car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダ アテンザワゴン後期型、ジュネーブモーターショー2018で公開

アテンザワゴンがマイナーモデルチェンジ、後期モデル発表

マツダはアテンザワゴンのマイナーモデルチェンジ発表をジュネーブモーターショー2018で行った。

(写真は新型MAZDA 6 アテンザ ワゴン)
アテンザ ワゴン後期

11月のロサンゼルスオートショー2017のアテンザ セダンのマイナーモデルチェンジに続く、ワゴンの発表となる。

アテンザ ワゴン フロントグリル アテンザ ワゴン バックドア

アテンザ後期型は大型メッシュグリル採用、フォグランプはヘッドランプ内に

新型アテンザのフロントデザインは大幅改良を受けてリフレッシュがかけられた。フロントグリルは大型化し内部はメッシュ化される。従来型ではペンタゴングリルのボトムの頂点に被さらないように日本用ナンバープレートが付いたが、これはユーロプレートでギリギリといったところだろう。

アテンザ ワゴン リアコンビネーションランプ マツダ6 アテンザ ワゴン 後期

そして、グリル外側両サイドにあったフォグランプはヘッドランプユニット内に収められ、元の位置はボトムにメッキガーニッシュを残し、シンプルに塗装面が埋められた。マツダは東京モーターショー2017で発表したVISION COUPE CONCEPTにより、曲面を主役とした次世代デザインを提案してきたが、このあたりと通じるものを感じる。

アテンザ ワゴン 後期 インテリア

リアデザインについては、セダンは水平方向に置かれたメッキガーニッシュの形状を変更することで表情の変化を感じることができた。ワゴンは従来型との大きな違いが無いようだ。

(写真は新型MAZDA 6 アテンザ セダン)
アテンザ 後期 アテンザ セダン 後期 リアコンビネーションランプ

パワートレインではSKYACTIV-D 2.2の最高出力が129kWから135kW、最大トルクが420Nmから445Nmに向上。SKYACTIV-G 2.5は気筒休止システムを採用。SKYACTIV-G 2.0についてもブラッシュアップを受けている。ただし、LA発表された2.5Lガソリンターボについては、ジュネーブでは言及されなかった。

アテンザ 後期 セダン アテンザ セダン 後期 ジュネーブ2018

日本発売については2018年春頃が予想されたが、現在のところ具体的なスケジュールは明らかとなっていない。2018年夏以降の発売になりそう。

#1 匿名さん2018/03/15(Thu)01:28:36
ヨーロッパのジーゼル規制は、マツダにとっては予想外だったろうな。SKYACTIVで黒煙を吐かないジーゼルのイメージが定着してたのに…
#2 匿名さん2018/03/15(Thu)08:11:50
黒煙は吐かなくなったが、煤が詰まって意図せぬエンスト多発!

#3 匿名さん2018/03/15(Thu)17:09:49
グリルについては改悪><
#4 匿名さん2018/03/15(Thu)17:10:49
SCRの出番か
#5 匿名さん2018/03/15(Thu)17:32:11
> #3
たしかに、前期型のほうが品があるね
#6 匿名さん2018/03/16(Fri)04:31:41
フロントグリルどうしちゃったの。
もっと迫力をって現場の声に押されたか。
#9 匿名さん2018/03/18(Sun)10:10:41
CX-3もアクセラもデミオも・・・この調子じゃこのグリルに駆逐されてしまうな。
さすがに、ロードスターだけは無事だと思うが。
ロードスターは最後の砦。
#10 匿名さん2018/03/18(Sun)17:01:05
このグリル、ダメ?
良くなったと思ったけどね・・・
現行ユーザーの人にはウケが悪いのかな
#11 匿名さん2018/03/18(Sun)17:26:27
フォグランプをヘッドランプハウンジング内に一体化させたので、バンパー部分がスッキりした
#12 匿名さん2018/03/20(Tue)13:53:57ID:UzYjNmMDWY
フォグランプ無くなったのは進化でしょう
この調子だと、アクセラFMCはかなりかっこよくなるんじゃないか

グリルは賛否ありそう
自分は実物を見るまではどちらとも言えない派
#13 匿名さん2018/03/20(Tue)23:18:40ID:UyZmMwOWmY
バンパーがすっきりしても、ヘッドライトまわりがギラギラデザインになってるからな
中期型のほうが精悍でスッキリした顔つきだよ
シグネチャーウィングだっけ?CX5にも思うけど、これは目の上につらぬくように配置してほしいよ…
#14 匿名さん2018/03/20(Tue)23:44:26ID:dmNjZiOTTM
外国に行くと日本車の中ではマツダ車が一番個性が強く見える。
力強いデザインでいい。

名前(任意)
コメント

過去記事(2018/02/06)

次々期アテンザよりFRプラットフォーム、マツダのプレミアムブランド化計画

次期アテンザまではFF継続、エクステリアはVISION COUPEがベース

マツダは2017年の東京モーターショーでVISION COUPE CONCEPTを発表した。そのロングノーズのスタイリング、そして車内ではプロペラシャフトの存在を主張するかのような極太のセンタートンネルが設定されていることから、FRプラットフォームであることを疑ったが、担当者はFFであると明言していた。一方で、マツダがFRプラットフォーム化に向けて動き出していることは確定的となっており、アテンザを後継するクラスの車種が将来FR化されることになる。

(写真は現行アテンザ)
アテンザ

こういったマツダの動きを合算すると、次期アテンザは、ボディサイズが近いVISION COUPE CONCEPTをベースにしたエクステリアデザインとFFプラットフォームを採用することになり、フルモデルチェンジ時期は2019年以降となるだろう。

アテンザ リアコンビネーションランプ

そして、2025年以降あたりに登場する次々期アテンザからFRプラットフォームが採用されることが予想される。

(写真はVISION COUPE CONCEPT)
マツダ VISION COUPE コンセプト マツダ ビジョン クーペ リアコンビネーションランプ

FRアテンザ、トヨタとプラットフォーム共用の可能性も

マツダの販売規模からして、アテンザとその派生モデルのみで独自開発のFRプラットフォームを持つというのもリスクが大きい話。トヨタとの提携を活用し、クラウンやレクサス・ISとプラットフォームを共用することも現実的な選択肢となりそう。

自動車業界の提携再編が進む中で、従来からの中小規模ブランドは特色を絞った車種ラインアップへと切り替えてくる。

(写真はアルファロメオ・ジュリア)
アルファロメオ ジュリア 発売 ジュリア リアコンビネーションランプ

近年では、アルファロメオが新型ジュリアとして、マセラティ・ギブリとFRプラットフォームを共用するDセグメントセダンを発売させており、ブランドのプレミアムイメージを強めている。

過去記事(2018/01/06)

アテンザ、LA発表のビッグマイナーチェンジを2018年春頃日本仕様に実施

アテンザが後期型へ、現行型ベース車の販売を延長させる

マツダは2017年12月のLAオートショーで、MAZDA6(日本名アテンザ)のビッグマイナーチェンジを発表し、アテンザ後期型の車体を公開した。その日本発売は2018年春頃にも実施される見込みとなっている。

(写真はアテンザ後期型)
アテンザ フロントグリル

現行アテンザは2012年発売の3代目モデル。これまでのモデルサイクルから考えれば、そろそろフルモデルチェンジといったタイミングである。しかし、今回は大幅フェイスリフトのビッグマイナーチェンジということで、現行型ベースのモデルが延命されることになる。

アテンザ 後期型 アテンザ リアコンビネーションランプ

フロントデザインは、メッシュタイプのフロントグリル採用と新デザインのヘッドランプユニットにより、さらにスポーティな印象となった。

アテンザ ヘッドランプ アテンザ インテリア

アテンザ後期型はスポーツイメージを強化、北米はSKYACTIV 2.5Tを採用

アテンザシリーズに新たに搭載されるパワートレインとしてSKYACTIV-2.5Tが発表された。外見だけでなく中身でもスポーツ性能を高めており、その最高出力は227hp、最大トルクは310 lb-ftとなる。ただし、このSKYACTIV-2.5T搭載モデルは北米仕様に限定され、日本仕様には導入されない可能性がある。

マツダ アテンザ 後期型

日本仕様にもあるNAのSKYACTIV-G 2.5では気筒休止システムが採用され、環境性能が向上する。人気のクリーンディーゼル SKYACTIV-D 2.2はキャリーオーバーとなる見込みだ。

過去記事(2017/08/31)

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

次期アテンザコンセプトは第二世代魂動デザイン採用

最近のマツダはSKYACTIV-Xと名付けられた予混合圧縮着火(HCCI)エンジンの発表で大きな注目となったが、これは10月に開催される東京モーターショー2017でも大きく取り扱われることになる。そして、こういった技術面の進化に加えて、デザイン面でも大きな変化が見られそう。次期アテンザとしての市販化が想定されるコンセプトカーが出品される見込みとなっている。

(写真は現行アテンザ)
アテンザ

次期アテンザのフルモデルチェンジ時期は2018年、モデル中期型からSKYACTIV-X導入か

2002年から始まるアテンザシリーズは、2012年に発売された現行型3代目から魂動デザインが初採用され、エクステリアでも高い評価を受けることに成功した。この魂動デザインも第二世代型へ切り替わりつつあり、先行して2017年2月にフルモデルチェンジを受けたCX-5では、新たなデザインの方向性を見ることができる。

(写真はCX-5)
CX-5 マツダ

CX-5における第二世代魂動デザインは、ペンタゴングリルは継続され、むしろ主張が強くなっている。アテンザはCX-5より低くワイドなボディシェイプであること、そして近年の世界的なデザイントレンドも考慮すれば、シャープなラインが増やされそう。ヘッドランプの眼つきも鋭くなりそうだ。

SKYACTIV-X HCCI

前述のHCCIエンジンについては、当然アテンザにも導入されることになる。アテンザのフルモデルチェンジ時期は2018年半ばが想定されており、HCCIエンジン導入時期の2019年より一足タイミングが早い。SKYACTIV-X搭載アテンザはモデル中期からの導入が予想される。

過去記事(2017/06/20)

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

次期アテンザ、第2世代KODOデザインで来春デビュー

マツダのフラグシップセダン、アテンザのフルモデルチェンジが2018年春頃に実現される見込みとなっている。

(写真は現行アテンザ)
アテンザ

マツダでは、2017年2月に行ったCX-5のフルモデルチェンジ発売を皮切りに、KODOコンセプトをデザインテーマとするモデルの第2世代型への切り替えが進められている。

アテンザワゴン

新型CX-5のエクステリアは、よりシャープでスポーティな路線へ舵が切られており、これは他メーカーを含めたグローバルなカーデザインのトレンドに追従したものであった。ヘッドランプ目頭のあたりは具体的に言えばBMW風と感じさせ、あくまでマツダのオリジナリティの範囲で欧州テイストが強められた。この流れは次期アテンザにも取り入れられることが予想される。

(写真は新型CX-5)
CX-5 マツダ

次期アテンザよりスカイアクティブ2を採用、ガソリンエンジンは高圧縮比+希薄燃焼技術で高効率化

また、技術面ではSKYACTIV 2が次期アテンザより採用される見込みとなっている。なかでもガソリンエンジンのSKYACTIV-Gは、従来からの高圧縮比による効率化に加え、希薄燃焼技術が取り入れられる見込みとなっており注目度は高い。ハイブリッド化よりもエンジンユニットの高効率化によって環境性能を向上させるマツダの方向性は継続されることになる。

(写真は現行SKYACTIV-G 2.5)
スカイアクティブG 25

次期アテンザのスケジュールについては、まずはコンセプトモデルの発表が2017年秋のフランクフルトモーターショーあるいは東京モーターショーにおいて期待される。その後、2018年3月に開催されるジュネーブモーターショーでの市販型ワールドプレミアとなり、日本市場を含め発売といった予想となる。

過去記事(2017/02/10)

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

次期アテンザのコンセプトモデル、東京モーターショー2017で発表か

近年においてはマツダの躍進が顕著であるが、その原点となっているのはKODOコンセプトを源流とするエクステリアデザインと、SKYACTIVEテクノロジーによる環境技術によるものと考える。マツダでは次なる展開として、SKYACTIV GENERATION 2と呼称される次世代技術が開発中となっており期待が高まる。

(写真は現行アテンザ)
アテンザ

SKYACTIV GENERATION 2は、マツダのフラグシップでもあるアテンザの次期モデルから導入される見込み。アテンザのフルモデルチェンジは2018年春頃が想定され、今秋の東京モーターショー2017ではコンセプトモデルの形でプレビューされることになるだろう。

アテンザ 2015 アテンザ リアコンビネーションランプ

次期アテンザは次世代SKYACTIV-G搭載、ストイキ&高圧縮比により環境性能向上

そしてSKYACTIV GENERATION 2のなかでも目玉となるのは、ストイキ&高圧縮比を新技術とする次世代ガソリンエンジンのSKYACTIV-Gである。ロータリーエンジン製造で鍛錬された職人技による微細加工技術は、競争の激しい自動車業界でマツダが存在し得るコアな部分と考える。この微細加工技術により、シンプルな自然吸気のガソリンエンジンながらも極限にまで燃焼効率を高め、その量産が実現される。このあたりは販売台数が多くなるトヨタ他ではマネのできない芸当と言えるだろう。

(写真は新型CX-5)
CX-5

次期アテンザのエクステリアについては、新型CX-5が細目ヘッドランプの第二世代KODOとも言うべき新エクステリアを採用したことにより、これと同様のデザインが取り入れられることが予想される。

過去記事(2016/12/29)

マツダ次期アテンザは2017年秋のデビューを予想、HCCIガソリンエンジン搭載

マツダ・アテンザは2017年秋頃のフルモデルチェンジが予想される

マツダでは次期アテンザに向けた開発が進められており、2017年秋頃のワールドプレミアが予想される。

(写真は現行アテンザ)
アテンザ

KODOコンセプトをベースとしたマツダの新世代ラインアップは、CX-5がフルモデルチェンジしたことにより2巡目に入った。そして、次のフルモデルチェンジはフラグシップセダンのアテンザということになる。

アテンザ リアコンビネーションランプ アテンザ 2015

新型CX-5のパワートレインは基本的には従来型のブラッシュアップ程度に留まっており、正直なところ物足りなさを感じた。次期アテンザでは第2世代スカイアクティブの目玉技術である、HCCI(予混合圧縮着火)ガソリンエンジンが採用される見込みとなっており期待が高まる。

次期アテンザにHCCIガソリンエンジン技術を導入、次世代ロータリーエンジンへの応用にも期待

通常ガソリンエンジンはスパークプラグからの点火により燃焼するが、HCCIガソリンエンジンは最適な圧縮と混合比率により燃料の自然着火が行われ、より効率の良い燃焼が実現される。自然着火という意味ではディーゼルエンジンに近い機構となるが、ガソリンが自然着火する条件は軽油と比較して非常に範囲が狭く、これまで量産車で実用化された実績は無い。走行状況により回転数が目まぐるしく変化する自動車向けエンジンではガソリンが自然着火する条件を維持するのが困難というわけだ。

次期アテンザに搭載されるHCCIガソリンエンジンとは、おそらく多くの回転域では従来のスパークプラグによる着火が行われ、部分的に自然着火に切り替わる方式となることが予想される。

(写真はRX-VISION)
RX-VISION

逆に、HCCIガソリンエンジンはエンジン回転数が固定された条件では自然着火する機会に恵まれることになり、これはレンジエクステンダー方式のハイブリッドシステムと非常に相性がいいことになる。最近では日産がノート e-POWERを発売しており、これはレンジエクステンダー方式が採用された。マツダも次世代ロータリーエンジンはレンジエクステンダー方式になる可能性があり、HCCI技術の今後が楽しみである。

過去記事(2016/08/31)

アテンザ一部改良でGベクタリングコントロール装備、遮音静粛性アップ

アテンザのフルモデルチェンジはまだ先、一部改良で現行型販売を継続

アテンザが2016年8月25日一部改良を受け販売開始となった。

(写真は新型アテンザセダン)
アテンザ

現行アテンザは2012年にフルモデルチェンジされた3代目モデル。過去のモデルサイクルからすれば、4代目モデルの具体的な情報も出始める時期ではあるが、今のところそういったものは無し。現行型アテンザは改良を受けながらしばらく販売されることになるだろう。マツダとしては、KODOデザイン以降はCX-5のフルモデルチェンジが先ということになるはず。アテンザはその次ということであれば2018年発表、2019年発売というスケジュールも一つの可能性となる。

アテンザ リアコンビネーションランプ アテンザ インテリア

アテンザにGベクタリングコントロール採用、スカイアクティブD 2.2は最新型へ

さて、今回のアテンザの一部改良は、Gベクタリングコントロールの導入がメインとなる。アクセラで先行して採用されるGベクタリングコントロールは、ステアリング角度と速度から最適なエンジントルクを割り出しアクセルワークを補正するシステムとなる。地味な技術ではあるが、これにより通常ドライブ時における乗り心地や車酔いの改善だけでなく、緊急時のハンドル操作においても操縦安定性が向上される。

アテンザワゴン アテンザワゴン リアコンビネーションランプ

この他に、クリーンディーゼルのスカイアクティブ-D 2.2には、DE精密過給制御、ナチュラル・サウンド・スムーザー、ナチュラル・サウンド・周波数コントロールが採用される。

アテンザセダン2016

また、L Packageにはフロントドアガラスに遮音ガラスが導入される。マツダのフラグシップモデルらしく、より高い静粛性を持った快適な車内が提供される。

アテンザ8月11日の改変は一部改良に留まる、安全運転支援システムを更新

アテンザが2016年8月11日マイナーモデルチェンジ、新エクステリア採用

マツダがアテンザベースの新型クーペを開発中、2.2LスカイアクティブD搭載

アテンザが2016年マイナーモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載スタート

アテンザとCX-5が後期モデルへマイナーチェンジ、グリルデザインを変更

アテンザが好受注とリコール対応のため納期に遅れ、クリーンディーゼルが人気

新型アテンザの納期は3ヶ月待ち、2.2Lディーゼルターボが人気

新型アテンザのディーゼルエンジン比率が76%に、納期に遅れ

アテンザのフルモデルチェンジは11月20日、割高な車両価格、ディーゼルに6MT

新型アテンザ予約受付開始、マツダ6ワゴンのパリモーターショー詳細画像あり

新型アテンザ欧州仕様のディーゼルエンジンはハイパワーとスタンダードパワーの2種

マツダが新型アテンザスポーツワゴンを量産開始セレモニーで公開

新型アテンザ MAZDA6の画像をマツダが公開、今夏モスクワでワールドプレミア

次期アテンザの発売早まる、10月にフルモデルチェンジ、マツダが動画公開

次期アテンザの発売は2012年末、マツダ山内会長がスカイアクティブ イベントで発言

新型アテンザが9月に発表、ディーゼルエンジン搭載

次期アテンザにディーゼルエンジン搭載グレード

次期アテンザの雄TAKERIが公開、東京モーターショー画像

次期アテンザはスカイアクティブテクノロジーが満載

アテンザ ハイブリッドがテスト中

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先