アテンザが2016年8月11日マイナーモデルチェンジ、新エクステリア採用

現行アテンザが後期型へマイナーモデルチェンジ、モデルサイクル延長

アテンザのマイナーモデルチェンジが2016年8月11日に実施される見込みとなっている。これはフロントデザインの変更を含めたビッグマイナーチェンジに相当するもので、アテンザは後期型へ移行することになる。

(写真は現行アテンザ)
アテンザ

マツダのフラグシップモデルであるアテンザシリーズは、2012年にフルモデルチェンジを受けた3代目モデルが現在販売されている。初代、2代目モデルについては、それぞれ6年、4年のタイミングでフルモデルチェンジを受けたが、今回は販売4年のタイミングでようやくビッグマイナーチェンジとなる。フルモデルチェンジを区切りとしたモデルサイクルはこれまでよりも少し長くなりそうである。

アテンザ 2015 アテンザ リアコンビネーションランプ

アテンザの新エクステリアは、マツダの次世代フェイスとなり他モデルへの展開が予想される

アテンザは今夏の改良で、フロントグリルおよびヘッドランプが一新され、エクステリアの印象は変わることになる。マツダの市販モデルで最も新しいものは、2016年4月に発表されたCX-4となる。ただし、CX-4は現行アテンザと同タイプのフロントフェイスが与えられており、新鮮味を感じるものではなかった。ビッグマイナーチェンジ後に見られるアテンザのフロントフェイスは、今後マツダの他モデルへ水平展開されることになる次世代デザインとなることが期待される。

(写真はCX-4)
CX-4 北京モーターショー

アテンザのマイナーモデルチェンジでは、パワートレイン改良も含まれるとのこと。現行のアテンザシリーズでは2.0Lガソリン、2.5Lガソリン、2.2Lディーゼルの3タイプのエンジンが用意されるが、どういった改良となるかは現段階では発表されていない。昨年の情報ではあるが、圧縮比18:1の第二世代スカイアクティブ-Gが開発中ということであった。燃費性能の向上は盛り込まれることになりそうだ。

関連するレポート

[ 2016/06/10 ]
#1 匿名さん2016/06/10(Fri)18:03:08
現在、各ディーラーでは改良後の情報を見ることが出来予約注文まで行えますが、記事のような情報は一切触れられていません。
あくまで今回は年次改良レベルで、アクセラのMCで採用された歩行者検知やADDのカラー化などと、ナッパレザーの採用、ピラー・天井のブラックアウト化、2.2Dのナチュラルサウンドスムーザーのような機能(正式名称は忘れました)の採用などの変更にとどまっています。
また、公式発表・発売の日付については、8月11日ではなく8月12日と聞いています。
私がディーラーで見せてもらった資料や聞いた内容とは異なるため、御社がこの情報を具体的にどこで取得してどの程度確度があるのかお答えいただければ幸いです。
#2 アノニマス2016/06/12(Sun)09:50:59
「販売4年のタイミングでようやくビッグマイナーチェンジとなる。」と書かれていますが、3年目の2015年1月にフロントマスクの変更インテリアの大幅変更などのビッグマイナーチェンジが行われています。1年後のこのタイミングでビッグマイナーチェンジはないでしょう。
 また「ビッグマイナーチェンジ後に見られるアテンザのフロントフェイスは、今後マツダの他モデルへ水平展開されることになる次世代デザインとなることが期待される」とも書かれていますが、フロントフェイスの変更程度のマイナーチェンジで次世代デザインと呼べるのでしょうか。記者のリテラシーに疑問を感じます。
#3 てんちん2016/07/06(Wed)04:23:33
知ったかばかりのデタラメしか書かれてない記事を恥ずかしげもなく掲載する度胸に感服したします。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

レガシィB4ブリッツェン発売計画あり、東京オートサロンのコンセプト市販化

トヨタが新型i-TRILコンセプトをジュネーブモーターショーで発表予定

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

日産E52新型エルグランド(2代目)ユーザー評価、トラブル、メンテナンス報告

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

フィットのマイナーモデルチェンジ2017年春GW前に実施される見込み

マツダ新型CX-5がフルモデルチェンジ発売、プレオーダー数は9055台に到達

ホンダ新型シビック、セダン、ハッチバック、タイプRが2017年夏に日本発売

新型ワゴンRが2月1日に発売、スティングレーを含め3タイプのエクステリア

スズキ ソリオ/三菱デリカD2を長所と短所で評価レポート

日産セレナe-POWERが2017年8月頃発売計画、シリーズ式ハイブリッド採用

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

スズキ・ワゴンRが2月1日フルモデルチェンジ、ストロングハイブリッド搭載か

ホンダがインサイト後継車を計画、次世代型1.5Lハイブリッドが搭載される

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ新型カムリハイブリッドは早ければ2017年7月発売、TNGA 2.5L HV搭載

ノア&ヴォクシーのマイナーモデルチェンジ計画、2017年夏フェイスリフト

新型ジューク市販型がジュネーブモーターショーで公開か、CMF-B採用

三菱・RVRが2017年2月9日にマイナーモデルチェンジ、新型フロントグリル採用

次期マーチ コンセプトか?日産がSWAYを発表、Vモーション採用

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.