car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダ・CX-5に2.5Lガソリンターボエンジン追加、北米CX-9から流用

CX-5にSKYACTIV-G 2.5T搭載グレードの25Tを追加発売

マツダのクロスオーバーSUV、CX-5にSKYACTIV-G 2.5T搭載モデルが2018年10月11日にラインアップに加わった。

(写真はSKYACTIV-G 2.5T)
スカイアクティブG 2.5T

マツダは北米向けエンジンとして直4 2.5LガソリンターボのSKYACTIV-G 2.5Tを実用化し、フラグシップSUVのCX-9に搭載してきた。

(写真はCX-5)
CX-5

このSKYACTIV-G 2.5Tは日本販売モデルにも導入されることになり、その第一弾が今回のCX-5ということになる。クリーンディーゼルエンジンのSKYACTIV-Dと同様に、特別仕様車としてExclusive Modeが用意される。CX-5はSKYACTIV-Dの販売比率が高いモデルであったが、今後はSKYACTIV-G 2.5T搭載モデルも人気グレードとなることが予想される。

(写真はCX-5 XD Exclusive Mode)
CX-5 XD Exclusive Mode

マツダは高出力エンジンの搭載で、ブランド力をアップ

CX-9北米仕様SKYACTIV-G 2.5Tの最高出力は250HP、最大トルク42.8kgmというパフォーマンスであった。CX-5日本仕様SKYACTIV-G 2.5Tは最高出力230ps、最大トルク42.8kgmとなっており、車体重量に合わせた燃費対策がなされているようである。

CX-5

マツダはさらにSKYACTIV-G 2.5T搭載モデルを3列シートSUVのCX-8に拡大採用する計画となっており、その発売日は2018年10月28日となる見込みである。

今年のマツダはエントリーモデルのデミオにおいて、1.3Lエンジンを廃止しSKYACTIV-G 1.5Lとする動きがあった。ダウンサイジングの潮流の中ではあるが、マツダは敢えてモアパワーエンジンを選択。スポーティ&プレミアム路線によりブランド力を高めていくようだ。

#1 匿名さん2018/10/14(Sun)20:30:25ID:QyZGZmNzTM
欧州ブランドに対抗できる数少ないメーカー。
#2 匿名さん2018/10/14(Sun)21:18:05ID:JiOTYwM22M
排気量アップも良いけどマツコネインチアップはよw
欧州意識なら12.3インチ2枚使いでもいいのよ〜
#3 匿名さん2018/10/14(Sun)22:15:18ID:Q1ZjNmOGTY
マツダはライト(適切)サイジングって言ってなかったか?
排気量ではなく実燃費による自動車税制になると言われて久しいが、吉とでるかな…
#4 匿名さん2018/10/15(Mon)15:01:10ID:VlMjMwZjjY
これがマツダのフラッグシップエンジンなら現行のsky-Gはもちろん次に出るsky-xが霞むよな
#5 匿名さん2018/10/15(Mon)15:25:03ID:EyMDU2Y2jY
2.0ターボがスペック競争みたいになっている中、+500ccのエンジンがどういう感じになるのか楽しみ。排気量を落とさずに低速時のトルクも確保して実燃費も考えたエンジンらしいが。
あと、日本でもハイオクいれたら250hpでるのかね?
#6 匿名さん2018/10/15(Mon)15:37:23ID:IwN2VkNjWM
アメリカはレギュラーガソリンがデフォ
#7 匿名さん2018/10/15(Mon)16:49:23ID:E0OTA5NzzZ
次期アテンザの縦置き搭載に期待
#8 匿名さん2018/10/16(Tue)06:35:51ID:M4NDU1OTWY
フラッグシップくらいはFRにして欲しいよね
#9 匿名さん2018/10/16(Tue)06:54:08ID:UzYTI3MWjY
2.5でロープレッシャーターボ意味があるの?
#10 匿名さん2018/10/18(Thu)20:15:03ID:kxMWViYWjN
#9
ある。北米市場のニーズに応えたから。
先代CX-9 は V6 3.7エンジンを搭載していた。
現行モデルから、直4 2.5Lターボにダウンサイウイング。
ハイパフォーマンスは不要。排気量を縮小しても、先代のV6と
ほぼ同等の性能が得られれば可、という発想。
#11 匿名さん2018/10/18(Thu)21:43:28ID:E0YTUzZjmZ
ダウンサイウイング。???

小さくなって羽根でも生えたのか(大爆笑)

名前(任意)
コメント

車名

CX−5

CX−5

代表グレード

20S

20S プロアクティブ

発売日

2018年3月

2018年3月

型式

6BA-KFEP

6BA-KFEP

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4545

4545

全幅(mm)

1840

1840

全高(mm)

1690

1690

ホイールベース(mm)

2700

2700

トレッド 前(mm)/後(mm)

1595/1595

1595/1595

室内長(mm)

1890

1890

室内幅(mm)

1540

1540

室内高(mm)

1265

1265

車両重量(kg)

1520

1530

エンジン型式

PE-VPS

PE-VPS

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1997

1997

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

83.5×91.2

83.5×91.2

最高出力

156ps(115kW)/6000rpm

156ps(115kW)/6000rpm

最大トルク

20.3kg・m(199N・m)/4000rpm

20.3kg・m(199N・m)/4000rpm

圧縮比

13.0

13.0

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

56

56

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

16.0

16.0

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/65R17 102H

225/55R19 99V

タイヤサイズ(リア)

225/65R17 102H

225/55R19 99V

最小回転半径(m)

5.5

5.5

トランスミッション

6AT

6AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,494,800円

2,689,200円

車名

CX−5

CX−5

代表グレード

XD

XD プロアクティブ

発売日

2018年3月

2018年3月

型式

3DA-KF2P

3DA-KF2P

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4545

4545

全幅(mm)

1840

1840

全高(mm)

1690

1690

ホイールベース(mm)

2700

2700

トレッド 前(mm)/後(mm)

1595/1595

1595/1595

室内長(mm)

1890

1890

室内幅(mm)

1540

1540

室内高(mm)

1265

1265

車両重量(kg)

1610

1620

エンジン型式

SH-VPTS

SH-VPTS

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

2188

2188

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

86.0×94.2

86.0×94.2

最高出力

190ps(140kW)/4500rpm

190ps(140kW)/4500rpm

最大トルク

45.9kg・m(450N・m)/2000rpm

45.9kg・m(450N・m)/2000rpm

圧縮比

14.4

14.4

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

56

56

使用燃料

軽油

軽油

JC08モード燃費(km/L)

19.0

19.0

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/65R17 102H

225/55R19 99V

タイヤサイズ(リア)

225/65R17 102H

225/55R19 99V

最小回転半径(m)

5.5

5.5

トランスミッション

6AT

6AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,808,000円

3,002,400円

過去記事(2018/09/24)

マツダ・CX-5 ディーゼルハイブリッド、2020年の発売目標で開発中

CX-5から搭載予定、新開発48Vディーゼルハイブリッド

マツダはディーゼルエンジンのSKYACTIV-Dをベースとしたハイブリッドシステムを独自に開発している。SUVモデルを中心に搭載されることとなり、まずは2020年のCX-5から導入されることが見込まれる。

(写真は現行CX-5)
CX-5

電動化技術で遅れていたマツダもハイブリッド独自開発へ、ガソリン、ディーゼル両方で

新開発ハイブリッドシステムは1モーター式となる見込み。バッテリー電圧は48Vを採用し、これはメルセデスベンツ・S450のハイブリッドシステムと同じである。例えばトヨタ・プリウスを代表とするシステムは207Vバッテリーが使用されているが、量産効果が小さい他メーカーが高電圧バッテリーを採用するのはコスト的に難しい状況となっている。

CX-5 リアコンビネーションランプ

電圧をやや下げた48Vシステムはローコスト化が可能であるが、モーター出力が弱く、いわゆるマイルドハイブリッドと呼ばれるものとなる。ただし、電動スーパーチャージャーとの相性が良いことが48Vシステムのメリットである。低回転域からの加速では、モーターと電動スーパーチャージャー双方のアシストが作用し、燃費性能の向上と力強い加速を得ることができる。燃費改善効果はモーターで1割、電動スーパーチャージャーで1割の合計2割程度が見込まれる。

(写真はSKYACTIV-HYBRID)
スカイアクティブハイブリッド エンジン

一方でガソリンエンジンをベースとしたハイブリッドシステムについては、これまでにトヨタから技術供与を受けたアクセラ SKYACTIV-HYBRIDが製品化されている。次世代ガソリンハイブリッドはマツダの独自開発となり、2018年度内の搭載モデル発売が予告されている。

過去記事(2018/02/11)

CX-5に新世代SKYACTIV-D 2.2エンジンを導入、最高出力190psにアップ

CX-5のSKYACTIV-D 2.2が進化、急速多段燃焼技術を採用

マツダの現行CX-5は昨年2017年に発売された2代目モデル。まだフルモデルチェンジから間もないタイミングであるが、パフォーマンスアップが盛り込まれた改良が実施される。

(写真はCX-8 CUSTOM STYLE 2018 ショーモデル)
CX-5 CUSTOM STYLE 2018

SUV車種の強化によりブランドイメージを向上させてきたマツダであるが、なかでもディーゼルエンジンのSKYACTIV-Dは初代CX-5から人気のパワートレインとして販売実績を積み上げてきた。そして2017年に発売された国内向けフラグシップSUVのCX-8より、SKYACTIV-D 2.2は新世代型に切り替わっており、これがCX-5にも導入される。

CX-5 CUSTOM STYLE 2018 リアコンビネーションランプ

新世代SKYACTIV-D 2.2エンジンの最高出力は従来比+11kWの140kW(190ps)、最大トルクは従来比+30Nmの450Nm(45.9kgfm)にまで向上する。このスペックアップは、超高応答マルチホールピエゾインジェクターの採用による急速多段燃焼技術によるものが大きい。高コスト部品ではあるが、デミオやCX-3のSKYACTIV-D 1.5にも今後導入される予定となっている。

(写真はSKYACTIV-D 2.2)

CX-5のSKYACTIV-Gも改良、2.5Lモデルは気筒休止システムを採用

ガソリンエンジンのSKYACTIV-Gにおいても、2.0Lと2.5Lでエッジカットピストン、低抵抗ピストンといった新技術が導入される。

さらにSKYACTIV-G 2.5では、気筒休止システムが採用される。一定速度の高速巡航といった低負荷走行時に、2気筒が休止することで燃費性能を向上させる。

新型CX-5の予約受付は既にスタートしており、2018年3月8日に発売日を迎える。

過去記事(2017/04/03)

マツダ新型CX-5の受注が好調、先代型からの乗り換えユーザーが多い

新型CX-5は月販目標台数の約7倍を初期受注で獲得、人気のクロスオーバーSUV

マツダ・CX-5が2017年2月2日にフルモデルチェンジを受け発売となったが、その販売が好調となっている。

(写真は新型CX-5、ジュネーブモーターショー2017)
CX-5

マツダのミドルクラスクロスオーバーSUVとしてラインアップされるCX-5は、先月開催されたジュネーブモーターショー2017でも2代目モデルが出品され、欧州プレミアを迎えた。

CX-5 CX-5 リアコンビネーションランプ

CX-5の成功でマツダ地獄から脱却、フルモデルチェンジごとに買い換えるユーザー

そして、先行して販売が行われていた日本では、販売後約一ヶ月の初期受注台数が発表され、これが16639台に到達していることが判明した。新型CX-5の月間目標台数2400台の7倍近いオーダーを受けたことになる。

CX-5 ジュネーブ

フルモデルチェンジということでエクステリアも全面改良を受けているが、KODOコンセプトをベースとしたデザインは寧ろキープコンセプトといったほうが適切だろう。

CX-5 マツダ

パワートレインはSKYACTIV-G 2.0、SKYACTIV-G 2.5、SKYACTIV-D 2.2の3タイプがラインアップされ、大枠では先代モデルを踏襲しているが、各エンジンともにブラッシュアップは受けている。先進技術では、安全運転支援システムのi-ACTIVSENSEが人気となっており、全オーダーの95%が装備車となっている。

cx-5-interior cx-5-seat

また、下取り車のうち、先代CX-5が39%にも達しているのも興味深いところである。かつてのマツダ車といえば、下取り価格が安いというネガティブな理由から、最後まで乗り潰すというユーザーが多かった。いわゆるマツダ地獄とも言われる状況が改善され、さらにフルモデルチェンジごとに同じ車種を買い換えるという好循環さえ起こっていると言えるだろう。

過去記事(2017/02/05)

マツダ新型CX-5がフルモデルチェンジ発売、プレオーダー数は9055台に到達

CX-5がフルモデルチェンジして正式発売、2代目モデル早くも好調

マツダの新型CX-5が2017年2月2日に発売日を迎えた。CX-5シリーズは今回のフルモデルチェンジで2代目となり、キープコンセプトながらもより洗練さを増し正常進化を遂げた。

(写真は新型CX-5)
CX-5

マツダでは発売日を待たずして、2016年12月15日より新型CX-5のプレオーダーを受け付けていた。その受注台数は9055台に到達したことが発表され、これは月間目標2400台の4倍に迫る数値となった。

cx-5-side cx-5-rear

新型CX-5プレオーダーの内訳のほとんどが安全運転支援システム装備グレード

新型CX-5のエクステリアの方向性は、先代モデルがそうであったようにKODOコンセプトがベースになっていることに変わりはない。ヘッドライトが細くシャープになるなど、新たな表情も見られ、このあたりはデビューが比較的新しいCX-3やCX-4などと共通のトレンドが採用された。

cx-5-trank cx-5-back

パワートレインは基本的にはキャリーオーバーとなるが、Gベクタリングコントロールの採用などブラッシュアップは盛り込まれる。先代モデルで販売実績の大きかったクリーンディーゼルのSKYACTIV-D 2.2搭載モデルは新型CX-5でも人気となるはず。高圧縮比ガソリンエンジンのSKYACTIV-Gは、2.0Lと2.5Lが用意される。

cx-5-seat cx-5-rearseat

新型CX-5のグレードラインアップは、低価格なベースグレード、安全運転支援システムが標準化されたPROACTIVE、さらなる上級装備で上質感が与えられたL Packageが用意される。プレオーダーの内訳はPROACTIVEが47%、L Packageが49%となっており、このクラスのクルマに安全運転支援システムが装備されることは当たり前と考えられているのがわかる。

過去記事(2016/12/18)

マツダ新型CX-5画像、エクステリアはキープコンセプトにプレミアム感アップ

新型CX-5、シャープな顔立ちが与えられフルモデルチェンジ

マツダCX-5のフルモデルチェンジ発売が2017年2月2日に予定されている。これに先駆けて新型CX-5プロトタイプの先行展示会が国内の主要都市を回る。

(写真は新型CX-5)
cx-5

新型CX-5のボディサイズは全長4545mm×全幅1840mm×全高1690mm、ホイールベースは2700mmとなった。従来型との比較ではボディサイズ、エクステリアデザインともにキープコンセプトであり、セールス的成功を収めた従来型からの購買層をそのまま引き継ぐことになる。

cx-5-rear cx-5-side

新型CX-5のSKYACTIV-D 2.2搭載車は277万5600円から、クリーンディーゼルが人気となる予想

新型CX-5はエンジンタイプと駆動方式などにより12のグレードが用意される。

cx-5-face cx-5-back

高圧縮比ガソリンエンジンのSKYACTIV-G 2.0および2.5搭載車は、2WDモデルとして20Sが246万2400円、20S PROACTIVEが268万9200円、25S L Packageが298万6200円。4WDモデルとして25Sが268万9200円、25S PROACTIVEが291万6000円、25S L Packageが321万3000円となる。

cx-5-interior cx-5-seat

販売の中心となることが予想されるクリーンディーゼルのSKYACTIV-D 2.2搭載車は、2WDモデルとしてXDが277万5600円、XD PROACTIVEが300万2400円、XD L Packageが329万9400円。4WDモデルとしてXDが300万2400円、XD PROACTIVEが322万9200円、XD L Packageが352万6200円に価格設定される。

cx-5-trank cx-5-rearseat

既にマツダディーラーでは新型CX-5の先行予約がスタートされている。

(写真はCX-5 CUSTOM STYLE 2017)
CX-5 カスタムスタイル2017

1月13日から15日の日程で開催される東京オートサロン2017では、CX-5 CUSTOM STYLE 2017として早くも新型CX-5をベースにしたカスタマイズモデルが出展される予定となっている。

過去記事(2016/12/16)

マツダCX-5がフルモデルチェンジ、予約受付開始246万2400万円から

新型CX-5の先行予約受付がスタート、マツダのクロスオーバーSUV

マツダ新型CX-5の予約受付が12月15日に開始となった。

(写真は新型CX-5)
CX-5

CX-5はマツダの新世代ミドルサイズクロスオーバーSUVとして2012年に発売されたモデルであった。今回、販売期間5年を経て2代目モデルに切り替わることになる。

CX-5 LAオートショー CX-5 リアコンビネーションランプ

新型CX-5は月販2400台の計画、発売日以降ではかなりの納車待ちが予想される

新型CX-5の正式な発売日は2017年2月2日に予定されているが、既に価格も発表され先行予約受付が始まっている。車両価格は、SKYACTIV-G 2.0搭載車(2WD)が246万2400円から268万9200円、SKYACTIV-G 2.5搭載車(2WD/4WD)が268万9200円から321万3000円、SKYACTIV-D 2.2搭載車(2WD/4WD)が277万5600円から352万6200円に設定される。

CX-5 リアシート CX-5 インテリア

新型CX-5も従来型同様にクリーンディーゼルエンジンのSKYACTIV-D 2.2を搭載するXDグレードが販売の中心になることが予想される。XDグレードのJC08モード燃費は17.2~18.0km/Lで、取得税および重量税の免税対象となる。

スカイアクティブD 2.2

新型CX-5は月間販売台数として2400台が計画されており、特に発売初期には相当な納車待ちが予想される。

(写真はトヨタ・C-HR)
C-HR

クロスオーバーSUVのカテゴリでは、トヨタが新型C-HRを発売したばかりとなっている。C-HRのパワートレインは1.8Lハイブリッド(2WD)と1.2ガソリンターボ(4WD)の2種類が用意され車両価格は251万6400円から290万5200円となる。CX-5の方が一回り大きいが、価格帯が近く直接対抗するモデルとなるだろう。

過去記事(2016/11/30)

新型CX-5の日本仕様車がマツダ本社工場で量産開始、2017年2月正式発売予定

CX-5が5年ぶりにフルモデルチェンジ、市販型はLAオートショーで公開済み

マツダ新型CX-5の生産が広島の本社宇品第2工場で開始された。

(写真は新型CX-5)
新型CX-5

CX-5は2012年2月にマツダの中型クロスオーバーSUVとして新たにラインアップされたモデルであった。販売期間5年のタイミングで次期型へフルモデルチェンジされることになり、2016年11月28日より新型CX-5の量産が始まっている。

CX-5 広島本社工場

新型CX-5については今秋のロサンゼルスオートショーで市販型の姿が既に公開されていた。生産についてもやはり北米向けモデルが優先して準備されるのかと思いきや、右ハンドルの日本仕様車の生産も開始されているようだ。

新型CX-5日本仕様の正式発売は2017年2月に計画されている。

新型CX-5はキープコンセプト、人気のSKYACTIV-D 2.2も継続採用

新型CX-5のエクステリアは、KODOコンセプトに基づくデザインルールは大きく変えられず、キープコンセプトといった印象である。初代モデルの販売が好調であったこともあり、イメージチェンジよりもディテールの磨き上げによる正常進化を感じさせるモデルに仕上げられた。

CX-5 インテリア CX-5 シート

新型CX-5のボディサイズは全長4545mm×全幅1840mm×全高1690mm、ホイールベースは2700mmとなる。全幅とホイールベースは従来比で変わらず。全長は+5mmでほぼ変わらず。全高は-15mmで低くスポーティに設定された。不要な拡大を盛り込んでいないのは自信の現れだろう。あくまでキープコンセプトといった印象だ。

CX-5 リアコンビネーションランプ CX-5 ヘッドランプ

搭載されるエンジンは従来型からのキャリーオーバーで、SKACTIV-G 2.0、SKACTIV-G 2.5、SKACTIV-D 2.2の3タイプが用意される見込み。ブラッシュアップが盛り込まれる他、新機能としてGベクタリングコントロールが装備される。

CX-5が2017年2月にフルモデルチェンジ、市販型LAオートショー公開画像

マツダがCX-5をフルモデルチェンジ、2代目モデルをLAオートショーで公開予定

CX-5は2017年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブジェネレーション2搭載

CX-5のフルモデルチェンジは2017年、2016年秋のLAオートショーでお披露目か

マツダ・CX-5が2017年にフルモデルチェンジ、魂動デザインコンセプト2周目へ

アテンザとCX-5が後期モデルへマイナーチェンジ、グリルデザインを変更

CX-5にスカイアクティブ-G 2.5エンジン追加、ディーゼルは新型アクセラにシフト

CX-5に改良版投入、JC08モード燃費16.4km/Lに向上しエコカー減税75%対象

CX-5のスカイアクティブD比率が9割に、ディーゼル補助金18万円は継続

新型CX-3に1.5Lディーゼルあり、CX-5のセールス成功により開発が加速

クリーンディーゼル搭載、マツダ CX-5の売れ行きが好調

CX-3を計画中、CX-5に続くマツダのコンパクトSUV

CX-5 マツダの新型SUVが東京モーターショーで公開

CX-5はスカイアクティブ満載で燃費も走りも良いSUVに

CX-5(マツダ)が12月にデビュー、スカイアクティブ仕様

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先