car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ新型NSXの生産を2016年4月下旬からスタート、米国オハイオで一括生産

北米向けアキュラNSXが先行して生産開始、新型は全て米国生産

ホンダは米国オハイオ州にある工場で、北米向けアキュラ・NSXの生産を2016年4月下旬にも開始する方針であることを発表した。

(写真はアキュラ新型NSX)
北米 NSX 生産

ホンダのフラグシップスポーツカー、NSXがいよいよ復活することになる。ホンダは新型NSXの生産に向けて、パフォーマンスマニュファクチュアリングセンターを米国オハイオ州に建設し準備を進めてきた。新型NSXはここを唯一の生産拠点とし、同工場で生産されたモデルが北米だけでなく世界各国へ輸出販売されることになる。

NSX 生産工場

先代型NSXは日本国内の事業所において、熟練工によってハンドメイド生産されたものであった。その精神は米国のパフォーマンスマニュファクチュアリングセンターにおいて約100名のクラフトマンと最新の生産テクノロジーによって引き継がれることになる。

新型NSX日本仕様の車両価格は2000万円前後が予想される、米国仕様は約1740万円から

(写真はホンダ新型NSX、東京モーターショー2016)
NSXホンダ ジュネーブ2015 NSX 東京モーターショー2015 リアコンビネーションランプ

新型NSXの販売価格が既にいくらかの地域で出されている。米国では15万6000〜20万5000ドル(日本円換算約1740~2287万円)、英国では約13万ポンド(約2099万円)、ドイツでは約18万ユーロ(約2262万円)に設定される。

NSX ホンダ ドライバー NSX 東京モーターショー2015

まずは北米市場にて今春の生産開始とともにデリバリーも始まる。その後、欧州市場での発売が2016年秋頃に計画されている。日本での発売時期は明らかとなっていないが、2016年夏頃が予測される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント