スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

トヨタ次期スープラコンセプトは2018年1月デトロイト発表か

次期スープラは、トヨタ×BMWの協業により開発中となっており、Z4後継車とプラットフォームが共用された兄弟モデルになるというのはこれまでお伝えした通り。そのZ4コンセプトもあさって開幕のフランクフルトモーターショーで車体公開される見通しとなっており、2018年内とされる発売に向けての準備が終盤を迎えていることが感じ取られる。

(写真はFT-1コンセプト)
スープラ FT-1

対するトヨタ側のスープラについても、来月開幕の東京モーターショー2017でコンセプトカーの発表が期待されたが、これは出品リストに入っていない。やはり、前身のFT-1コンセプトが発表されたデトロイトでのワールドプレミアとなりそうで、スープラコンセプトの姿を見るのは、2018年1月まで待つことになりそうだ。

(写真はZ4コンセプト)
Z4コンセプト コンセプト Z4 リアコンビネーションランプ

次期スープラはパワートレインもBMW製の可能性、縦置き直6ターボ搭載か

前述の通り次期スープラはトヨタ×BMWの共同開発であるが、その主体は専らBMW側にあるようだ。BMWが得意とするカーボンファイバー技術をベースに、特にシャシーについては開発初期段階からBMWが主導権を握るものと考えられていた。そしてパワートレインについては、トヨタが得意とするハイブリッド技術が生かされるのではという予想もあったのだが、これについてもBMWの技術がベースになる可能性が高い。つまり搭載されるのは3.0L 直6ターボあたりが有力。エントリーモデルとして2.0L 直4ターボ搭載グレードのラインアップも予想される。こうなるとトランスミッションについてもアイシンAW製とはならずに、ZF製の8速ATとなるだろう。

次期スープラはスポーツ指向よりもラグジュアリー性の強いモデルとなりそうで、こういった流れは主力市場となる北米の好みに最適化されたものと考える。日本のスープラファンは肩透かしを食らったと感じる仕様となるかもしれない。

関連するレポート

[ 2017/09/10 ]
#1 匿名さん2017/09/10(Sun)18:23:59
日本車なのに日本のモーターショーには出品されないとかw
何考えてるんだか
#2 匿名さん2017/09/10(Sun)21:02:14
今回はミニの出品やらないし、主力市場の割にBMWは日本のショーを軽視してるな
#3 匿名さん2017/09/11(Mon)21:29:29
トヨタさん(レクサス)、まともなデザインの
クルマを世の中に販売してくださいよ!!
クソみたいなデザインばかり販売しやがって。
デザイナー及び社長は馬鹿なのか、?。
#4 匿名さん2017/09/12(Tue)11:19:28
おまそおま中過ぎる
ヨーロッパでもアメリカでも近年のレクサス&トヨタデザインは数々の賞を獲ってるのに
良かったな。見る眼の無い一部の自称車通の意見なんて無視したからこそ、受賞も、消費者に認められたデザインも得ることができたんだから
万が一声の大きいクレーマーの意見を取り入れてたらと思うとゾッとする
#5 匿名さん2017/09/12(Tue)16:17:51
低品質低価格な軽自動車がバカみたいに売れる(しか売れない)日本市場に最新デザインや高級技術を注力してもしょうがないですから、各国メーカーが欧米向きになるのは必然でしょう。
#6 匿名さん2017/09/13(Wed)05:44:16
スープラはOEMどころか、バッジエンジニアリングだね。
北米向けだしスープラ名乗るに相応しい車っぽいけど、
なんだかな。
#7 匿名さん2017/09/13(Wed)08:47:14
あくまで看板広告であり、実用面で購入可能性がないスープラより
実際に買う場合があるランクルやハイラックスが提示決定した事の方が
ずっと嬉しい。実は大半がそうだけど、ちょっと気取って残念がってみてるだけだよ
#8 匿名さん2017/09/13(Wed)14:55:39
東京 Kモーターショーでいいですよ。
日本の世の中、40%近くが軽自動車なのですから。
もっとも、軽乗る方は遠路はるばるビッグサイトなんぞに来ませんが。

・・・今回のモーターショー、何の目玉もないのでは。
#9 匿名さん2017/09/14(Thu)15:05:01
車通さんから好まれるデザインといえばスピンドルグリル採用前のレクサスの様なヤツですね。よくLSとかGSは旧型が良かったとかネットで聞きますね。
あの無味無臭で、アレ?いつから此処に止まってた?みたいな存在感の薄い車ですね。
せっかく車買うのに誰からも買った事に気付かれない様なデザインの車が本当に購買層に求められているとは思えないですね。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ後期型、フランクフルト画像

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.