CX-5(マツダ)が12月にデビュー、スカイアクティブ仕様

マツダからSUVの新規車、CX-5が12月にデビューする

マツダでは、既に発売されたスカイアクティブデミオ、10月にも発売されるスカイアクティブアクセラが注目されているが、このCX-5もスカイアクティブ仕様となる予定。
ボディサイズ的にはコンパクトSUVで、アクセラと同じCセグメント車となる。
ただし、ベースのプラットフォームはアクセラの使い回しではなく、一から開発されたスカイアクティブ仕様という情報があり、走りの性能には期待ができる。
デュアリスやジュークのあたりと競合する車種になる。

コンパクトなボディサイズ

CX-5
CX-5のボディサイズは、全長4300×全幅1770×全高1580、ホイールベース2580と、コンセプトモデルのデザインの迫力の割には、コンパクトに抑えて、日本でも売れるサイズに仕上げてきている。
CX-5のコンセプトモデルは先進的なデザインで派手な印象が強かったが、販売モデルとして発表されたCX-5は野暮ったく一昔前のクルマのようにさえ感じてしまう。
最近のマツダ車のアイデンティでもある大きく口が開いたフロントグリルは控えめ。
ある意味SUVらしいとも言えるエクステリアだが、今更このタイプのデザインで売れるのか非常に疑問。
デザインの印象としては、随分前に発売されたジュークの方が新しく感じてしまう。
派手なジュークでは若すぎると感じるユーザー層にとってはちょうどいいデザインなのだろうか。
ただ、オフロードで走ってもしっくりくるのはCX-5の方だろう。
前代アクセラを縦に引き伸ばしたようにも見えてきた。

2.0Lのスカイアクティブエンジン採用

CX-5に搭載されるエンジンは2.0Lのスカイアクティブ仕様。
CX-5が発売される頃には、既にスカイアクティブアクセラで発売されているエンジンタイプとなる。
変速機は6ATが採用される。
これもスカイアクティブアクセラと基本的に共通になるであろう3AT+副変速機の新型6速ATとなる。
燃費性能は10・15モードで20km/L以上を実現してくるだろう。
このほかに1.5Lエンジンモデルが噂としてはあったが、現在の情報では2.0Lエンジンのみということだ。

価格はベースグレードで200万円程度が想定されている。
日本ではマイナーな車種として終わりそうな予感がする。

関連するレポート

[ 2011/08/27 ]
#1 サトウマサヤモーニングショー2017/04/06(Thu)04:15:45
おはようございます!新生CX-5、良い車ですね。最近のロードスター以外のマツダ車の定番商品のG-ベクタリングコントロールやさらに洗練されたルックス、安全装備の進化もあってとても楽しみにしてましたよ。その楽しみの次のステージに進めるために、ぜひ2.5リッターターボと昔のオートサロンにあったGTと言うビルシュタイン製ダンパーを使ったCXシリーズ、ハイブリッドを追加してください!そうすればもっと面白くなるでしょう。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.