デミオEVが10月デビュー、価格は357万7000円、巻線切り替え式モーター採用

デミオEVが発売、マツダから電気自動車がデビュー

マツダからデミオEVが2012年10月にデビューする予定だ。車両価格は357万7000円。
デミオEV
ボディデザインは標準のデミオと共通で、エンジンルームにはインバーターとモーターを搭載、床下にはリチウムイオンバッテリーが配置される。
デミオEVで興味深いのは、駆動用バッテリーとして18650型を使っている点だ。これはノートパソコンなどにも使われる汎用性の高いリチウムイオンバッテリーである。これを直列、並列に繋げることで、コストダウンを図っている。
デミオ リチウムイオンバッテリー 18650
上の写真が18650型リチウムイオンバッテリー。セル一つは直径18mm×長さ65mmの円筒形で、バッテリーパック全体としては、容量20kWh、電圧346V、体積160Lとなる。使用本数の発表は無いが、推定で2000本ぐらいか?
デミオEV 巻線切り替え式モーター
さらに、デミオEVは巻線切り替え式モーターが採用されている。
発進低速時は、コイルの巻線回数が多くトルク定数の大きいモードが使われる。これにより少ない電力で力強いトルクを得ることができる。反面、トルク定数が大きいと逆起電力の影響を受けやすく高回転域での対応ができなくなる欠点がある。これを巻線回数の少ないモードに切り替えることによってトルク定数を下げて、伸びやかな高速巡航を実現する。
いわばエンジン車の変速機のような効果のあるシステムが採用されており、速度に応じた最適なトルク定数が設定される。

デミオEVはリーフのような普及車にはならない

写真は中国でも普及が進む日産リーフ。
日産リーフ 中国版
デミオEVを日産・リーフと比較すると、デミオEVの価格は18万円安く、ボディサイズは一回り小さい。航続距離は同等でJC08モード200kmを達成している。
残念ながらデミオEVの販売台数は100台の限定で、地方自治体や法人顧客に向けたリース販売に限られるという。車格を考慮してかリーフより安い車両価格を提示してはいるものの、恐らくこの価格では売れば売るほど赤字なのでしょう。

関連するレポート

[ 2012/07/23 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

アウディ・Q8スポーツコンセプトのワールドプレミア画像、新型クーペSUV提案

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

トヨタが新型コンパクトクロスオーバーSUVコンセプトをパリモーターショーで公開

アテンザ ハイブリッドがテスト中

トヨタが新型i-TRILをジュネーブモーターショーで発表、i-ROAD後継4輪

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

レクサスLS500hがワールドプレミア、ラグジュアリー内装のフラグシップセダン

トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

メルセデスAMG GTコンセプト画像、4ドアスポーツクーペをジュネーブで提案

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産欧州キャシュカイが後期型へ、新Vモーショングリルとプロパイロット採用

マクラーレン新型720S ジュネーブショー画像、日本価格は3338万3000円から

トヨタ・ヤリスGRMNがジュネーブショーで発表、1.8Lスーパーチャージャー搭載

ボルボ新型XC60画像、ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

フォルクスワーゲン新型アーテオンがワールドプレミア、ジュネーブショー画像

フィットがマイナーモデルチェンジ予定、RSで1.0L VTEC-TURBO導入の可能性

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

三菱エクリプス クロスをワールドプレミア、ジュネーブモーターショー画像

ホンダ新型シビックタイプRの量産型が世界初公開、ジュネーブモーターショー

ホンダ新型NSX 米国生産モデルが横浜港到着、日本向け納車スタート

日産、可変圧縮比エンジン搭載のスカイラインクロスオーバーを開発中

NSX後継?ホンダの新型スポーツカー

スバルが新型レヴォーグのティザー画像を公開、インプレッサとの違いは?

ノア、ヴォクシー、エスクァイア三姉妹モデルがマイナーモデルチェンジを計画

新型スバルXVが世界発表、ジュネーブモーターショー2017画像

メルセデスベンツ CLA45 AMGを発表、Aクラス4ドアクーペの高性能モデル

QX50(スカイラインクロスオーバー)がNYショーでマイナーモデルチェンジ発表

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

N-BOXのフルモデルチェンジが今夏予定、ホンダセンシングを軽自動車に初採用

新型V37 スカイラインは2013年発売予定

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

シビック タイプRが1.6Lターボ搭載で2014年発売、日本導入の可能性高い

新型インプレッサ WRX STIの発売は延期、7月の改変でGR、GV型最終モデルへ

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

ホンダ・シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショーで初公開予定

VW新型アーテオンがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.