car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

もう一つのジューク、ルノー・キュプテュルが発売、新型コンパクトSUV

日産・ジュークの姉妹車、ルノー・キュプテュルが市販化

ルノーの新型コンパクトSUV、キャプテュル(CAPTUR)が2013年3月5日から開催されるジュネーブモーターショーでワールドプレミアを迎える予定となっている。
ルノー・キャプテュル
キャプテュル インテリア

欧州で人気のコンパクトSUVジュークにルノー版が登場

この新型車は2011年のジュネーブモーターショーで公開されたコンセプトカー、キャプテュルの市販モデルということになり、発表と同時に欧州で販売が始まる見込みとなっている。ルノーといえば日産の親会社でもあるわけだが、キャプテュルはルノー版ジュークとしてコンセプトカーの段階から噂されていたモデルである。
キャプテュルのコンセプトカー時代のボディサイズは、全長4223mm×全幅1950mm×全高1586mmで、ホイールベースは2624mm。全長に関してはジュークの4135mmに近く、さらに流線が美しいSUVスタイルもジュークデザインの流れを汲むものであった。
今回公開される市販モデルのキュプテュルは全長が4120mmであり、ジューク比でマイナス15mmとほぼ同サイズ。そのことからプラットフォームにはジューク系統のものが採用されていると予想する。

またインテリアに目を向ければ、エアコン吹き出し口の位置など内部の変更が必要な箇所についてはジュークと似通っている部分もあるが、基本的にはルノーによる別デザインが採用されている。

(写真はコンセプトカーCAPTUR)
キュプテュル コンセプト
市販版キャプテュルに搭載されるエンジンは未定だが、コンセプトカーの段階では1.6L直列4気筒ディーゼルのdCiユニットが採用されていた。
信頼性とメンテナンス性の観点からジュークと共通のパワートレインが搭載された日本仕様の発売も期待したいところだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント