car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スープラ市販型は2019年1月デトロイト発表、日本発売は2019年夏頃の予測

スープラ市販型のエンジンはBMW製に、3.0L 直6ターボと2.0L 直4ターボ

今春のジュネーブモーターショー2018では、GR Supra Racing Conceptとして、次期スープラのレーシング仕様が発表された。市販型は2019年1月の北米国際オートショーでワールドプレミアとなる見込みである。

(写真はGR スープラ Racing Concept)
GR スープラ レーシングコンセプト ワールドプレミア

トヨタブランドを代表するスポーツカーの復活ということであるが、開発の主体は協業関係にあるBMWにある。そして、車体の多くの部分はオープントップモデルのBMW次期Z4と共通化される。

GRスープラ フロントグリル GRスープラ トランクリッド

次期スープラの室内はBMW仕様がそのまま、ダイヤル式のiDriveも装備

エンジンラインナップは全てBMW製となり、トップに置かれるのが最高出力340ps、最大トルク45.9kgmの3.0L 直6ガソリンターボとなる。このほか2.0Lの直4ガソリンターボとして、ハイパフォーマンス型の258ps/40.8kgm、通常型の198ps/32.6kgmの2タイプが用意される。

GRスープラ racing concept トヨタ gazoo racing GR スープラ リアコンビネーションランプ

GR Supra Racing Conceptでは、インテリアの様子も一部公開された。

スープラ市販型はZF製8速ATのシフトレバー、およびハンドル位置にはパドルシフトも装備される見込み。iDriveのダイヤル式コントロールもセンターに置かれ、次期Z4だけでなく、既存のBMW車との共通部分も多くなりそうだ。

(写真はZ4 コンセプト)
コンセプト Z4 コンセプト Z4 インテリア

次期スープラの生産は、2019年に入ってからオーストリアの委託生産メーカーであるマグナ・シュタイア社によって行われる。日本発売は2019年夏頃となる見込みで、エントリー価格として500万円前後が予想される。

#1 匿名さん2018/05/20(Sun)15:28:11ID:cyMTZkYTGO
2.0Lの直4ガソリンターボで、258psがハイパフォーマンス型か。
#2 匿名さん2018/05/21(Mon)08:07:29ID:Q4NzQ0MTTZ
寂しい数値ではあるが。
まぁ、下からのトルク重視ということで・・・・
#3 匿名さん2018/05/21(Mon)18:07:36ID:kzNmM0YjTY
通常型の198ps/32.6kgmがメチャ安なら、それはそれでアリかもしれません。
#4 匿名さん2018/05/21(Mon)19:54:06ID:FjYTBlNTzO
せめて内装くらいはオリジナリティ出してくれませんかねぇ
#5 匿名さん2018/05/21(Mon)21:53:39ID:VmNTg0MDTM
クラウンも直6復活して欲しい
#6 匿名さん2018/05/21(Mon)21:57:43ID:NhZjEwZjTZ
2Lターボで40.8kgmは、ホンダやスバルの300psと同じだろ
ほんと馬や鹿しか目に入らないんだなw
#7 匿名さん2018/05/21(Mon)22:42:29ID:I4OTJlNDTO
BMWの直4だから、数値以上にトヨタの8ARの比じゃない官能性があるかもしれませんね。
#8 匿名さん2018/05/22(Tue)00:05:58ID:NkNjU0MmWY
#6
それ、低回転でトルク出て、高回転でトルク出てないってこと
だから回らないエンジンとか想像できるだろ。
カタログの数値に囚われすぎw
特性としてディーゼルエンジンっぽいタイプになるうじゃねーの
#9 匿名さん2018/05/22(Tue)09:25:04ID:czMDJjMGGZ
#8
B48 258ps/5000-6500 rpm 40.8kg・m/@ 1550-4400 rpm
FA20 300ps/5600rpm 40.8kg・m/4800rpm
K20C 320ps/6500rpm 40.8kg・m/4500rpm

低回転でトルク出てるが、回らないエンジンというほどでもない
ディーゼルぽいガソリンエンジンは、実際には速いで

www
#10 匿名さん2018/05/22(Tue)10:45:22ID:M0MGM0YTmN
#9
ふむふむ、それから推測するとトルクの変動は、
4000rpmまで40.8kg・m
5000rpmで36.7kg・mとなり
6500rpmでは25kg・mまで下がる
6800rpmまでは使えそうだな。意外と思ったより回りそうなんだな。

しっかし、こうしてみるとシビックは6500rpmで35.3kg・mもトルクでて10kg・mもトルク違うのな。そりゃ馬鹿みたいに回るわけだ・・・・
#11 匿名さん2018/05/22(Tue)21:13:20ID:VkM2RiNjzZ
欧州のテクノロジーに出力性能なんて期待するのが間違ってるだろ
もはやブランド力のみ
ロレックスに月差精度求めるやつなんているか

名前(任意)
コメント

過去記事(2018/03/06)

トヨタ・GR スープラ レーシングコンセプト、ジュネーブショー2018画像

GR Supra Racing Concept発表、ジュネーブモーターショー2018

トヨタは、本日プレスデーを迎えたジュネーブモーターショー2018でGR Supra Racing Conceptをワールドプレミアさせた。

(写真はGR Supra Racing Concept)
GR スープラ レーシングコンセプト ジュネーブ2018

発表前の予告ではRacing Conceptということであったが、発表ではスープラの文字がモデル名に含まれた。想定されていた通り、次期スープラ市販型ベースのレース仕様ということで間違いないだろう。

GR supra racing concept GR スープラ レーシングコンセプト ジュネーブモーターショー2018

市販型次期スープラ、オーバーフェンダーを取り除きほぼそのまま

フロントのエアインテーク形状は中央、左右の三分割デザインとなった。レース仕様のフロントスポイラーが装着されているが、市販型でも三分割デザインの大枠は変わらないだろう。

GRスープラ フロントグリル GRスープラ トランクリッド

曲面を多用したボディラインに対して、リアコンビネーションランプは直線的で印象に残る。LEDランプのドットをライン状に連結させたパターンとなっている。

GR スープラ レーシングコンセプト ワールドプレミア GR スープラ リアコンビネーションランプ

市販型ではタイヤサイズ、トレッドは大幅ダウンとなる。これに伴いオーバーフェンダーも控えめとなる。フロントフェンダーはヘッドランプの外側のラインで切り取られることになるだろう。

GRスープラ racing concept トヨタ gazoo racing GRスープラレーシングコンセプト

リアフェンダー前にあるエアインテークダクトは残されるはず。リアフェンダー後ろのエアアウトレット部分は恐らくごっそり無くなり、リアコンビネーションランプの外側のラインで仕上げられるはずだ。

toyota gr スープラ racing concept

大型リアウイングは市販型では無くなるが、これが取り付けられているトランクリッド部分については変更が無いと予想する。

過去記事(2018/02/13)

スープラ GTE、次期市販車ベースのル・マン車両がジュネーブで公開予定

市販車よりも先にスープラGTEを公開予定、レーシングコンセプト

トヨタは、3月6日にプレスデーを迎えるジュネーブモーターショー2018で、レーシングコンセプトモデルを出展することを発表した。ティザー画像1点が公開されている。

(写真はレーシングコンセプトモデルのティザー画像)
スープラ レーシング コンセプト

画像からはスポーツクーペタイプのボディにGTウィングが装着されているのがわかる。ワールドプレミアが噂されていた次期スープラと考えて間違いないだろう。ただし、前回レポートで書いた市販型ではなく、正しくは次期市販型ベースのレーシングモデルということになる。ドイツにあるTOYOTA MOTORSPORT GMBH(TMG社)によって作られた、LM-GTEの規定を満たすモデルで、ル・マン24時間耐久レースなどへの参加が想定される。

トヨタ スープラ

次期スープラの概形がジュネーブで判明する、BMW製B58T型直6ターボ搭載

ビッグネームの復活ということで、発売に向けて小出しにプロモーションが行われるが、今回のジュネーブショーのモデルにより、市販型スープラの大方の姿が判明することになる。市販型完成車体は、メインマーケットとなる米国でのワールドプレミアが予想され、4月のニューヨーク国際オートショーでの公開が有力である。

(写真は次期スープラコンセプト FT-1)
スープラ FT-1 次期スープラ 電動リアウィング装備

スープラ GTEに搭載されるエンジンは、レース仕様ということで市販型とは異なる。市販型の最上級グレードに搭載されるエンジンはBMW製のB58T型 3.0L 直6ターボユニットで、最高出力340psのパフォーマンスに仕上げられる見込み。その下には、BMW製のB48T型 2.0L 直4ターボが258psと197psの2種類のセッティングで用意されるだろう。

過去記事(2018/01/12)

新型スープラ、2018年3月ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

次期スープラのワールドプレミアはデトロイトでは行われない

2018年のトヨタは、新型スープラの発売が期待される。ワールドプレミアは2018年1月13日から一般公開される北米国際オートショーが予想されていたがこれは実現されず、3月のジュネーブモーターショーまで先送りされることになる。

(写真はFT-1、次期スープラコンセプト)
スープラ FT-1

次期スープラはエンジンもBMW製、スープラGRも計画中

トヨタは次期スープラのコンセプトモデルとされてきたFT-1を2014年の北米国際オートショーで公開していた。やはりクルマのキャラクターからして北米市場が重要視されているわけだが、市販型の公開は欧州ジュネーブとなりそうだ。

次期スープラ 電動リアウィング装備 トヨタ次期スープラ FT-1

次期スープラはトヨタが独自に開発製造するモデルではなく、BMWによるOEM生産モデルとなり、プラットフォームは次期Z4と共用される。もちろんエクステリアは別デザインで、Z4はオープンカー、スープラはスポーツクーペとボディタイプも異なる。

(写真はBMW・Z4コンセプト)
コンセプト Z4

パワートレインについては、開発当初はトヨタの技術供与によるハイブリッドシステムが予想されることも多かったがこれは実現されない。エンジンはBMW製となり、最高出力340psの3.0L 直6 ターボエンジンがトップグレードに置かれ、この他に2.0L 直4 ターボエンジンが最高出力258psと197psの2タイプが設定される見込みとなっている。トランスミッションはZF製8速ATが採用される。

コンセプト Z4 BMW コンセプト Z4 インテリア

実質的にはBMWによって作られたモデルであり、ワールドプレミアが欧州となるのも妥当なところか。

一方でカスタマイズモデルのスープラGRの話も進行中であり、これは2019年の登場が予想される。スープラGRでは直6エンジンのパフォーマンスアップが盛り込まれることも予想される。

過去記事(2017/11/26)

次期スープラ2018年秋頃の発売予測、ワールドプレミアは1月デトロイトか

次期スープラ姉妹車、BMW Z4コンセプトが東京モーターショーで出品

今秋の東京モーターショーでは、次期スープラのプロトタイプ出品を予想するメディアもあったがこれは実現しなかった。だたし、姉妹モデルのZ4についてはコンセプトモデルがBMWから出品を果たしており、その市販型が日本で販売されることが確定的となった。

(写真はZ4コンセプト)
Z4 コンセプト 東京モーターショー2017

次期スープラは次期Z4と共通プラットフォームとなり、専用エクステリアのスポーツクーペとして、2018年1月に市販型に近いものがワールドプレミアされる見込みである。

次期スープラのエンジンは全てBMW製になる可能性が高い、トップグレードに直6ターボ有り

次期スープラのパワートレインについては次期Z4と近いラインアップとなる可能性が高い。3.0L直6ターボ搭載の最高出力340psのユニットがトップグレードに置かれ、車両価格は700~800万円クラスが想定される。BMW伝統の直6ユニットの搭載は魅力的だがコスト的には手が届きにくい。

コンセプト Z4 インテリア コンセプト Z4 リアコンビネーションランプ

そこで車両価格を500~600万円クラスに抑えた2.0L直4ターボ搭載モデルもラインアップされ、こちらは出力重視の255ps仕様と燃費重視の200ps仕様の2つが用意される見込みである。トヨタおよびレクサスで搭載される8AR-FTS型ではなく、BMW製B48B20B型の採用が予想される。

コンセプト Z4 フロントグリル コンセプト Z4 フランクフルトモーターショー2017

いずれのエンジンにおいてもZF製8速ATがトランスミッションとして搭載されるだろう。

(写真は次期スープラのデザインスタディとされるFT-1)
スープラ FT-1 次期スープラ 電動リアウィング装備

これまでの開発はBMW主導で進められてきており、さらにパワートレインもBMW製となれば生産もBMW側で行われることになる。日本発売は2018年秋頃になることが予想される。

過去記事(2017/09/10)

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

トヨタ次期スープラコンセプトは2018年1月デトロイト発表か

次期スープラは、トヨタ×BMWの協業により開発中となっており、Z4後継車とプラットフォームが共用された兄弟モデルになるというのはこれまでお伝えした通り。そのZ4コンセプトもあさって開幕のフランクフルトモーターショーで車体公開される見通しとなっており、2018年内とされる発売に向けての準備が終盤を迎えていることが感じ取られる。

(写真はFT-1コンセプト)
スープラ FT-1

対するトヨタ側のスープラについても、来月開幕の東京モーターショー2017でコンセプトカーの発表が期待されたが、これは出品リストに入っていない。やはり、前身のFT-1コンセプトが発表されたデトロイトでのワールドプレミアとなりそうで、スープラコンセプトの姿を見るのは、2018年1月まで待つことになりそうだ。

(写真はZ4コンセプト)
Z4コンセプト コンセプト Z4 リアコンビネーションランプ

次期スープラはパワートレインもBMW製の可能性、縦置き直6ターボ搭載か

前述の通り次期スープラはトヨタ×BMWの共同開発であるが、その主体は専らBMW側にあるようだ。BMWが得意とするカーボンファイバー技術をベースに、特にシャシーについては開発初期段階からBMWが主導権を握るものと考えられていた。そしてパワートレインについては、トヨタが得意とするハイブリッド技術が生かされるのではという予想もあったのだが、これについてもBMWの技術がベースになる可能性が高い。つまり搭載されるのは3.0L 直6ターボあたりが有力。エントリーモデルとして2.0L 直4ターボ搭載グレードのラインアップも予想される。こうなるとトランスミッションについてもアイシンAW製とはならずに、ZF製の8速ATとなるだろう。

次期スープラはスポーツ指向よりもラグジュアリー性の強いモデルとなりそうで、こういった流れは主力市場となる北米の好みに最適化されたものと考える。日本のスープラファンは肩透かしを食らったと感じる仕様となるかもしれない。

過去記事(2017/06/17)

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

次期スープラはBMW・Z5と共通プラットフォーム、BMW主導で開発

スープラ後継のFRスポーツが開発中ということであったが、いよいよ市販型ワールドプレミアが現実的となってきた。2017年10月に開催される東京モーターショーでの出品が予想される。

(写真は次期スープラコンセプト、FT-1)
スープラ FT-1

先代型スープラが生産を終了したのが2002年であった。以降、スープラ復活に向けての動きはあったものの、リーマンショックなどの影響で市販化が実現されていなかった。その後、トヨタはBMWとの提携の中で次世代スポーツカーの共同開発を進めることになり、これは具体的には、BMW・Z5とスープラ後継モデルを指すことになる。

次期スープラ 次期スープラ リアウィング

トヨタ・スープラ復活、エンジンもBMW製になる見込み

次期スープラの開発はBMW主体で進められている。エンジンは3.0L 直6 ターボと2.0L 直4 ターボが用意され、いずれもBMW製となる。エンジンぐらいは自社ブランドを望むファンの声が聞こえてきそうだが、スープラ搭載に相応しいスポーティなエンジンを現在のトヨタでは用意できないというのが現状か。86がスバル製であることからも、このあたりにはあまり拘りを持たないのだろう。

次期スープラ 電動リアウィング装備 トヨタ次期スープラ FT-1

次期スープラの発売時期は2018年頃になるとされてきた。2017年に入ってからはテスト車両の目撃情報も上がってきており、発売に向けての準備が最終段階となっている。今秋のフランクフルトモーターショーでZ5が、東京モーターショーで次期スープラがワールドプレミアされてもおかしくない状況となってきた。

過去記事(2017/01/21)

BMW Z5が2017年フランクフルトモーターショーで発表か、スープラ姉妹車

BMW Z5が2017年秋に登場の可能性、Z4後継のオープンスポーツクーペ

BMWのオープンスポーツクーペ、Z4の後継モデルが2017年9月に開催予定のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアされる可能性がある。

(写真は従来型BMW Z4)
BMW Z4

Z4シリーズは2003年に初代モデル、2009年に2代目モデルとこれまで発売されてきた。既に日本仕様の販売は終了しており、後継モデルの登場が期待される。そして、Z4を引き継ぐ開発中の新型車は、更なる上位モデルとしてポジショニングされることから、Z5と命名されることになるだろう。

BMW Z4 リアコンビネーションランプ

新型Z5の発売時期は2017年頃となる計画であった。昨年2016年の段階でニュルブルクリンクでの走行テストが重ねられていたことを考えると計画の進捗は順調であることが伺える。

Z5に搭載されるのは直4と直6ユニット、姉妹モデル次期スープラとはCFRPプラットフォームを共用

Z5に搭載されるエンジンは、190ps、245ps、270psの3種類のセッティングで用意される2.0L 直4ターボが予想される。そして、Z5 Mは3.0L 直6ターボ搭載で425ps程度となる見込みである。

プラットフォームは炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を多用した新開発型となる。このあたりはi3とi8での技術が生かされることになるだろう。

そして、この新開発プラットフォームは、トヨタの次期スープラと共用されることになる。

(写真はFT-1、次期スープラコンセプト)
スープラ FT-1 次期スープラ 電動リアウィング装備

次期スープラは大幅な車格アップながらも車名は継続され、発売時期はZ5の一年遅れとなる2018年が予想される。次期スープラに搭載されるエンジンは8AR-FTS型直4ターボとなり、標準の200psに加えて、250ps程度の強化版を搭載したモデルもあるだろう。この他にV6 3.0Lツインターボモデルも用意され、いずれもトヨタ製ユニットということになる。ハイブリッドは初期モデルには設定されず、モデル中期以降の導入が予想される。

スープラ後継モデルBMW主導で開発中、トヨタ新開発3.0L V6ツインターボ搭載か

トヨタが車名スープラをアメリカとヨーロッパで商標登録済み、BMWと開発続行

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

トヨタがFT-1を国内公開した意図とは?次期スープラの開発が継続中

次期スープラの発売は遅れる、エンジンはBMWの直4ターボ、直6ターボを搭載

次期スープラ FT-1コンセプトに新色のグラファイトカラー、2016年発売予測

次期スープラにエアロトップのオープン仕様、次世代Z4と共通プラットフォーム

スープラ復活は2016年の予測、商標登録復活、NYオートショー FT-1 画像

次期スープラはカーボン製モノコックに2.5Lターボハイブリッドエンジン搭載

スープラ後継コンセプトがデトロイトで公開、トヨタFT-1がワールドプレミア

スープラ後継車か?86ベースGRMN新型FRスポーツ、水平対向FA20+ターボ+SC

トヨタ&BMW合作のスープラ後継車に、86プラットフォーム流用案あり

トヨタ・スープラが復活、BMW 6シリーズのシャシーで開発、直4ハイブリッド搭載

トヨタ、スープラ後継車種FT-HSコンセプトの開発を再開か

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先