car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型ワゴンRが2月1日に発売、スティングレーを含め3タイプのエクステリア

新型ワゴンRはマイルドハイブリッドで33.4km/L、ストロングハイブリッド無し

スズキ・ワゴンRが約4年半ぶりにフルモデルチェンジを受け、2017年2月1日に発売日を迎えた。

(写真は新型ワゴンR ハイブリッド FX)
ワゴンR ハイブリッド FX

本モデルでワゴンRは6代目となる。当初は昨年2016年のデビューが計画されていたが、スズキの燃費不正問題の影響で少し遅れ、ようやく発売に漕ぎつけたことになる。

ワゴンR ハイブリッド FX インテリア ワゴンR ハイブリッド FX シート

新型ワゴンRについては、事前にリークされた情報が少なく、様々な予想が立てられた。特にパワートレインについては、期待されていたストロングハイブリッドモデルは用意されず、マイルドハイブリッドのみのラインアップとなった。同クラスの他のライバル車がまだマイルドハイブリッドすら用意できていない状況であるから、マイルドハイブリッドでも十分なアドバンテージがあるということだろう。

(写真は新型ワゴンR ハイブリッド FZ)
wagon-r-hybrid-fz ワゴンR ハイブリッド FZ リアコンビネーションランプ

通常版ワゴンRで2タイプ+スティングレーで3タイプのエクステリアが用意される

エクステリアについては、通常版ワゴンRで2タイプが用意される。非ハイブリッドのFAグレードとハイブリッドFXグレードはスクウェアタイプのヘッドライトが与えられる。そして、上級のハイブリッドFZグレードでは専用エクステリアが設定され2段ヘッドライトと2段フロントグリルによって上質感が与えられる。

(写真は新型ワゴンR スティングレー)
ワゴンR スティングレー ハイブリッドT

同時発売となったワゴンRスティングレーでは、さらに第三のエクステリアとして縦長ヘッドライトが採用される。ワゴンRのスティングレーのパワートレインは、非ハイブリッドのXグレード、マイルドハイブリッドのHYBRID Xグレード、さらにマイルドハイブリッドターボのHYBRID Tグレードが用意される。

#1 匿名さん2017/02/03(Fri)06:15:36
FZとスティングレーのシボレーとキャデラックをモロパクリなフェイスと、
アルファード似のBピラーなんかはさておき、
縦も横も長さは決まってるので、ボンネットの長さと高さ、屋根の高さからか?
シルエットは今までのワゴンRの中で一番好みかも。
#2 匿名さん2017/02/03(Fri)13:42:19
こんにちは!
ワゴンRが6代目にFMCしましたね!

OEM車のフレアも、そろそろFMCして欲しいです!
#3 匿名さん2017/02/03(Fri)18:48:58
ここんところの軽自動車に縦目ってのはなかったからカッコ良く見える。ただしテールランプ、おめーはダメだ。
#4 匿名さん2017/02/03(Fri)20:40:14
アル/ヴェル買えない人向けデザインかと思えば
リアは初代のオマージュというのが
なんともちぐはぐ
#5 あかん2017/02/06(Mon)15:17:22
黄色い写真、昔のEKワゴン見たい・・・
#6 匿名さん2018/05/01(Tue)21:50:27ID:M1YjdhYTDZ
どうしてこんなワゴンRになってしまったのか
#7 匿名さん2018/05/01(Tue)23:44:49ID:I0ZmFiYTjN
まさかここまで販売が失速するとは。
#8 匿名さん2018/05/01(Tue)23:50:08ID:NkYjViMDjZ
人生失速した人のボヤキでしたw
#9 匿名さん2018/05/02(Wed)20:13:19ID:EwNDc5MzjZ
スズキも気付いていると思うが、ワゴンRやムーブが軽№1を競った時代は終わった。
#10 匿名さん2018/05/10(Thu)11:21:28ID:VkMjQ2MzDY
販売台数でNboxにはもう勝てないのか。
#11 匿名さん2018/05/10(Thu)11:25:03ID:ljNWNkMj2Z
スーパーハイト&スライドドアじゃないと天下は取れないようみたい
#12 匿名さん2018/10/23(Tue)21:06:19ID:ZlOTU3ZmTZ
AGSの設定をお願いします。
#13 匿名さん2018/10/23(Tue)21:44:34ID:Q0MDNlNDjO
フロントマスクのポリシーのなさが販売不振の一因かもしれない。
リヤと同様、初代のエッセンスを加えてもいい。

名前(任意)
コメント