car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ新型NSX 米国生産モデルが横浜港到着、日本向け納車スタート

ホンダ新型NSX完成市販車が日本に上陸、納車はじまる

新型NSXはホンダのフラグシップスポーツカーとして2016年8月に発売されたモデル。2370万円という車両価格にもかかわらず受注は好調で、日本向けに割り当てられた年間販売100台の計画に対し、2016年秋の段階で200台を超える受注を達成している。その完成車両を積載した第一便が横浜港に到着した。

(写真は新型NSX)
NSX 横浜港

新型NSXは米国オハイオの専用工場で生産、増産体制で年間1500台

1990~2006年の間販売された先代型NSXは国内生産ということであったが、今回の新型は米国オハイオ州に新設されたNSX専用工場であるパフォーマンス・マニュファクチュアリング・センターにて製造される。

NSX 生産工場

そこには最新の生産設備と、トレーニングを受けた熟練工100名が集められており、新型NSXのハイクオリティな少数生産が実現される。それでも好受注を受けて、増産対応が取られており、計画の2倍である年産1500台体制で進められている。

NSX honda NSX リアコンビネーションランプ

米国工場が新型NSXの唯一の製造拠点ということになり、ここから世界各国に向けてデリバリーされることになる。北米や中国などACURAブランドが導入される地域ではACURA NSXとして販売される。

NSX 埼玉製作所

そして、日本向けにはホンダ NSXとして、やはり米国工場で生産された車両が輸入販売される。今回、横浜港から陸揚げされた新型NSXは、その後ホンダ埼玉製作所に送られ、ここで最終チェックを受けてから納車される予定だ。

#1 匿名さん2017/03/01(Wed)15:11:31
夢のある車だよな!
#2 匿名さん2017/03/01(Wed)22:41:25
むしろ夢しかない
現実で見ることはなさそう
#3 匿名さん2017/03/01(Wed)23:59:13
これだけレアだと、数年後にプレミアが付く事を考えて投資目的で買う人が出そうだな。
しかし、ホンダの車の新技術に関しては、マイナーチェンジ後が真価を発揮すると言うジンクスが有るので要注意!
#4 匿名さん2017/03/02(Thu)04:52:00
欲しい…。
けど、買えない…。
#5 匿名さん2017/03/11(Sat)21:57:47
富裕層の一時の楽しみだけのクルマ
#6 匿名さん2018/02/08(Thu)10:59:00
負け惜しみで言えば、このクルマを限界領域で走らせるドラテクは到底ない。
#7 匿名さん2018/02/08(Thu)12:26:58
この前、高速で初めて見た。
ぶち抜かれた。
#8 匿名さん2018/02/08(Thu)15:30:22
走る姿を見られただけでも、ちょっと羨ましい
#9 匿名さん2018/02/08(Thu)15:41:03
ウラカンかNSXが欲しい
#10 匿名さん2018/02/08(Thu)16:19:21
現行NSXのコマーシャルって見たことない・・・。
けど、探したらありました。
https://www.youtube.com/watch?v=KVsReqWbLZo
#11 匿名さん2018/02/08(Thu)16:37:38
カタログも一般的には配布されていない
4ページのパンフのみ

広告費をかけて売るクルマじゃないから
#12 匿名さん2018/03/03(Sat)06:50:19
Type-R はとりあえず、SH-AWD外しか
#13 匿名さん2018/03/03(Sat)08:45:30
とにかく軽量化

名前(任意)
コメント

過去記事(2016/08/25)

NSXフルモデルチェンジ正式発表、消費税込み車両価格2370万円で受注開始

ホンダが新型NSX日本仕様を発表、ベースモデル車両価格は2370万円、米国生産モデル

ホンダからNSX日本仕様が正式発表された。高額になるとされたその車両価格は、消費税込みで2370万円に設定された。

(写真は新型NSX、東京モーターショー2015)
NSX 東京モーターショー2015

新型NSXは発表と同日にオーダースタートとなっており、2017年2月27日の発売日頃より納車が開始される見込み。米国オハイオ州の事業所に新設されたNSX専用プラントで生産され、ここから日本に向けて輸入されることになる。

NSX 東京モーターショー2015 NSX 東京モーターショー2015 リアコンビネーションランプ

新型NSX日本仕様は割高、価格帯ライバルはR8、911ターボ、ウラカン

新型NSXに搭載されるパワートレインは3.5L V6 DOHC ツインターボをメインとする3モーター式ハイブリッドのSPORT HYBRID SH-AWDとなる。トランスミッションは9速DCTの採用となり、2ペダル式パドルシフトによる変速が可能。システム最高出力581ps、システム最大トルク65.8kgmというパフォーマンスが与えられる。燃費性能はJC08モード12.4km/Lとなる。

(写真はランボルギーニ・ウラカン)
ウラカン ランボルギーニ

米国で販売されるACURA NSXは15万6000ドルからに設定され、現状為替レートの1ドル100.5円で換算して約1568万円、超円安の1ドル120円換算で考えても1872万円であるから、日本仕様の2370万円は相当割高感がある。アウディ・R8、ポルシェ・911ターボ、ランボルギーニ・ウラカンらを直接対抗とする値付けとなった。

(写真はアウディ・R8)
アウディR8 V10

(写真はポルシェ・911ターボS)
ポルシェ911ターボS

今後さらに上級スポーツモデルに位置するNSXタイプRも設定される見込みで、こちらのパフォーマンスおよび車両価格がどこまで跳ね上がるかも注目される。

過去記事(2016/08/12)

ホンダ・NSX日本仕様の公式サイト開設、2016年8月25日に受注スタート

新型NSXのプレビューサイトがオープン、ホンダのフラグシップモデル

ホンダの動きが活発化している。9月に主力車のフリードがフルモデルチェンジすることはこれまでのレポートで報告した通り。一方でフラグシップでは新型NSXが8月25日にも受注開始のスケジュールとなっている。

(写真は新型NSX)
NSXホンダ ジュネーブ2015

ホンダは発売が迫った8月8日、NSXの専用公式サイトをオープンし、取り扱いディーラー店舗を公開した。ウェブからの資料請求、メールマガジンの登録を受け付けている。

NSX ホンダ ドライバー NSXホンダ インストルメントパネル

NSX日本仕様は2000万円を超えることが予想される、米国生産の輸入モデル

新型NSXの車両価格については、まだ公式発表に至っていないが、かなりの高額となりそう。先行して販売されるアキュラ・NSXの米国価格は15万6000ドルからに設定されており、これは1ドル101円換算で約1580万円となる。ただし、日本仕様ホンダ・NSXについても米国生産の輸入モデルとなることから値が上がり、ここから基本的なオプション装備を付ければ2000万円超えになるという考えが優勢だ。というのも、最近の急激な円高をこれからも継続されると見込んで価格設定するわけにいかず、ホンダとしては少し前までの1ドル120円前後の為替レートを基準に車両価格を決めざるをえない事情がある。

NSX 東京モーターショー2015 リアコンビネーションランプ NSX 東京モーターショー2015

かつてのNSXは1000万円クラスのスポーツカーで、日産・GT-Rが有力な対抗モデルであったが、新型NSXではこの関係は成立しないだろう。

北米 NSX 生産

一方で、ホンダは欧州で新車名ZSXの商標登録を済ませた。これはまだ憶測の段階に過ぎないが、ZSXのモデル名からスポーツカーであると予想する。こちらが、かつてのNSXの価格帯を後継するモデルとなるか?

過去記事(2016/07/25)

新型NSX日本仕様2016年8月25日発表見込み、ホンダのフラグシップが復活

ホンダNSXが遂に日本発売、北米からの輸入台数わずか年間100台程度

新型NSXの日本発表が2016年8月25日に行われる見込みとなっている。

(写真は新型NSX)
NSX 東京モーターショー2015

新型NSXの主力市場として位置付けられている北米では、2016年春より現地生産がスタートしており、一足先に販売が始まっている。その車両価格は15万6000ドルからに設定されている。

NSX 東京モーターショー2015 リアコンビネーションランプ NSX 東京モーターショー2015

新型NSXの日本仕様は2000万円オーバーか、北米生産で円高のなか割高感あり

NSXの北米発売当初は日本円換算で約1800万円と報じられることが多かったが、その後為替が円高に進んでおり、現在のレートでは約1655万円となる。円換算ではかなり値下がりしていることになるのだが、ホンダはNSX日本仕様をエントリーモデルで2000万円を超える車両価格に設定するとも噂されている。この水準のプライスであれば、北米仕様と同じオハイオ工場で生産されたものが日本へ輸入されることを考えると、相当割高感がある。

NSX ホンダ ドライバー NSX ホンダ フロントシート

そして、日本向けに割り当てられる納入台数は年間100台程度になる見込み。

NSX 東京モーターショー2015 ホンダ NSX マフラー

ホンダは新型NSXの生産にあたって、オハイオの事業所に新工場を設立。そこで働くスタッフも熟練工と呼ぶに相応しい者が現地で厳選され、新型NSXのラインオフに向けてトレーニングが積まれてきた。ホンダのフラグシップスポーツ、NSXの名に恥じない万全の生産体制が敷かれてきたわけが、先代型がそうであったように新型NSXも基本的にはハンドメイド生産であるため、多くの台数を生産することはできない。価格帯的にそれほど台数の出るモデルではないが、発売からしばらくの間は納期が長くなることが予想される。

過去記事(2016/04/07)

ホンダ新型NSXの日本発売は2016年9月、タイプRも追加発売される見込み

ホンダ新型NSXは米国からの輸入で2016年9月に日本発売

NSXはホンダのフラグシップスポーツカーとして2016年に世界販売されるモデル。その日本発売の時期として2016年9月頃が見込まれる。

(写真は新型NSX)
NSX 東京モーターショー2015

先代型NSXは日本国内の事業所にて、熟練工によるハンドメイド生産されたモデルであった。新型では、生産拠点を最新設備を持つアメリカ オハイオ州の工場に移し、2016年4月下旬にも本格的な操業がスタートする予定となっている。

北米 NSX 生産

新型NSXのハイブリッドは燃費性能よりもスポーツ性能の向上が主目的

新型NSXのボディサイズは、全長4470mm×全幅1940mm×全高1215mm。車体重量は1725kgという大きさで、先代型よりも二回りほど大きくなる。

NSX ホンダ ドライバー NSXホンダ インストルメントパネル

新型NSXに搭載されるパワートレインは、3.5LのV6ツインターボをメインとする3モーター式のSPORT HYBRID SH-AWDとなる。モーターの内訳は、リアが47hp、フロントは36hpのモーター2基が左右独立で配置される。最大システムトータル出力は573hpで、トランスミッションとしては9速DCTが採用される。

NSX ホンダ フロントシート

リチウムイオンのバッテリー容量は1.1kWhとなる。アコードハイブリッドですら1.3kWhであるから、パワートレイン全体のバランスから言えば新型NSXのバッテリー容量はかなり小さい。新型NSXのSPORT HYBRID SH-AWDは燃費性能の向上よりも急加速時のモーターアシスト、あるいは左右トルク配分によるコーナリングアシストといったスポーツ性能の向上が主目的となる。そういった意味では少ないバッテリー容量も軽量化というメリットになる。

NSX 東京モーターショー2015 リアコンビネーションランプ NSX 東京モーターショー2015

さらにスポーツ性能が強化されたタイプRの追加投入も確実視されており、今後の動きに注目したい。

過去記事(2016/03/20)

ホンダ新型NSXの生産を2016年4月下旬からスタート、米国オハイオで一括生産

北米向けアキュラNSXが先行して生産開始、新型は全て米国生産

ホンダは米国オハイオ州にある工場で、北米向けアキュラ・NSXの生産を2016年4月下旬にも開始する方針であることを発表した。

(写真はアキュラ新型NSX)
北米 NSX 生産

ホンダのフラグシップスポーツカー、NSXがいよいよ復活することになる。ホンダは新型NSXの生産に向けて、パフォーマンスマニュファクチュアリングセンターを米国オハイオ州に建設し準備を進めてきた。新型NSXはここを唯一の生産拠点とし、同工場で生産されたモデルが北米だけでなく世界各国へ輸出販売されることになる。

NSX 生産工場

先代型NSXは日本国内の事業所において、熟練工によってハンドメイド生産されたものであった。その精神は米国のパフォーマンスマニュファクチュアリングセンターにおいて約100名のクラフトマンと最新の生産テクノロジーによって引き継がれることになる。

新型NSX日本仕様の車両価格は2000万円前後が予想される、米国仕様は約1740万円から

(写真はホンダ新型NSX、東京モーターショー2016)
NSXホンダ ジュネーブ2015 NSX 東京モーターショー2015 リアコンビネーションランプ

新型NSXの販売価格が既にいくらかの地域で出されている。米国では15万6000〜20万5000ドル(日本円換算約1740~2287万円)、英国では約13万ポンド(約2099万円)、ドイツでは約18万ユーロ(約2262万円)に設定される。

NSX ホンダ ドライバー NSX 東京モーターショー2015

まずは北米市場にて今春の生産開始とともにデリバリーも始まる。その後、欧州市場での発売が2016年秋頃に計画されている。日本での発売時期は明らかとなっていないが、2016年夏頃が予測される。

過去記事(2015/12/24)

新型NSX米国価格15万6000ドル、ベースモデルは日本円換算約1887万円に設定

アキュラ新型NSXの生産国米国での価格が発表される、オハイオ工場で生産

新型NSXの米国価格が発表された。ベースモデルは15万6000ドル(日本円換算約1887万円)で、さらにフルオプション仕様として20万5700ドル(約2486万円)が設定された。

(写真は新型NSX)
NSX Acura NSX

新型NSXは米国ではアキュラブランドから発売されるモデルとなる。日本および欧州ではホンダブランドから販売されることになり、今年開催された東京モーターショー2015では市販型車両が公開されており日本での発売も確定している。

(写真はホンダ新型NSX、東京モーターショー2015)
NSX 東京モーターショー2015

新型NSXはスポーツハイブリッドSH-AWDを採用、最高出力573hp

新型NSXに搭載されるパワートレインは、V6 3.5L直噴ツインターボエンジンをメインとする3モーター式ハイブリッドシステムと9速DCTの組み合わせによるスポーツハイブリッドSH-AWDが採用される。フロントドライブは左右独立に制御される2個のモーターが担い、左右トルク配分のコントロールにより優れたコーナリング特性が与えられる。システム最高出力としては573hpのパフォーマンスとなる。

NSX 東京モーターショー2015

北米ではアキュラブランド初の受注生産モデルとなり、2016年2月25日からオーダー開始となる見込みだ。

NSX 東京モーターショー2015

新型NSXの日本市場に向けた価格、発売日はまだ発表されていないが、少なくとも966~1255万円で販売された先代NSXと比べて大幅に値上がりとなることは間違いない。

NSX 東京モーターショー2015 リアコンビネーションランプ

生産国は先代NSXは日本国内であったが、新型NSXは米国オハイオ州の工場で生産され、ここから日本を含めた世界各国へ供給されることになる。

過去記事(2015/08/29)

NSXの発売が2016年春頃に延期、生産拠点オハイオ工場のスケジュールに遅れ

ホンダNSXの発売が約半年遅れる、日本発売は2016年春頃が予想される

ホンダのフラグシップスポーツカー、NSXの発売が延期されることになった。

(写真は新型NSX市販プロト)
NSXホンダ ジュネーブ2015

NSX復活に向けての動きは、デトロイトショー2012でのアキュラ・NSXコンセプトの発表に遡る。そして欧州ではホンダブランドからもNSXコンセプトが公開され、日本市場を含めたグローバル販売が展開されることが明らかとなった。その後、デトロイトショー2015で市販プロトを発表するに至っている。

NSX ホンダ ドライバー ホンダ NSX マフラー

そして遂に2015年終盤に新型NSXの発売日を迎える見通しとなっていた。しかし、このスケジュールは約半年程度遅れることになる。

次期型NSXの新たなスケジュールは2016年の春頃の発売となる見通し。日本での発売日もこれと近い時期となるだろう。

NSX ホンダ フロントシート ホンダNSX フロントグリル

先代NSXは熟練工による日本生産ということであったが、新型NSXは米国オハイオ工場で生産され世界各国にデリバリーされることになる。そこでの生産開始に向けたスケジュールが計画通り進んでいないことが発売が遅れる直接の原因となっている。

HONDA NSX ジュネーブ発表

次期NSXはV6 3.5Lツインターボ、SH-AWDを搭載、システム最高出力は550ps程度

次期NSXに搭載されるメインユニットはV6 3.5Lのツインターボエンジンとなる。SH-AWDの採用ということで、左右独立のフロントモーターを含む3つのモーターアシストが加わる。トランスミッションとしては9速DCTを採用。システム最高出力は550ps程度になる。

NSXホンダ インストルメントパネル NSX ホンダ リアコンビネーションランプ

次期NSXのボディサイズは、全長4470mm×全幅1940mm×全高1215mm。ホイールベースは2630mmとなる。

ホンダNSXの市販モデルがジュネーブモーターショーでワールドプレミア画像

ホンダNSX市販プロトモデルがデトロイトで公開、北米国際オートショー2015

新型NSXがデトロイトショーで市販モデル発表、Acuraがティザー動画を公開

次期NSXプロトタイプ炎上、ニュルブルクリンクサーキット テスト走行中

NSX CONCEPT-GT画像、2015年発売の次期NSXがベース、スーパーGT参戦車両

NSXコンセプトの新色ホワイトボディ、東京モーターショー画像、2015年に発売

ホンダNSX CONCEPT GTを公開、2014年よりSUPER GT GT500クラスに参戦

新型NSXプロトタイプ、サーキットでのデモ走行をオハイオの地元ファンに公開

次期NSX試作モデルを米国でホンダが発表、オハイオでデモンストレーション走行

次期NSXは9速デュアルクラッチトランスミッション搭載、ホンダのDCT戦略

次期NSXはアメリカ生産車が日本へ輸入される、オハイオ工場でハンドメイド

次期NSX予約開始で既に20台を超える受注を獲得、GT-Rを超える車両価格

NSXの2013年バージョン画像、ホンダエンブレムの最新モデル、ジュネーブ出展

新型NSXコンセプトが公開、ホンダのフラグシップスポーツカー復活に一歩前進

NSXコンセプトの2013年モデルがデトロイトモーターショーで公開予定

次期NSXの発表は2014年夏頃予測、後追いでタイプRが出る可能性も

赤のNSXコンセプトが北京モーターショーで出展中

ホンダが新型NSXの画像を公開、次世代V6ミッドシップハイブリッドスポーツ

NSX後継車が公開、発売は2014年、価格は1000万円程度

NSX後継?ホンダの新型スポーツカー

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先