アテンザが2016年8月11日マイナーモデルチェンジ、新エクステリア採用

現行アテンザが後期型へマイナーモデルチェンジ、モデルサイクル延長

アテンザのマイナーモデルチェンジが2016年8月11日に実施される見込みとなっている。これはフロントデザインの変更を含めたビッグマイナーチェンジに相当するもので、アテンザは後期型へ移行することになる。

(写真は現行アテンザ)
アテンザ

マツダのフラグシップモデルであるアテンザシリーズは、2012年にフルモデルチェンジを受けた3代目モデルが現在販売されている。初代、2代目モデルについては、それぞれ6年、4年のタイミングでフルモデルチェンジを受けたが、今回は販売4年のタイミングでようやくビッグマイナーチェンジとなる。フルモデルチェンジを区切りとしたモデルサイクルはこれまでよりも少し長くなりそうである。

アテンザ 2015 アテンザ リアコンビネーションランプ

アテンザの新エクステリアは、マツダの次世代フェイスとなり他モデルへの展開が予想される

アテンザは今夏の改良で、フロントグリルおよびヘッドランプが一新され、エクステリアの印象は変わることになる。マツダの市販モデルで最も新しいものは、2016年4月に発表されたCX-4となる。ただし、CX-4は現行アテンザと同タイプのフロントフェイスが与えられており、新鮮味を感じるものではなかった。ビッグマイナーチェンジ後に見られるアテンザのフロントフェイスは、今後マツダの他モデルへ水平展開されることになる次世代デザインとなることが期待される。

(写真はCX-4)
CX-4 北京モーターショー

アテンザのマイナーモデルチェンジでは、パワートレイン改良も含まれるとのこと。現行のアテンザシリーズでは2.0Lガソリン、2.5Lガソリン、2.2Lディーゼルの3タイプのエンジンが用意されるが、どういった改良となるかは現段階では発表されていない。昨年の情報ではあるが、圧縮比18:1の第二世代スカイアクティブ-Gが開発中ということであった。燃費性能の向上は盛り込まれることになりそうだ。

関連するレポート

[ 2016/06/10 ]
#1 匿名さん2016/06/10(Fri)18:03:08
現在、各ディーラーでは改良後の情報を見ることが出来予約注文まで行えますが、記事のような情報は一切触れられていません。
あくまで今回は年次改良レベルで、アクセラのMCで採用された歩行者検知やADDのカラー化などと、ナッパレザーの採用、ピラー・天井のブラックアウト化、2.2Dのナチュラルサウンドスムーザーのような機能(正式名称は忘れました)の採用などの変更にとどまっています。
また、公式発表・発売の日付については、8月11日ではなく8月12日と聞いています。
私がディーラーで見せてもらった資料や聞いた内容とは異なるため、御社がこの情報を具体的にどこで取得してどの程度確度があるのかお答えいただければ幸いです。
#2 アノニマス2016/06/12(Sun)09:50:59
「販売4年のタイミングでようやくビッグマイナーチェンジとなる。」と書かれていますが、3年目の2015年1月にフロントマスクの変更インテリアの大幅変更などのビッグマイナーチェンジが行われています。1年後のこのタイミングでビッグマイナーチェンジはないでしょう。
 また「ビッグマイナーチェンジ後に見られるアテンザのフロントフェイスは、今後マツダの他モデルへ水平展開されることになる次世代デザインとなることが期待される」とも書かれていますが、フロントフェイスの変更程度のマイナーチェンジで次世代デザインと呼べるのでしょうか。記者のリテラシーに疑問を感じます。
#3 てんちん2016/07/06(Wed)04:23:33
知ったかばかりのデタラメしか書かれてない記事を恥ずかしげもなく掲載する度胸に感服したします。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

トヨタ新型カムリがワールドプレミア、北米国際オートショー2017開催

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

スズキ スペーシアカスタムZ プレミアムを東京オートサロンで出品、画像

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ新型シビック日本仕様は、セダン、ハッチバック、タイプRの3種類あり

レクサス新型LSが3.5Lツインターボ搭載でワールドプレミア、デトロイトショー2017

レクサスが新型コンセプトカー、LF-SAをジュネーブモーターショーで発表

ダイハツ・ミラは2017年秋フルモデルチェンジ、安全運転支援システム充実

スバルXVは2017年1月生産終了予定、3月ジュネーブで次期型発表の可能性

レクサスUX、プレミアムC-HRを独自デザイン、別チャンネルで販売予定

フィット2017年春マイナーモデルチェンジで直3 1.0Lターボを導入か

スズキ・スペーシア次期モデル開発中、2017年夏のフルモデルチェンジ予測

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

2017年はジュークがフルモデルチェンジか、新デザインとe-POWERで人気モデルに

三菱がジュネーブモーターショーでコンパクトクロスオーバーSUVを発表予定

ヴィッツハイブリッドの車両価格は181万9800円から、1月12日に発売予定

スズキ・スペーシア カスタムZが12月26日に発売予定、新エクステリアに期待

次期15代目クラウン開発中、2017年東京モーターショーでエクステリア発表予想

日産・ノート e-POWERの初期受注が好調、シリーズ合計月販15784台で首位

新型スイフト2017年1月4日発売、スズキのニューモデルラッシュ

スペーシア カスタム Zが発売予定、押し出し感の強い新エクステリアが追加

トヨタ新型プリウスPHVは326万1600円から、2017年2月に発売延期

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

スズキ新型スペーシア カスタムZを149万0400円から発売、燃費30.6km/L

トヨタ次期カムリ、北米仕様は2.5Lターボ有り、日本仕様はハイブリッド専用

スズキ・スイフトのフルモデルチェンジ発表は2016年12月27日、134万3520円から

三菱eKスペース、カスタムがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

バモスが一部改良を受けて販売継続、N BOXと共存する価値はあるのか?

新型スイフトのエンジンは1.2Lマイルドハイブリッド、1.0Lターボ、1.2L NA

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

次期カローラは車格アップ、トヨタのセダンラインアップは車種整理される

レクサスが次期LSを予告、コンセプトカーのLF-FCを東京モーターショーで発表

ヴェゼルの受注が好調、ハイブリッド納期は消費税増税後、将来はターボ追加

ヴィッツハイブリッドの発売日は2017年1月12日、先行予約12月開始

日産オッティ&三菱eKワゴン後継車、2013年6月の発売に向けて準備中

マツダCX-5がフルモデルチェンジ、予約受付開始246万2400万円から

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.