンザのディーゼルエンジン比率が76%に、納期に遅れ

アテンザのフルモデルチェンジは11月20日、割高な車両価格、ディーゼルに6MT

新型アテンザ予約受付開始、マツダ6ワゴンのパリモーターショー詳細画像あり

新型アテンザ欧州仕様のディーゼルエンジンはハイパワーとスタンダードパワーの2種

マツダが新型アテンザスポーツワゴンを量産開始セレモニーで公開

新型アテンザ MAZDA6の画像をマツダが公開、今夏モスクワでワールドプレミア

次期アテンザの発売早まる、10月にフルモデルチェンジ、マツダが動画公開

次期アテンザの発売は2012年末、マツダ山内会長がスカイアクティブ イベントで発言

新型アテンザが9月に発表、ディーゼルエンジン搭載

次期アテンザにディーゼルエンジン搭載グレード

次期アテンザの雄TAKERIが公開、東京モーターショー画像

次期アテンザはスカイアクティブテクノロジーが満載

アテンザ ハイブリッドがテスト中