car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型デミオ税込車両価格は1.3Lガソリン135万円、1.5Lディーゼル178.2万円から

新型デミオ予約受付開始、1.3Lガソリンと1.5Lディーゼルがラインアップ

新型デミオの予約受付が2014年9月11日にもスタートされる見込みとなった。

(写真は新型デミオ市販プロトモデル)
デミオ

新型デミオに搭載されるエンジンは、SKYACTIV-G 1.3として1.3Lのガソリンエンジン、SKYACTIV-D 1.5として1.5Lのディーゼルエンジンの2タイプが用意される。いずれもこの新型デミオから市販車搭載がスタートする新開発エンジンである。

(写真はスカイアクティブD 1.5)
デミオ SKYACTIV-D 1.5

新型デミオ、エントリーモデル135万円より、ディーゼルは178.2万円より

SKYACTIV-G 1.3は3グレード用意され、車両価格は13Cが135万0000円、13Sが145万8000円、13S Lパッケージが171万7200円と設定される。

SKYACTIV-D 1.5を搭載するモデルは、XDが178万2000円、XD ツーリングが194万4000円、XD ツーリング Lパッケージが199万8000円となる。

上記の車両価格は税込で2WD(FF)モデルのもので、4WDモデルも各々のグレードに税込19万4400円高で設定される。

新型デミオ リアシート 新型デミオ インテリア

エントリーモデルのデミオ13Cのライバルとなるのはホンダ・フィット13G(130万1142円)で、デミオが約5万円高い。ディーゼルを搭載するデミオXDの対抗は、ホンダ・フィットハイブリッド(168万1714円)となる。こちらはデミオが約10万円高い。トヨタのコンパクトハイブリッド、アクアL(174万8572円)と比較してもデミオXDが約3万円高い。

新型デミオは4m超えのやや大きなボディサイズを持ち、他のBセグメントコンパクトカーより上級ポジションを狙った強気な価格設定と感じた。

新型デミオ ソウルレッドプレミアムメタリック 新型デミオ 全長

ガソリン車は9月中にも納車スタートされる見込みだが、これだけ前評判の高い車種だけに、予約に少し遅れれば納車までかなり待たされることが予想される。ディーゼル車はガソリン車に対して約2週間遅れで準備が進められている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント