car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

デミオ後継モデルに搭載の可能性、直列3気筒 SKYACTIV-X 1.5開発中

スカイアクティブX 2.0Lはマツダ3から搭載スタート

マツダの新世代ガソリンエンジンとして注目されているのが、予混合圧縮着火(HCCI)技術を採用したSKYACTIV-Xである。その排気量2.0Lバージョンがアクセラ後継の新型MAZDA3に搭載されることは公式にも発表されており、多くのファンが知るところとなった。

新型MAZDA3の日本導入時期について、まだ正式なアナウンスは無いが、SKYACTIV-GおよびSKYACTIV-D搭載グレードが2019年春頃。SKYACTIV-X搭載グレードは少し遅れて2019年秋頃の発売になるのではと予想されている。

SKYACTIV-Xに直列3気筒 1.5Lあり、デミオ後継に搭載の可能性

そして、SKYACTIV-Xにはワンサイズ小さい、1.5Lバージョンが開発中となっている。シリンダー数が一つ減らされた、直列3気筒エンジンに仕上げられる見込みである。

(写真はSKYACTIV-X 2.0)
スカイアクティブX SKYACTIV-X HCCI

SKYACTIV-X 1.5は、デミオ後継モデルから搭載がスタートすることが予想される。おそらく国内車名はグローバル共通のMAZDA2となっているはず。

(写真は現行MAZDA2)
デミオ

現行デミオは、既に1.3Lガソリンモデルが廃止され、SKYACTIV-G 1.5とSKYACTIV-D 1.5の2種類のラインアップに絞られている。廉価グレードが無くなったことで、Bセグメントコンパクトのカテゴリにおいてもプレミアム化を狙うマツダの意志を感じることができる。さらにSKYACTIV-X 1.5を投入できれば、MAZDA2のブランドイメージは大きく向上することになるだろう。

(写真は現行CX-3)
マツダCX-3

現行デミオは2014年発売モデルで、2020年後半ぐらいの後継モデル発表が予想される。
このほかSUVのCX-3についてもSKYACTIV-X 1.5がマッチするはずで、こちらは2021年あたりの次期モデル発表に期待したい。

#1 匿名さん2019/02/18(Mon)18:06:12ID:FlNjM0ZW2O
直列3気筒の1.5リッターといえば、B MW製の至高の出来栄えの前例がある。マツダなら良いエンジンができそうだが、最近、日本車がなんでもかんでも欧州車っぽいラインアップになってきてるのが、やや複雑かな。
メーカー側の欧州車コンプレックスは根深い・・・
#2 匿名さん2019/02/18(Mon)18:42:48ID:Y0ZGY0NTDO
そもそもスカイアクティブXの燃費ってどうなんさ
#3 匿名さん2019/02/18(Mon)19:25:16ID:Y5MGJhMzjM
代車で乗った318i酷かった
Cの4気筒1.5でも安っぽいフィール

デミオクラスならアリ
#4 正論島(試乗マニアの個人の感想)2019/02/18(Mon)19:47:31ID:EwNzU2YjTM
BMWの1.5Lは現行ミニと318iで両方試乗したけど、3気筒とは思えないフィールだと感じたな。ここの感じ方は人それぞれだが。
ただ、アイドリングストップからの再始動での「ブルブル」はダメ。このあたりは日本車のほうが気遣いが細かい。軽のほうが圧倒的に静かに再始動した記憶がある。BMWはターボ付きだが、マツダ製はどうだろう。
#5 匿名さん2019/02/19(Tue)08:16:54ID:YxMGE1MDjN
2.0と同じでスーパーチャージャー+24Vハイブリッドになるのではないか?
#6 正論島(試乗マニアの個人の感想)2019/02/19(Tue)08:32:39ID:UzYTM4MTGM
#5
そうだね。同感です。
#7 匿名さん2019/02/19(Tue)10:58:40ID:IwY2YzOTTY
もしやSky-Xはモジュラー化して、1気筒当たり500ccで展開しやすいとか?
3気筒1.5L、4気筒2.0L、5気筒…6気筒…。
それはそれで面白いけれども。
#8 匿名さん2019/02/19(Tue)15:04:11ID:czMGM4ODTZ
まだ実車も無いし開発難航してそう。
デリケートなエンジンになってる事は想像に難くない。

そう言えばホンダは1Lターボの開発に苦労してたっけ。
#9 匿名さん2019/02/19(Tue)23:06:42ID:I1YmM4YTTO
スカイアクティブDの1.5でほぼ失敗したからなぁ
気筒あたりの排気量はいじらないでなんとかする方向に変えたんでしょう
#10 匿名さん2019/02/20(Wed)08:08:35ID:Y5MzkxMWjY
20万台売れたエンジンで失敗とか何言ってのやら。
#11 匿名さん2019/02/20(Wed)08:11:35ID:kxYjExOD2Z
なお、何を書いてもフルボッコの♯9
#12 匿名さん2019/02/20(Wed)10:49:39ID:U5MDRhNGTY
1.5Dエンジン。
完全に失敗作ってご存じない?
ググれば分かりますよ
#13 匿名さん2019/02/20(Wed)17:51:07ID:FmZGRhNDDZ
2.0Gの代替でマツダ3のエントリーに積めそう
というか次期デミオ作るんだろうか?スイフトやポロぐらい売れないと利幅薄くて大変だろうな
#14 匿名さん2019/02/20(Wed)20:58:35ID:FhMjFiMTTM
売れた=成功したではないのはGDIエンジンを見れば分かる通りで
リコールを連発したエンジンのどこが成功なのか説明してくれる?
#15 匿名さん2019/02/20(Wed)21:21:21ID:E0YjNmMGWZ
三菱GDIエンジン搭載車はそんなに売れた印象が無い
#16 匿名さん2019/02/21(Thu)08:57:03ID:VlZTNmNjjM
https://minkara.carview.co.jp/smart/userid/2738704/blog/41676325/
#17 南 祐斗2019/06/01(Sat)12:11:13ID:QwY2ZhZjmZ
mazda 2

名前(任意)
コメント

車名

デミオ

デミオ

代表グレード

15C

15S

発売日

2018年8月

2018年8月

型式

6BA-DJLFS

6BA-DJLFS

ボディ形状

5ドア ハッチバック

5ドア ハッチバック

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4060

4060

全幅(mm)

1695

1695

全高(mm)

1500

1525

ホイールベース(mm)

2570

2570

トレッド 前(mm)/後(mm)

1495/1480

1495/1480

室内長(mm)

1805

1805

室内幅(mm)

1445

1445

室内高(mm)

1210

1210

車両重量(kg)

1050

1050

エンジン型式

P5-VPS

P5-VPS

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1496

1496

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

74.5×85.8

74.5×85.8

最高出力

110ps(81kW)/6000rpm

110ps(81kW)/6000rpm

最大トルク

14.4kg・m(141N・m)/4000rpm

14.4kg・m(141N・m)/4000rpm

圧縮比

12.0

12.0

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

44

44

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

185/65R15 88S

185/65R15 88S

タイヤサイズ(リア)

185/65R15 88S

185/65R15 88S

最小回転半径(m)

4.7

4.7

トランスミッション

6AT

6AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,393,200円

1,490,400円

車名

デミオ

デミオ

代表グレード

15MB

15Sツーリング

発売日

2018年8月

2018年8月

型式

CBA-DJLFS

6BA-DJLFS

ボディ形状

5ドア ハッチバック

5ドア ハッチバック

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4060

4060

全幅(mm)

1695

1695

全高(mm)

1500

1525

ホイールベース(mm)

2570

2570

トレッド 前(mm)/後(mm)

1495/1480

1495/1480

室内長(mm)

1805

1805

室内幅(mm)

1445

1445

室内高(mm)

1210

1210

車両重量(kg)

1020

1060

エンジン型式

P5-VPS

P5-VPS

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1496

1496

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

74.5×85.8

74.5×85.8

最高出力

116ps(85kW)/6000rpm

110ps(81kW)/6000rpm

最大トルク

15.1kg・m(148N・m)/4000rpm

14.4kg・m(141N・m)/4000rpm

圧縮比

14.0

12.0

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

44

44

使用燃料

ハイオクガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

19.2

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

185/65R15 88S

185/65R15 88S

タイヤサイズ(リア)

185/65R15 88S

185/65R15 88S

最小回転半径(m)

4.7

4.7

トランスミッション

6MT

6AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,560,600円

1,733,400円

デミオも高級化、マイナーモデルチェンジで1.3Lガソリンエンジンが1.5Lに

マツダ車のカーオークション相場が良い、マツダ地獄は過去のものに

マツダがOEM生産するデミオセダンがベース、トヨタがサイオンiAを北米デビュー

マツダ・デミオに1.5Lガソリン追加発売の計画あり、SPORT スポルトを設定

マツダ新型デミオの販売が好調、クリーンディーゼルのスカイアクティブDが人気

マツダがデミオ セダンをタイ国際モーターエキスポで発表予定、画像公開

新型デミオ税込車両価格は1.3Lガソリン135万円、1.5Lディーゼル178.2万円から

新型デミオ発売は9月下旬、従来モデルより高級化、ディーゼル燃費30km/L前後

新型デミオ市販プロト発表、全長4m超、1.3Lガソリン5MT、1.5Lディーゼル6MT

デミオがフルモデルチェンジ正式発表、日本仕様は1.5Lディーゼルと1.3Lガソリン

デミオディーゼルの発売は遅れる、トランスミッションは6MTと6AT

デミオ ディーゼルのスペックは最高出力105ps、最大トルク25.5kgm、今夏FMC

デミオのフルモデルチェンジは8月盆明け以降の予測、7月予約受付スタートか?

デミオのフルモデルチェンジは7月の見込み、コンセプトカーHAZUMIの画像

デミオのフルモデルチェンジは2014年9月の見込み、ディーゼル搭載は実現するか

次期デミオ コンセプト、HAZUMI 跳 をワールドプレミア、1.5Lディーゼル

次期デミオ コンセプト、HAZUMI跳をジュネーブモーターショー2014で発表

デミオは2014年10月にフルモデルチェンジ、フルスカイアクティブで燃費向上

デミオのフルモデルチェンジは2014年夏の予測、全グレードがスカイアクティブ

デミオに13-SKYACTIV特別仕様車が追加、フルモデルチェンジは2014年夏

マツダ次期デミオの開発費をトヨタが一部負担、北米トヨタへOEM供給

デミオEVが10月デビュー、価格は357万7000円、巻線切り替え式モーター採用

デミオおすすめグレード比較、13Cと13スカイアクティブ

デミオのマイナーチェンジとマーチの値下げ

燃費30km/Lスカイアクティブ デミオのここがすごい

マツダが新型スカイアクティブデミオを発売

スカイアクティブ・デミオの新型高圧縮比エンジンP3-VPS

スカイアクティブ新型デミオとフィット ハイブリッドを比較

コンパクトカークラスの燃費比較

新型マツダデミオDE系DBA-DE3FSインプレッション

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先