car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スープラ GTE、次期市販車ベースのル・マン車両がジュネーブで公開予定

市販車よりも先にスープラGTEを公開予定、レーシングコンセプト

トヨタは、3月6日にプレスデーを迎えるジュネーブモーターショー2018で、レーシングコンセプトモデルを出展することを発表した。ティザー画像1点が公開されている。

(写真はレーシングコンセプトモデルのティザー画像)
スープラ レーシング コンセプト

画像からはスポーツクーペタイプのボディにGTウィングが装着されているのがわかる。ワールドプレミアが噂されていた次期スープラと考えて間違いないだろう。ただし、前回レポートで書いた市販型ではなく、正しくは次期市販型ベースのレーシングモデルということになる。ドイツにあるTOYOTA MOTORSPORT GMBH(TMG社)によって作られた、LM-GTEの規定を満たすモデルで、ル・マン24時間耐久レースなどへの参加が想定される。

トヨタ スープラ

次期スープラの概形がジュネーブで判明する、BMW製B58T型直6ターボ搭載

ビッグネームの復活ということで、発売に向けて小出しにプロモーションが行われるが、今回のジュネーブショーのモデルにより、市販型スープラの大方の姿が判明することになる。市販型完成車体は、メインマーケットとなる米国でのワールドプレミアが予想され、4月のニューヨーク国際オートショーでの公開が有力である。

(写真は次期スープラコンセプト FT-1)
スープラ FT-1 次期スープラ 電動リアウィング装備

スープラ GTEに搭載されるエンジンは、レース仕様ということで市販型とは異なる。市販型の最上級グレードに搭載されるエンジンはBMW製のB58T型 3.0L 直6ターボユニットで、最高出力340psのパフォーマンスに仕上げられる見込み。その下には、BMW製のB48T型 2.0L 直4ターボが258psと197psの2種類のセッティングで用意されるだろう。

#1 匿名さん2018/02/13(Tue)22:58:25
BMW製エンジン搭載車を700万円台~というお手頃価格でご提供w
トヨタの開発担当範囲がどこなのかが、そろそろ判明しそう
デザインだけってことはないよな?
#2 匿名さん2018/02/13(Tue)23:23:49
市販車にも自社エンジン積んで欲しかったけど、
多彩なパワートレーンは国産にない魅力か。
後からHVも出そう。
#3 匿名さん2018/02/13(Tue)23:49:58
やはり直6は今でもBMWに勝てないのか。
情けないトヨタ…。
#4 匿名さん2018/02/13(Tue)23:57:49
直6に関わらず、一度たりともBMWに勝てたことはないw
将来的に「BMWグループ」入りへの布石
#5 匿名さん2018/02/14(Wed)04:04:32
Z4なんかよりスープラのが断然ブランド力がある、トヨタはJDM文化やワイルドスピードに感謝しないとな
どこが作ろうがEVになろうがトヨタはスープラ売り続けて欲しい
#6 匿名さん2018/02/14(Wed)05:31:15
エンジン以外はトヨタ製となったら宝の持ち腐れ確定だな。
どうせフニャフニャな足周りになるんだろうな。
#7 匿名さん2018/02/14(Wed)07:24:35

※5
トヨタミニバンユーザーの意見です
#8 匿名さん2018/02/14(Wed)07:36:08
こればっかりはGT-Rの敵ではない。
#9 匿名さん2018/02/14(Wed)08:09:05
GT-RというよりZがライバルじゃね?
#10 匿名さん2018/02/14(Wed)08:20:06
日本車しか知らない人間の意見ばかりです
#11 匿名さん2018/02/14(Wed)09:42:36
出ましたアンチ国産さん
#12 匿名さん2018/02/14(Wed)09:51:01
このクルマは、オーストリアの「マグナ・シュタイア」社で生産される車
エンジニアリングのほとんどはBMW製
よって、「国産車」ではない
トヨタのバッジをつけて、BMWがつくってくれる車
#13 匿名さん2018/02/14(Wed)12:00:38
では海外車しか知らない人間の意見をお願い致します
#14 匿名さん2018/02/14(Wed)12:51:53
「海外車」という注目ワード!
今年の新語・流行語大賞にノミネートか?

「海外車」はまだ誰も知らないから、意見できる人は皆無かも・・・
#15 輸入車なら知ってるが、海外車は確かに聞いたことない2018/02/14(Wed)13:13:40
♯13
ではご要望にお応えして。
4月のニューヨークショーまで詳細不明だから、意見しにくいが

マグナ・シュタイヤーで製造されること、BMW製エンジンと足回り、技術的には文句のつけようがないだろう。
気になる点は、
・トヨタがエンジニアリング的にどこまで関与しているのか?
の一言。
恐らく、HVモデルが追加された時が、両社が共同開発した意味が理解できるはず。

なお、仮想敵は、GT-RやNSXはではないので注意。
価格帯もパフォーマンスでも全く比較にならない。
このクルマは、
「スーパーカー(死語)」らしき派手なエクステリアを持ちながら、
走りはそこそこ、しかも中身はBMW、それを700万円代より、というお手頃価格で提供される、ライバル不在の存在だろう。

恐らく、自動車メディアもこの評価。
#16 匿名さん2018/02/14(Wed)20:51:26
この人相変わらず馬鹿だなww
#17 匿名さん2018/02/14(Wed)21:11:46
いや、的確なご意見。
370zがライバルだろうな。
#18 匿名さん2018/02/14(Wed)21:58:07
#15様
大変よくわかりました。鵜呑みにします。
#19 匿名さん2018/02/14(Wed)22:01:15
このクルマ、折角買っても恥ずかしい思いをする懸念。
理由はご想像にお任せ。
#20 匿名さん2018/02/14(Wed)22:17:15
まだわからん
実車の発表を待とう
#21 匿名さん2018/02/17(Sat)06:35:50
ル・マン応援します

名前(任意)
コメント

スープラ GTE、次期市販車ベースのル・マン車両がジュネーブで公開予定

新型スープラ、2018年3月ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

次期スープラ2018年秋頃の発売予測、ワールドプレミアは1月デトロイトか

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

BMW Z5が2017年フランクフルトモーターショーで発表か、スープラ姉妹車

スープラ後継モデルBMW主導で開発中、トヨタ新開発3.0L V6ツインターボ搭載か

トヨタが車名スープラをアメリカとヨーロッパで商標登録済み、BMWと開発続行

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

トヨタがFT-1を国内公開した意図とは?次期スープラの開発が継続中

次期スープラの発売は遅れる、エンジンはBMWの直4ターボ、直6ターボを搭載

次期スープラ FT-1コンセプトに新色のグラファイトカラー、2016年発売予測

次期スープラにエアロトップのオープン仕様、次世代Z4と共通プラットフォーム

スープラ復活は2016年の予測、商標登録復活、NYオートショー FT-1 画像

次期スープラはカーボン製モノコックに2.5Lターボハイブリッドエンジン搭載

スープラ後継コンセプトがデトロイトで公開、トヨタFT-1がワールドプレミア

スープラ後継車か?86ベースGRMN新型FRスポーツ、水平対向FA20+ターボ+SC

トヨタ&BMW合作のスープラ後継車に、86プラットフォーム流用案あり

トヨタ・スープラが復活、BMW 6シリーズのシャシーで開発、直4ハイブリッド搭載

トヨタ、スープラ後継車種FT-HSコンセプトの開発を再開か