マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

次期アテンザコンセプトは第二世代魂動デザイン採用

最近のマツダはSKYACTIV-Xと名付けられた予混合圧縮着火(HCCI)エンジンの発表で大きな注目となったが、これは10月に開催される東京モーターショー2017でも大きく取り扱われることになる。そして、こういった技術面の進化に加えて、デザイン面でも大きな変化が見られそう。次期アテンザとしての市販化が想定されるコンセプトカーが出品される見込みとなっている。

(写真は現行アテンザ)
アテンザ

次期アテンザのフルモデルチェンジ時期は2018年、モデル中期型からSKYACTIV-X導入か

2002年から始まるアテンザシリーズは、2012年に発売された現行型3代目から魂動デザインが初採用され、エクステリアでも高い評価を受けることに成功した。この魂動デザインも第二世代型へ切り替わりつつあり、先行して2017年2月にフルモデルチェンジを受けたCX-5では、新たなデザインの方向性を見ることができる。

(写真はCX-5)
CX-5 マツダ

CX-5における第二世代魂動デザインは、ペンタゴングリルは継続され、むしろ主張が強くなっている。アテンザはCX-5より低くワイドなボディシェイプであること、そして近年の世界的なデザイントレンドも考慮すれば、シャープなラインが増やされそう。ヘッドランプの眼つきも鋭くなりそうだ。

SKYACTIV-X HCCI

前述のHCCIエンジンについては、当然アテンザにも導入されることになる。アテンザのフルモデルチェンジ時期は2018年半ばが想定されており、HCCIエンジン導入時期の2019年より一足タイミングが早い。SKYACTIV-X搭載アテンザはモデル中期からの導入が予想される。

関連するレポート

[ 2017/08/31 ]
#1 じょの2017/09/01(Fri)19:47:00
そろそろコンセプト変えたほうが…飽きられるのも早いぞ
#2 匿名くん2017/09/02(Sat)08:46:59
素晴らしい技術力を持っていることは十分にわかってるけど
似たようなデザインの車を作り続けないで。
#3 匿名さん2017/09/02(Sat)09:50:25
今のデザインは車種絞ってアテンザやCX-5あたりに留めて、他は車種ごとに新たなデザイン模索するべきだと思う。
#4 匿名さん2017/09/02(Sat)22:37:31
個人的には2019年だと思います
やっぱ新エンジン積まないと真新しさがないよ
#5 匿名さん2017/09/03(Sun)09:20:09
#2さんに同意
アテンザ… 元をたどればカペラ。初代カペラの圧倒的加速性能、流麗なク‐ペスタイル、精悍なフロントマスク、丸型テ‐ルランプ… どれかひとつでも、その車のアイデンティティとして拘りをもった伝統的車造りをなしていれば嘗ての凋落など無かったであろうと我なりに感じます。欧米の車は意外とその辺りに保守的手法が存在し各メーカーの名声に一役買っていると思います。カペラ、ルーチェ、サバンナの復活に期待!
#6 匿名さん2017/09/03(Sun)12:56:24
現行エンジンでも結構トラブルあるみたいだし。
飛びつくと人柱になりかねないと思う。
#7 匿名さん2017/09/05(Tue)16:30:04
新技術使うのはどこのメーカーも同じ
それでちょいちょいトラブルあるのも同じ
そういうのはメーカーも出す前から自信無いから、旧技術の安いグレードも出る
それ買えばいいよ
#8 匿名さん2017/09/05(Tue)17:24:52
オナニーしたいのは、誰も同じ
#9 匿名さん2017/09/14(Thu)14:20:20
高級車メーカー目指すなら趣味性の高いジャンルを攻めようぜ。SUVクーペとかさぁ。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ後期型、フランクフルト画像

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.