car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

トヨタ新型スープラ直6エンジン搭載モデルの受注が好調、予約受付中

スープラ復活、直6モデルの初年度分が残り少ない

トヨタでは2019年春の正式日本発売が予告されている新型GRスープラの先行予約が始まっている。その受注状況が好調であることが発表された。

(動画は新型スープラ、ジュネーブモーターショー2019)

ジュネーブモーターショー2019では赤とシルバーのスープラが出品された。エンジンルームも公開されており、直6ユニットが見える。エンジンカバーには、もちろんトヨタのエンブレムが付く。

スープラ

スープラとZ4を比較、ジュネーブモーターショー2019動画

新型GRスープラは3タイプのパワートレインが用意される。
グレードRZは3.0L 直6ツインスクロールターボエンジン搭載で最高出力340ps/最大トルク51.0kgfmのパフォーマンス。
グレードSZ-Rは2.0L 直4ツインスクロールターボエンジンの高出力版が搭載され258ps/40.8kgfm。
グレードSZは同直4ユニットの標準出力版で197ps/32.6kgfmに仕上げられる。

このうち人気となっているのが直6エンジン搭載のグレードRZで、既に半数を超える販売店で、初年度分に予定していた注文予約台数に達しているとのこと。

また、これらのパワートレインは、いずれもBMWからOEM供給されたものとなる。新型GRスープラはBMW Z4とプラットフォーム共用された姉妹モデルの関係にあり、どちらもMagna Steyr社のオーストリアにある工場で生産される。

(動画はBMW・Z4)

同ショーのBMWブースで出品されたZ4の車体。スープラと見比べてみるのも面白い。

国内で新型GRスープラをじっくり見ることができる機会も用意されている。発売日が迫るなか展示できる車体台数が限られるため、全国のGRガレージを巡行する形での特別展示となる。GR Supra 展示スケージュールはこちら。なお、乗り込み可能、試乗不可とのこと。

#1 匿名さん2019/03/21(Thu)01:31:00ID:MwNjdlODWY
あの厚ぼったいダサいボンネットフードは何とかならなかったのだろうか
同じスープラでもGT500のデザインはボンネットフードが薄くてチョーカッコイイのですが
#2 匿名さん2019/03/22(Fri)13:15:38ID:c5OTkxMzGY
巷では、ダサいの輸入車だの叩かれているが、商売的には大成功。
#3 匿名さん2019/03/22(Fri)15:09:12ID:g5NjNlZjjO
エキゾーストノートはなかなか良い
#4 匿名さん2019/03/22(Fri)21:47:38ID:diZTc5MmDN
やっぱり、欧州車がベスト!
ホンモノのクルマに乗りたい
#5 匿名さん2019/03/23(Sat)12:09:55ID:hmNjUxOWzY
何とかって、アメリカンマッスルとF1を意図したデザインだし。
そもそもネットには車を見た目だけで評価する人間が多すぎる。
大事なのは中身、これは車も人も変わらない。

その点でスープラは高い剛性、理想的なディメンション、珠玉のエンジン、
間違いなく楽しいスポーツカーの要素が揃ってる。
ついでに実質BMW製と、舶来品信仰の人間も飛び付きやすい。。。
#6 匿名さん2019/03/23(Sat)16:00:58ID:RiMmQ1MzGZ
GT➕を見たがよく曲がり、ドライバーのミスに寛容らしい。4気筒モデルは鼻先が軽いから尚更だろう。
#7 匿名さん2019/03/24(Sun)02:39:25ID:MxZjI3ZDTN
マッスルとF1をイメージしたのであれば、GT500も市販車のイメージを大切にした厚ぼったいボンネットフードのデザインにすべきだと思う
性能的にはケチを付けるものではないです
#8 匿名さん2019/03/24(Sun)03:03:42ID:MxZjI3ZDTN
でも見た目は大切です
ブスなアイドルなんてイヤだろうし、クルマだって同じです 人それぞれですが
スープラの中身は自分も良いとは思いますが、スープラの外観に惚れ込んで買う方ってどの位居るのでしょうね
#9 匿名さん2019/05/04(Sat)00:51:04ID:YxYzBmMWTN
という訳で、直6エンジン搭載モデルが好調
トヨタも含め、国産メーカーはこの現実を直視すべき
#10 匿名さん2019/05/04(Sat)09:37:36ID:JlYWQ3OTDY
MAZDAがジワジワ開発している模様
#11 匿名さん2019/09/12(Thu)21:57:47ID:Q5ZGUzMmmY
BMWアルピナの456馬力3.0ツインターボを載せては。
#12 匿名さん2019/09/14(Sat)01:52:27ID:FmMDVlMGTZ
みんな、スープラには、トヨタ純正エンジン搭載を期待しないのねw

レクサスLS用のV6 3.5Lツインターボは422PSを発揮する。こいつをチューンして搭載すれば、とも思ったけど。

スポーツカー向きのテイストじゃないのと、エンジンルーム周りが全てBMW主導で作られてるから、搭載はムリなのかな。

日本車って感じが希薄で、トヨタが開発のどこに携わったのか今ひとつピンとこないクルマです。現行スープラは。
だから、なんかワクワクしない。モヤモヤするクルマ。
#13 正論島2019/09/14(Sat)09:14:45ID:A5ODkwNDDY
勝者は新スープラ! 米有力誌がポルシェ、BMWと比較テスト
https://forbesjapan.com/articles/detail/27684/1/1/1

日本車の歴史上、かつてない快挙!
あの「ポルシェ・ケイマン」と「BMW M2」との比較試乗で勝ったのだ!欧州車に勝る日本車が今まで存在したことがあっただろうか??

ほぼほぼBMW製のクルマなので勝って当然なんだが、日本人として嬉しい限り。
豊田社長!この調子でもっともっと良いクルマをリリースし続けてくださいね!
#14 匿名さん2019/09/15(Sun)13:03:58ID:MwZGY2NzDY
中身は欧州車、しかもドイツ車。
文句のつけようがない出来だ。
この調子で、全てのトヨタ車が、BMWと共同開発ないしはOEM供給を受けたらいい。
その際、BMWの意向に沿わないミニバンは全廃で!
#15 匿名さん2019/09/15(Sun)19:56:19ID:A4OTY3OG2N
そうなったらもうトヨタの存在意義は無いですね。
今のトヨタに心動かされるクルマが無いのでどうでもいいですが。

名前(任意)
コメント