car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

デミオのフルモデルチェンジは7月の見込み、コンセプトカーHAZUMIの画像

マツダ・デミオのフルモデルチェンジが2014年7月にも行われる見込み

マツダは次期デミオのコンセプトモデル、HAZUMIを3月に開催されたジュネーブモーターショー2014で公開していた。デミオのフルモデルチェンジが待望されており、その時期は2014年7月にも実現することになりそうである。

(写真は次期デミオコンセプトのHAZUMI、ジュネーブ2014年)
デミオ 跳 ジュネーブ2014

通算4代目となる次期デミオは、ボディやシャシーを含めたマツダの新世代技術であるスカイアクティブテクノロジーがすべて投入されることになる。

新型デミオ 2014 hazumi

新型デミオはディーゼルエンジン搭載モデルもラインアップされる見込み

次期デミオはパワートレインもスカイアクティブ化されるということで注目されるポイントである。

デミオ コンセプト ジュネーブ2014

ガソリンエンジンのスカイアクティブG搭載モデルは1.3Lと1.5Lの2タイプが用意され、直噴化とアイドリングストップ機能の装備で燃費性能に優れたものになる。

デミオ コンセプト インテリア

そして待望のディーゼルエンジン搭載モデルが設定される見込み。このコンセプトカーHAZUMIのワールドプレミアとなったジュネーブモーターショー2014のマツダブースでは、同時にスカイアクティブD 1.5ユニットの公開が行われた。これはCX-5、アテンザ、アクセラに搭載されてきたスカイアクティブD 2.2のボアダウン版に相当する1.5Lの新世代ディーゼルエンジンである。

次期デミオ hazumi

デミオに搭載されるのは欧州仕様の次期MAZDA 2だけになるのではという説もあったが、日本仕様でもディーゼルエンジン搭載モデルがラインアップされる計画とのこと。

デミオのようなコンパクトカークラスでディーゼルエンジンを搭載すると、車両価格が高くなり過ぎるというデメリットがあるが、いくらの車両価格で販売されるかも実際に売れるかどうかのポイントになるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント