デミオおすすめグレード比較、13Cと13スカイアクティブ

マイナーチェンジで走りが良くなったデミオのお薦めグレード

10・15モードでリッター30kmを達成したデミオ・13スカイアクティブが注目されているが、標準グレードの13Cと比較して車体価格が25万円以上も高いのは悩みどころ。
そんな、デミオのお奨めグレードを考えてみる。
スカイアクティブ・デミオ

スカイアクティブの実燃費は?

13スカイアクティブの高圧縮比エンジンは、高速巡航ではその実力を発揮するものの、市街地走行では従来型エンジンと大差ないというデータが出ている。
高速道路では19km/Lぐらいの実燃費を期待していいが、街乗りでは13km/L程度に落ち込む。
市街地走行では13Cと13スカイアクティブの差は、ほとんどないのが実情のようだ。
平均燃費を13スカイアクティブが16km/L、13Cは14km/Lとして、ガソリン価格をリッター150円で計算すると、走行1万キロあたりの差額は約1万3千円。
車両価格は13Cが114万9千円、13スカイアクティブが140万円。
となると、13Cと13スカイアクティブの車体価格の差額25万1千円をガソリン代で埋めるのは難しそうだ。
経済的には13Cが断然お薦めとなる。

加速感の薄いスカイアクティブの高圧縮比エンジン

13Cに採用されているZJ-VEエンジンは4ATとの組み合わせでも力不足を感じない。車重も軽く、加速や旋回性能は高い。
これに比べ13スカイアクティブはパワーが足りない。エンジンの幅広い回転域での力不足もあるし、車重も重い。CVTが搭載されているので、必要十分な加速はしてくれるものの、ZJ-VEと比較すれば燃費性能に重点をおいたセッティングである印象が強い。
ドライブを楽しむという意味でも、13Cがお薦めになる。

マイナーチェンジで走りが良くなった

今回のマイナーチェンジは13スカイアクティブの追加だけではない。
ボディーにも修正が入り、車体剛性がアップした。
車体の安定性が良くなり乗り心地は向上。運転もしやすくなっている。
これは、デミオ全グレード行われた改良で、13スカイアクティブだけでなく、従来エンジンが採用されている13Cでも同じく改良が加えられている。

お薦めは13C

自動車リサーチ的にお薦めは13Cとなる。
13スカイアクティブの燃費性能は素晴らしいが、高いお金を払ってまでして手に入れるべきものではない。
近い将来この低燃費エンジンが、デミオに標準化されるはずだ。
その時には低価格で買えるだろうから、高額な13スカイアクティブは、今は買うべきではないだろう。

自動車取得税が13スカイアクティブの方が9600円安くなるといった特典もあるが、総額と比較すれば微々たるもの。
このほかの税金、諸経費は差が無い。

関連するレポート

[ 2011/08/17 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

トヨタ新型カムリがワールドプレミア、北米国際オートショー2017開催

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

スズキ スペーシアカスタムZ プレミアムを東京オートサロンで出品、画像

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ新型シビック日本仕様は、セダン、ハッチバック、タイプRの3種類あり

レクサス新型LSが3.5Lツインターボ搭載でワールドプレミア、デトロイトショー2017

レクサスが新型コンセプトカー、LF-SAをジュネーブモーターショーで発表

ダイハツ・ミラは2017年秋フルモデルチェンジ、安全運転支援システム充実

スバルXVは2017年1月生産終了予定、3月ジュネーブで次期型発表の可能性

レクサスUX、プレミアムC-HRを独自デザイン、別チャンネルで販売予定

フィット2017年春マイナーモデルチェンジで直3 1.0Lターボを導入か

スズキ・スペーシア次期モデル開発中、2017年夏のフルモデルチェンジ予測

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

2017年はジュークがフルモデルチェンジか、新デザインとe-POWERで人気モデルに

三菱がジュネーブモーターショーでコンパクトクロスオーバーSUVを発表予定

ヴィッツハイブリッドの車両価格は181万9800円から、1月12日に発売予定

スズキ・スペーシア カスタムZが12月26日に発売予定、新エクステリアに期待

次期15代目クラウン開発中、2017年東京モーターショーでエクステリア発表予想

日産・ノート e-POWERの初期受注が好調、シリーズ合計月販15784台で首位

新型スイフト2017年1月4日発売、スズキのニューモデルラッシュ

スペーシア カスタム Zが発売予定、押し出し感の強い新エクステリアが追加

トヨタ新型プリウスPHVは326万1600円から、2017年2月に発売延期

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

スズキ新型スペーシア カスタムZを149万0400円から発売、燃費30.6km/L

トヨタ次期カムリ、北米仕様は2.5Lターボ有り、日本仕様はハイブリッド専用

スズキ・スイフトのフルモデルチェンジ発表は2016年12月27日、134万3520円から

三菱eKスペース、カスタムがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

バモスが一部改良を受けて販売継続、N BOXと共存する価値はあるのか?

新型スイフトのエンジンは1.2Lマイルドハイブリッド、1.0Lターボ、1.2L NA

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

次期カローラは車格アップ、トヨタのセダンラインアップは車種整理される

レクサスが次期LSを予告、コンセプトカーのLF-FCを東京モーターショーで発表

ヴェゼルの受注が好調、ハイブリッド納期は消費税増税後、将来はターボ追加

ヴィッツハイブリッドの発売日は2017年1月12日、先行予約12月開始

日産オッティ&三菱eKワゴン後継車、2013年6月の発売に向けて準備中

マツダCX-5がフルモデルチェンジ、予約受付開始246万2400万円から

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.