car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

コペンクーペ限定200台で応募受付中、248万4000円から

ダイハツ・コペンクーペ、東京オートサロン提案のコンセプトが市販化

ダイハツ・コペンの限定モデル、コペンクーペの商談権を得るための応募が受付中となっている。

(動画はCOPEN Coupe、東京オートサロン2019)

コペンクーペなるモデルは2016年の東京オートサロンで提案されていた。その市販化が決まり、東京オートサロン2019で出品を果たした。通常型コペンセロをベースに、特製のCFRP軽量ハードトップが備わったモデルとなる。

コンセプトクーペの屋根は開かない

コペンクーペのルーフはクローズド固定で開閉はしない。そのぶんトップからリアにかけてのデザインの自由度は大きくなり、イタリアンクーペのようなスタイリッシュな外観が与えられた。そして、電動開閉機構が無いことは軽量化にも貢献。主要諸元表による車体重量は、CVT車で850kg、5MT車で830kgと、通常モデル比で-20kgとなっている。

コペンクーペ

トランクへはハッチ式のガラス製リアウィンドウからアクセスできる。
標準装備となる主なパーツは、BBS製鍛造16インチアルミホイール、MOMO製革巻ステアリングホイール、MT車はフロントスーパーLSDとなる。

コペンクーペ ガラスハッチバック

ボディカラーは2色が用意される。動画で紹介したモデル、ブリティッシュグリーンマイカ色は、7速スーパーアクティブシフト付CVT車が248万4000円、5MT車が250万5600円。パールホワイトⅢは2万1600円高で価格設定された。

コペンクーペ リアコンビネーションランプ

応募受付期間は2019年2月11日までとなっており、限定台数は200台。これを超える応募があった場合は抽選により商談権を得ることができる。

#1 匿名さん2019/01/29(Tue)00:39:00ID:JmY2FkM2DN
コペンの魅力ってオープンカーって部分がほとんどを占めてるのに、開かなくしてとーすんだw
#2 匿名さん2019/01/29(Tue)12:06:29ID:hlOTBjZWDN
これ売れるの?
#3 匿名さん2019/01/29(Tue)17:57:42ID:I5ZDU2MDzY
他のサイトで真横の写真を見たけど
寸詰まり感がものすごくて、全然スタイリッシュな外観には見えなかったけどな
#4 匿名さん2019/01/29(Tue)21:01:44ID:IyZDM0MWjM
色々な意見があるもんだ。。。
デザインを学んだ自分としては、
限られた軽自動車枠(全長:3,295mm)の中で、ここまでデザインをまとめあげたコペンクーペのデザイナーは流石だ、と思ったな
Aピラーとドアパネルは既存のモノを流用しなきゃいけないんだし、デザインの制約がめちゃくちゃ大きかったはず
でも、この苦労は、何も知らない人にはたいてい理解されないんだよな
#5 匿名さん2019/01/29(Tue)21:09:23ID:JlNzliM2WM
2代目はコンセプトが迷走。何をしたいのか分からない。
#6 匿名さん2019/01/29(Tue)22:20:20ID:FmMmI5ZTzM
コペンの着せ替えコンセプトは良いと思う、軽ではデザインに自由度がなさ過ぎるから普通車でもっと大々的にやって欲しい。リースやカーシェアが主流になっても趣味性の高い車は生き残る
#7 匿名さん2019/01/31(Thu)15:49:51ID:ZhZTFjMTjZ
よその国では造れない日本独自の素晴らしいクルマ
#8 正論島2019/01/31(Thu)20:00:33ID:I0OGQ0OTjN
#7の言う通り。
サイズ・排気量に制限があるなか、よく250万円ほどでこのクルマをリリースできるな、と感心する。他国ではまず無理ゲーであり、コペンに限らず軽自動車は「日本自動車業界の宝」だと思ってる。
#9 匿名さん2019/01/31(Thu)22:19:46ID:RiNTYzNjDO
#4
これは「商品」であって「美術品」では無いからねぇ‥
俺はデザイナーではないが、デザイン以外でも同じ事。多大な苦労を伴う高尚な技術を投入しても、その時の市場に理解されなければ、商品としては失敗。
市場は、デザイナーや技術者の個展の場では無いんだな。
たぶん優秀な人は、その事が分からんのだと思う。(トヨタとか)
#10 匿名さん2019/02/02(Sat)02:14:42ID:Y3YWU2MTjZ
初代コペンの素晴らしいデザインは一体なんだったのか?

ダイハツトコットがグッドデザイン賞を獲るとは、審査員のセンスを疑ってしまう。

今のダイハツのデザインを全く指示しません。
#11 匿名さん2019/02/02(Sat)04:33:09ID:IwODU2MjjO
❌指示
⭕️支持
デザインの好みは、千差万別

先代コペンより現行型がいい、と思う人がいるわけだし、トコットがグッドデザインだと思った人が♯10よりは遥かに多かったってこと。

世界は♯10中心の世の中じゃないから、自分中心の発想はダメだと思うな。
#12 匿名さん2019/02/02(Sat)22:02:12ID:ZhYjFmYmDO
ミライーススポルザ or ミラトコットスポルザをリリース希望
#13 匿名さん2019/02/05(Tue)18:32:25ID:c3ZjAwZDTN
#8
そうか? 軽自動車は、「日本自動車業界のお荷物」だと思うけどな。
軽自動車は、安かろう、悪かろう、コストかけられないから先進技術を開発・導入出来ない、しかも輸出できないから外貨も稼げない。
にもかかわらず財政面などコストメリットがあるため国内で売れるため、保守的で遅れた弱小メーカーの延命に繋がり、世界から取り残されてゆく‥。
そもそも「軽自動車」という規格自体、戦後の発展を支えるための「一家に一台」構想で始められたものであって、もはや時代遅れもいいとこ。でも既得権者が増えちゃったから辞めるに辞められない状態。
大丈夫かな。
#14 匿名さん2019/02/05(Tue)19:20:04ID:E1MGE3YjzY
少し合っているところもあるが違うな。
#15 匿名さん2019/02/05(Tue)23:25:18ID:FmYWI1NjTZ
欧州メーカーに作れない
#16 匿名さん2019/05/11(Sat)10:19:44ID:hhMjQ1MDWN
車詳しくない学生だけど、屋根開かなくていいなあって思ってたら出てた

名前(任意)
コメント

車名

コペン

コペン

代表グレード

クーペ

ローブ

発売日

2019年1月

2016年4月

型式

DBA-LA400K改

DBA-LA400K

ボディ形状

2ドア 軽自動車

2ドア オープン

乗員定員

2名

2名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1280

1280

ホイールベース(mm)

2230

2230

トレッド 前(mm)/後(mm)

1310/1295

1310/1295

室内長(mm)

910

910

室内幅(mm)

1250

1250

室内高(mm)

1040

1040

車両重量(kg)

850

870

エンジン型式

KF

KF

シリンダー配列

直列3気筒

直列3気筒

排気量(cc)

658

658

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

63.0×70.4

63.0×70.4

最高出力

64ps(47kW)/6400rpm

64ps(47kW)/6400rpm

最大トルク

9.4kg・m(92N・m)/3200rpm

9.4kg・m(92N・m)/3200rpm

圧縮比

9.5

9.5

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

30

30

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

25.2

サスペンション(フロント)

マクファーソン・ストラット式

マクファーソン・ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

165/50R16 75V

165/50R16 75V

タイヤサイズ(リア)

165/50R16 75V

165/50R16 75V

最小回転半径(m)

4.6

4.6

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,484,000円

1,852,200円

車名

コペン

コペン

代表グレード

エクスプレイ

セロ

発売日

2016年4月

2016年4月

型式

DBA-LA400K

DBA-LA400K

ボディ形状

2ドア オープン

2ドア オープン

乗員定員

2名

2名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1280

1280

ホイールベース(mm)

2230

2230

トレッド 前(mm)/後(mm)

1310/1295

1310/1295

室内長(mm)

910

910

室内幅(mm)

1250

1250

室内高(mm)

1040

1040

車両重量(kg)

870

870

エンジン型式

KF

KF

シリンダー配列

直列3気筒

直列3気筒

排気量(cc)

658

658

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

63.0×70.4

63.0×70.4

最高出力

64ps(47kW)/6400rpm

64ps(47kW)/6400rpm

最大トルク

9.4kg・m(92N・m)/3200rpm

9.4kg・m(92N・m)/3200rpm

圧縮比

9.5

9.5

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

30

30

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

25.2

25.2

サスペンション(フロント)

マクファーソン・ストラット式

マクファーソン・ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

165/50R16 75V

165/50R16 75V

タイヤサイズ(リア)

165/50R16 75V

165/50R16 75V

最小回転半径(m)

4.6

4.6

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,852,200円

1,906,200円

コペンGR SPORT、2019年内発売の可能性、ダイハツ&GAZOO RACING合作

コペンクーペ市販化決定、東京オートサロン出品後に予約スタート

ダイハツ・コペンが一部改良で新色追加、新規デザイン外板パネルは無し

ダイハツ・コペン クーペコンセプト、シューティングブレークコンセプト画像

ダイハツ・コペンセロが発売、コペン ローブ→セロ の交換は10月より約35万円

コペン セロが6月18日発売、専用パーツが増やされ車両価格は185万2000円から

丸目コペンの先行予約が4月1日に開始、新エクステリアの第三のモデルが追加

ダイハツ・コペンに第二のエクステリアデザインが追加、XPLAY エクスプレイ

ダイハツ・コペンにSUVスタイルの追加モデルが2014年11月に発売の見通し

ダイハツが新型コペンをインドネシアでも発売予定、現地モーターショーに出展

新型コペンが早くも4000台を受注、ダイハツが発売から1ヶ月の販売状況を発表

新型コペン着せ替えエクステリアに丸目有り、クロスオーバーのXは2014年秋発売

コペン ローブが発売、5MT 181万9800円、CVT 179万8200円の軽オープンカー

新型コペン2014年6月19日発売、ダイハツが新型オープン軽自動車の予約受付開始

ダイハツ・コペン後継車、市販モデルが2014年6月にデビュー、3気筒ターボ搭載

次期コペン コンセプトカーのRMZ、XMZが東京モーターショーで着せ替えデモ

XMZとRMZが東京モーターショー出展、ダイハツが2014年に発売する軽オープンカー

ダイハツ次期コペンの市販プロトが東京モーターショー2013で発表される見込み

ダイハツ新型コペン、3気筒ターボ、11月東京モーターショーで市販プロト発表

コペン後継車のD-XとD-R、2気筒ターボ搭載で2014年発売が濃厚

次期コペンの発売が延期の可能性あり、2気筒ターボエンジン案は継続

新型コペンは3気筒ターボエンジン搭載で2013年春の発売予測

コペン最終10thアニバーサリーエディション発売、後継車D-Xは2013年

コペン後継の軽自動車オープン、ダイハツD-X

D-X(次期コペン)、オフロードオープンスポーツが東京モーターショーに出展

コペン(ダイハツL880K)の口コミ評価

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先