アテンザが2016年8月11日マイナーモデルチェンジ、新エクステリア採用

現行アテンザが後期型へマイナーモデルチェンジ、モデルサイクル延長

アテンザのマイナーモデルチェンジが2016年8月11日に実施される見込みとなっている。これはフロントデザインの変更を含めたビッグマイナーチェンジに相当するもので、アテンザは後期型へ移行することになる。

(写真は現行アテンザ)
アテンザ

マツダのフラグシップモデルであるアテンザシリーズは、2012年にフルモデルチェンジを受けた3代目モデルが現在販売されている。初代、2代目モデルについては、それぞれ6年、4年のタイミングでフルモデルチェンジを受けたが、今回は販売4年のタイミングでようやくビッグマイナーチェンジとなる。フルモデルチェンジを区切りとしたモデルサイクルはこれまでよりも少し長くなりそうである。

アテンザ 2015 アテンザ リアコンビネーションランプ

アテンザの新エクステリアは、マツダの次世代フェイスとなり他モデルへの展開が予想される

アテンザは今夏の改良で、フロントグリルおよびヘッドランプが一新され、エクステリアの印象は変わることになる。マツダの市販モデルで最も新しいものは、2016年4月に発表されたCX-4となる。ただし、CX-4は現行アテンザと同タイプのフロントフェイスが与えられており、新鮮味を感じるものではなかった。ビッグマイナーチェンジ後に見られるアテンザのフロントフェイスは、今後マツダの他モデルへ水平展開されることになる次世代デザインとなることが期待される。

(写真はCX-4)
CX-4 北京モーターショー

アテンザのマイナーモデルチェンジでは、パワートレイン改良も含まれるとのこと。現行のアテンザシリーズでは2.0Lガソリン、2.5Lガソリン、2.2Lディーゼルの3タイプのエンジンが用意されるが、どういった改良となるかは現段階では発表されていない。昨年の情報ではあるが、圧縮比18:1の第二世代スカイアクティブ-Gが開発中ということであった。燃費性能の向上は盛り込まれることになりそうだ。

関連するレポート

[ 2016/06/10 ]
#1 匿名さん2016/06/10(Fri)18:03:08
現在、各ディーラーでは改良後の情報を見ることが出来予約注文まで行えますが、記事のような情報は一切触れられていません。
あくまで今回は年次改良レベルで、アクセラのMCで採用された歩行者検知やADDのカラー化などと、ナッパレザーの採用、ピラー・天井のブラックアウト化、2.2Dのナチュラルサウンドスムーザーのような機能(正式名称は忘れました)の採用などの変更にとどまっています。
また、公式発表・発売の日付については、8月11日ではなく8月12日と聞いています。
私がディーラーで見せてもらった資料や聞いた内容とは異なるため、御社がこの情報を具体的にどこで取得してどの程度確度があるのかお答えいただければ幸いです。
#2 アノニマス2016/06/12(Sun)09:50:59
「販売4年のタイミングでようやくビッグマイナーチェンジとなる。」と書かれていますが、3年目の2015年1月にフロントマスクの変更インテリアの大幅変更などのビッグマイナーチェンジが行われています。1年後のこのタイミングでビッグマイナーチェンジはないでしょう。
 また「ビッグマイナーチェンジ後に見られるアテンザのフロントフェイスは、今後マツダの他モデルへ水平展開されることになる次世代デザインとなることが期待される」とも書かれていますが、フロントフェイスの変更程度のマイナーチェンジで次世代デザインと呼べるのでしょうか。記者のリテラシーに疑問を感じます。
#3 てんちん2016/07/06(Wed)04:23:33
知ったかばかりのデタラメしか書かれてない記事を恥ずかしげもなく掲載する度胸に感服したします。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

CX-3に2.0Lガソリンエンジンモデル追加、JC08モード燃費17.0km/L

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.