car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型シエンタが7月9日発表&発売、トヨタの1.5Lミニバンがフルモデルチェンジ

トヨタがシエンタをフルモデルチェンジ、新型コンパクトミニバン投入

トヨタ・シエンタのフルモデルチェンジが計画されており、2015年7月9日に発表、発売される見通しである。その先行予約の受け付けが2015年6月10日より開始されるスケジュールとなっている。

(写真は従来型シエンタ)
トヨタ シエンタ

シエンタのフルモデルチェンジについてはこれまでも何度かレポートしてきたが、今回はハイブリッドモデルがラインアップされるということで注目しているファンも多いはず。シエンタハイブリッドは、アクアと同タイプの1.5L THSⅡシステムが搭載される予定だ。

シエンタ 2014 シエンタ リアコンビネーションランプ

ハイブリッドのほか、車両価格の安い1.5LガソリンエンジンモデルとしてFFが2NR-FKE型エンジン、4WDが1NR-FE型エンジンがそれぞれ搭載される。特に2NR-FKE型は最新エンジンとなっており、アトキンソンサイクルと高圧縮比の採用で燃費性能が大幅に向上している。ガソリンエンジンモデルもコストパフォーマンスに優れたコンパクトミニバンとして支持されることになるだろう。

トヨタのコンパクトミニバンはシエンタへ統合、他車種に後継モデルの予定無し

新型シエンタはトヨタ系列の全販売店で取り扱われ、販売台数が大きくなることが予想される。

(写真はアイシス)
アイシス

また、従来型のミニバン車種であるアイシス、カローラルミオン、ウィッシュ、bBについては直接的な後継モデルの計画が無い。これらの車種は実質的には、新型シエンタへ統合される形になるだろう。

トヨタのミニバン車種は、1.5Lクラスはシエンタ、2.0Lクラスはノア&ヴォクシー&エスクァイアの三姉妹車、ラージクラスはアルファード&ヴェルファイアとなり、車種整理されることになる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント