car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型ワゴンRのJC08モード燃費は28.8km/Lに、リチウムイオンバッテリー搭載

次期ワゴンRは新技術が満載、快適性能も重視

新型ワゴンRが2012年9月6日に発売される見込みだ。
今回のフルモデルチェンジは、「新型アイドリングストップ」と「エコクール」そして「エネチャージ」の3つが柱となっている。

まず、新型アイドリングストップ機能は、減速時の停車前エンジンストップを13km/L以下に設定することに成功した。これまでのスズキのアイドリングストップシステムは9km/L以下であったから、新型ワゴンRのエンジンストップの機会と時間はさらに増えることになる。

そして、アイドリングストップによるエンジンストップ中も快適な車内をキープしてくれるのが「エコクール」である。新型ワゴンRは、エアコンのエバポレーターにパラフィンを主原料とした蓄冷材が設置される。エンジンON時に冷やして固体化させておいたパラフィンを使うことで、エンジンOFF時も送風のみの電力消費で冷たい風を車内に送ることが可能になる。
JC08モード燃費は、エアコンオフの状態を条件としているため「エコクール」の採用によるカタログ燃費の向上は無い。しかし、新型ワゴンRを利用するユーザーの快適性と実用燃費は向上することになる。

また、減速時の発電能力を高めたエネルギー回生システム「エネチャージ」は、リチウムイオンバッテリーが採用されることがわかった。前回レポートではキャパシターが採用されるとお伝えしたが、新型ワゴンRにはリチウムイオンバッテリーが採用されるということなので、ここに訂正しておく。このリチウムイオンバッテリーは助手席下に搭載され、鉛バッテリーとの組み合わせによる蓄電システムが構築される。従来の鉛バッテリーのみのシステムと比較して、充放電効率が大幅に良くなるため、オルタネーターの発電によるエンジンへの負担が少なくなるというわけだ。

これらスズキが新規に採用する技術により、新型ワゴンR(FF、NA車)のJC08モード燃費は28.8km/Lとなり、ライバルのダイハツ・ムーヴの27.0km/Lを超えることになる。

(写真は従来モデルのワゴンR)
ワゴンR

新型ワゴンRはターボグレードも100%エコカー減税の対象車に

新型ワゴンRの納車時期には、エコカー補助金の残額は底をついているだろう。軽自動車の購入時に支給されていた補助金7万円の受け取りは難しい。しかし、エコカー減税は継続される。新型ワゴンRは、NA車だけでなくターボ車も含めて100%エコカー減税対象車、つまり免税となる見込みだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント