マツダ次期デミオの開発費をトヨタが一部負担、北米トヨタへOEM供給

次期デミオがトヨタエンブレムを付けてOEM販売される

デミオのフルモデルチェンジが2014年になると予告されている。そして、この次期デミオ(米国名MAZDA2)はマツダだけでなく、北米市場ではトヨタエンブレムを付けたOEM車としてトヨタディーラーで販売されることが決まった。

(写真は現行MAZDA2)
デミオ MAZDA2

マツダ次期デミオの開発費の一部をトヨタが負担する

北米向け次期デミオの生産は、2014年に稼働予定のメキシコ工場で行われる。
現在マツダが製造する自動車の国内生産比率は7割となっており、他の国内自動車メーカーと比較して海外移転が進んでいない。マツダは円高による収益減を大きく受ける状況下にあり、そんな中メキシコ新工場の生産台数や稼働率に期待する声は大きい。当初、年間約14万台であった新工場の生産計画は、このトヨタ版デミオによって約5万台の上乗せが見込まれる。

2013年発売予定の次期アクセラに搭載されるスカイアクティブ+ハイブリッドの開発において、マツダはトヨタとの関係を深めていたが、生産に関する協定は今回が初めてとなる。近い将来にはトヨタ傘下となる可能性も囁かれているマツダであるが、現段階での資本提携については、まだ否定的な回答をしている。

興味深いのは、トヨタが次期デミオに関して生産設備を投資するだけでなく、開発費の一部まで負担する構えであることである。次期デミオが、マツダ主導で開発されることには変わりないだろうが、多少なりともトヨタの意向が加わる可能性は否定できないだろう。

一方で、北米トヨタの現行ラインアップを見てみると、デミオと同サイズのヴィッツ(米国名ヤリス)が販売されている。このあたりのラインアップ調整がどのようになるのかも注目したいところだ。

関連するレポート

[ 2012/11/10 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.