car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スバル次期レヴォーグ コンセプトをジュネーブモータショーで発表予定

SUBARU VIZIV TOURER CONCEPTが公開予定、レヴォーグ後継ツアラー

スバルは3月6日より開催されるジュネーブモータショー2018にて、SUBARU VIZIV TOURER CONCEPTを公開する。スバルはこれに先駆けてティザー画像1点を公開。コの字型テールランプを持つリアゲートが確認され、ツアラーと称することから、次期レヴォーグを予告するコンセプトカーであると想定される。

(SUBARU VIZIV TOURER CONCEPTティザー画像)
次期レヴォーグ コンセプト

スバルではSGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用した新世代車種へのフルモデルチェンジが進められており、2016年のインプレッサシリーズを皮切りに、2017年にはXVのSGP化が完了している。

その後、東京モーターショー2017では次世代スポーツセダンのVIZIV PERFORMANCE CONCEPTが公開され、次のSGP化のターゲットはWRXシリーズということになる。そして、今回のSUBARU VIZIV TOURER CONCEPTの発表により、WRXがベースのツアラーモデルであるレヴォーグもSGP化に向けたフルモデルチェンジが計画されていることが明らかとなった。

次期レヴォーグ市販型のワールドプレミアは2019年の東京モーターショーを予想

コントラストを変えたティザー画像からは、バックドアの輪郭がはっきりと確認できる。

レヴォーグ後継コンセプト

リアコンビネーションランプを大きく回り込む開口部は、幅が大きく使い勝手が良さそう。ただし、バックドアオープン時にランプ類が見えなくなることや、挟み込み防止の観点からも市販モデルにそのまま採用されるのは難しそう。

(写真は現行レヴォーグ)
レヴォーグ

2014年に発売されたレヴォーグも4年が経過し、次期コンセプトが公開されるタイミングとなった。2019年の東京モーターショーでのフルモデルチェンジ発表、翌2020年発売のスケジュールが予想される。搭載されるエンジンは新開発の1.8L DITとなる見込み。

#1 匿名さん2018/02/14(Wed)23:04:11
ステーションワゴンの火はまだ消えない
ワゴン好きの大半は、輸入車が流れてしまった現状
ミニバンでもSUVでもない選択肢を提供してくれるスバルに感謝
#2 匿名さん2018/02/15(Thu)08:32:30
レガシィツーリングワゴンの時代から他の追従を許さなかったからね
#3 匿名さん2018/02/15(Thu)10:59:00
許してますけど
#4 匿名さん2018/02/15(Thu)11:03:36
3

許した車種アゲてみ
なんかあったっけ
ステージアとか言うなよw
#5 匿名さん2018/02/15(Thu)11:57:07
ステージアw
カルディナとかいうのもあったなw
どっちも返り討ち喰らっておわったんだっけw
#6 匿名さん2018/02/15(Thu)11:58:59
レヴォーグ、決して失敗とかではないとは思うが
レガシィほどのカリスマ性は感じられなかったという印象だな
#7 匿名さん2018/02/15(Thu)12:01:19
レヴォーグ絶対王者。国内に敵なし。
#8 匿名さん2018/02/15(Thu)12:04:14
アテンザワゴンとか言うなよ
#9 匿名さん2018/02/15(Thu)13:22:36
ウイングロード、アベニール、ステージア、プリメーラワゴン、セフィーロワゴン!
日産、マンセー❣️❣️
#10 匿名さん2018/02/15(Thu)13:27:46
ワゴンはやっぱり、欧州が本場!
ラゲッジスペースの作りや走りがちがうよ。
日本で選ぶなら、アテンザワゴンかね
#11 匿名さん2018/02/15(Thu)14:51:10
日本国内で言えば、レヴォーグのライバルになりえるクルマは皆無
知り合いにアテンザワゴン所有者がおり実際に乗せてもらったが、レヴォーグの魅力をあらためて確認した。
#12 匿名さん2018/02/15(Thu)14:56:50
不恰好なクルマは選べない
炎上するクルマは論外
自動ブレーキテストでも結果は歴然
美しいアテンザワゴンが国産ワゴンではベストバイとなる
#13 匿名さん2018/02/15(Thu)15:02:45
クルマ好きがCVTしか設定のないレヴォーグを選ぶか、という問題だな
#14 匿名さん2018/02/15(Thu)15:44:41
マツダ地獄で苦い思い出
#15 匿名さん2018/02/15(Thu)15:45:38
好きなヤツ選べばいい
#16 匿名さん2018/02/15(Thu)15:58:59
マツダ地獄とか語る時点で、未来が見えてない
あ・わ・れ
#17 匿名さん2018/02/15(Thu)16:02:46
マツダ地獄とかカペラ時代だぞw
#18 匿名さん2018/02/15(Thu)16:04:05
#9
マーチBOX「」
#19 匿名さん2018/02/15(Thu)16:20:00
18
すごい!忘れてた!ありがとう
サニーカリフォルニア、ADワゴン、ブルーバード、スカイライン、セドリック、グロリアのワゴンを追加してマンセー❣️
#20 匿名さん2018/02/15(Thu)17:49:36
CVTの乗り味がどうにも合わない
必然的に輸入車かマツダしか選択肢がない
スバルがCVTばかりになると意外だったし残念
#21 匿名さん2018/02/15(Thu)18:42:28
ア、アコードワゴン(ボソッ
#22 匿名さん2018/02/15(Thu)18:44:03
3ナンバー化された2代目アコードワゴンは特にカッコ良かったです
#23 匿名さん2018/02/15(Thu)23:40:22
スバル、レヴォーグの板なのに叩かれまくりですね。
ま、ここは辛抱時。ぐっとこらえておきます。
#24 匿名さん2018/02/16(Fri)10:40:54
昔から「変わり者」が選ぶメーカー
以前よりはマイルドで万人ウケするようになったが、デザインをどうにかしないと
#25 匿名さん2018/02/16(Fri)16:03:55
#24
「変わり者」とは聞き捨てなりませんね
俺も友達も「変わり者」か・・・
#26 匿名さん2018/02/16(Fri)18:57:45
名前やメーカーに引きずられる人の意見を鵜呑みにするよりも
踊らされずに自分の好きなのを買った方が満足度高くて良いと思う。
#27 匿名さん2018/02/16(Fri)23:00:15
ワイ将レヴォーグ乗り、低みの見物
#28 匿名さん2018/02/16(Fri)23:17:50
マーチBOXかわいい!
#29 匿名さん2018/02/17(Sat)20:05:14
残念だけどマニュアルの設定が無い時点でアウト・・・
どれだけ良く出来ていても、トルコンATやCVTではダメなんだ。
雪道を延々と走ったりすると解る。
今更マニュアルが無理なのは承知なので、せめてAMTを頼む!!
#30 匿名さん2018/02/17(Sat)20:11:07
♯29
「自動車の本場であるドイツ市場」向けのレヴォーグさえ、
1.6ターボ&リニアトロニックのみ
MT車を設定する気は、スバルにはないらしい

俺も「CVT」って時点でスバル車は検討対象外
#31 匿名さん2018/02/17(Sat)20:14:32
某雑誌の記事で、スバルの設計者は「CVTをまだしゃぶり尽くせていないんだ」と言っておりました。ご参考まで。
#32 匿名さん2018/02/17(Sat)20:28:44
300psを発生するエンジンに組み合わせることのできるCVTがあるなんて
たいしたもの
そこは認めざるを得ない
他社はそこまでやらない
#33 匿名さん2018/02/18(Sun)16:34:01
MTがない カッコ悪い 荷室の作りが本格的じゃない上に狭い
BGレガシィGTB(MT)にいまでも乗っているが(車齢21年5か月)
レヴォーグを欲しいとは思わない
#34 匿名さん2018/02/18(Sun)17:10:21
♯33のコメが全て
#35 匿名さん2018/02/18(Sun)17:50:10
じゃないことを期待します。
#36 匿名さん2018/02/18(Sun)22:04:46
♯35が実際に試乗して確かめることだ
周りの意見など気にしない
自分が良いと思えばそれで良し

名前(任意)
コメント

スバル次期レヴォーグ コンセプトをジュネーブモータショーで発表予定

スバル次期レヴォーグ2019年発表か、日本向けステーションワゴン後継車

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

スバル・レヴォーグが後期型へマイナーモデルチェンジ、2017年6月予定

レヴォーグSTIスポーツ車両価格323万円からで予約受付中、正式発売は7月21日

レヴォーグ STIスポーツが7月発売、東京オートサロンのコンセプトが市販化

レヴォーグSコンセプト、マニュアルトランスミッション搭載モデルの提案

レヴォーグ セダンとして噂のWRX S4が今夏発売予定、直噴ターボ2.0DIT搭載

スバル新型レヴォーグは6/20発売、1.6 DITの受注が好調、アイサイトは9割

スバルが新型レヴォーグの受注が2013年度中に1万3000台となる見通しを発表

レヴォーグの税込み価格は266万7600円から、新年2014年1月4日から予約開始

スバル新型レヴォーグ発表会、新開発1.6L DIT搭載、東京モーターショー2013

スバルが新型レヴォーグのティザー画像を公開、インプレッサとの違いは?

次期レガシィはツーリングワゴンを廃止、フルモデルチェンジは2014年を予定

新型レヴォーグが東京モーターショーで公開、スバルのインプレッサ派生ワゴン