car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダ・デミオに1.5Lガソリン追加発売の計画あり、SPORT スポルトを設定

デミオにSKYACTIV-G 1.5を搭載、SPORTグレードが今秋デビューか

現行デミオは、昨年2014年の秋に販売がスタートしたモデル。まだ発売から間もなく、コンパクトカーの購入を考えているユーザーなら少なくとも一度は興味を惹かれるであろう人気車種となっている。

(写真は現行デミオ ショーモデル、東京オートサロン2015)
デミオ 東京オートサロン2015

そんなデミオに1.5Lガソリンエンジン搭載のSPORT(スポルト)が追加投入される計画となっている。2015年秋頃の発売が予想される。

マツダ デミオ 東京オートサロン 2015 デミオ 東京オートサロン

デミオスポルトは出力パフォーマンスに優れる、ただしトルクはディーゼルが有利となるか

現行デミオは、ガソリンのSKYACTIV-G 1.3LとディーゼルのSKYACTIV-D 1.5Lの2タイプのエンジンが用意される。なかでもSKYACTIV-Dモデルはトヨタ・アクアやホンダ・フィットハイブリッドと競合する上級パワートレイン搭載車で、高い環境性能と出力パフォーマンスを備えている。

(写真はデミオ レーシング コンセプト)
デミオ レーシング

デミオはコンパクトカーとしてはやや高い車両価格が設定されているが、先月2014年12月の販売台数は7419台と、フィットが同8772台、日産・ノートが同6304台のなか堅調な数字を残した。

デミオ スポルトなるモデルは、先代以前のデミオシリーズにも設定されてきたことから、現行モデルでの設定を期待していたファンも少なくないはず。

(写真はSKYACTIV-G 1.5)
SKYACTIV-G 15

次期デミオ スポルトに搭載されるエンジンは既にアクセラにおいて市販実績のあるSKYACTIV-G 1.5Lがベースとなる見込み。

ちなみにアクセラでのSKYACTIV-G 1.5Lのエンジンパフォーマンスは、最高出力が111ps、最大トルクが14.7kgfmであった。デミオのSKYACTIV-G 1.3Lは92ps/105kgfm、SKYACTIV-D 1.5Lは105ps/25.5kgfmであるから、最高出力ではSKYACTIV-G 1.5Lが有利。しかし最大トルクではディーゼルがこれまで通り圧倒的なアドバンテージを持つことになるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント