car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期ジュークとIMQコンセプトを比較、日産の次世代クロスオーバーデザイン

ジュークが2019年秋フルモデルチェンジ予測、日産の新SUVデザイン

日産ではジュークのフルモデルチェンジの準備が進められている。
先月のジュネーブモーターショー2019で公開された、IMQコンセプトに次期ジュークと共通しそうなデザインが含まれているので比較して見ていきます。

(動画は次期ジュークとIMQコンセプトの比較)

IMQコンセプトのボディサイズは全長4558mm×全幅1940mm×全高1560mm。日産は、IMQコンセプトについて、欧州のCセグメントクロスオーバーと明言しており、具体的には、欧州キャシュカイの後継モデルを想定していると考えられる。

IMQコンセプト リアコンビネーションランプ

ジュークはワンサイズ小さいクロスオーバーであるが、ファミリーフェイスというなかで、デザインが共通する部分も出てくるだろう。

次期キャシュカイを予告するIMQコンセプトにヒントあり

次期ジュークと思われるモデルのリーク画像によると、リアコンビネーションランプは、IMQコンセプトで示されたものと形状が近い。
ブーメランランプと呼ばれてきたランプ類のデザインは、次世代型ではシャープでコンパクトに纏められる。

次期ジュークのフロントデザインは丸目ヘッドランプユニットが踏襲されているのがわかる。
その上部には、細長いデイタイムランニングライトも見えるが、偽装シートを剥がすとIMQコンセプトのようなヘッドランプデザインが隠れていてもおかしくない。

ボンネットフードの偽装がかなり膨らんでいるのもヒントの一つ。Aピラーの付け根の部分の造りを見ると、ボンネットフード上に高低差があることは間違いないだろう。
こういったボンネット上の高低差は、IMQコンセプトにも見られる。

(動画は現行ジューク)

現行ジュークを含めた以前の日産のデザインは、盛り上がりの大きいヘッドランプユニットが採用されていた。これには、運転席からヘッドランプの頂点が見えるので、フロントバンパーの見切りがしやすいというメリットがあった。

IMQコンセプトあるいは次期ジュークのヘッドランプは、シャープなデザインなので、運転席からは見えない。

代わりにボンネットを膨らませることで、フロントの見切りの良さを出してくるだろう。

#1 匿名さん2019/04/06(Sat)21:40:16ID:JhMTZjODGM
純ガソリン登録車の日産FMC車は何年振り?
#2 匿名さん2019/05/12(Sun)11:50:41ID:EyZGY5NDzN
本当に秋に発売されるだろうか。十八番の出す出す詐欺は。

名前(任意)
コメント

車名

ジューク

ジューク

代表グレード

15RX Vセレクション スタイル ニスモ

15RX Vセレクション スタイル ニスモ アラウンドビューモニターパッケージ

発売日

2018年8月

2018年8月

型式

DBA-YF15

DBA-YF15

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4165

4165

全幅(mm)

1770

1770

全高(mm)

1565

1565

ホイールベース(mm)

2530

2530

トレッド 前(mm)/後(mm)

1525/1525

1525/1525

室内長(mm)

1835

1835

室内幅(mm)

1470

1470

室内高(mm)

1215

1215

車両重量(kg)

1210

1210

エンジン型式

HR15DE

HR15DE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1498

1498

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

78.0×78.4

78.0×78.4

最高出力

114ps(84kW)/6000rpm

114ps(84kW)/6000rpm

最大トルク

15.3kg・m(150N・m)/4000rpm

15.3kg・m(150N・m)/4000rpm

圧縮比

10.5

10.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

52

52

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

18.0

18.0

サスペンション(フロント)

ストラット式

ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

215/55R17 94V

215/55R17 94V

タイヤサイズ(リア)

215/55R17 94V

215/55R17 94V

最小回転半径(m)

5.3

5.3

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,247,480円

2,312,280円

車名

ジューク

ジューク

代表グレード

15RX シンプルパッケージ

15RX

発売日

2018年5月

2018年5月

型式

DBA-YF15

DBA-YF15

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4135

4135

全幅(mm)

1765

1765

全高(mm)

1565

1565

ホイールベース(mm)

2530

2530

トレッド 前(mm)/後(mm)

1540/1540

1540/1540

室内長(mm)

1835

1835

室内幅(mm)

1470

1470

室内高(mm)

1215

1215

車両重量(kg)

1200

1200

エンジン型式

HR15DE

HR15DE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1498

1498

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

78.0×78.4

78.0×78.4

最高出力

114ps(84kW)/6000rpm

114ps(84kW)/6000rpm

最大トルク

15.3kg・m(150N・m)/4000rpm

15.3kg・m(150N・m)/4000rpm

圧縮比

10.5

10.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

52

52

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

18.0

18.0

サスペンション(フロント)

ストラット式

ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

205/60R16 92H

205/60R16 92H

タイヤサイズ(リア)

205/60R16 92H

205/60R16 92H

最小回転半径(m)

5.3

5.3

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,737,720円

1,975,320円

過去記事(2019/03/28)

日産・ジュークのフルモデルチェンジ2019年秋、リーク画像

ジュークがいよいよフルモデルチェンジ、開発車両リーク画像

ジュークは販売期間9年が過ぎようとしている日産のコンパクトクロスオーバーSUV。これまで次期モデルを予告するデザインスタディモデルとして、GRIPZコンセプトが2015年に出されていたが、以降は大きなニュースが無かった。最近は、開発中のリーク画像がインターネット上に出回っており、フルモデルチェンジはまもなく。2019年秋のデビューが予想される。

(画像は次期ジュークと思われるリーク画像)
ジューク

次期ジューク

(動画は現行ジューク)

次期ジュークのエクステリアはこうなる

新型ジュークの偽装マスクが施されたリーク画像を見る限り、丸目のヘッドランプやVモーショングリルが踏襲されており、現行型から大きくデザインコンセプトを変えてこないことが予想される。

もう一つの日産車の共通デザインであるブーメランタイプのランプ類はどうだろうか。リアコンビネーションランプはブーメラン形状のストップランプが見えているが、従来型よりも主張を抑え、引き締まった印象に感じる。

ヘッドランプはリーク画像を見る限りブーメラン形状がはっきりと確認できない。偽装マスクの隙間から見えるシャープな一直線のラインはおそらくLEDポジションランプのみだろう。新型ジュークとしてのエクステリア公開時には、今回のリーク画像とは異なったイメージの姿があるかもしれない。

ほかに気になるポイントは、ボンネットフードの偽装マスクが不自然なほどに盛り上がっていることである。ボンネットフード後端が高い位置から始まっていることがリーク画像から判断できるが、ここから何らかの造形物を介して高低差を生じながら、先端のVモーショングリルへとつながっている。この高低差部分にあるものは一体何なのか。

(画像はGRIPZコンセプト)
次期ジューク Vモーショングリル 日産ジューク

新型ジュークは、2019年秋に開催されるフランクフルトモーターショー、あるいは東京モーターショーがワールドプレミアの場所として予想される。

過去記事(2018/10/09)

日産・ジュークのフルモデルチェンジが遅れる、2019年初頭発表へ

次期ジューク、パリサロン発表ならず、欧州主体で開発中

パリモーターショー2018が開催中となっているが、日産の次期型ジュークも発表が期待されていたモデルの一つ。しかし、これは発表が延期となり、年を明けた2019年初頭にフルモデルチェンジされる見通しとなっている。

(写真はGRIPZコンセプト)
日産GRIPZ

次期ジュークはKICKSとは別モデル、CMF-Bプラットフォームで開発中

次期ジュークとしての市販が想定されるGRIPZコンセプトは2015年秋の発表であったが、既に3年が経過している。市販型の存在自体を疑う声もあるが、英国にて次期ジュークとしての開発が進められている。今回のパリサロンには発表が間に合わず、2019年初頭に市販プロトが発表されることになるだろう。

次期ジューク GRIPZ juke gripz

日産はもう一つのコンパクトクロスオーバーSUVとして、KICKSを2016年に発売していた。ブラジル、メキシコ、中国、マレーシアを生産国とする主に新興国をターゲットとした車種であるが、これが次期ジュークだったのでは、という心配もあった。しかしKICKSはVプラットフォームを採用したモデルであり、K13マーチやE12ノートなどと共通プラットフォームとなる。いまさら新型車として日本市場あるいは欧州市場で投入するのはタイミングが遅すぎるだろう。

(写真は新型マイクラ)
新型マーチ マイクラ マーチ リアコンビネーションランプ

次期ジュークは日産とルノー共用の最新型BプラットフォームであるCMF-Bをベースに開発が進められており、シリーズ式ハイブリッドのe-POWERにも対応する。CMF-Bプラットフォームは欧州マイクラで先行導入されており、この最新型マイクラも日本市場でマーチの車名で2019年に導入される見込みだ。

過去記事(2018/06/13)

ジュークe-POWER開発中、日産は2022年度に電動モデルを年100万台計画

ジューク改良で販売継続、フルモデルチェンジは2019年予想

現行ジュークは2018年5月11日にハイビームアシストの装備が含まれる一部改良が施され、2020年以降の法規に対応した。現時点では、2020年以降も現行ジュークの販売が続けられるとは考えにくいが、これにより2018年内にフルモデルチェンジ発売される可能性は低くなったと考える。

(写真は現行ジューク)
ジューク改良

ジュークのフルモデルチェンジについては、秋のパリモーターショー2018で市販プロトタイプのワールドプレミア。2019年に入ってからの日本発売といったスケジュールが予想される。

ジューク ハイビームアシスト ジューク インテリア

ジュークe-POWERは日産の電動化計画の達成のためにも必要なモデル

日産は、EV(電気自動車)とe-POWER(シリーズ式ハイブリッド車)を合算した販売台数を2022年度までに、年間100万台とする計画を示している。特にe-POWERに関しては、次期ジュークも搭載モデルに含まれている。電動化計画を実現するためには、日本や欧州での販売台数が期待できるジュークe-POWERを市場投入させる必要があるだろう。

(写真はKICKS)
キックス キックス リアコンビネーションランプ

一方で日産は、他に小型SUVとしてKICKSを2016年より販売している。新興国向けとして考えられていたKICKSであるが、米国でも販売されることになり、各種性能を先進国基準に対応させてきた。日本におけるKICKSの販売が有り得ないというわけでもなくなった。

(写真はGRIPZコンセプト)
次期ジューク Vモーショングリル 日産グリップス リアゲートハッチ

現在のところは、2015年に欧州と日本で発表されたGRIPZコンセプトが次期ジュークを予告するモデルと考える。ただし、KICKSとプラットフォーム共用の別エクステリアであったり、KICKSをそのままジューク後継として日本発売させる可能性も視野に入れる必要がありそうだ。

過去記事(2018/01/02)

ジュークがいよいよ2018年フルモデルチェンジ、e-POWER搭載コンパクトSUV

次期ジュークはe-POWER搭載で、2018年デビューの見込み

日産・ジュークがフルモデルチェンジを受けて2018年内にも市販される見込みとなっている。

(写真はGRIPZコンセプト)
次期ジューク Vモーショングリル

現行ジュークは2010年に発売されたモデル。従来の小型SUVのイメージを覆す斬新なエクステリアが人気となり大ヒット作となったのは言うまでもない。小型シティSUVのカテゴリが大きく注目され、同グループ内のルノー・キャプチャー、あるいはライバル車のマツダ・CX-3といったニューモデルが後を続いた。

日産ジューク グリップス コンセプト

二代目ジュークはGRIPZコンセプトがエクステリアのデザインベースに

そんな同セグメントのパイオニア的存在であるジュークの次期型については、2015年に発表されたGRIPZコンセプトがデザインスタディモデルとされている。

NEXT JUKE

日産のファミリーフェイスである逆台形フロントグリル、ブーメランタイプのヘッドランプは踏襲されるが、これらはより大胆によりシャープに進化することで更なる存在感が与えられている。

日産グリップス ワールドプレミア

フロントフェンダーの大型エアアウトレットが設定されおり、同クラス車では珍しい。市販型でも採用されれば、かなりの存在感となりそう。

日産ジューク後継 グリップス

GRIPZコンセプトのパワートレインとして予告されたe-POWERについては、ノートに搭載されることで既に市販化を果たしている。e-POWERは次期ジュークにも搭載されることになるだろう。

発売時期については、詳細が未確定であるが、2018年内のデビューの可能性は高い。メイン市場である欧州でワールドプレミアとなるはず。3月のジュネーブモーターショー、あるいは9月のパリモーターショーで市販型が発表され、日本を含めたグローバルで販売されることになるだろう。

過去記事(2017/05/12)

ジュークのフルモデルチェンジは2017年末、東京モーターショー出展見込み

日産・ジューク、2代目モデルが準備中、GRIPZコンセプトがベース

日産のコンパクトSUV、ジュークの2代目に向けたフルモデルチェンジが2017年内に実施されようとしている。

(写真は次期ジュークコンセプト、GRIPZ)
日産GRIPZ

現行ジュークは、日産の小型クロスオーバーSUVとして2010年にデビューしたモデルである。派手で遊びゴコロのあるエクステリアがウケて、日本にとどまらず欧州でも大ヒットとなったのはまだ記憶に新しい。販売期間7年を経るタイミングでフルモデルチェンジされることになる。

日産ジューク グリップズ 次期ジューク

次期ジュークはe-POWER搭載、フランクフルトモーターショーでのワールドプレミアが予想される

次期ジュークについては、2015年のGRIPZコンセプトの発表以降は目立ったアナウンスがされていない。それでも開発は進められており、早ければ2017年9月のフランクフルトモーターショーで市販プロトの姿を見ることができるかもしれない。ちなみにGRIPZコンセプトが初公開されたのもフランクフルトであったから、やはりここでのワールドプレミアの可能性が高く、欧州がメイン市場ということになるだろう。10月の東京モーターショー2017でも車体公開され、その後2017年末の一般発売が予想される。

日産グリップス ワールドプレミア

パワートレインはシリーズ式ハイブリッドのe-POWERの搭載が確定的である。GRIPZコンセプトで示されたe-POWERは、その後ノート e-POWERによって市販化されており、人気モデルとなっている。次期ジュークの主力パワートレインとなるだろう。

NEXT JUKE 次期ジューク GRIPZ

自動運転技術のプロパイロットが採用されるかどうかについては、いまのところ情報がない。日産のラインアップの中でも、まだまだ搭載を優先させるべき上級モデルがあることを考えると、次期ジューク初期型へのプロパイロット搭載は難しいか。

過去記事(2017/01/26)

新型ジューク市販型がジュネーブモーターショーで公開か、CMF-B採用

次期ジュークがCMF-Bプラットフォーム採用で、2017年フルモデルチェンジ

ジュークはコンパクトクロスオーバーSUVとして2010年より販売されるモデル。日産ではフルモデルチェンジに向けた準備が進められている。

(写真は次期ジュークコンセプトのGRIPZ)
NEXT JUKE

既に次期ジュークを予告するGRIPZコンセプトが2015年に公開済みであった。次期型もコンパクトなボディと攻めたエクステリアデザインという現行型からの流れは踏襲される。日産は、ルノー車種と共用されるCMF-Bプラットフォームの普及を進めている。CMF-Bは、欧州市場に向けて昨年2016年に発表された新型マイクラ(次期マーチ)で採用されており、次期ジュークのプラットフォームはこれと共用される。

次期ジューク Vモーショングリル 日産ジューク

次期ジュークはe-POWER搭載、早ければジュネーブモーターショーで市販型公開

次期ジュークに搭載されるパワートレインでは、シリーズ式ハイブリッドのe-POWERが主力となる。e-POWERは、GRIPZコンセプトの段階でも搭載が予告済みであり、ノート e-POWERとして市販型への搭載実績もあることから、次期ジュークへの採用は確定的と考える。

次期ジューク GRIPZ juke gripz

この他、従来型キャリーオーバーの1.5L NAガソリンエンジンモデルも低価格グレードとしてボトムラインに置かれることになるはずだ。

グリップズ 次期ジューク 日産GRIPZ

ジュークの主力市場である欧州向けには、現行型同様に新型も英国サンダーランド工場で生産される計画となっている。2017年夏頃の発売スケジュールが噂されており、9月のフランクフルトモーターショーを待たずして、3月のジュネーブモーターショーでの公開が期待される。

過去記事(2017/01/04)

2017年はジュークがフルモデルチェンジか、新デザインとe-POWERで人気モデルに

日産・ジュークの次期型はe-POWER搭載で、燃費性能も優れる

今年2017年は日産のコンパクトクロスオーバーSUV、ジュークがフルモデルチェンジされる見込みとなっている。発売から7年というタイミングで2代目モデルへ移行することになる。

(写真はGRIPZコンセプト)
日産GRIPZ

既にGRIPZコンセプトとして、次期ジュークを予告するモデルがフランクフルトモーターショー2015で発表されていた。GRIPZコンセプトは同年の東京モーターショーでも出展され、フルモデルチェンジに向けての期待が高まっている。

日産グリップス リアゲートハッチ 日産ジューク後継 グリップス

ジュークに搭載予定のe-POWERはノートで市販済み、発売は2017年夏頃

GRIPZコンセプトで提案されたパワートレインはシリーズ式ハイブリッドであった。電気自動車のリーフのモーターと発電専用ガソリンエンジンを搭載した、別名レンジエクステンダーと呼ばれるシステムである。これは2016年11月に発売されたノート e-POWERで市販化されている。

グリップス コンセプト 日産グリップス ワールドプレミア

そして、ノート e-POWERは発売月の登録車販売台数ランキングで首位を獲得しており、日産が自信を持って他車種へ展開できる状況が整いつつある。GRIPZコンセプトで予告された通り、次期ジュークはe-POWERが採用されることになるだろう。

(写真はe-POWER)
e-power ハイブリッド

次期ジュークについて今後の展開は、開催が約2ヶ月後に迫ったジュネーブモーターショー2017での市販型ワールドプレミアが予想される。発売は2017年の夏頃の可能性が高いだろう。2017年秋に開催される東京モーターショーでは新型ジュークとして出展され、日産が最もプロモーションに力を入れるモデルとなる。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先