car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型ワゴンRが2月1日に発売、スティングレーを含め3タイプのエクステリア

新型ワゴンRはマイルドハイブリッドで33.4km/L、ストロングハイブリッド無し

スズキ・ワゴンRが約4年半ぶりにフルモデルチェンジを受け、2017年2月1日に発売日を迎えた。

(写真は新型ワゴンR ハイブリッド FX)
ワゴンR ハイブリッド FX

本モデルでワゴンRは6代目となる。当初は昨年2016年のデビューが計画されていたが、スズキの燃費不正問題の影響で少し遅れ、ようやく発売に漕ぎつけたことになる。

ワゴンR ハイブリッド FX インテリア ワゴンR ハイブリッド FX シート

新型ワゴンRについては、事前にリークされた情報が少なく、様々な予想が立てられた。特にパワートレインについては、期待されていたストロングハイブリッドモデルは用意されず、マイルドハイブリッドのみのラインアップとなった。同クラスの他のライバル車がまだマイルドハイブリッドすら用意できていない状況であるから、マイルドハイブリッドでも十分なアドバンテージがあるということだろう。

(写真は新型ワゴンR ハイブリッド FZ)
wagon-r-hybrid-fz ワゴンR ハイブリッド FZ リアコンビネーションランプ

通常版ワゴンRで2タイプ+スティングレーで3タイプのエクステリアが用意される

エクステリアについては、通常版ワゴンRで2タイプが用意される。非ハイブリッドのFAグレードとハイブリッドFXグレードはスクウェアタイプのヘッドライトが与えられる。そして、上級のハイブリッドFZグレードでは専用エクステリアが設定され2段ヘッドライトと2段フロントグリルによって上質感が与えられる。

(写真は新型ワゴンR スティングレー)
ワゴンR スティングレー ハイブリッドT

同時発売となったワゴンRスティングレーでは、さらに第三のエクステリアとして縦長ヘッドライトが採用される。ワゴンRのスティングレーのパワートレインは、非ハイブリッドのXグレード、マイルドハイブリッドのHYBRID Xグレード、さらにマイルドハイブリッドターボのHYBRID Tグレードが用意される。

#1 匿名さん2017/02/03(Fri)06:15:36
FZとスティングレーのシボレーとキャデラックをモロパクリなフェイスと、
アルファード似のBピラーなんかはさておき、
縦も横も長さは決まってるので、ボンネットの長さと高さ、屋根の高さからか?
シルエットは今までのワゴンRの中で一番好みかも。
#2 匿名さん2017/02/03(Fri)13:42:19
こんにちは!
ワゴンRが6代目にFMCしましたね!

OEM車のフレアも、そろそろFMCして欲しいです!
#3 匿名さん2017/02/03(Fri)18:48:58
ここんところの軽自動車に縦目ってのはなかったからカッコ良く見える。ただしテールランプ、おめーはダメだ。
#4 匿名さん2017/02/03(Fri)20:40:14
アル/ヴェル買えない人向けデザインかと思えば
リアは初代のオマージュというのが
なんともちぐはぐ
#5 あかん2017/02/06(Mon)15:17:22
黄色い写真、昔のEKワゴン見たい・・・
#6 匿名さん2018/05/01(Tue)21:50:27ID:M1YjdhYTDZ
どうしてこんなワゴンRになってしまったのか
#7 匿名さん2018/05/01(Tue)23:44:49ID:I0ZmFiYTjN
まさかここまで販売が失速するとは。
#8 匿名さん2018/05/01(Tue)23:50:08ID:NkYjViMDjZ
人生失速した人のボヤキでしたw
#9 匿名さん2018/05/02(Wed)20:13:19ID:EwNDc5MzjZ
スズキも気付いていると思うが、ワゴンRやムーブが軽№1を競った時代は終わった。
#10 匿名さん2018/05/10(Thu)11:21:28ID:VkMjQ2MzDY
販売台数でNboxにはもう勝てないのか。
#11 匿名さん2018/05/10(Thu)11:25:03ID:ljNWNkMj2Z
スーパーハイト&スライドドアじゃないと天下は取れないようみたい

名前(任意)
コメント

過去記事(2017/01/24)

スズキ・ワゴンRが2月1日フルモデルチェンジ、ストロングハイブリッド搭載か

ワゴンRがいよいよフルモデルチェンジ、軽量化で正常進化

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジ発売が2017年2月1日に実施される見込みとなっている。

(写真は現行ワゴンR)
ワゴンR 2015

2012年から販売される従来型ワゴンRは販売期間5年で次期型に切り替わる。発売まで一週間といった時期ではあるが、厳しい箝口令のスズキということで、まだまだわからない部分も多い。

ワゴンR 2015 リアコンビネーションランプ

なかでも、新型ワゴンRにストロングハイブリッドが導入されるかどうかは気になるところ。スズキは2016年末、ソリオに新開発の1.2L ストロングハイブリッドを搭載したモデルを発売しており、これを軽自動車向けにダウンサイズさせたシステムが、新型ワゴンRに搭載されるストロングハイブリッドになるという説がある。

(写真はスズキの1.2Lストロングハイブリッド)
スズキ ストロングハイブリッドシステム AGS スズキ ハイブリッドシステム

まず、1.2Lストロングハイブリッドが出たばかりのこの時期に、その軽自動車向けがすぐさま市場投入できるのかという疑問がある。ただ、ソリオのストロングハイブリッドは約一年以上前に開発がほぼ完了しており、その後の燃費不正問題の影響で発売が遅れたという経緯がある。軽自動車向けストロングハイブリッドの開発期間は十分にあったと考えられ、このタイミングで新型ワゴンRに採用されても不自然ということはない。

新型ワゴンR、エクステリアは上下2段ヘッドライト、スティングレーは縦長ヘッドライト

一方でエクステリアについては、ある程度の情報が出回っている。ノーマルグレードは上下二段ヘッドライトがチャームポイントとなり、同時発売される上級グレードのスティングレーは縦長ヘッドライトで差別化される。リアはアルト風のシンプルなバックドアが象徴的となる。

ボディスタイルは従来型の踏襲で全高は1.7m未満に抑えられ、乗り心地と走行安定性そして積載性とのバランスが取られる。

過去記事(2016/12/08)

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

ワゴンRのフルモデルチェンジ遅れる、2017年1月の発表を予想

スズキの新型車投入ラッシュに、軽自動車主力のワゴンRが含まれていたが、これは2016年内には間に合わず、2017年1月にずれ込む可能性が出てきた。

(写真は現行ワゴンR)
ワゴンR 2015

現行ワゴンRにはS-エネチャージと名付けられたマイルドハイブリッドシステムが上位モデルに採用されている。今回のフルモデルチェンジでさらなる性能向上が求められるわけだが、その手段として考えられるのが登録車で先行採用されてきた技術の転用である。

次期ワゴンRのハイブリッドモデルはデュアルジェットエンジン+Sエネチャージ

前回のレポートでは、ソリオで先行採用されたストロングハイブリッドの技術が次期ワゴンRに採用される可能性について書いた。しかし、むしろエンジンユニットの大幅改良によりJC08モード燃費向上が図られるという。スイフト、ソリオ、イグニスなどで先行採用されるデュアルジェットエンジンが軽自動車向けエンジンにダウンサイジングされ、次期ワゴンRから採用される見込みとなっている。

(写真はデュアルジェットエンジン+マイルドハイブリッド)
デュアルジエットSHVSマイルドハイブリッド 1.2L

また新型プラットフォーム採用による軽量化も地味ながら基本性能アップに大きく貢献することになる。スズキは2014年12月にデビューしたアルトでプラットフォーム改良による大幅軽量化を実現しており、この技術は新型ワゴンRにも使われることになる。

(写真は従来型MRワゴン)
MRワゴン

ワゴンRが属するベーシック軽ワゴンのセグメントでは、コンセプトが近いMRワゴンがカタログ落ちし後継モデルも設定されていない。従来のMRワゴンユーザーの受け皿となるためにもこれまで以上にワゴンRの重要性が高まっている。

過去記事(2016/11/26)

スズキ次期ワゴンRにフルハイブリッドあり、軽自動車向けに新開発

新型ワゴンRに本格ハイブリッドシステム搭載、スズキ新開発

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジが迫っている。これには新開発パワートレインとして、フルハイブリッドが初採用される見込みとなっている。

(写真は現行ワゴンR)
ワゴンR 2015

燃費競争の激しい軽自動車セグメントであるが、スズキは他社に先駆けてハイブリッドシステムを市販車に導入してきた実績がある。ただし、これはS-エネチャージと名付けられており、軽自動車に対する増税が議論される中、これを刺激しないためにも敢えてハイブリッドという言葉を表立って使ってこなかった。現行ワゴンRのS-エネチャージは実質的にはマイルドハイブリッドに相当するシステムでJC08モード燃費33.0km/Lを達成している。

ワゴンR 2015 リアコンビネーションランプ ワゴンR 東京モーターショー2015

そして、次期ワゴンRからは、エンジン停止状態でモーターのみを使った走行が可能なフルハイブリッドシステムが導入される見込みとなっている。11月29日に発売されるソリオフルハイブリッドのシステムを軽自動車向けに流用したものが予想されるが、そうなるとトランスミッションはAGSということになるだろう。

(写真はソリオのフルハイブリッドシステム)
スズキ ストロングハイブリッドシステム AGS

従来型のマイルドハイブリッドも燃費性能と価格のバランスが良いことから、ブラッシュアップを受けて新型ワゴンRのパワートレインラインアップの一つとして残される見込みだ。

現行ワゴンRは既に生産終了、フルモデルチェンジは早くて年内の可能性も

さて、新型ワゴンRの発売日については、厳しい箝口令の敷かれるスズキということもあり、明確な情報が伝わっていない。早ければ2016年内、遅くとも2017年の早い時期のフルモデルチェンジが予想されるが、既に現行型の生産は終了していることを考えると2016年内の発売もあり得る。

過去記事(2016/10/27)

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジが準備中、2016年内に間に合うか

新型ワゴンR発売は2016年内にも実施される可能性、来春延期から早まる

スズキは燃費不正問題の発覚により、当初予定していたフルモデルチェンジの計画を延期せざるを得ない状況となっていた。主力軽自動車のワゴンRもそういった車種の一つであったが、ようやくニューモデル発売に向けての目処が立ち、2016年12月にも実施される見込みとなった。

(写真は現行ワゴンR)
ワゴンR 2015

スズキの軽自動車向けプラットフォームは、2014年12月発売の新型アルトから新世代型に切り替えられている。その後、新世代プラットフォーム採用のラパンが発売されたが、以降、他モデルへの普及は進んでいない。この大幅に軽量化された新世代プラットフォームが採用されることで、新型ワゴンRは正常進化を遂げることになる。

ワゴンR 2015 リアコンビネーションランプ

ワゴンRは既に同クラストップの燃費性能、新技術の採用は限定的か

現行ワゴンRのJC08モード燃費は、Sエネチャージ搭載のFFモデルが33.0km/Lとなっている。既にクラストップであるためフルモデルチェンジによるJC08モード燃費の上げ幅は大きくならないだろう。

(写真はスズキ新開発のAGS+ハイブリッドシステム)
スズキハイブリッドISG AGS

一方で、スズキの登録車クラスの動きでは、ソリオにAGSトランスミッションを採用した新開発ハイブリッドを今秋に発売予定となっている。軽自動車向けにダウンサイズさせたAGS+Sエネチャージが出るのではとも期待されたが、今のところそういった情報は無し。上級パワートレインはCVT+Sエネチャージの改良版になる可能性が高い。

グレード構成では、通常モデルに加え、上級のスティングレーが継続設定される。このあたりは従来型と大きく変わらないだろう。

過去記事(2016/06/25)

新型ワゴンRのフルモデルチェンジ発売が延期、スズキ燃費不正問題の影響

次期ワゴンRは正規の計測方法でJC08モード燃費公表、年明けフルモデルチェンジ

スズキの主力軽ワゴン車、ワゴンRのフルモデルチェンジが2017年初頭に実施される見込みとなっている。

(写真は現行ワゴンR)
ワゴンR 2015

前回のレポートでは、ワゴンRのフルモデルチェンジについて2016年秋に実施されると報告したが、このスケジュールは延期されることになる。スズキの燃費スキャンダルがその主な原因となっていそうである。

ワゴンR 2015 リアコンビネーションランプ

スズキはJC08モード燃費の計測方法に問題はあったが、その数値には偽りが無いとして、現行ラインアップの販売を継続している。そんな中、現行ラインアップ車について、定められた方法による燃費計測が進められつつあるが、これがどうもこれまでのカタログ燃費を上回るものとなりそうで、燃費性能を過小申告していた可能性が強まった。

今後発売されるモデルについても、定められた方法による燃費計測が必要となる。予定していなかった工程が加わるため、ニューモデル販売スケジュールに影響を残すことになる。

次期ワゴンRは軽量化による燃費性能向上で正常進化、押し出し感のあるエクステリアで主張強く

新型ワゴンRの概要も少しづつ情報が出まわりつつある。実質的なハイブリッド車であるワゴンR Sエネチャージは、多少のブラッシュアップが盛り込まれることになるが、基本システムは従来と大きく変わらないことが予想される。燃費性能の向上に直結する改良は、ボディの大幅な軽量化にある。現行700kg台後半の車体重量は、次期型では700kg台前半にまで減量される見込みとなっており、ざっくりと50kg程度は軽くなることになる。

ワゴンR 東京モーターショー2015

またトランスミッションでは、スズキが近年採用を拡大しつつあるAGSが新型ワゴンRでは搭載されない見込み。AGSは特にコスト面で有利であったが、ワゴンRについては上級トランスミッションであるCVTに統一することで、むしろ量産メリットによるコストダウンが図られる。

エクステリアでは、押し出し感のある上下2段のヘッドランプが特徴的となる。ワゴンRスティングレーでは、現行型に近い縦型ヘッドランプが踏襲されながらも、近未来的な新デザインでスポーティな印象が与えられる。

過去記事(2016/05/19)

スズキも燃費不正、ほぼ全車種が対象、JC08モード燃費変更なしで販売継続

スズキ国内販売モデルのほぼ全てが不正の対象、鈴木修会長ら謝罪

スズキは、JC08モード燃費表記が法令で定められた方法で算出したものではなかったとして、2016年5月18日に謝罪をした。

スズキ

対象車種は登録車ではソリオ、イグニス、バレーノ、SX4 S-CROSS、スイフト、エスクード2.4、エスクード、ジムニーシエラ。軽自動車では、アルト、アルト ラパン、ワゴンR、ハスラー、スペーシア、エブリイ、キャリイ、ジムニーとなる。これらは、他社から車体供給されるOEMモデルを除く全ての国内向け車種ということになる。

ソリオ ハイブリッド

JC08モード燃費に変わりは無しで従来通り販売は継続、業績への影響は限定的か

いわゆるカタログ燃費と呼ばれるJC08モード燃費は、走行時に車体が受ける空気抵抗を主とする走行抵抗を差し引いて求められる。この走行抵抗は、テスト走行から得られる実測値であることが法令によって定められている。しかしスズキでは、開発時に使用していた各パーツごとの抵抗値より導き出されたもので、実測値が使われていなかった。

ワゴンR 2015

この理由としては、テストコースが風の影響を受けやすい場所にあり、実測で走行抵抗を出すのが困難であったとしている。

スズキが不正な手段で出した走行抵抗は、燃費性能を実際よりも良く見せようとした意図はなく、実測値ではないものの実測値とほぼ変わりがないとしている。このためJC08モード燃費の表記に変更はなく、販売も従来通り続けるとのこと。

今後は防風壁の設置などでテストコースを改良し、法令通りの測定方法を実施するとしている。

バレーノ ジュネーブ2016

また、海外向け車種については、JC08モードとは異なる現地の指定された燃費表記となるため影響がないとした。スズキのビジネスは、今やインド市場など海外が主力となっているから、株主などに向けてこのあたりも強調された。

過去記事(2016/05/09)

スズキ・ワゴンRが2016年秋にフルモデルチェンジ、主力軽自動車が新型へ

ワゴンRが6代目へフルモデルチェンジ、販売台数首位を目指す

スズキの主力軽自動車、ワゴンRが2016年秋にフルモデルチェンジされる見込みとなっている。

(写真は現行ワゴンR)
ワゴンR 2015

現行型のワゴンRは2012年に発売された5代目モデル。軽自動車は一般的に登録車よりも短いサイクルでフルモデルチェンジされるが、このワゴンRも販売期間約4年で次期型へ切り替わることになる。

ワゴンR 東京モーターショー2015 ワゴンR 2015 リアコンビネーションランプ

次期ワゴンRは新世代プラットフォーム採用、燃費性能の他、安全運転支援システムも注目

スズキのこのところの動きを振り返ると、グローバルコンパクトカーを重視した施策が取られてきたように感じる。バレーノ、イグニスといったニューモデルを投入することで、ある意味で脱軽自動車とも思える方向性が見られた。ただし、このワゴンRは別格であろう。ダイハツ・ムーヴ、ホンダ・N-WGNといったライバル車種を相手に絶対に負けられない日本国内でのシェア争いが繰り広げられている。

(写真はホンダ・N WGN)
N-WGN エヌワゴン

最近のワゴンRの販売台数を見てみると、年度末にあたる2016年3月で1万2757台を記録しており、モデル末期ながらも安定した販売台数が維持された。ただし、上を見るとN BOXやタントといったトールワゴン車が2万台を超える販売台数で元気だ。また同じスズキでもベーシック軽自動車のアルトが1万3945台と売れている。

(写真はアルト ワークス)
スズキ アルトワークス

そんな中、 同月で2万台近く売れていた日産のデイズシリーズがJC08モード燃費表示の不正問題で販売停止となった。この流れに乗り遅れないためにも、スズキはいち早く新型ワゴンRを市場投入したいところだろう。

次期ワゴンRは、S-エネチャージの技術をはじめとする燃費性能、自動ブレーキなど安全運転支援システムに関する新技術の導入が注目されるポイントとなる。また、アルトから採用がスタートした軽自動車向けの新世代プラットフォームが導入され、大幅な軽量化が期待される。

スズキ・ワゴンRが2016年秋頃にフルモデルチェンジ、次はフルハイブリッドか?

ワゴンR S-エネチャージが8月25日発売、事実上軽自動車初のハイブリッドカー

ワゴンRハイブリッド、発売日は2014年8月25日、JC08モード燃費32.4km/L

次期ワゴンRはハイブリッドエンジン搭載の軽自動車、JC08モード燃費40km/L目標

ワゴンRとMRワゴンが30.0km/L、軽自動車最重要セグメントはスズキが燃費No.1

新型ワゴンRはスティングレーの販売が好調、ターボ車の免税対象が効いた

新型ワゴンRのJC08モード燃費は28.8km/Lに、リチウムイオンバッテリー搭載

ワゴンRのフルモデルチェンジが1年前倒しで9月6日に、回生ブレーキ発電で燃費向上

ワゴンRが2013年秋にフルモデルチェンジ、R06Aエンジン採用

軽ワゴン比較/ワゴンR/MRワゴン/ムーヴ/ライフ

軽自動車販売台数ランキング上位車種の欠点と長所 ワゴンR/ムーヴ/タント

リセールバリューでお得なのは?MRワゴン,ワゴンR,ステップワゴン,ストリーム

アイドリングストップのメリットとデメリット

軽自動車で納期の早い車種は?

軽自動車の実燃費を比較してみる(1位~5位)

AZワゴン、ワゴンR他、軽トールワゴンOEMまとめ

ライフ新型5代目(ホンダJC1/JC2)の口コミと評価

ワゴンR新型MH23Sカーオークション落札相場状況

MH23S スズキ新型ワゴンR(4代目)の評判と実燃費

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先