car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スバル 次期型レヴォーグはボディサイズ拡大、新開発1.8L DIT搭載

次期型レヴォーグ開発中、2019年発表、2020年発売を予想

スバルではレヴォーグのフルモデルチェンジに向けての開発が進められている。

(写真はスバル VIZIV ツアラーコンセプト、ジュネーブモーターショー2018)
次期レヴォーグ SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT

現行レヴォーグは2014年に発売されたモデルであった。後継モデルの発売時期は2020年になってからが見込まれ、販売期間6年を経て2代目レヴォーグへと引き継がれることになる。2019年10月には東京モーターショーが開催されるから、ここでの市販プロトタイプ出品を期待したい。

次期レヴォーグ SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT フロントグリル 次期レヴォーグ SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT ジュネーブ

ジュネーブモーターショー2018で初公開されたSUBARU VIZIV TOURER CONCEPTがデザインスタディモデルとなり、既に後継モデルが予告されている。

(動画は現行レヴォーグ発表、東京モーターショー2013)

二代目レヴォーグ、まずは1.8L DITの搭載が濃厚、多段ATは見送りか

スバルのパワートレインは直噴ターボのDITエンジンを主軸とし、各排気量がラインアップされる。2017年に登場したのがFA24型の2.4L DITエンジンで、これはアセントに搭載され、従来の6気筒エンジンからのリプレイスとなった。

次期レヴォーグ SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT 2018

現行レヴォーグに搭載されているのは1.6L DITと2.0L DITであるが、これらの次世代型はダウンサイジングされ、それぞれ1.5L DIT、1.8L DITとなる見込み。ただし、1.5Lは現段階では用意されない可能性もあり、特に次期レヴォーグ初期型が発売されるタイミングでは、1.8L DIT搭載モデルのみのエンジンラインアップが予想される。

次期レヴォーグ SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT リアコンビネーションランプ

先行開発車両の情報によればボディサイズは拡大することが確定的となっている。現行型は全長4690mm×全幅1780mm、ホイールベース2650mmであり、これより一回りほど大きくなれば、北米市場を主要ターゲットとした販売も視野に入る。北米向けには、前述の2.4L DIT搭載モデルが用意される可能性があるだろう。

トランスミッションについてはリニアトロニックCVTが継続採用される見込み。ただし近年は多段ATの採用が世界的なトレンドとなっており、スバルでも準備が進められている。次期レヴォーグで多段ATの採用が望まれるところだが、まだタイミング的に投入が難しそうである。

#1 匿名さん2018/12/07(Fri)10:45:01ID:MxODBlOD2M
デカくなりすぎたレガシィの代わりに誕生したのがレヴォーグなのに
そのコンセプトから外れて次期型ではサイズ拡大するのか
#2 匿名さん2018/12/07(Fri)11:51:10ID:AzYjNiMjGN
コンセプトカーは彫りが深そうでカッコイイよ
現実は(´A`)なんだよねー
#3 匿名さん2018/12/07(Fri)11:57:24ID:U0MWNkNjDO
レガシィがデカくなり過ぎて取り残された
日本ユーザー救済のために出したのに結局北米頼みかよ
#4 匿名さん2018/12/07(Fri)20:15:44ID:ViNDFlZjTM
結局どの企業も(日本企業でさえも)、日本市場なんて見向きもしてないという事。
#5 匿名さん2018/12/07(Fri)22:04:55ID:JjNGExNz2M
全幅1780とか、コンセプトがブレブレですねー
#6 匿名さん2018/12/07(Fri)22:28:30ID:k2NzdjNjzM
ボディを共用する次期WRXを考慮すると、極端なサイズアップは考えにくい。せいぜい全幅が1840㎜になる程度。許容範囲です。
#7 匿名さん2018/12/08(Sat)09:32:53ID:M2MTM3NTGM
スバルは日本を捨てたね。
他車にも言えるけどね。
軽がバカ売れしたり、カーオブザイヤー大賞が輸入車連覇なのが納得するよ。
#8 匿名さん2018/12/08(Sat)11:30:31ID:I1NWE0ZTGY
かっこいいと思う
#9 匿名さん2018/12/08(Sat)11:44:01ID:g5YWE0YmmM
ボディサイズ拡大は納得が行かない。何のためにレガシーの代わりに国内向けにレヴォークを投入したのか。スバルはやっていることが一貫性がない。レガシーと変わらなくなってしまう。あまりにも国内市場を軽視して、これ以上ボディを拡大してどうする?(現状でもやや持て余す感がしないでもないが)
#10 2018/12/08(Sat)15:30:32ID:IzNDliNTTM
国内市場軽視反対!の声が強いけど。

スバルの立場もわかってやれ。
欧州、中国ではシェアがさっぱり増加せず、日本市場も減少傾向。しかし、北米市場でのスバルはタマ不足となるほどの大人気。

企業として、どこのお客の声を最も重要視するかは、企業人なら理解できるはず。

ただ、スバルは中国市場開拓をなんとかしないとな。北米市場頼みの経営には危機感しか感じない。
#11 匿名さん2018/12/08(Sat)16:10:17ID:g0ZjljNjjN
レヴォーグのコンセプトとはズれるからね・・・
北米で売りたいんならレガシィで良いって話
#12 匿名さん2018/12/08(Sat)16:11:04ID:UwNWEzNjzN
>>10
中国?もう日本はまともに商売やらせてくれねーよ
北米重視のスバルは正解
#13 匿名さん2018/12/08(Sat)16:51:17ID:RjYzc5YWTO
北米で売らない車で北米重視はないわw
それにサイズアップも普通に考えて現行ユーザーの許容範囲に収まるでしょ
現行にサイドのショルダーラインが張り出したらかなり魅力的なプロポーションになると思う
#14 匿名さん2018/12/08(Sat)18:35:37ID:hlYjc1OTTM
そうだ3列シートだ(°∀°)
#15 匿名さん2018/12/08(Sat)18:41:26ID:JjY2QwYzTN
>>12
中国市場無視なんて『無能無知の極み』。
北米一本槍だからスバルは危ないっていう話。その一本足打法はリスキーすぎ。
なぜ、日産はグローバル2位企業になれたのか。北米・欧州・中国で満遍なくシェアを獲得できてるから。
日本国内の事しか見てないから、こういう考えになる。
#16 匿名さん2018/12/08(Sat)21:06:40ID:JjOTZhMTTZ
これから中国の通信機器の締め出しだ
いまからスバルが現地工場作って中国シェア拡大とかどうやってやるんだ
中国進出した日産、トヨタ、ホンダほか欧米系もこれから撤退戦だぞ
#17 匿名さん2018/12/09(Sun)19:08:10ID:QyM2I1OTTN
不正の連続。日本市場を顧みない姿勢。もうスバルはオワタ。スバルの父である百瀬晋六さんの薫陶を受けた世代がもういないのが大きいと思う。38年間スバルに乗ってきたが(いまのBGレガシィは22年3か月。欲しいスバル車が出ないので乗り続けてきた)、もう次はスバルはないだろう。残念だと思うとともに悲しい。
#18 匿名さん2019/01/07(Mon)19:16:35ID:lkM2IxN2zZ
スバルの昨年の日本での販売が大幅に減少!
欧州、中国では、存在すら疑われるシェアしか獲得できていないのは明らかな経営ミス!
北米市場で人気があっても、なんのメリットもないのに。
#19 匿名さん2019/01/07(Mon)20:29:12ID:FjY2ZjYzjN
北米市場はいらないんだって(嘲笑)!
このおじいちゃん、バカなの?
それとも釣り?
#20 匿名さん2019/01/08(Tue)23:01:58ID:JhYmNiMzTY
困ったらトヨタが助けてくれるという姿勢ではまずい
#21 匿名さん2019/01/20(Sun)19:58:46ID:liNDU0OD2O
どのメーカーの車もだけど 横幅なんて1750くらいで充分じゃない?日本は 道も駐車場も狭いんだから。
#22 匿名さん2019/01/20(Sun)20:15:51ID:EyNjg1OTTM
インプがもう少しコンパクトになればなあ。
#23 匿名さん2019/01/21(Mon)08:04:19ID:ExZmJmY2WM
#21 #22
日本市場なんてグローバルから見たら「超ちっちゃい」市場。
これ以上拡大も見込めない日本市場の「お客の声」なんて、企業はいちいち聞いていられないよ。
たっくさん買ってもらえる市場(北米・中国・欧州など)の要望を優先して取り入れるから「全幅」はどんどん広がっていくわけ。
#24 匿名さん2019/01/22(Tue)09:57:32ID:I2ODQ0YzWY
せっかくEL15やめたのにまた1.5リッターに戻すのか(困惑)
#25 匿名さん2019/03/12(Tue)13:17:20ID:JkODg5NTzN
どのメーカーも、開発関係者は車幅広くしないと死ぬ病気かよw
レヴォーグがクラウンより幅広ってクルクルパーだろ
#26 匿名さん2019/03/12(Tue)13:25:58ID:YxNThlZWTN
ちょっと何言ってるか分からない
#27 匿名さん2019/03/13(Wed)00:37:58ID:ZmMDVmNmmN
コンセプトカーの車幅にマジ切れするやつは病気
あと、以下も同様
白黒モザイクシールでこんなの誰が買うんだ?
こんなミラーじゃ後方確認できないだろ
へー次は観音開きか~便利そうじゃん絶対買う

名前(任意)
コメント

次期レヴォーグ2019年秋フルモデルチェンジ予測、新開発1.8L DIT搭載

レヴォーグのSUV化を予告か?SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT発表

スバル次期レヴォーグ コンセプトをジュネーブモータショーで発表予定

スバル次期レヴォーグ2019年発表か、日本向けステーションワゴン後継車

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

スバル・レヴォーグが後期型へマイナーモデルチェンジ、2017年6月予定

レヴォーグSTIスポーツ車両価格323万円からで予約受付中、正式発売は7月21日

レヴォーグ STIスポーツが7月発売、東京オートサロンのコンセプトが市販化

レヴォーグSコンセプト、マニュアルトランスミッション搭載モデルの提案

レヴォーグ セダンとして噂のWRX S4が今夏発売予定、直噴ターボ2.0DIT搭載

スバル新型レヴォーグは6/20発売、1.6 DITの受注が好調、アイサイトは9割

スバルが新型レヴォーグの受注が2013年度中に1万3000台となる見通しを発表

レヴォーグの税込み価格は266万7600円から、新年2014年1月4日から予約開始

スバル新型レヴォーグ発表会、新開発1.6L DIT搭載、東京モーターショー2013

スバルが新型レヴォーグのティザー画像を公開、インプレッサとの違いは?

次期レガシィはツーリングワゴンを廃止、フルモデルチェンジは2014年を予定

新型レヴォーグが東京モーターショーで公開、スバルのインプレッサ派生ワゴン

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先