car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダ・CX-5に2.5Lガソリンターボエンジン追加、北米CX-9から流用

CX-5にSKYACTIV-G 2.5T搭載グレードの25Tを追加発売

マツダのクロスオーバーSUV、CX-5にSKYACTIV-G 2.5T搭載モデルが2018年10月11日にラインアップに加わった。

(写真はSKYACTIV-G 2.5T)
スカイアクティブG 2.5T

マツダは北米向けエンジンとして直4 2.5LガソリンターボのSKYACTIV-G 2.5Tを実用化し、フラグシップSUVのCX-9に搭載してきた。

(写真はCX-5)
CX-5

このSKYACTIV-G 2.5Tは日本販売モデルにも導入されることになり、その第一弾が今回のCX-5ということになる。クリーンディーゼルエンジンのSKYACTIV-Dと同様に、特別仕様車としてExclusive Modeが用意される。CX-5はSKYACTIV-Dの販売比率が高いモデルであったが、今後はSKYACTIV-G 2.5T搭載モデルも人気グレードとなることが予想される。

(写真はCX-5 XD Exclusive Mode)
CX-5 XD Exclusive Mode

マツダは高出力エンジンの搭載で、ブランド力をアップ

CX-9北米仕様SKYACTIV-G 2.5Tの最高出力は250HP、最大トルク42.8kgmというパフォーマンスであった。CX-5日本仕様SKYACTIV-G 2.5Tは最高出力230ps、最大トルク42.8kgmとなっており、車体重量に合わせた燃費対策がなされているようである。

CX-5

マツダはさらにSKYACTIV-G 2.5T搭載モデルを3列シートSUVのCX-8に拡大採用する計画となっており、その発売日は2018年10月28日となる見込みである。

今年のマツダはエントリーモデルのデミオにおいて、1.3Lエンジンを廃止しSKYACTIV-G 1.5Lとする動きがあった。ダウンサイジングの潮流の中ではあるが、マツダは敢えてモアパワーエンジンを選択。スポーティ&プレミアム路線によりブランド力を高めていくようだ。

#1 匿名さん2018/10/14(Sun)20:30:25ID:QyZGZmNzTM
欧州ブランドに対抗できる数少ないメーカー。
#2 匿名さん2018/10/14(Sun)21:18:05ID:JiOTYwM22M
排気量アップも良いけどマツコネインチアップはよw
欧州意識なら12.3インチ2枚使いでもいいのよ〜
#3 匿名さん2018/10/14(Sun)22:15:18ID:Q1ZjNmOGTY
マツダはライト(適切)サイジングって言ってなかったか?
排気量ではなく実燃費による自動車税制になると言われて久しいが、吉とでるかな…
#4 匿名さん2018/10/15(Mon)15:01:10ID:VlMjMwZjjY
これがマツダのフラッグシップエンジンなら現行のsky-Gはもちろん次に出るsky-xが霞むよな
#5 匿名さん2018/10/15(Mon)15:25:03ID:EyMDU2Y2jY
2.0ターボがスペック競争みたいになっている中、+500ccのエンジンがどういう感じになるのか楽しみ。排気量を落とさずに低速時のトルクも確保して実燃費も考えたエンジンらしいが。
あと、日本でもハイオクいれたら250hpでるのかね?
#6 匿名さん2018/10/15(Mon)15:37:23ID:IwN2VkNjWM
アメリカはレギュラーガソリンがデフォ
#7 匿名さん2018/10/15(Mon)16:49:23ID:E0OTA5NzzZ
次期アテンザの縦置き搭載に期待
#8 匿名さん2018/10/16(Tue)06:35:51ID:M4NDU1OTWY
フラッグシップくらいはFRにして欲しいよね
#9 匿名さん2018/10/16(Tue)06:54:08ID:UzYTI3MWjY
2.5でロープレッシャーターボ意味があるの?
#10 匿名さん2018/10/18(Thu)20:15:03ID:kxMWViYWjN
#9
ある。北米市場のニーズに応えたから。
先代CX-9 は V6 3.7エンジンを搭載していた。
現行モデルから、直4 2.5Lターボにダウンサイウイング。
ハイパフォーマンスは不要。排気量を縮小しても、先代のV6と
ほぼ同等の性能が得られれば可、という発想。
#11 匿名さん2018/10/18(Thu)21:43:28ID:E0YTUzZjmZ
ダウンサイウイング。???

小さくなって羽根でも生えたのか(大爆笑)
#12 匿名さん2018/11/07(Wed)06:39:16ID:NiZjNjMz2Z
直6のFRも出して欲しいです
#13 匿名さん2018/11/10(Sat)22:49:38ID:JkZjU1ZmGM
最近じゃ2.0Lすら大きいと感じる
2.2Dと2.5T、維持費など気にしない人か、それでもマツダに乗って自慢したい人しか買えんな
#14 匿名さん2018/11/10(Sat)23:16:56ID:ViYjdmNDDO
クルマって、自慢するために所有するもの?自分は、別に自慢したいと思って買ってないなぁ
他の板でも、トヨタの自称高級ミニバンは、価格ガァー、ステータスガァーと騒ぐいつもの迷●な人がいるくらいだから、そういう考えの人もいるんだとはおもうけど
#15 匿名さん2018/11/10(Sat)23:23:01ID:ZjMDQxNTDO
13-14
煽り、誹謗中傷、荒らし等は厳禁です。
他の方の迷惑となりますので書き込みはご遠慮ください。

名前(任意)
コメント

車名

CX−5

CX−5

代表グレード

20S

20S プロアクティブ

発売日

2018年11月

2018年11月

型式

6BA-KFEP

6BA-KFEP

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4545

4545

全幅(mm)

1840

1840

全高(mm)

1690

1690

ホイールベース(mm)

2700

2700

トレッド 前(mm)/後(mm)

1595/1595

1595/1595

室内長(mm)

1890

1890

室内幅(mm)

1540

1540

室内高(mm)

1265

1265

車両重量(kg)

1520

1530

エンジン型式

PE-VPS

PE-VPS

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1997

1997

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

83.5×91.2

83.5×91.2

最高出力

156ps(115kW)/6000rpm

156ps(115kW)/6000rpm

最大トルク

20.3kg・m(199N・m)/4000rpm

20.3kg・m(199N・m)/4000rpm

圧縮比

13.0

13.0

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

56

56

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

16.0

16.0

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/65R17 102H

225/55R19 99V

タイヤサイズ(リア)

225/65R17 102H

225/55R19 99V

最小回転半径(m)

5.5

5.5

トランスミッション

6AT

6AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,570,400円

2,802,600円

車名

CX−5

CX−5

代表グレード

XD

XD プロアクティブ

発売日

2018年11月

2018年11月

型式

3DA-KF2P

3DA-KF2P

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4545

4545

全幅(mm)

1840

1840

全高(mm)

1690

1690

ホイールベース(mm)

2700

2700

トレッド 前(mm)/後(mm)

1595/1595

1595/1595

室内長(mm)

1890

1890

室内幅(mm)

1540

1540

室内高(mm)

1265

1265

車両重量(kg)

1610

1630

エンジン型式

SH-VPTS

SH-VPTS

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

2188

2188

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

86.0×94.2

86.0×94.2

最高出力

190ps(140kW)/4500rpm

190ps(140kW)/4500rpm

最大トルク

45.9kg・m(450N・m)/2000rpm

45.9kg・m(450N・m)/2000rpm

圧縮比

14.4

14.4

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

56

56

使用燃料

軽油

軽油

JC08モード燃費(km/L)

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/65R17 102H

225/55R19 99V

タイヤサイズ(リア)

225/65R17 102H

225/55R19 99V

最小回転半径(m)

5.5

5.5

トランスミッション

6AT

6AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,883,600円

3,115,800円

マツダ・CX-5 ディーゼルハイブリッド、2020年の発売目標で開発中

CX-5に新世代SKYACTIV-D 2.2エンジンを導入、最高出力190psにアップ

マツダ新型CX-5の受注が好調、先代型からの乗り換えユーザーが多い

マツダ新型CX-5がフルモデルチェンジ発売、プレオーダー数は9055台に到達

マツダ新型CX-5画像、エクステリアはキープコンセプトにプレミアム感アップ

マツダCX-5がフルモデルチェンジ、予約受付開始246万2400万円から

新型CX-5の日本仕様車がマツダ本社工場で量産開始、2017年2月正式発売予定

CX-5が2017年2月にフルモデルチェンジ、市販型LAオートショー公開画像

マツダがCX-5をフルモデルチェンジ、2代目モデルをLAオートショーで公開予定

CX-5は2017年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブジェネレーション2搭載

CX-5のフルモデルチェンジは2017年、2016年秋のLAオートショーでお披露目か

マツダ・CX-5が2017年にフルモデルチェンジ、魂動デザインコンセプト2周目へ

アテンザとCX-5が後期モデルへマイナーチェンジ、グリルデザインを変更

CX-5にスカイアクティブ-G 2.5エンジン追加、ディーゼルは新型アクセラにシフト

CX-5に改良版投入、JC08モード燃費16.4km/Lに向上しエコカー減税75%対象

CX-5のスカイアクティブD比率が9割に、ディーゼル補助金18万円は継続

新型CX-3に1.5Lディーゼルあり、CX-5のセールス成功により開発が加速

クリーンディーゼル搭載、マツダ CX-5の売れ行きが好調

CX-3を計画中、CX-5に続くマツダのコンパクトSUV

CX-5 マツダの新型SUVが東京モーターショーで公開

CX-5はスカイアクティブ満載で燃費も走りも良いSUVに

CX-5(マツダ)が12月にデビュー、スカイアクティブ仕様

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先