car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

デミオのフルモデルチェンジは8月盆明け以降の予測、7月予約受付スタートか?

新型デミオの正式発表は8月下旬頃となる予測、ディーゼルモデルの低価格化に期待

デミオのフルモデルチェンジ発売が7月頃になると以前のレポートで報告していた。しかしこれは少し遅くなり、次期デミオ市販モデルの正式発表は8月の盆明け以降で、その後の9月に発売というスケジュールとなりそうだ。

(写真は次期デミオのコンセプトカー、HAZUMI)
次期デミオ hazumi

ただし、現行デミオの販売がまもなく終了することから、実質的な予約受付は7月中にも開始されると予想される。価格情報もこの時期に明らかとなるだろう。

デミオ コンセプト インテリア デミオ コンセプト ジュネーブ2014

次期デミオは新開発1.5Lのディーゼルエンジンを搭載、エコカー減税100%の免税対象車

次期デミオに搭載されるパワーユニットは新開発の1.5Lディーゼルエンジンとなる。

スカイアクティブ-D 1.5 マツダディーゼル

マツダはスカイアクティブDとして、NOx後処理装置なしで排ガス規制をクリアする技術を持っており、ディーゼルエンジンの低コスト化を可能としてきた。既に2.2LディーゼルがCX-5、アテンザ、アクセラに採用されてきたが、次期デミオには新開発の1.5Lディーゼルの採用となる。こちらのモデルはエコカー減税100%の免税対象車となる見込み。

さらに、ガソリンエンジンモデルとして1.3Lと1.5Lが用意される。特に販売の主力となることが予想される1.3Lモデルは、直噴化された4気筒エンジンでJC08モード燃費25.0km/Lを達成。こちらも免税対象車となる。

デミオ 跳 ジュネーブ2014 新型デミオ 2014 hazumi

既に2014年3月に開催されたジュネーブモーターショーにおいて、マツダはHAZUMIコンセプトを発表していた。次期デミオのデザインスタディモデルとされるその車体は、歴代デミオの中でも最高にスタイリッシュで、市販モデルの発表が待ち遠しい。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント