car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ワゴンRのフルモデルチェンジが1年前倒しで9月6日に、回生ブレーキ発電で燃費向上

スズキ次期ワゴンRは大幅燃費向上、発売前倒し

新型ワゴンRの発表、発売が2012年9月6日に行われる予定となった。
次期ワゴンRは、エクステリアデザインはキープコンセプトであるものの、燃費はJC08モードで従来23.6km/Lから新型29.0km/Lへと大きく改善。ライバル車ムーヴの27.0km/Lを上回り、クラストップの燃費性能を達成する見込みとなった。
次期ワゴンRのデビューは、そもそも2013年に行われると考えられていたが、計画は大幅に前倒しされることになった。

新型ワゴンRは回生ブレーキとキャパシタによる新技術搭載

新型ワゴンRから採用される新技術は「発電」がキーワードになっている。回生ブレーキによる発電と、それを一時的に蓄えるキャパシタの装備により、電気回りのエネルギー効率をアップ。発電した電力をハイブリッドカーのようにモーター駆動に使うことはできないのだが、オルタネーター発電によるエンジン負荷を減らすことができるため、燃費を改善することができた。キャパシタは、リチウムイオンバッテリーやニッケル水素バッテリーのように大容量の電力を長時間蓄電することができないが、安くて軽量といった特徴を持っており、ハイブリッドカーでない低価格車のエネルギー効率を高めるデバイスとして注目されている。

さらにボディは70kgの軽量化を実現しており、このことも燃費性能向上に対する貢献度が大きい。MRワゴン エコから採用が始まった吸排気VVT機構採用の新型エンジンR06A改良版と副変速機構付CVTの搭載も盛り込まれる。

これらの燃費改善策により、JC08モード燃費は29.0km/Lを達成する。この他に、アイドリングストップと回生ブレーキ発電が装備されない廉価グレードの設定もされる。
(写真は現行ワゴンR)
ワゴンR
外観デザインはキープコンセプト。グリルデザインが横三本バーになり、ヘッドライトが直線基調の多角形になることが判明している。
従来通りスティングレーも9月中頃にはラインアップされる見込みだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント