car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アウディ・Q8スポーツコンセプトのワールドプレミア画像、新型クーペSUV提案

アウディが新型Q8シリーズをジュネーブモーターショーで提案

アウディは今月開催されたジュネーブモーターショー2017で、Q8スポーツコンセプトをワールドプレミアさせた。

(写真はアウディ新型Q8スポーツコンセプト、ジュネーブモーターショー2017)
Q8スポーツコンセプト アウディ

アウディの現行ラインアップでは、フラグシップSUVとしてQ7シリーズがラインアップされている。そのQ7シリーズのクーペSUV版となる新型車が開発中となっており、このことは2017年1月の北米国際オートショーでQ8コンセプトが公開されたことでも明らかとなっていた。そして約2ヶ月後、Q8コンセプトの更なる発展版として、早くも今回のQ8スポーツコンセプトの公開に至っており、Q8シリーズの開発が大詰めを迎えているのではと予想される。

Q8スポーツコンセプト フロントグリル Q8スポーツコンセプト バックドア

Q8の市販化を期待、クーペSUVながらも後席はゆとり有り、3.0L V6ハイブリッド搭載

Q8スポーツコンセプトのボディサイズは全長5020mm×全幅2050mm×全高1700mm、ホイールベースは3000mmとなる。Q8シリーズはクーペSUVとも言われるが、BMW・X6のようなしっかりルーフライン後半が下がるモデルとは異なり、後席にも十分なヘッドクリアランスと居住性が与えられている。

Q8スポーツコンセプト リアコンビネーションランプ

Q7の全高が1741mmであることと比較すれば41mmのダウンということになる。フラグシップSUVとして、キャビン+ラゲッジの絶対容量を求めるなら、もちろんQ7ということになる。シティSUVとしての要素を重視するなら、よりスタイリッシュなQ8という住み分けとなるだろう。

Q8スポーツコンセプト ジュネーブモーターショー2017

搭載されるのは3.0L V6ターボのTFSIエンジンで、ハイブリッドシステムと電動コンプレッサーが目立った技術となる。システム最高出力として476hpが示されている。

#1 匿名さん2017/03/24(Fri)13:21:02
格好いいけどアウディっぽいスマートさは無い。
でもゴテゴテしたメカなデザインはやはり好き。
#2 匿名さん2017/03/29(Wed)11:15:52
かっこいいと思う。レクサスのクソみたいな面構成のエクステリアデザインのNXやRXよりかっこいいですね。

名前(任意)
コメント
A6/TT

過去記事(2016/03/08)

アウディQ2がワールドプレミア、新型クロスオーバーSUV、ジュネーブショー画像

新型Q2が発表される、アウディのコンパクトクロスオーバーSUV

アウディの新型コンパクトSUV、Q2がジュネーブモーターショーでワールドプレミアされた。

(写真はアウディ新型Q2、ジュネーブモーターショー2016)
Q2 アウディ

新型Q2のボディサイズは全長4191mm×全幅1794mm×全高1508mm、ホイールベースは2601mmとなる。プレミアムブランドから出されるクロスオーバーSUVとしてはかなり小さな部類であり、小さくとも高級感のあるモデルを求める層に新たな選択肢が与えられた。

アウディQ2 リアコンビネーションランプ アウディ Q2

新型アウディQ2の欧州発売は2016年秋の見込み、日本発売も期待できる

欧州市場における全長4.2m前後のクロスオーバーSUVは、日産・ジューク、オペル・モッカ、プジョー・2008、マツダ・CX-3あたりが挙げられる。いずれもデザイン性の高いシティSUVのポジションを狙ったモデルで、特色のあるエクステリアデザインが目を惹いた。ただし、この新型Q2に関しては、オーソドックスにQ7、Q5、Q3の流れを汲むエクステリアデザインが採用されており、これまでアウディが築き上げてきたプレミアムブランドとしてのプライドを感じさせた。

アウディQ2 フロントグリル

新型Q2に搭載されるエンジンは、1.0 TFSI、1.4 TFSI COD、2.0 TFSI、1.6 TDI、2.0 TDIと5タイプがラインアップされる見込み。

アウディQ2 リアシート アウディQ2 インテリア

新型Q2の市販時期については、2016年秋からの欧州発売が予告されている。日本市場に向けのアナウンスはまだ無いが、コンパクトクロスオーバーSUVは日本でも人気のあるカテゴリ。欧州からそう遅れることなく導入されることになるだろう。

過去記事(2015/10/02)

アウディ新型A4フランクフルトショー画像、新型S4も出展、2016年春頃日本発売予測

新型A4が出展される、従来型からキープコンセプトながらも120kgの軽量化

アウディの新型A4が10月に開催されたフランクフルトモーターショー2015で公開された。

(写真はアウディ新型A4)
アウディ A4 2.0 TDI

新型A4のボディサイズは全長4726mm×全幅1842mm×全高1427mm。ホイールベースは2820mmとなった。

アウディ A4 2.0 TDI アウディA4 2.0 TDI セダン

先代モデルからわずかに大型化しているものの、その増え幅は控えめで従来型のサイズ感が維持される。

アウディA4 3.0 TDI アウディA4 3.0 TDI セダン

新型A4のエクステリアデザインについても大まかには従来型からキープコンセプトといった印象だ。

(写真はアウディA4 Avant)
アウディ A4 Avant 2.0 T アウディ A4 Avant 2.0 T リアコンビネーションランプ

さすがにフロントの表情はエッジの効いたデザインに変更されており新鮮さが感じられるが、横桟の大きなシングルフレームグリルは先々代から続くイメージが踏襲された。

アウディ A4 Avant 2.0 T リアコンビネーションランプ Audi A4 Avant 2.0 T

ヘッドランプはアウディブランドとしても新しいデザインが採用されており、新型A4シリーズのアイデンティティとして認知されていくだろう。

アウディ A4 Avant 3.0 TDI アウディ A4 Avant 3.0 TDI テールランプ

先代モデルからの進化は軽量化にある。

アウディ A4 Avant 3.0 TDI マフラー アウディ A4 Avant g-tron

新型A4は前述の通り少し大型化しながらも車体重量は先代モデル比で最大120kgの減量に成功している。

アウディ A4 Avant インテリア アウディ A4 Avant シート

上級モデルの新型S4も発表される、新開発V6 3.0L TFSI搭載

また、上級スポーツグレードの新型S4も出展された。

(写真は新型S4)
S4 アウディ S4

新型S4に搭載されるユニットは新開発のV6 3.0L TFSIエンジンとなり、そのスペックは最高出力が354ps、最大トルクが51.0kgmとなる。トランスミッションは新開発の8速ティプトロニックを採用し、4WDのクワトロが設定される。

Audi S4 インテリア アウディS4 リアシート

新型A4シリーズは、本国ドイツでは2015年11月の発売が予定されている。日本への導入時期は2016年春頃が予測される。

過去記事(2015/03/12)

アウディ新型R8 フルモデルチェンジ画像、ジュネーブモーターショー2015

新型R8を公開、V10エンジンはパワーアップして搭載が継続される

アウディは新型R8をジュネーブモーターショー2015でワールドプレミアした。

(写真は新型R8 V10)
アウディR8 V10

新型R8のエクステリアデザインは、ヘッドライト、グリルなどパーツラインがより直線的となり、アウディ最新のデザインルールが適用されているのがわかる。

R8 V10 フルモデルチェンジ アウディ R8 V10

新型R8に搭載されるのは、先代から引き続き5.2L V10エンジンとなる。パフォーマンスアップが盛り込まれており、最高出力は先代525psから新型540ps、最大トルクは先代54.0kgmから新型55.1kgmとそれぞれ向上。最高速度は323km/hを誇る。

Audi R8 V10

R8 V10 plusもラインアップ、ウラカン共通ユニット搭載で610ps

(写真は新型R8 V10 plus)
アウディ R8 プラス アウディ R8 V10 プラス フロントグリル

また、ハイスペックバージョンのR8 V10 plusもラインアップされる。エンジンサイズは5.2L V10とノーマルモデルと変わりないが、最高出力は610ps、最大トルクは57.1kgmにまで高められる。これらのスペックは共通ユニットが搭載されるランボルギーニ・ウラカンとも同値である。

アウディ R8  V10エンジン Audi R8 plus リアコンビネーションランプ

写真をご覧いただければわかるが、カーボンファイバー製のリアウィングも装備される。R8 V10 plusの最高速度330km/hとなる。

なお4.2L V8エンジンモデルは新型には設定されず廃止となった。

アウディ R8 V10 プラス インテリアデザイン

新型R8に採用されるトランスミッションは7速Sトロニックの1タイプのみとなる。駆動方式はアウディ自慢のAWDシステム、クアトロが採用される。

これらにより0-100km/h加速は、R8 V10が3.5秒、R8 V10 Plusが3.2秒というスペックが公表されている。

過去記事(2014/07/06)

アウディS1、S1スポーツバックの日本発売は2014年秋、231psのTFSI搭載

S1、S1スポーツバックが2014年秋頃に日本発売される、2L直噴ターボ

アウディS1およびその5ドアバージョンであるS1スポーツバックは、2014年3月に開催されたジュネーブモーターショーでワールドプレミアを迎えていた。その日本発売が2014年秋頃に実現することになりそうである。

(写真は新型アウディS1スポーツバック)
アウディ A1スポーツバック

新型S1およびS1スポーツバックは、アウディ最小のBセグメントカーであるA1のスポーツモデルとしてラインアップされる。日本車で言えばフィットなどと同クラスのコンパクトなボディサイズであるのだが、アウディのS1シリーズは最高出力231ps、最大トルク37.8kgmを誇る2L直噴ターボエンジンのTFSIが搭載されるということで注目度は高い。

(写真は新型アウディS1)
新型S1

S1シリーズに設定されるトランスミッションは6MTのみで、自動変速モデルは用意されない可能性がある。駆動方式は4WDのクアトロのみがラインアップされる。

足回りは専用設計でタイヤサイズは225/35R18。アウディドライブセレクトと連携した可変ショックアブソーバーも装備される。リアサスペンションは4リンク式となる。

アウディS1スポーツバック AUDI S1 SPORTBACK

エクステリアでは専用のエアインテークデザインを採用。アルミ調ドアミラーを装備。リアは4本出しマフラーの装備によって表情が引き締められる。

S1の車両価格は410万円程度、S1スポーツバックの車両価格は430万円程度

現在のところ車両価格は3ドアのS1が410万円程度から、5ドアのスポーツバックは430万円程度からに設定される見通し。

アウディ S1 ジュネーブ2014

よりスポーティなルックスとなるルーフ別色のツートンカラー仕様は、S1が6万円アップ、S1スポーツバックが8万円アップで設定される見込みだ。

過去記事(2014/03/16)

アウディ S1がジュネーブ発表、コンパクトボディに231psのTFSIを搭載、欧州発売

アウディの新型S1シリーズがジュネーブモーターショー2014で初公開

ジュネーブモーターショー2014でアウディは、新型S1と新型S1 スポーツバックをワールドプレミアした。

(写真は新型S1 スポーツバック、5ドア)
アウディS1スポーツバック

アウディのSシリーズはこれまでS3、S5、S6、S8、SQ5がラインナップされていたが、最小モデルのA1シリーズにS1が設定されるのは、今回が初めてということになる。

AUDI S1 SPORTBACK アウディ S1 ジュネーブ2014

アウディS1には最高出力231psの2.0L直噴ターボエンジン、TFSIを搭載

アウディ S1に搭載されるパワートレインは、2.0L 4気筒ガソリンターボエンジンのTFSIである。最大出力231ps、最大トルク37.7kgmという性能を引き出すこのエンジンは、S1専用のチューニングが施されている。これと組み合わさるトランスミッションは6速のデュアルクラッチ式となる。アウディの4WDシステム、クワトロを駆動方式として採用しており、0‐100km/h加速を5.8‐5.9秒、リミッター最高速250km/hを達成しながらも、欧州複合モード燃費は14.3km/Lと燃費性能も優秀である。

アウディ A1スポーツバック

また、アウディ S1には標準装備として、アウディドライブセレクトと呼ばれるドライブ中のサスペンションの具合やエンジンのレスポンス内容を変更して走行できる機能、およびエレクトロニックパワーステアリングシステムなどの最新技術が搭載されている。

(写真は新型S1、3ドア)
新型S1

さらに新しいボディカラーやナビゲーションシステム、さらにはエクステリアデザインパッケージなどのオプションも充実される見込み。欧州でのデリバリーは2014年春を予定している。日本市場での発売時期については未定だが、順次導入されることになるだろう。

過去記事(2013/09/29)

nanuk クワトロ コンセプト、アウディがフランクフルトで公開したスーパーSUV

nanuk クワトロ コンセプトはアウディが提案するハイパフォーマンスSUV

アウディ ナヌーク クアトロ コンセプト

モーターショーで世界最大規模とされるフランクフルトモーターショーが今月2013年9月に開催された。その中で最も幻想的な演出であったと感じたのがアウディである。アウディ棟とも呼べる1棟1フロアを丸ごと使った展示は、同ショーで最も入場制限が厳しかった。ここでアウディが公開した深紅のスーパーカー、nanuk クワトロ コンセプトを紹介する。

(写真はアウディブース、フランクフルトモーターショー2013)
アウディ フランクフルトモーターショー2013

nanuk クワトロ コンセプトは最低地上高が可変式、5.0L V10ディーゼル搭載

アウディ nanuk クワトロ コンセプトに搭載されるパワーユニットは5.0L V型10気筒直噴ディーゼルエンジンのTDI。これがミッドシップにマウントし、最大出力544ps、最大トルク102kgmという文句のないスペックである。特に最大トルクは1500rpmと低回転領域に太く、ダートなど過酷な走行環境にも強い設定である。

audi nanuk quattro concept

名前の通りにアウディ特異のフルタイム4輪駆動のクアトロが採用され、アダプティブ・エア・サスペンションと呼ばれる車高可変システムと組み合わせて、あらゆる走行環境でのハイパフォーマンスを可能にしている。

アウディ nanuk クアトロ コンセプト 2013

アウディ nanuk クワトロ コンセプトは、0-100km/h加速が3.8秒、最高速は305km/hとスーパーカーらしい性能でありながら、12.8km/Lという燃費性能も特筆すべきだ。

アウディ クアトロ コンセプト 2013

アウディ nanuk クワトロ コンセプトはクロスオーバーSUVのカテゴリーに属するとしながらも、その全高の抑えられたエクステリアデザインの印象はスーパーカーそのもの。ボディサイズは全長4541mm×全幅1990mm×全高1337mmとなる。

過去記事(2013/09/21)

スポーツ クワトロ コンセプト、アウディが提案するスーパーハイブリッドカー

ハイブリッド スポーツ クワトロ コンセプトは市販化を目標にしたモデル

アウディ スポーツ クアトロ コンセプト

アウディは、9月10日に開幕したフランクフルトモーターショーで、ハイブリッドの『スポーツ クワトロ コンセプト』を初公開した。スポーツ クワトロと言えば、アウディが1983年に世界ラリー選手権登録のために開発し、200台限定で発売したモデル。今年はその30周年記念にあたるということで、アウディが現代版のスポーツ クワトロをコンセプトカーとして披露したという運びである。

アウディ スポーツ クアトロ コンセプト 2013 フランクフルト Audi スポーツ クアトロ 2013

さてアウディ ハイブリッド スポーツ クワトロ コンセプトのポイントは、30年前のスポーツ クワトロを復刻したわけではなく、コンセプトはそのままに、あくまで市販化を狙ったモデルに仕上がっているということである。かつてのスポーツ クワトロとの共通点と言えば、2ドアのクーペタイプのボディで、パワフルなパフォーマンスを見せるという根幹の部分だけ。全長4,602mm、全幅1,964mm、全高1,386mmの4人乗車可能なボディには、アウディ自慢の最新デザインが多く取り入れられている。

アウディ スポーツ クアトロ コンセプト フランクフルトモーターショー アウディ スポーツ クアトロ ハイブリッド

スポーツ クワトロ コンセプトのハイブリッドシステムは560ps V8 4.0Lツインターボ+150psモーターアシスト

今回のアウディ スポーツ クワトロ コンセプトの肝とも言えるのが、最高出力700ps、最大トルク81.6kgmものパワフルなハイブリッドシステムである。フロントには、最高出力560ps、最大トルク71.4kgmを発揮する4.0L V型8気筒ツインターボエンジンが縦置きされる。エンジンとトランスミッションの間には、最大出力150ps、最大トルクは40.8kgmを発生するディスク状の電気モーターが置かれ、車体後部に14.1kWhのリチウムイオンバッテリーが搭載されている。そのパフォーマンスは0-100km/h加速が3.7秒、最高速度は305km/hに達する。一方でハイブリッドがゆえに環境性能にも優れ、通常走行であれば40km/Lという抜群の燃費性能を誇り、50kmまでのEV走行も可能とする。

アウディ スポーツ クアトロ ハイブリッド コンセプト フランクフルト2013

過去記事(2013/03/15)

アウディがS3スポーツバックをジュネーブでワールドプレミア、5ドア版を発表

5ドアのアウディS3スポーツバックがデビュー

アウディは開催中のジュネーブモーターショー2013で新型A3シリーズのラインナップとしてS3スポーツバックを発表した。アウディのA3シリーズといえば、「小さな高級車」をコンセプトに1996年から発売されているシリーズで、S3スポーツバックはその高性能ラインとして歴代のA3シリーズに君臨してきた。
S3スポーツバック アウディ
昨年2012年のパリサロンでは3ドアのS3がデビューした。今回発表のS3スポーツバックは5ドア版ということになる。

S3スポーツバックは2.0L直4ターボ搭載

アウディ S3スポーツバックのボディに注目してみると、歴代A3シリーズのプラットフォームがフォルクスワーゲンのゴルフと共通であったの同様に、今回のS3スポーツバックも新型ゴルフ7と同様の新型横置きエンジン専用プラットフォームのMQBを採用している。特に車両重量は1445kgと現行モデル比で70kgもの軽量化に成功している。サイズを現行モデルと比較すると、ホイールベースが61mm長くなっており、全高が46mm低くなっているのが目立った変更である。
S3スポーツバック Audi
新型アウディ S3スポーツバックのパワートレインは、2.0L直列4気筒DOHCターボエンジンを採用しており、最高出力は300ps/5500rpm、最大トルクは38.7kgm/1800-5500rpmと現行モデルに比べて大幅なパワーアップが図られた。このエンジンの優れた性能のかげで、0-100km/h加速に要する時間は5.0秒、最高速度はリミッターで250km/hというパフォーマンスでありながら、欧州複合モード燃費も14.5km/Lという優れた数字を実現したということだ。

過去記事(2012/02/23)

アウディQ3の日本発売は2012年6月、最新コンパクトSUV

新型Q3が日本導入、アウディジャパンで6月より発売

昨年2012年に欧州で新型のコンパクトSUVとして発売されたアウディQ3が、日本でも発売されることになった。
発売時期は2012年6月を予定。
現在、アウディ・ジャパンで販売されているSUV車種は、Q5とQ7がラインアップされているが、ここから更にQ3が導入されることになる。

写真は、東京モーターショーで出展されたQ3 2.0 T quattro。
コンパクトな寸法ながらも、堂々とした迫力のあるエクステリアデザインが魅力だ。
audi q3
アウディQ3アウディQ3 2012

日本版アウディQ3は、2.0L TFSIが導入予定

Q3のボディサイズは全長4390mm×全幅1830mm×全高1600mm。
全幅は1.8mを超えてしまうが、日本でも比較的扱いやすいコンパクトなボディサイズとなる。
また、エンジンフードやテールゲートはアルミ素材を採用することで軽量化がなされている。
このため燃費性能が向上するほか、最軽量グレードの車両重量は1.5t未満となる見込みで重量税が安くなる。

日本仕様のQ3に搭載されるパワーユニットは、2.0L直噴ターボ。
アウディではTFSIと呼んでいるエンジンで、その最高出力は211psとなる。
さらに、アイドリングストップといった流行の低燃費技術も採用される。

欧州モデルのQ3は、直噴ディーゼルターボのTDIもラインアップされているが、日本仕様のQ3には導入される予定はない。
また、本国ドイツでは、Q3のエントリーモデルが299ユーロという価格で販売されている。
アウディ・ジャパンの現行ラインアップ車の価格から推定すると、日本で販売されるQ3は450万円~500万円付近の車体価格となりそうだ。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先