car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

トヨタ&BMW合作のスープラ後継車に、86プラットフォーム流用案あり

スープラ後継車はZ4後継車という側面もある

トヨタとBMWでは、提携事業の一つ「スポーツカーの共同開発」についての協議が行われている。
その具体的な車種として、スープラ後継車と言われることが多いが、これはもちろんトヨタ側に立った時の考え方で、BMW側からすればZ4後継車を念頭に置いているようだ。
スープラは2+2座であるのに対し、Z4は2シーターオープンカー。ボディタイプが大きく異なる故に、BMW側の主張が多く通ってしまうと、スープラ後継車とは言えないものが出てくる可能性だってある。

スープラ後継車に86プラットフォームの流用案、BMW製ハイブリッドエンジン案も

現在、トヨタ側が主張する案の一つに、86プラットフォームを流用するというものが含まれているようだ。多額の開発費が投入された86プラットフォームの回収をしたいという事情があるのだろう。
トヨタ86
スープラ後継車ともなれば、86とはエンジンサイズが大きく異るわけだが、これはフロント部分の変更でほとんどが対応可能だという。その他の部分も小変更によって対応できれば、というのがトヨタの狙いである。

ただし、前回レポートでお伝えしたBMW6シャシー流用案も無くなったわけではない。次期スープラについての具体的な決定は、これからトヨタとBMWが共同で行なっていく。

また、エンジンについては、現在のところハイブリッドが有力。しかし、ハイブリッドだからといって、トヨタ製エンジンの採用が決定するわけではない。BMW側にも有力なハイブリッドシステムを搭載したモデル、アクティブハイブリッド3が既に市販化されている。このBMW製ハイブリッドシステムは、最高出力306psの直6 3.0Lエンジンに、55psの電気モーターを加えたシステムになる。スープラ後継車として考えれば、このBMW製ハイブリッドエンジンが、既存のトヨタ製ハイブリッドエンジンのどれよりもジャストマッチに感じる。
アクティブハイブリッド3
(写真はBMWアクティブハイブリッド3)

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント