car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型スープラ、2018年3月ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

次期スープラのワールドプレミアはデトロイトでは行われない

2018年のトヨタは、新型スープラの発売が期待される。ワールドプレミアは2018年1月13日から一般公開される北米国際オートショーが予想されていたがこれは実現されず、3月のジュネーブモーターショーまで先送りされることになる。

(写真はFT-1、次期スープラコンセプト)
スープラ FT-1

次期スープラはエンジンもBMW製、スープラGRも計画中

トヨタは次期スープラのコンセプトモデルとされてきたFT-1を2014年の北米国際オートショーで公開していた。やはりクルマのキャラクターからして北米市場が重要視されているわけだが、市販型の公開は欧州ジュネーブとなりそうだ。

次期スープラ 電動リアウィング装備 トヨタ次期スープラ FT-1

次期スープラはトヨタが独自に開発製造するモデルではなく、BMWによるOEM生産モデルとなり、プラットフォームは次期Z4と共用される。もちろんエクステリアは別デザインで、Z4はオープンカー、スープラはスポーツクーペとボディタイプも異なる。

(写真はBMW・Z4コンセプト)
コンセプト Z4

パワートレインについては、開発当初はトヨタの技術供与によるハイブリッドシステムが予想されることも多かったがこれは実現されない。エンジンはBMW製となり、最高出力340psの3.0L 直6 ターボエンジンがトップグレードに置かれ、この他に2.0L 直4 ターボエンジンが最高出力258psと197psの2タイプが設定される見込みとなっている。トランスミッションはZF製8速ATが採用される。

コンセプト Z4 BMW コンセプト Z4 インテリア

実質的にはBMWによって作られたモデルであり、ワールドプレミアが欧州となるのも妥当なところか。

一方でカスタマイズモデルのスープラGRの話も進行中であり、これは2019年の登場が予想される。スープラGRでは直6エンジンのパフォーマンスアップが盛り込まれることも予想される。

#4 匿名さん2018/01/12(Fri)23:46:46
2000GTは?
#5 匿名さん2018/01/13(Sat)06:40:38
これを買う意味
#6 匿名さん2018/01/13(Sat)07:33:11
♯2
昨年10月に完全新開発のエンジンを出したばかりだろうが・・・
V35A-FTS型 V6 3.5L直噴ツインターボ 422ps
搭載車種:レクサスLS (LS500)
#7 匿名さん2018/01/13(Sat)07:41:30
あくまでも噂だが・・・
次期スープラは、Z4ともにオーストリアの「マグナ・シュタイヤー」で製造されるそうだ
日本語のホームページは下記
https://www.magna.com/ja/
「マグナのお客様」というページを見ると、
日産自動車以外、すべての日本の乗用車メーカーが同社と取引をしているのだな
#8 匿名さん2018/01/13(Sat)07:47:47
アメリカ市場のお客様向けに開発されたクルマだ

貧乏な君たちには全く関係がないのだから、「スープラである必要性」などと余計なことを気にすることは愚の骨頂

#9 匿名さん2018/01/13(Sat)07:56:27
わずか700マン円台で手軽にBMWのスポーツモデルが手に入るなんて、最高じゃん。
輸入車アレルギーのスポ車好きに最適。輸入車だけど。
#10 匿名さん2018/01/13(Sat)10:26:13
例え今すぐに変えなくても、お金をコツコツ貯めていつかは...という憧れの存在にこれじゃなり得ない。貧乏でも夢を見る権利はある。
#11 匿名さん2018/01/13(Sat)10:52:12
中身が「BMW」のスポーツモデルを「トヨタ」ブランドで買えるんだぞ
貧乏人の夢じゃんか
何が足りない?何が不満だ?
トヨタ単独では到底作ることはできなかったクルマだが
#12 匿名さん2018/01/13(Sat)11:47:29
トヨタ程の大企業が本気を出せば作れるはず。心臓と骨格をよそ様から頂いて作った車など本当のトヨタ車じゃない。
#13 匿名さん2018/01/13(Sat)12:10:34
♯12
じゃあ「トヨタ86」もトヨタ車じゃないのね?
#14 匿名さん2018/01/13(Sat)12:26:31
♯12
わかってないな。
なぜトヨタが単独でスープラを開発できなかったのか?そして、どうしてBMWと組んだのか? 下記が答えだ。
■トヨタ側:
エンジン・足回りともにBMWさんに勝てる技術は持ってません。ぜひ教えて!
■BMW側:
トヨタさんの電動化技術・生産技術は世界イチ!ぜひ教えて!

こうして、わずか700円万台で高性能スポーツカーを量産できることになりました。めでたしめでたし。
アキュラNSXみたく2千万円台のスポーツカー出されるより余程マシな対応だ。
#15 匿名さん2018/01/13(Sat)12:46:21
世界中の評論家やスポ車マニアを満足させる性能を、トヨタ単独では実現できないことを、トヨタ自身が一番よくわかってたんだろう
莫大な開発コストもかかるしな
今のトヨタではレクサスRC・LC程度の性能を引き出すのが限度
BMWと組んだのは、妥当な判断
#16 匿名さん2018/01/13(Sat)12:56:34
モデルライフ中盤で、HVモデルが追加されるのは間違いない
その時こそ、トヨタの技術力が生かされるタイミング

トヨタが単独で開発できなかったことを批判も悲嘆もする必要はないよ
#17 匿名さん2018/01/13(Sat)13:26:25
フロントデザインは「ファミリーフェイス化」するのが、世界の自動車メーカーのトレンドだ
トヨタは、これを実践してこなかったため、次期スープラは、正直どこのメーカーの作品かかわからないデザインとなってしまった

やはりここは世界に誇るアルファードorヴェルファイア風の威厳があって美しくw大きなグリルを、スープラにも採用すべきだったと本気で思う
これがトヨタの「ファミリーフェイス!」w
#18 匿名さん2018/01/13(Sat)14:14:41
中途半端な事しないでバッチだけ付け替えてそのままスープラで売りゃいい。OEMって事で。理由は余計なコストかからんし、トヨタのスポーツカーデザイン力、ゼロだから。
#19 匿名さん2018/01/13(Sat)14:25:19
「スープラ=オープンモデル」といったイメージはゼロだから、その意見は不可!

でも、新型Z4はどこから見てもカッコ良いからな~
Z4に「トヨタミニバン風味」のグリルをつけてOEM販売がベストだろう
#20 匿名さん2018/01/13(Sat)14:36:57
世界一のミニバンメーカーに、スポーツカーは造れないのか・・・

ミニバンなんかに金とマンパワー使うなんてもったいない
#21 匿名さん2018/01/13(Sat)19:44:13
#19
Z4にヴェルファイアみたいなグリル付けたの考えるだけで悪寒がする。
#22 匿名さん2018/01/15(Mon)11:23:47
トヨタはミニバンとHV技術でご飯食べてるって事で。
#23 匿名さん2018/01/15(Mon)14:23:06
アルヴェル風のグリルのついたスープラいいじゃん、トヨタらしくて。
プロトタイプの写真だと、どこのメーカーかわからないし。
トヨタは、世界の主要メーカーで、フロントフェイスのイメージ統一を実施しない数少ない会社。
敢えてデザインを統一しないのがポリシーなんだろう。
#24 匿名さん2018/01/15(Mon)15:56:51
トヨタのデザインは、相手に威圧感・恐怖感を与えるというポリシー。
#25 匿名さん2018/01/15(Mon)16:02:30
♯24
それは日本国内向けミニバンだけのデザイン

トヨタのグローバル車を中心に取り入れられているのが「キーンルック」だ。
キーン(鋭利な)ルック(スタイル)を採用したフロントグリルは登場以来、これまで大衆的なデザインのトヨタ車を挑戦的で知的な印象に変貌させているのだ!
#26 匿名さん2018/01/15(Mon)16:13:43
個人的には、挑発的な印象に変貌させていると思います。
#27 匿名さん2018/01/15(Mon)16:23:29
トヨタは欧州市場では、いまだに下位に甘んじる存在
とにかく存在感を出したい、目立ちたい
その気持ちが「キーンルック」に表れている(現行オーリスから採用)
ヤリスによるWRCへの再参戦も欧州でのシェアアップが目的だ

なお、トヨタミニバンのデザインは世界に出すことはは「恥ずかしい」のをトヨタは十分承知している。だから輸出は原則していない。

トヨタミニバンのあのデザインは、北関東など「都会ではない場所」(田舎)を中心としたマイルドヤンキーにウケるのだ
他社にも多大な影響を与えてしまったし、やめたくてもやめられないだろう
#28 匿名さん2018/01/15(Mon)17:10:23
トヨタミニバンのオラオラデザイン。元はと言えば、日産初代エルグランドがアメリカンテイストを取り入れてヒットしたもんだから、嫉妬したトヨタがムキになって対抗した事に遡る。
それでお互いゴテゴテの応酬になり、それにユーザーが乗っかったのも要因。
今や高額ミニバンは、要人の送迎なんかにも使われていたりするから厄介だ。
#29 匿名さん2018/01/15(Mon)17:22:42
ミニバン・軽のゴテゴテデザインは、いまやスズキなどにも蔓延してしまい、どうしようもない状況
しかし、売れるのだからデザイナーも渋々デザインし続けるしかない
以外や、今の日産はさほど派手でもない
セレナなどは、相対的に随分と上品に見える
#30 匿名さん2018/01/15(Mon)17:37:57
確かに。流行りは永遠では無いしな。
#31 匿名さん2018/01/15(Mon)17:51:03
どこのメーカーの製品か、初見だと判別しにくいデザインに思えた
「NSX」はしっかり「ホンダ顔」を取り入れて登場したのだが・・・
トヨタは顔くらいは統一したデザインモチーフを確立したほうが良いと感じた(フロントはトヨタの「T」をモチーフにしているのかも)

恐らくジュネーブで、Z4と同時デビューを飾るのだろうが、必ず比較されるだろう
Z4と比較すると、全ての人が「美しい」とは言いかねるデザインに思える
見慣れれば良いのだろうが
#32 匿名さん2018/01/16(Tue)03:17:04
でも、社内での顔統一して、店頭で同じ顔の車が並んでたら買う気なくすわ。車それぞれに個性を持ってほしいと私は思います。乗って「すげぇ」じゃなくて、見た目で「すげぇ」ってなった後に乗って「やっぱりすげぇ!」っていう流れがいいな。
#33 匿名さん2018/01/16(Tue)07:39:34
デザインを統一しないから、プリウス・C-HR・アルファードがお店に並べられ「トヨタはバラエティに富んでるね」と考えることもできる
日本と北米・中国ではそれが通用する。
だが、欧州ではそうはいかない。トヨタが欧州で極端に弱いのはこれが理由だろう。「キーンルック」と称して、欧州でも極力デザインを統一しようとしてはいるが。
レクサス・マツダを見ると「ブランド力」は大切だとつくづく思う。
#34 匿名さん2018/01/16(Tue)16:42:16
プースラでいいよ
#35 匿名さん2018/01/16(Tue)16:45:22
セリカXXがいいよ
#36 匿名さん2018/01/16(Tue)18:43:37
450万のシビックタイプRにぶっちぎられる700万のスープラか・・・・
なんか情けないな。
値段的にもせめてニスモZ並み程度はなってほしいな
#37 匿名さん2018/01/16(Tue)18:52:54
ニュルのタイムを競うクルマじゃないから無問題!
BMWのパワートレインとシャシーに、ホンダが勝てるわけない。
勝てば官軍。トヨタ大勝利!
#38 匿名さん2018/01/16(Tue)18:56:49
いや、ラグジュアリーに振りすぎててスポーツとして考えたらどう考えてもタイプRに負けてるだろ
スポーツの雰囲気楽しむ程度ならいい車なのかもな
#39 匿名さん2018/01/16(Tue)19:08:25
見りゃわかるだろ
価格帯といい、50歳代以上の富裕層が購入するクルマだ
TYPE-Rとは住む世界が違う
モデルライフ途中で、現行M5と同様 「Z4 M」=「スープラGR」が出るだろう。V8 4.4Lツインターボは現時点で600ps
TYPE-Rは勝てるかな

個人的には現行TYPE-Rは欲しい
だが、ATがないと家内が運転できなくて無理
#40 匿名さん2018/01/16(Tue)19:27:30
個人的には。
レクサスが開発中のV8 4.0Lツインターボ(LS F用)を載せてほしいんだけどね。
オーストリアまでエンジンを空輸して組み付けるわけにいかないだろうからね。コスト的にもね。
BMWエンジンのほうが良いのはわかってるけどね。
なんか日本人としては、なんか寂しいというか。
#41 匿名さん2018/01/16(Tue)21:13:25
トヨタがどこまで関わっているのか現時点ではっきりしない。
開発資金提供と、エクステリア・インテリアのデザインぐらい?
HV車が追加された時が、トヨタの本領発揮かね
#42 匿名さん2018/01/17(Wed)08:05:51
#39
86のGRですら500万近くになっているのに、スープラGRとかいくらになるんだよ。
そんな値段まで出すぐらいならGT-Rのほうが遥かにいいと思うわ
#43 匿名さん2018/01/17(Wed)12:00:28
♯42
買えないなら、余計な事は言わない言わない
#44 匿名さん2018/01/25(Thu)11:30:25
ある意味評論家のインプレが今から楽しみ。
#45 匿名さん2018/01/25(Thu)11:55:32
ある意味、な

トヨタ製HVの方は400ps発揮するらしいが、何かしら文句つけるのは間違いない
HVとダウンサイジングターボは、NAに比べての官能劣化面でも、低速トルク増や重量バランスの後方化など長所面でも同じなんだけどな
全く違うものとして先入観があるから、実は多い共通点にも、新しい魅力にも気付けない
#46 匿名さん2018/01/25(Thu)12:20:55
日本の自動車メディアの「欧州車マンセー」は、もうずっと昔から

仮にトヨタ製エンジンが搭載されたとしても、BMW傘下で組み立てる限り、「これはやはりBMWのDNAだ!」と絶賛の嵐と予想
#47 匿名さん2018/01/25(Thu)12:27:53
マンセー!
マンセー!
万世橋!
#48 マンセー!マンセー!2018/02/13(Tue)13:27:42
トヨタ自動車は2018年2月13日、スイス・ジュネーブで開催される第88回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:3月6日~18日)に、レーシングコンセプトモデルを出展すると発表した。今回発表されるコンセプトモデルは“トヨタのアイコン的スポーツカーの復活を示唆する”というもので、以前から登場がうわさされている新型「スープラ」をベースとしたものであると思われる。同車は日本時間の3月6日午後5時45分に開催される、トヨタのプレスカンファレンスで公開となる予定。
#49 匿名さん2018/02/13(Tue)13:50:40
んなこた既に知ってる。
他のサイトのコピぺしなくてよろし
#50 匿名さん2018/02/13(Tue)14:01:02
アゲることに意味があるのよ
#51 匿名さん2018/02/13(Tue)14:15:12
自分の感想、意見なきゃさほど意味なし
あとカズーってブランド名、滑稽だから止めくれ
既存のTRDの方がいい
#52 匿名さん2018/02/13(Tue)15:22:25
NISMO
Modulo-X
マツダスピード(あったな)
ラリーアート(あったな)
日本では斜陽の日産の「NISMO」が最も知名度が高く歴史がある

カズーw、TRD、GR・・・
認知度がどれもね・・・
#53 匿名さん2018/02/17(Sat)06:30:43
夢追い人用

名前(任意)
コメント