軽ワゴン比較/ワゴンR/MRワゴン/ムーヴ/ライフ

軽ワゴン車4車種を比較ランキング

最近は全高の高いタント、パレットといった車種が売れているが、自動車リサーチ的には全高1700mm未満の軽ワゴンの方が走行性能、乗り心地のバランスが良くお薦め。
その中でも主力のワゴンR/MRワゴン/ムーヴ/ライフの4車種を比較してみる。

1位:MRワゴン

[ 走り90点 / 燃費80点 / 広さ80点 / デザイン85点 / コストパフォーマンス80点 ]

お薦め度No1なのが、MRワゴン。ワゴンRの弟分的な存在ではあるが、今年モデルチェンジしたばかりで今買うなら断然お薦めとなる。
デビューから半年が経ち、そろそろ値引き額が期待でき、買いごろ感も出てきた。
エンジンは新型のR06A型が採用されており、燃費、出力ともに旧型エンジンが使われているワゴンRより優れる。
CVT、アイドリングストップといった最新メカニズムも搭載。
共通ボディのOEM車、日産モコも同じくお薦め。
メーカー的にはタッチパネルオーディオを推しているが、操作感はイマイチだし無駄に高価なオーディオ付けるよりはカーナビの方がいいだろう。

2位:ワゴンR

[ 走り85点 / 燃費75点 / 広さ80点 / デザイン70点 / コストパフォーマンス85点 ]

このクラスの最主力車種がワゴンR。
お薦め度では2位に甘んじているが次回のモデルチェンジでは1位奪還してくるだろう。
デザインに新しさがないのが残念だが、ディーラーによっては値引き幅が拡大中。装備の充実したモデルが実質的に安く買える場合が増えてきた。
アイドリングストップ機能を備えたタイプも登場し、燃費性能も向上した。
後席の快適さはミドルクラスセダン並で快適そのもの。

3位:ムーヴ

[ 走り70点 / 燃費85点 / 広さ85点 / デザイン85点 / コストパフォーマンス70点 ]

ムーヴの長所はワゴンR以上に広さが感じられる所。
ただし、燃費性能と室内の広さに拘り過ぎたのが、走行性能は乗り心地の評価は低め。
10・15モード燃費27.0km/Lは素晴らしいが、エンジンはトルク感が少なく、頼りない感じは否めない。
また、同一装備で比較すると、スズキ車よりも若干価格が高くなるのも気になるところ。
ムーヴのOEM車としてはスバルのステラがある。

4位:ライフ

[ 走り70点 / 燃費65点 / 広さ80点 / デザイン80点 / コストパフォーマンス85点 ]
ライフ
少しでも個性を求めるならホンダのライフがお薦めとなる。
ワゴンR、ムーヴは街に溢れ過ぎている感があるし、いまさら所有するには抵抗のある人もいるだろう。
ライフは軽ワゴン車の中では販売台数が少なめなのが特徴。
ただし、売れていないのには理由があり、燃費性能が少し悪い。
CVTは装備されていないし、アイドリングストップの設定もない。
それでも、車体価格が安いので、近距離の運転が多いのであれば十分な走行性能と割り切れるはずだ。

関連するレポート

[ 2011/07/20 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

CX-3に2.0Lガソリンエンジンモデル追加、JC08モード燃費17.0km/L

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産が次期リーフのティザー画像を公開、2017年後半フルモデルチェンジか

エクストレイルがマイナーモデルチェンジで後期型へ、プロパイロット搭載

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レクサス新型UXシリーズは2018年春の発売見込み、プレミアムコンパクトSUV

レクサスNX300h、NX200t改めNX300が後期型へマイナーモデルチェンジ

アルファード、ヴェルファイアは今秋マイナーモデルチェンジで2.0Lターボ追加

トヨタが新型カムリ日本仕様を発表、2017年夏の発売を予告、販売強化

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

D-X(次期コペン)、オフロードオープンスポーツが東京モーターショーに出展

N-BOXスラッシュがマイナーモデルチェンジの見込み、新デザインテーマ設定か

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

次期フォレスターが開発中、2017年秋東京モーターショーでワールドプレミア

新型ミライース発売、フルモデルチェンジでもJC08モード燃費の向上無し

新型ノートにディーゼルエンジン搭載モデルが登場、日本導入の可能性は?

マツダ・CX-3にガソリンエンジン搭載車が追加発売、2017年秋

ホンダ・フィットのマイナーモデルチェンジは6月下旬、ホンダセンシング搭載

ホンダ・N-BOXフルモデルチェンジ画像公開、現行デザイン踏襲

トヨタ・アクアが6月19日マイナーモデルチェンジ、X-クロスオーバー追加

マツダ次期ロータリー車はシリーズ式ハイブリッド、RX-9発売の可能性は

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

新型シビックは今夏発売のスケジュール、4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプR

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.