CX-5はスカイアクティブ満載で燃費も走りも良いSUVに

CX-5はガソリンとディーゼルが設定される

CX-5がマツダから来春発売される。
既にエクステリアデザインが公開されているほか、デミオやアクセラで採用見送りとなったスカイアクティブテクノロジーが搭載されることで話題となっている。
CX-5は2.0Lのガソリンエンジンがメイングレードとなり、ボディサイズは日産・デュアリスやトヨタ・RAV4よりも一回り大きくなる。
ところが燃費は、コンパクトSUVの日産・ジュークの1.5Lモデルよりも良くなる見込み。
CX-5の2.0LガソリンエンジンのFFではJC08モード燃費が18km/L程度になると予想され、ライバルのSUV車種と比較して圧倒的な性能差でデビューすることになる。
CX-5

CX-5から採用される4-2-1タコ足排気マニホールド

ガソリンエンジンのCX-5にはスカイアクティブアクセラでは採用が見送りになった、4-2-1排気マニホールドが採用される。
排気脈動と呼ばれる原理で、従来よりも排気が高効率化し、ノッキングが起こりにくくなるメリットがある。
燃費性能を上げるためにマツダのスカイアクティブテクノロジーが取ってきた方法は、エンジンの圧縮比を上げること。
しかし、高圧縮比エンジンの開発は、ノッキング問題との戦いでもあった。
それを克服する手段の一つが4-2-1排気マニホールドというわけだ。
これにより、スカイアクティブアクセラでは12であった圧縮比をこのCX-5では13に高めることができた。
燃焼効率は向上し、高出力かつ低燃費なエンジンの開発に成功したわけである。
CX-5の2.0Lガソリンエンジンのスペックは、最高出力165ps/6000rpm、最大トルク21.4kgm/4000rpm。
スカイアクティブアクセラ20Cが、154ps/6000rpm、19.8kgm/4500rpmであることと比較しても、CX-5の2.0Lエンジンがより進化した別物であることがわかる。
この2.0LのスカイアクティブGのガソリンエンジンを搭載したCX-5はFFモデルで220万円程度からの価格になりそうだ。

ディーゼルターボ版が日本に導入される可能性も

CX-5でもう一つ注目されているのが、2.2Lのディーゼルターボエンジンの存在。
燃費重視のスタンダード仕様と、出力重視のハイパワー仕様の二種類のセッティングが用意される。
このうち、日本ではハイパワー仕様のみが導入される可能性が高く、その出力は175ps/4500rpm、最大トルク42.8kgm/2000rpmとなる見込みだ。
ディーゼルエンジンでありながら、アイドリングストップシステムのi-stopが採用されているのも特徴。
エンジン停止時には、4つのシリンダーうち、いずれか1つが圧縮工程の開始位置で止まるように制御されており、ディーゼルエンジンでもガソリンエンジンと遜色ない素早い再始動が可能になるという話だ。
また、ディーゼルエンジンでは、ガソリンエンジンとは逆に、圧縮比を下げることが課題となる。
CX-5では圧縮比を14にまで下げることに成功した。
このことはエンジンブロックやピストンの強度を下げることが可能になり、その結果、軽量なディーゼルエンジンを作り上げることができた。
特に、ピストン周りの軽量化に成功したことは、高回転域もしっかり回るフィーリングのいいエンジン特性を得ることに繋がった。
CX-5のディーゼルエンジンモデルは、燃費性能がいいだけでなくスポーティーグレードとしての役割も果たすことになる。
この2.2LディーゼルエンジンのCX-5は、4WDモデルで300万円程度からの価格になりそうだ。

関連するレポート

[ 2011/10/24 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.