car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

シエンタ今秋マイナーモデルチェンジでフェイスリフト、燃費性能向上

トヨタ・シエンタが改良予定、商品力を大幅向上

シエンタが2018年9月11日にマイナーモデルチェンジを受ける予定となっている。以前のレポートでは2018年7月のマイナーモデルチェンジを予想したが、この時期に現行モデルが受注停止となる見込み。

(写真は現行シエンタ)
シエンタ

現行シエンタは2015年にフルモデルチェンジ発売された2代目モデルである。翌2016年にはライバルのホンダ・フリードもフルモデルチェンジされており、販売台数を競ってきた。今回のマイナーモデルチェンジにより、シエンタを選ぶユーザーが増えることになりそうだ。

新型シエンタは燃費性能でもライバルのフリードを引き離す

新型シエンタは内外装デザインが一新される。現行型は、斬新なフロントマスクが印象的であったが、新たな表情が与えられる。

シエンタ トヨタ シエンタ リアコンビネーションランプ

ハイブリッドパワートレインはブラッシュアップを受け、燃費性能の向上が盛り込まれる。現行型のJC08モード燃費は27.2km/Lで、フリードハイブリッドと同値であるが、これは27.8km/Lとなりシエンタがアドバンテージを取ることになる。

座席パターンは、2列シート5人乗りモデルが充実され、フリード+に対抗できる体制となる。3列目シートを取り除くだけでなく、2列目シートは折りたたみ時にフラットな荷室となる改良が加えられる。荷室長はフリード+を上回る見込み。

(写真はライバルのフリード+)
フリード

トヨタセーフティセンスCは、「C」が取れて、「トヨタセーフティセンス」にグレードアップする。自動ブレーキは歩行者検知タイプとなり、インテリジェントクリアランスソナーによるブレーキ踏み間違いサポート機能が加わる。

#1 匿名さん2018/07/04(Wed)22:59:30ID:BiNTEyZjzM
ゴチャゴチャした色使いを色キチガイと言うが、ゴチャゴチャしたデザインは何キチガイと言うのかな?
#2 匿名さん2018/07/05(Thu)01:42:36ID:RhNDY1ZjWZ
このデザインの一部となってるスライドドアの形状は見事だと思うな

#3 匿名さん2018/07/05(Thu)06:12:01ID:YwNzdlYzGO
涙ダッラ〜のラインを除去してくれたらな
#4 匿名さん2018/07/05(Thu)08:04:50ID:QwM2FkOTzN
1# 用語です
通報しました
#5 匿名さん2018/07/05(Thu)20:28:46ID:A4NTIxZmzY
シートグレードを上げてくれ!
5シートモデムなら前後スライドを延長してくれ!
#6 南 祐斗2018/07/05(Thu)21:37:39ID:UwYTM5YTDM
残念ながら9月ですか
#7 匿名さん2018/07/06(Fri)16:29:18ID:RjMDFlNGTY
全車速じゃないにせよ追従機能付きクルコン積んでない車種はもういらん。家族乗せて走るときくらいらくさせてくれ

名前(任意)
コメント