car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダNSX市販プロトモデルがデトロイトで公開、北米国際オートショー2015

新型NSXが発表、エクステリアデザインは小変更、V6 SPORT HYBRID SH-AWDを搭載

NSX市販プロトモデルが2015年1月12日、デトロイトで開催される北米国際オートショーで公開された。

(写真は新型NSX)
NSX

新型NSXは今回の発表で市販型のエクステリアデザインが確定されることになる。

NSX デトロイト 新型NSX

一見すると、これまで公開されたNSXコンセプトとほとんど変わらない印象であるが、フロントグリル下にエアインテークが加わる他、左右リアフェンダーの後ろにエアアウトレットが追加されるなど、さらなるパフォーマンス向上を目指した小変更が確認できる。

NSX新型デビュー

新型NSXのボディサイズは、全長4470mm×全幅1940mm×全高1215mm。ホイールベースは2630mmとなった。コンセプトモデルと比較すると、全長で+80mm、全幅で+25mmとボディサイズのさらなる拡大を受けている。

NSX インテリア NSX シート

新型NSXは米国で2015年後半より発売予定、米国生産モデルが日本へ輸入販売

ホンダからの公式発表となるプレスリリースによれば、新型NSXに搭載されるパワートレインは直噴V型6気筒ツインターボエンジンと3モーターによるハイブリッドシステムにより構築されるとのこと。うち2モーターは左右のフロントドライブに使われ、SPORT HYBRID SH-AWD(Super Handling-All Wheel Drive)が採用される。トランスミッションには9速DCTが搭載される。

NSX 新型NSX

エンジン排気量、最高出力、最大トルクといった具体的なスペック値については現段階では記載がなかった。排気量は3.5Lでシステムトータル出力は500psを超えることが予想される。

NSX アメリカ職人

新型NSXは米国オハイオ工場で生産され、車両価格は約15万ドル(日本円換算約1790万円)で2015年後半より現地で販売される計画となっている。日本市場向けにも同工場で生産されたものが輸入販売される見通しだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント