car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダ車のカーオークション相場が良い、マツダ地獄は過去のものに

デミオ、フィット、ヴィッツ、ノートのカーオークション相場を比較

マツダは2018年5月28日のプレスリリースで国内生産累計台数が5000万台を突破したことを発表した。

(写真は現行 MAZDA2 デミオ)
デミオ

スカイアクティブ以降、マツダ車のブランドイメージは格段に向上したように感じる。実際に、中古車販売店の主な仕入先であるカーオークションでの取引相場は、他の国内メーカーモデルに比べてどうなっているのか、調べてみた。

対象は各社Bセグメントのコンパクトハッチバックカーの下記4モデル。すべて新車価格が約145~155万円程度の普及グレードで、エンジンは1.2~1.3LのコンベンショナルNAガソリン、駆動方式2WDのモデルに絞り込んだ。さらに、3年落ちの2015年製で、走行1~4万キロ、評価4とありがちなパターンに該当するものを選び出し、落札価格の平均値を算出してみた。

マツダ・デミオ(FMC 2014年)約76万円
ホンダ・フィット(FMC 2013年)約75万円
トヨタ・ヴィッツ(FMC 2010年)約68万円
日産・ノート(FMC 2012年)約61万円

ご覧の通り、デミオ、フィットの二強という結果に。
ただし、フルモデルチェンジからの経過年数を考慮すれば、デミオはやや有利で、ヴィッツは不利。中古車市場では年式と走行距離が価値を決めるとはいえ、デザインが新しいほうが市場からの評価も良くなる。一つ世代の古いモデルでの比較では、ヴィッツの価格が上回るケースも多く、トヨタも相変わらず中古車市場での評価は高い。

マツダ地獄は終了、KODOデザイン以降はむしろ人気車種

ここで言いたかったのは、かつてのマツダ地獄と呼ばれるような、マツダディーラーの下取りを除いて安く買い叩かれるような現象は、確認できないということである。気に入った車種が偶然にもマツダ車であれば、将来の下取り価格を気にする必要は無くなった。

アクセラ、アテンザ、CX-5でも概ね同様の傾向がみられ、KODOデザイン以降のマツダ車の中古車市場からの評価は悪くないようである。

(写真は日産・ノート)
ノート e-POWER 日産グローバル本社ギャラリー

むしろ、目立ったのがノートの低評価ぶりである。
エンジンはベースラインの1.2L NAでライバルらよりも若干非力であるが、必要十分。ある意味枯れた技術で、特段と目立ったトラブルも出ていない。一方でボディサイズは全長4.1mもあり、むしろ立派なほど。エクステリアデザインは、現在人気のノートe-POWERとほぼ同じで、2012年発売デザインの割には新鮮さもある。低価格なBセグメント中古車をお探しの方には、お買い得感のあるモデルとしてオススメできるのではないか。

#1 匿名さん2018/05/30(Wed)05:20:05ID:NmYzRhYW2O
ネタ切れか?これでは他のサイトに皆んな流れてしまう。
#2 匿名さん2018/05/30(Wed)17:19:30ID:JhM2EwZGzN
現行デミオもいいけど背が高めの2型デミオとかベリーサ後継とか居住性&積載性を考慮した車も出してくれませんか?マツダさん、アクセラはちとデカいのよね・・・特に横幅が

期待してた次期プレマシーも無くなったようで、CX-8が受け皿だという記事を見ましたが車格も価格帯も違いすぎるよ〜
#3 匿名さん2018/05/30(Wed)19:22:12ID:g2MzcwNjTO
プレマシーはホントよくできたミニミニバンだった
あのサイズでしっかり腰が落ち着くミニバンは無い
#4 匿名さん2018/05/30(Wed)20:18:54ID:NmYzRhYW2O
マツダ地獄とか触れて欲しくないであろう黒歴史をほじくり返す、カーリサーチ。事実を言ったまで。
#5 匿名さん2018/05/30(Wed)20:20:35ID:NmYzRhYW2O
もっとクルマ好きが食いつくような記事を書けないものか。
#6 匿名さん2018/05/30(Wed)23:19:44ID:VhNjNmMzDN
乞食みたいなコメント書いてる奴がいるな…
#7 匿名さん2018/05/31(Thu)11:32:21ID:U0NmIyMmjY
14:名無しさん@涙目です。:2018/05/29(火) 22:16:11.74 ID:LasiFr+Z0.net

偏った記事だなぁ。
ノートはNAモデルは元々安い。
スーパーチャージャーがメイン。
#8 匿名さん2018/05/31(Thu)14:47:21ID:NjMTVhMTjM
ノートの低評価はタイ製マーチベースの時点でお察し
eパワーは新車時はいいかもしれんけど耐久面で地雷な気がするゾ
#9 匿名さん2018/05/31(Thu)15:18:51ID:JiMDAyOGzN
日産の中古は昔から安値で安定
でも日産地獄とは言わない
#10 匿名さん2018/06/01(Fri)08:40:51ID:U1ZGRiNTGN
ノートはレンタカーで乗ったけど、本当に安っぽくて幻滅したなぁ。
運転するとあらゆる感覚がショボい。普通に走るだけ。
#11 匿名さん2018/06/11(Mon)23:03:50ID:NmNTEwYjzZ
いまどきマツダ地獄なんていう人は年寄だよね!

名前(任意)
コメント

過去記事(2015/03/29)

マツダがOEM生産するデミオセダンがベース、トヨタがサイオンiAを北米デビュー

デミオセダン(MAZDA2 SEDAN)の兄弟車、サイオンiAがNYショーで公開

トヨタが北米で展開する若者向け販売チャンネルのサイオンから、新たなコンパクトカーが来月4月3日からの一般公開が予定されているニューヨーク国際オートショー2015でワールドプレミアされる。

(写真はサイオンiAのティザー画像)
サイオンiA ティザー デミオセダンOEM

サイオンはこれに先駆けてティザー画像を一点公開した。

(写真はマツダ2セダン)
マツダ2 セダン デミオ セダン リアトランク

サイオンiAは、マツダのメキシコ工場で生産され、同社のデミオセダン(マツダ2セダン)と兄弟車の関係になるBセグメントセダンである。

公開された画像からは、サイオンiAはデミオシリーズとは異なる専用デザインであることが判る。

ヘッドライトはトヨタ・アクア調でもあり、目頭が細められている。またフロントグリルは台形型で内部はブラックアウト化されている。フロント部分全体としてはキーンルックの顔付きとなっており、トヨタのコンパクトカーらしい仕上がりとなっている。

(写真はマツダ・デミオ)
デミオ 東京オートサロン 新型デミオ 全長

サイオンiAはフロント、リアの一部デザインを除きデミオ シリーズと共通デザインであると考えられる

一方でデミオシリーズと共通化されている部分も見えており、特にボンネットフードはデミオと共通デザインである可能性が高い。ヘッドランプ上部に入れられたキャラクターラインはAピラーの付け根へと繋がると考えられ、これはデミオと共通するラインであることが予想される。

(写真はSKYACTIV-G 15)
SKYACTIV-G 15

サイオンiAに搭載されるパワートレインについてもマツダのスカイアクティブとしている。詳細は今後発表されることになるが、北米市場の特性から考えて、ディーゼルは設定されず、1.5LガソリンのスカイアクティブGのみのラインアップになるのではと予想される。

過去記事(2015/01/22)

マツダ・デミオに1.5Lガソリン追加発売の計画あり、SPORT スポルトを設定

デミオにSKYACTIV-G 1.5を搭載、SPORTグレードが今秋デビューか

現行デミオは、昨年2014年の秋に販売がスタートしたモデル。まだ発売から間もなく、コンパクトカーの購入を考えているユーザーなら少なくとも一度は興味を惹かれるであろう人気車種となっている。

(写真は現行デミオ ショーモデル、東京オートサロン2015)
デミオ 東京オートサロン2015

そんなデミオに1.5Lガソリンエンジン搭載のSPORT(スポルト)が追加投入される計画となっている。2015年秋頃の発売が予想される。

マツダ デミオ 東京オートサロン 2015 デミオ 東京オートサロン

デミオスポルトは出力パフォーマンスに優れる、ただしトルクはディーゼルが有利となるか

現行デミオは、ガソリンのSKYACTIV-G 1.3LとディーゼルのSKYACTIV-D 1.5Lの2タイプのエンジンが用意される。なかでもSKYACTIV-Dモデルはトヨタ・アクアやホンダ・フィットハイブリッドと競合する上級パワートレイン搭載車で、高い環境性能と出力パフォーマンスを備えている。

(写真はデミオ レーシング コンセプト)
デミオ レーシング

デミオはコンパクトカーとしてはやや高い車両価格が設定されているが、先月2014年12月の販売台数は7419台と、フィットが同8772台、日産・ノートが同6304台のなか堅調な数字を残した。

デミオ スポルトなるモデルは、先代以前のデミオシリーズにも設定されてきたことから、現行モデルでの設定を期待していたファンも少なくないはず。

(写真はSKYACTIV-G 1.5)
SKYACTIV-G 15

次期デミオ スポルトに搭載されるエンジンは既にアクセラにおいて市販実績のあるSKYACTIV-G 1.5Lがベースとなる見込み。

ちなみにアクセラでのSKYACTIV-G 1.5Lのエンジンパフォーマンスは、最高出力が111ps、最大トルクが14.7kgfmであった。デミオのSKYACTIV-G 1.3Lは92ps/105kgfm、SKYACTIV-D 1.5Lは105ps/25.5kgfmであるから、最高出力ではSKYACTIV-G 1.5Lが有利。しかし最大トルクではディーゼルがこれまで通り圧倒的なアドバンテージを持つことになるだろう。

過去記事(2014/12/12)

マツダ新型デミオの販売が好調、クリーンディーゼルのスカイアクティブDが人気

新型デミオ SKYACTIV-D 1.5 XDが人気、ディーゼルでハイブリッド勢に対抗

マツダでは新型デミオが好受注となっている。

(写真は新型デミオ)
デミオディーゼル

新型デミオは今年2014年9月にフルモデルチェンジした4代目モデル。マツダは10月26日時点での受注数として1万9233台を発表していた。その後、10月の販売台数が6102台、11月同8890台と順次納車登録が進められてきた。現在は2014年内の納車が難しく、特にディーゼルエンジン搭載モデルは1月中旬以降の納車になる見込みとなっている。

デミオ SKYACTIV-D 1.5 新型デミオ ソウルレッドプレミアムメタリック

デミオディーゼルは新開発1.5L SKYACTIV-D を搭載、アクセラにも搭載計画あり

デミオ ディーゼルはマツダ新開発のSKYACTIV-D 1.5を搭載する。JC08モード燃費はi-ELOOP搭載のAT車で26.6km/L、6MT車で30.0km/Lを達成。さらに燃料が価格の安い軽油ということで、特にランニングコストの面でトヨタ・アクアやホンダ・フィットハイブリッドといったコンパクトハイブリッド勢と競合する。車両価格の面でも、デミオ SKYACTIV-D 1.5 XDが178万2000円とこれもやはりハイブリッド並といったところだ。

新型デミオ 新型デミオ 全長

このディーゼルエンジン搭載モデルは全受注の7割近くに達しているとのこと。日本市場において、この手のコンパクトカーに高コストのディーゼルエンジンを搭載させることは敬遠されがちだが、このデミオディーゼルに関しては人気を得ているようだ。

新型デミオ スカイアクティブG 13 新型デミオ リアシート

今後は、このSKYACTIV-D 1.5がアクセラにも搭載される計画となっている。現行アクセラではディーゼルエンジン搭載モデルがラインアップされるが、これはアテンザやCX-5と同系統の2.2Lディーゼルということでハイパフォーマンスモデル的な位置付け。購入ユーザーは限られていた。アクセラのボディサイズにジャストな1.5Lディーゼルが採用されれば、これも人気となるだろう。

過去記事(2014/11/27)

マツダがデミオ セダンをタイ国際モーターエキスポで発表予定、画像公開

Mazda2 デミオ セダンがワールドプレミア予定、SKYACTIV-D 1.5を搭載

今秋、マツダはデミオをフルモデルチェンジさせ、4代目となる新型デミオを販売スタートさせている。そしてこれにはセダンボディも存在し、今月11月28日より開催予定のタイ国際モーターエキスポ2014でワールドプレミアされる見通しとなった。マツダはこれに先駆けて、Mazda2 セダンの画像を公開した。

デミオ セダン Mazda2 sedan

Mazda2は日本名デミオのグローバル車名である。Mazda2 セダンは先代型にも設定されていたが、アジア新興国をメインに販売されたため、日本では馴染みが薄い。

デミオ セダン トランク

新型Mazda2セダンのホイールベースは2570mmと、ハッチバックのデミオと変わらない。トランクルームが追加されたことで全長は4320mmとなり、これはハッチバックのデミオから260mm延長される。

デミオ セダン リアコンビネーションランプ デミオ セダン フロントグリル

デミオセダンが日本発売される可能性は?コンパクトセダン市場が見直されている

今回発表されたMazda2セダンもやはりデミオセダンとしての日本販売について言及されておらず、新興国メインに販売されるものと考える。ただし北米市場についてはMazda2セダンの導入計画があるようだ。

マツダ2 セダン デミオ セダン リアトランク

また、最新のクリーンディーゼルエンジン、SKYACTIV-D 1.5が搭載されるということで、日本市場で販売されたとしても十分商品力のあるモデルとなりそうだ。

(写真は新型ホンダ・グレイス)
グレース ハイブリッド

最近の日本市場ではコンパクトセダンが見直される傾向にあり、ホンダはアジア向け車種のシティを日本車名グレイスとし、ハイブリッド専用車として2014年12月1日に発売する計画となっている。このグレイスハイブリッドの売れ行き次第では、デミオセダンの日本導入もあり得るか。

過去記事(2014/09/07)

新型デミオ税込車両価格は1.3Lガソリン135万円、1.5Lディーゼル178.2万円から

新型デミオ予約受付開始、1.3Lガソリンと1.5Lディーゼルがラインアップ

新型デミオの予約受付が2014年9月11日にもスタートされる見込みとなった。

(写真は新型デミオ市販プロトモデル)
デミオ

新型デミオに搭載されるエンジンは、SKYACTIV-G 1.3として1.3Lのガソリンエンジン、SKYACTIV-D 1.5として1.5Lのディーゼルエンジンの2タイプが用意される。いずれもこの新型デミオから市販車搭載がスタートする新開発エンジンである。

(写真はスカイアクティブD 1.5)
デミオ SKYACTIV-D 1.5

新型デミオ、エントリーモデル135万円より、ディーゼルは178.2万円より

SKYACTIV-G 1.3は3グレード用意され、車両価格は13Cが135万0000円、13Sが145万8000円、13S Lパッケージが171万7200円と設定される。

SKYACTIV-D 1.5を搭載するモデルは、XDが178万2000円、XD ツーリングが194万4000円、XD ツーリング Lパッケージが199万8000円となる。

上記の車両価格は税込で2WD(FF)モデルのもので、4WDモデルも各々のグレードに税込19万4400円高で設定される。

新型デミオ リアシート 新型デミオ インテリア

エントリーモデルのデミオ13Cのライバルとなるのはホンダ・フィット13G(130万1142円)で、デミオが約5万円高い。ディーゼルを搭載するデミオXDの対抗は、ホンダ・フィットハイブリッド(168万1714円)となる。こちらはデミオが約10万円高い。トヨタのコンパクトハイブリッド、アクアL(174万8572円)と比較してもデミオXDが約3万円高い。

新型デミオは4m超えのやや大きなボディサイズを持ち、他のBセグメントコンパクトカーより上級ポジションを狙った強気な価格設定と感じた。

新型デミオ ソウルレッドプレミアムメタリック 新型デミオ 全長

ガソリン車は9月中にも納車スタートされる見込みだが、これだけ前評判の高い車種だけに、予約に少し遅れれば納車までかなり待たされることが予想される。ディーゼル車はガソリン車に対して約2週間遅れで準備が進められている。

過去記事(2014/08/12)

新型デミオ発売は9月下旬、従来モデルより高級化、ディーゼル燃費30km/L前後

デミオのフルモデルチェンジは9月下旬、新型スカイアクティブDおよびGを搭載

マツダの新型デミオの発売が2014年9月下旬に予定されている。

(写真は新型デミオの市販プロトモデル)
新型デミオ スカイアクティブG 13

新型デミオを語るにあたってまず外せないのが、マツダ新開発の1.5Lディーゼルを搭載したSKYACTIV-D 1.5グレードである。車両価格はライバルのフィットハイブリッドやアクアと同程度になる見通し。JC08モード燃費は30km/L前後が予想され、これはハイブリッド勢より2割程度劣るが、燃料の軽油は2割程度安いので、燃料費のユーザー負担額で考えればライバルらと互角となる。

デミオ SKYACTIV-D 1.5 新型デミオ 全長

また、ガソリンエンジンのSKYACTIV-G 1.3の方も従来型を刷新し新型エンジンとなる。スペック上のJC08モード燃費は24.6km/Lとなる見込みで、実はこの数値は現行デミオ13-SKYACTIVの25.0km/Lより劣る。ただし実用燃費においては現行モデルよりも優れるとしている。車両価格はフルスカイアクティブ化により値上げが予定されており、ベースモデルは約140万円程度になることが予想される。

新型デミオ 新型デミオ ソウルレッドプレミアムメタリック

これ未満の廉価グレードは設定されない見込みで、従来のデミオシリーズと比較すればハイスペック化によって価格帯は大きく上がることになるだろう。

新型デミオはの全長は4m超え、室内広さよりもデザインと質感が優先される

新型デミオの全幅は1695mmで5ナンバーサイズが維持されるが、全長は4060mmとなりボディサイズは大きくなる。似たようなコンセプトで開発される国内メーカーのBセグメントコンパクトカーで全長が4m超えるものは例が少なく、その寸法的余裕からかエクステリアデザインの出来はワンランク上。ブランドカラーのソウルレッドプレミアムメタリック色も映える。

新型デミオ インテリア 新型デミオ リアシート

車内に乗り込めば、広さではライバルのフィットなどとほぼ同等と感じた。ただし、このクラスのコンパクトカーにありがちな薄っぺらさの中にある広々空間とは違い、しっかり感のあるボディやシートに包まれる印象を受けた。

過去記事(2014/08/01)

新型デミオ市販プロト発表、全長4m超、1.3Lガソリン5MT、1.5Lディーゼル6MT

マツダ デミオがフルモデルチェンジ、2014年秋発売、市販プロト画像

新型デミオの発売が2014年秋に計画されている。今回はその市販プロトモデルの画像を紹介したい。

デミオ

既に新型デミオの生産はマツダ防府第1工場で始まっている。ボディサイズは全長4060mm×全幅1695mm×全高1500mm、ホイールベースは2570mm。4m超えの全長はプロトタイプ限りの仕様かと思いきや、市販モデルもこのボディサイズは変わらないという。国内メーカー製の同クラスのライバル車では、全長4m未満に設定されることが多い。

新型デミオ 新型デミオ 全長

新型デミオ、ディーゼルもガソリンもマニュアルトランスミッション有り

新型デミオに搭載されるエンジンは、1.3LガソリンのSKYACTIV-G 1.3と1.5LディーゼルのSKYACTIV-D 1.5の2タイプがラインアップする。SKYACTIV-G 1.3に搭載されるトランスミッションはFFモデルは6ATと5MT、4WDモデルは6ATが用意される。SKYACTIV-D 1.5ではFFモデルは6ATと6MT、4WDモデルが6ATとなる。
ガソリン車、ディーゼル車ともにマニュアルトランスミッショングレードが設定されているのが特徴的である。

新型デミオ スカイアクティブG 13 デミオディーゼル

デミオディーゼルのデリバリーが遅れるという情報もあったが、現在はガソリンモデルに対してその差は縮まっているという。ガソリンとディーゼルは、ほぼ同時期の納車が可能とのこと。

デミオ SKYACTIV-D 1.5 新型デミオ インテリア

新型デミオのエクステリアデザインは今春のジュネーブモーターショー2014で公開されたHAZUMIコンセプトから大きく変わっていないと感じた。グリル内にしっかりと残されたバンパーラインが欧州風である。KODOデザインによる造形美も然ることながら、ソウルレッドプレミアムメタリックのカラーリングが映え、他のコンパクトクラスカーにはない上質さを感じる。

新型デミオの車両価格、まずはSKYACTIV-G 1.3については現行モデル比で少しの値上がりが見込まれている。エンジン周りがフルスカイアクティブ化されていることがら多少のコストアップは致し方無いだろう。SKYACTIV-D 1.5については、他社ハイブリッドカー並としている。ガソリンモデルで140~150万円程度、ディーゼルモデルで165~175万円程度の税込スタート価格が予想される。

デミオがフルモデルチェンジ正式発表、日本仕様は1.5Lディーゼルと1.3Lガソリン

デミオディーゼルの発売は遅れる、トランスミッションは6MTと6AT

デミオ ディーゼルのスペックは最高出力105ps、最大トルク25.5kgm、今夏FMC

デミオのフルモデルチェンジは8月盆明け以降の予測、7月予約受付スタートか?

デミオのフルモデルチェンジは7月の見込み、コンセプトカーHAZUMIの画像

デミオのフルモデルチェンジは2014年9月の見込み、ディーゼル搭載は実現するか

次期デミオ コンセプト、HAZUMI 跳 をワールドプレミア、1.5Lディーゼル

次期デミオ コンセプト、HAZUMI跳をジュネーブモーターショー2014で発表

デミオは2014年10月にフルモデルチェンジ、フルスカイアクティブで燃費向上

デミオのフルモデルチェンジは2014年夏の予測、全グレードがスカイアクティブ

デミオに13-SKYACTIV特別仕様車が追加、フルモデルチェンジは2014年夏

マツダ次期デミオの開発費をトヨタが一部負担、北米トヨタへOEM供給

デミオEVが10月デビュー、価格は357万7000円、巻線切り替え式モーター採用

デミオおすすめグレード比較、13Cと13スカイアクティブ

デミオのマイナーチェンジとマーチの値下げ

燃費30km/Lスカイアクティブ デミオのここがすごい

マツダが新型スカイアクティブデミオを発売

スカイアクティブ・デミオの新型高圧縮比エンジンP3-VPS

スカイアクティブ新型デミオとフィット ハイブリッドを比較

コンパクトカークラスの燃費比較

新型マツダデミオDE系DBA-DE3FSインプレッション

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先