car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

シエンタ ファンベースが9月11日追加発売、2列シートで車中泊に最適化

シエンタFUN BASEの最大荷室長は2065mm、フルフラットラゲッジ

トヨタからシエンタ FUN BASE(ファンベース)が2018年9月11日に発売される予定となっている。

(写真は現行シエンタ)
シエンタ トヨタ

シエンタシリーズに追加されるFUN BASEは2列シート5人乗りモデルとなり広いラゲッジが特徴。ホンダ・フリードプラスと直接対抗するモデルとなる。

リアシートはダイブダウン式による格納が可能で、最大荷室長は2065mmとなる。フリードプラスの最大荷室長よりも約20cm程は長く、シエンタFUN BASEが選ばれる大きな理由となりそう。さらに、ラゲッジ部フロアボードのアレンジによりフルフラット化が可能で、車中泊に適したスペースを得ることができる。

シエンタシリーズ全体もマイナーモデルチェンジでフェイスリフト、燃費改善

シエンタ

同時にマイナーモデルチェンジもシリーズ全体として実施され、2015年発売の2代目シエンタは中期型、あるいは後期型と移行する。フロントデザインはフェイスリフトがかけられ、リフレッシュ。ヘッドランプ、リアコンビネーションランプともデザインが新しくなる。ちょっと変顔の現行型から、どのような変化となるか楽しみである。

今回はパワートレインも最適化されて、ハイブリッドモデルのJC08モード燃費が28.8km/Lとなる見込み。前回レポートで報告した燃費数値は訂正させていただき、より大きく向上することになった。

(写真はホンダ・フリード プラス)
フリード

2018年前半6ヶ月の販売台数は、シエンタが4万5417台、フリードが4万3984で、シエンタが僅差で上回る。今回のマイナーモデルチェンジでこの差が広がりそうである。

#1 クラッシャーバンバンビガロ2018/08/30(Thu)16:03:11ID:ZlNWE2Y2WZ
ネーミングはファンカーゴの名残りかな
#2 南 祐斗2018/08/31(Fri)08:40:20ID:Q0ZGU3MGDN
WLTCモードと兼任ですか❔
#3 匿名さん2018/08/31(Fri)17:41:33ID:MxMjJkODGN
家族がラクティスからの乗り換えでルーミーを検討しているけど、
5人乗り仕様だったらシエンタファンベースも候補に入れて良さそうだな。
そのかわりポルテとスペイドは完全にトドメを刺されそう。
#4 匿名さん2018/09/01(Sat)16:27:27ID:k2ZTk1NjjO
トミカは後期型に早々に衣替えの可能性。実車発売と同時にアナウンスがあるかも。
#5 匿名さん2018/09/01(Sat)22:40:57ID:EyMGRlYzDM
#3
たしかに、ポルテ・スペイドの存在意義が薄れるね。
#6 匿名さん2018/09/02(Sun)14:48:45ID:U3ZTgzYm2Z
ポルテ・スペイドは左側のBピラー復活させる代わりに両側フロントドアを前方向へのスライドドアに変更。変態車として売り出せばええんや
#7 匿名さん2018/09/03(Mon)01:10:01ID:g2MTdmYzTY
ポルテの話ばっかりなっちゃうけど、後席ドアがヒンジじゃなくスライドだからってユニバーサルデザインとはならないし、ラウムも無くなっちゃったから尚更ポルテのあの大開口は必要とされてると思うんだよね。
尤も、規制さえ緩和されれば、シエンタでも後席ドアだけでの大開口も可能なんだろうけど。
#8 匿名さん2018/09/03(Mon)13:08:54ID:RjYjdmYWTZ
B-MAXがピラー内蔵両スライドドアだっけか。あれに習って左側のピラーレスを両側にすればええんやないか?日本の規制云々は知らんが。

名前(任意)
コメント

車名

シエンタ

シエンタ

代表グレード

ファンベースX

発売日

2018年9月

2018年9月

型式

DBA-NSP170G

DBA-NSP170G

ボディ形状

5ドア ミニバン

5ドア ミニバン

乗員定員

5名

7名

全長(mm)

4260

4260

全幅(mm)

1695

1695

全高(mm)

1675

1675

ホイールベース(mm)

2750

2750

トレッド 前(mm)/後(mm)

1480/1480

1480/1480

室内長(mm)

1900

2535

室内幅(mm)

1490

1470

室内高(mm)

1280

1280

車両重量(kg)

1320

1320

エンジン型式

2NR-FKE

2NR-FKE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1496

1496

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

72.5×90.6

72.5×90.6

最高出力

109ps(80kW)/6000rpm

109ps(80kW)/6000rpm

最大トルク

13.9kg・m(136N・m)/4400rpm

13.9kg・m(136N・m)/4400rpm

圧縮比

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

42

42

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

20.2

20.2

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

185/60R15

185/60R15

タイヤサイズ(リア)

185/60R15

185/60R15

最小回転半径(m)

5.2

5.2

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,776,600円

1,816,560円

車名

シエンタ

シエンタ

代表グレード

ファンベースG

発売日

2018年9月

2018年9月

型式

DBA-NSP170G

DBA-NSP170G

ボディ形状

5ドア ミニバン

5ドア ミニバン

乗員定員

5名

7名

全長(mm)

4260

4260

全幅(mm)

1695

1695

全高(mm)

1675

1675

ホイールベース(mm)

2750

2750

トレッド 前(mm)/後(mm)

1480/1480

1480/1480

室内長(mm)

1900

2535

室内幅(mm)

1490

1470

室内高(mm)

1280

1280

車両重量(kg)

1320

1320

エンジン型式

2NR-FKE

2NR-FKE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1496

1496

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

72.5×90.6

72.5×90.6

最高出力

109ps(80kW)/6000rpm

109ps(80kW)/6000rpm

最大トルク

13.9kg・m(136N・m)/4400rpm

13.9kg・m(136N・m)/4400rpm

圧縮比

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

42

42

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

20.2

20.2

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

185/60R15

185/60R15

タイヤサイズ(リア)

185/60R15

185/60R15

最小回転半径(m)

5.2

5.2

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,980,720円

2,020,680円

過去記事(2018/07/04)

シエンタ今秋マイナーモデルチェンジでフェイスリフト、燃費性能向上

トヨタ・シエンタが改良予定、商品力を大幅向上

シエンタが2018年9月11日にマイナーモデルチェンジを受ける予定となっている。以前のレポートでは2018年7月のマイナーモデルチェンジを予想したが、この時期に現行モデルが受注停止となる見込み。

(写真は現行シエンタ)
シエンタ

現行シエンタは2015年にフルモデルチェンジ発売された2代目モデルである。翌2016年にはライバルのホンダ・フリードもフルモデルチェンジされており、販売台数を競ってきた。今回のマイナーモデルチェンジにより、シエンタを選ぶユーザーが増えることになりそうだ。

新型シエンタは燃費性能でもライバルのフリードを引き離す

新型シエンタは内外装デザインが一新される。現行型は、斬新なフロントマスクが印象的であったが、新たな表情が与えられる。

シエンタ トヨタ シエンタ リアコンビネーションランプ

ハイブリッドパワートレインはブラッシュアップを受け、燃費性能の向上が盛り込まれる。現行型のJC08モード燃費は27.2km/Lで、フリードハイブリッドと同値であるが、これは27.8km/Lとなりシエンタがアドバンテージを取ることになる。

座席パターンは、2列シート5人乗りモデルが充実され、フリード+に対抗できる体制となる。3列目シートを取り除くだけでなく、2列目シートは折りたたみ時にフラットな荷室となる改良が加えられる。荷室長はフリード+を上回る見込み。

(写真はライバルのフリード+)
フリード

トヨタセーフティセンスCは、「C」が取れて、「トヨタセーフティセンス」にグレードアップする。自動ブレーキは歩行者検知タイプとなり、インテリジェントクリアランスソナーによるブレーキ踏み間違いサポート機能が加わる。

過去記事(2018/05/23)

シエンタがビッグマイナーチェンジ予定、好調なフリードに対抗

トヨタ・シエンタが後期モデルへ、フロントデザイン変更

トヨタのコンパクトミニバン、シエンタのマイナーモデルチェンジが2018年7月に予定されている。

(写真は従来型シエンタ)
シエンタ

現行シエンタは2015年にフルモデルチェンジを受け、2代目モデルとして発売された。販売から3年のタイミングでの改良は、少し大掛かりなビッグマイナーチェンジに相当するものとなりそうである。

シエンタ リアコンビネーションランプ

シエンタハイブリッドのJC08モード燃費は改善予定、トヨタセーフティセンス装備

現行シエンタは、トヨタのモデルとしてはアクの強いファニーフェイスが特徴的である。今回はエクステリアの改良も予定されており、顔付きも変わる。

シエンタ トヨタ

ライバルのホンダ・フリードは非常にスッキリとしたシンプルデザインで2016年にフルモデルチェンジを受けており販売も好調となっている。2017年度の車名別販売台数では、フリードが9万5483台に対し、シエンタは9万0756台。シエンタの販売が不振というわけではないが、フルモデルチェンジ直後のフリードの活躍が目立った。

新型シエンタのエクステリアもこれに倣い、アクが抜けたシンプルなものになるのではと予想される。

シエンタハイブリッドのJC08モード燃費は最高で27.2km/Lから28.0km/Lに向上する見込み。フリードハイブリッドは27.2km/Lであるから、シエンタハイブリッドが優位となる。

安全運転支援システムはトヨタセーフティセンスCから、トヨタセーフティセンスと他の最新モデル同様に名称が変更され、新機能として歩行者検知式自動ブレーキが加わる。

なお、現行シエンタのオーダー受付は5月を以って終了する見込み。

過去記事(2015/08/30)

シエンタの受注が好調、222万6763円からのコンパクトハイブリッドミニバン

フルモデルチェンジしたシエンタ、初期受注が4万台を突破

トヨタのコンパクトミニバン、シエンタの受注台数が発売後約1ヶ月で4万台を超えていることが明らかとなった。

(写真は新型シエンタ)
シエンタ 2015年

新型シエンタは2015年7月9日に発売されたモデル。2003年発売の先代シエンタから12年ぶりの全面リニューアルということで、乗り換え需要が多くなることが発売前から予想された。

シエンタ リアコンビネーションランプ シエンタ インテリア

その新型シエンタに設定された月販台数は7000台。生産計画もこれに近い台数となっていることが考えられる。今からのオーダーでは、新型シエンタの納期は3ヶ月以上先としている。

シエンタ トヨタ シエンタ 3列シート

新型シエンタのほとんどがハイブリッドモデル、JC08モード燃費は27.2km/L

シエンタは今回のフルモデルチェンジでハイブリッド化されたことも大きなトピックであった。搭載されるハイブリッドシステムの1.5L THSⅡはアクアと同タイプ。そのJC08モード燃費は27.2km/Lとなり、HYBRID Gが232万9855円から、HYBRID Xが222万6763円に設定される。

シエンタ

モデル末期となったライバルのフリードハイブリッドは同価格帯でJC08モード燃費21.6km/Lというスペックである。モデルチェンジされたばかりのシエンタが有利な状況となっており、受注台数の多くがハイブリッドモデルとなっている。

(写真は現行フリードハイブリッド)
フリード ハイブリッド 2013

一方でフリードは2016年のフルモデルチェンジが計画されており、ホンダの最新型ハイブリッドシステムであるSport Hybrid i-DCDの搭載の他、1.0Lターボモデルもラインアップに加わる見込みとなっている。シエンタに対して後出しだけあって、これを上回る商品力で投入してくるはずだ。

過去記事(2015/07/15)

新型シエンタが7月9日発売で既に納期は秋以降、ハイブリッドは27.2km/L達成

シエンタが12年ぶりにフルモデルチェンジ、車両価格168万9709円から

トヨタは2015年7月9日にシエンタをフルモデルチェンジさせた。受注状況は好調で今からの予約では秋以降の納車となりそうである。

(写真は新型シエンタ)
シエンタ

シエンタのフルモデルチェンジは実に12年ぶりとなる。先代モデルは2010年に一旦販売を終了させたが、後継モデルのパッソセッテが不人気であったことから急遽シエンタを復活させるというドタバタがあった。今回は満を持してのフルモデルチェンジということで、商品力に相当磨きがかかっている。取り扱いディーラーもトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店と拡大され、従来型モデル以上の販売規模となることは確実だ。

シエンタ リアコンビネーションランプ シエンタ インテリア

そんな新型シエンタの実質的な予約受注は、発売日の一ヶ月以上前からスタートしていた。今からの予約では納期は秋以降になる見込みとなっている。

新型シエンタはハイブリッドモデルが人気、ボディサイズは少しだけ拡大

新型シエンタの目玉となっているのはハイブリッドモデルである。アクアに搭載されるハイブリッドシステム、1.5L THSⅡが採用され、JC08モード燃費は27.2km/Lを達成。ライバルのホンダ・フリードハイブリッドの同燃費21.6km/Lを優に超えるパフォーマンスに仕上げられた。

シエンタ 3列シート

また、1.5Lガソリンモデルも最新のアイドリングストップ付きアトキンソンサイクルエンジンが採用されており、JC08モード燃費20.6km/Lを達成。同クラス車での優位性は揺るぎないものとなった。

プラットフォームの一新によりパッケージングも大きく進化している。ボディサイズは拡大するとされたが、全長は先代比+135mmの4235mmに抑えられており、従来モデルからのユーザーも躊躇すること無く乗り換えることができそうだ。

シエンタ トヨタ

乗り込みやすい低床設計も新型シエンタの特徴となっており、後席スライドドアのステップ高は330mmで、先代比-55mmとなっている。それでも前席シート下に駆動用ハイブリッドバッテリー、2列目シート下にガソリンタンクを設置しており、窮屈になりがちな3列目シート周辺のスペースに負担をかけない設計が採用されている。

シエンタ 2015年

ただ、エクステリアデザインについては奇をてらった感じが否めず好みが分かれそう。マイナーチェンジ後のあっさり顔にも期待したいところだ。

過去記事(2015/06/23)

新型シエンタの車両価格は約169万円から、ハイブリッドは約223万円から

新型シエンタの発売日は7月9日、既に予約受注がスタートしている

シエンタのフルモデルチェンジが2015年7月9日に実施される計画となっている。

(写真は現行シエンタ)
シエンタ

トヨタの公式HPでは依然旧モデルの販売が継続されているが、既に新型シエンタの予約受付が6月9日より開始されており、6月中にも生産がスタートされる計画だ。

新型シエンタは168万9709円から、ボディサイズは大きくなる

新型シエンタはハイブリッド化されることが大きな魅力。アクアやカローラハイブリッドと同タイプのハイブリッドシステム、1.5L THSⅡが搭載されるシエンタハイブリッドのJC08モード燃費は、27.2km/Lとなる見込みとなっている。
グレードと車両価格は、ハイブリッドGが232万9855円、ハイブリッドXが222万6763円となる予定だ。

アクア

最新の2NR-FKE型1.5Lガソリンエンジンを搭載したモデルについては駆動方式はFFのみとなる。JC08モード燃費は20.6km/L。ガソリンGが198万327円、ガソリンXが181万6363円、ガソリンX Vパッケージが168万9709円といったラインアップで提供される。

さらに1NR-FE型1.5Lガソリンエンジンを搭載した4WDモデルも用意される。

(写真はシエンタのライバル車、ホンダ・フリード ハイブリッド)
フリード ハイブリッド 2013

新型シエンタのボディサイズは全長4235mm×全幅1695mm×全高1675mmとなる。現行モデルとの比較では、全幅と全高はほぼ変わらず5ナンバーサイズが維持されたが、全長は135mm延長されキャビンスペースが拡大される。ライバルのホンダフリードの全長は4215mmであったが、新型シエンタこれよりも僅かに上回り、居住性で少しでもアドバンテージを取りたい構えだ。

過去記事(2015/06/11)

新型シエンタが7月9日発表&発売、トヨタの1.5Lミニバンがフルモデルチェンジ

トヨタがシエンタをフルモデルチェンジ、新型コンパクトミニバン投入

トヨタ・シエンタのフルモデルチェンジが計画されており、2015年7月9日に発表、発売される見通しである。その先行予約の受け付けが2015年6月10日より開始されるスケジュールとなっている。

(写真は従来型シエンタ)
トヨタ シエンタ

シエンタのフルモデルチェンジについてはこれまでも何度かレポートしてきたが、今回はハイブリッドモデルがラインアップされるということで注目しているファンも多いはず。シエンタハイブリッドは、アクアと同タイプの1.5L THSⅡシステムが搭載される予定だ。

シエンタ 2014 シエンタ リアコンビネーションランプ

ハイブリッドのほか、車両価格の安い1.5LガソリンエンジンモデルとしてFFが2NR-FKE型エンジン、4WDが1NR-FE型エンジンがそれぞれ搭載される。特に2NR-FKE型は最新エンジンとなっており、アトキンソンサイクルと高圧縮比の採用で燃費性能が大幅に向上している。ガソリンエンジンモデルもコストパフォーマンスに優れたコンパクトミニバンとして支持されることになるだろう。

トヨタのコンパクトミニバンはシエンタへ統合、他車種に後継モデルの予定無し

新型シエンタはトヨタ系列の全販売店で取り扱われ、販売台数が大きくなることが予想される。

(写真はアイシス)
アイシス

また、従来型のミニバン車種であるアイシス、カローラルミオン、ウィッシュ、bBについては直接的な後継モデルの計画が無い。これらの車種は実質的には、新型シエンタへ統合される形になるだろう。

トヨタのミニバン車種は、1.5Lクラスはシエンタ、2.0Lクラスはノア&ヴォクシー&エスクァイアの三姉妹車、ラージクラスはアルファード&ヴェルファイアとなり、車種整理されることになる。

過去記事(2015/05/28)

新型シエンタが7月フルモデルチェンジ発売予定、12年ぶり一新で居住性向上

新型シエンタは次世代タクシーと共通プラットフォーム、ハイブリッド有り

トヨタ・シエンタがフルモデルチェンジを受け2015年7月に発表・発売される見込みとなった。

(写真は現行シエンタ)
シエンタ 2014

現行シエンタは2003年から発売されるロングセラーモデル。途中、後継モデルとしてパッソセッテが設定されるなどあったが、紆余曲折を経て販売期間は12年近くにも及んだ。

2代目となる次期シエンタはプラットフォームとパワートレインの一新が盛り込まれる。

(写真はJPNタクシーコンセプト)
トヨタ 次世代タクシー JPN TAXI CONCEPT jpn-taxi-concept-rear

次期シエンタのプラットフォームは次世代タクシーと共用される見込みである。

トヨタは2020年に開催される東京オリンピックまでにミニバン型タクシーの普及を目指しているが、そのコンセプトモデルを東京モーターショー2013で公開していた。次期シエンタとこの次世代タクシーは共通プラットフォームとなるとされ、しっかりと開発コストがかけられた完成度の高いものとなるだろう。

次期シエンタの2列目シート足元はフラットな床面が採用される。ガソリンタンクやハイブリッド車のニッケル水素バッテリーも床面に薄く設定され、後席居住性が向上される。

低床化によりリアドアでのステップ高は330mmとなる見込みとなっている。現行シエンタやライバルのホンダ・フリードと比較してもステップ高は低く、車内に乗り込みやすくなる。

(写真はライバルのホンダ・フリード)
フリード ハイブリッド 2013

シエンタハイブリッドの他、高圧縮比エンジン搭載モデルも設定される、4WDはガソリンのみ

次期シエンタに搭載されるパワートレインは3タイプが用意される。

まずはFFガソリンモデルとして、トヨタ版スカイアクティブとも異名を持つ1.5Lの高圧縮比エンジンの2NR-FKE型を採用。JC08モード燃費は20.6km/Lを達成する。

(写真はカローラに搭載される2NR-FKE型)
2NR-FKR

4WDガソリンは、1NZ-FE型の採用でJC08モード燃費は15.4km/Lとなる。

そして、販売の主力となりそうなのがハイブリッドモデルである。アクアと同じ1.5L THSⅡの採用により、JC08モード燃費は27.2km/Lを達成する。やはり4WDハイブリッドが設定されないのもアクアと同じだ。

(写真は現行アクア)
アクア

次期シエンタのフロントフェイスはアクア系統のデザインになる見込みだ。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先