次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

次期スープラの開発が進行中、エクステリアデザインはFT-1コンセプトがベース

次期スープラの開発がトヨタとBMWの提携下で進められている。その発売時期は2018年秋頃が想定される。

(写真はFT-1)
スープラ FT-1

トヨタとBMWによるスポーツカーの共同開発が発表されたのが2012年の話であった。その後2014年にトヨタはコンセプトカーのFT-1を発表し、これは次期スープラを示唆するモデルとして考えられてきた。ただし、2018年頃とされる発売時期を考えるとエクステリアデザインの練り直しが必要であろう。次期スープラはFT-1のデザインを色濃く反映した別モデルと考えるのが妥当である。

次期スープラ 電動リアウィング装備 トヨタ次期スープラ FT-1

対するBMW側の姉妹モデルはZ4後継車、つまりZ5と名付けられるであろうモデルとなる。次期スープラおよびZ5の開発は基本的にBMW側が主体となって進められており、両モデルのプラットフォームは共通化される。搭載されるエンジンについてはBMW製の直6ユニットで共通化されると予想されていたが、これはZ5のみとなり、次期スープラはトヨタ製エンジンが搭載されることになる。

次期スープラ 次期スープラ リアウィング

次期スープラにはトヨタ製ダウンサイジングターボエンジン搭載

次期スープラに搭載されるエンジンは3タイプ。まずは8AR-FTS型直4 2.0Lガソリンターボで、出力違いにより200ps版と255ps版が用意される。上級パワートレインは開発中のV6 3.0Lガソリンターボで最高出力340psとなる。

次期スープラ 内装 FT-1 FT-1 スープラ リアウィング

Z5でもこれらと同等の出力を持つ3タイプの直6ユニットが用意され、トランスミッションはスープラとZ5で共通化される。ZF製の8速ATが検討されている。

BMWが得意分野とする炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を使った軽量ボディも魅力となる。

(写真はRX-VISION)
RX-VISION

次期スープラは2018年1月のデトロイトショーのワールドプレミアが予想される。この時期は、子育てを終えたバブル世代が消費を再燃するとして期待され、日産が次期フェアレディZ、ホンダが次期S2000、マツダがRX-9など国産の新世代ミドルクラススポーツカーが続々と姿を見せてくる。つまり国産スポーツカー黄金時代の再来である。そうなると2017年秋の東京モーターショーでの前倒し発表もあり得るか。

関連するレポート

[ 2016/05/23 ]
#1 匿名さん2016/05/25(Wed)17:34:50
(本題)さてこの4台のうち本当に発売される1台はどれでしょうか?
#2 匿名さん2016/05/28(Sat)08:35:57
ガセ
#3 車団基地2017/02/17(Fri)08:18:46
FRなら、340PS位に抑えて操るのを楽しんでみたいものです、価格は上級グレードで600万位と聞いていますが、500万以下に抑えてほしいな

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ホンダ・N-BOXフルモデルチェンジ画像公開、現行デザイン踏襲

アルファード、ヴェルファイアは今秋マイナーモデルチェンジで2.0Lターボ追加

新型ミライース発売、フルモデルチェンジでもJC08モード燃費の向上無し

トヨタ・アクアが6月19日マイナーモデルチェンジ、X-クロスオーバー追加

日産が次期リーフのティザー画像を公開、2017年後半フルモデルチェンジか

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

マツダ次期ロータリー車はシリーズ式ハイブリッド、RX-9発売の可能性は

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスNX300h、NX200t改めNX300が後期型へマイナーモデルチェンジ

トヨタが新型カムリ日本仕様を発表、2017年夏の発売を予告、販売強化

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

レクサス新型UXシリーズは2018年春の発売見込み、プレミアムコンパクトSUV

新型シビックは今夏発売のスケジュール、4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプR

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

ホンダ・フィットのマイナーモデルチェンジは6月下旬、ホンダセンシング搭載

次期フォレスターが開発中、2017年秋東京モーターショーでワールドプレミア

ジュークのフルモデルチェンジは2017年末、東京モーターショー出展見込み

アクアがマイナーモデルチェンジでJC08モード燃費38.0km/Lに向上、6月予定

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

三菱・エクリプスクロスの日本発売は2018年初頭、2.2Lディーゼル搭載

スバル・レヴォーグが後期型へマイナーモデルチェンジ、2017年6月予定

新型カムリ日本発売は2017年7月10日、マークX統合ミドルクラスセダン

フェアレディZが6月にビッグマイナーチェンジ(Nissan 370Z)

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

リーフのフルモデルチェンジは2017年秋の予測、東京モーターショー出展か

CX-8の2017年内の日本発売が確定、マツダ社長が決算発表会で言及

ダイハツ・ミライースのフルモデルチェンジが2017年5月9日に予定

次期レクサスISが2012年発売、ハイブリッドIS350hも追加

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

トヨタ・C-HRの販売が好調、長引く納期、2017年生産モデル残りわずか

トヨタがFT-4Xコンセプトを発表、次世代コンパクトクロスオーバーSUV

マツダ新型CX-6が2017年秋に発売される見込み、プレマシー後継3列シート

エクストレイルが後期型へマイナーモデルチェンジ、プロパイロット搭載

ホンダ新型CR-Vハイブリッドが上海で発表、Sport Hybrid i-MMDを搭載

ホンダ・N-BOXのフルモデルチェンジは少し遅れる、現行型販売は好調

サイオンFR-SとトヨタFT-86Ⅱを比較

FT-86プロトタイプ、テスト走行のリーク動画

スバル新型アセント Ascent、トライベッカ後継を開発中、VIZIV-7 CONCEPT発表

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.