car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アウディ・エレーヌ、レベル4自動運転スポーツEV、東京モーターショー出品予定

エレーヌはEVクアトロ採用のクーペSUV、ブースト時は370kW

エレーヌ(ELAINE)はアウディが未来の自動運転スポーツEVを予告するコンセプトカーである。フランクフルトモーターショーでのワールドプレミアに続いて、今月10月28に一般公開日が始まる東京モーターショー2017でも出品される予定となった。

(写真はエレーヌ コンセプト)
エレーヌ アウディ

新型エレーヌは自動運転レベル4を予告、非接触充電を自律走行で自動化

アウディ・エレーヌのボディサイズは全長4900mm×全幅1980mm×全高1530mm、ホイールベースは2930mmとなる。近年のプレミアムブランドでトレンドとなっているクーペSUVのボディスタイルが採用されているのも特徴となる。

アウディ エレーヌ コンセプト フロントグリル アウディ エレーヌ コンセプト

エレーヌのパワートレインはフロント1基、リア2基の電気モーターで構成されるクアトロ仕様。トータル出力は最高320kW、ブースト時では370kWというスペックが与えられる。0-100km/h加速は4.5秒を達成する。

アウディ エレーヌ フランクフルトモーターショー2017

バッテリー容量は95kWhで、航続距離は500kmに達する。150kWの急速充電とアウディ・ワイヤレスチャージングと名付けられた非接触充電に対応する。

アウディ エレーヌ インテリア アウディ エレーヌ リアドア

コックピットはスポーティながらも、高度な自動運転を意味するレベル4の自動運転システムが採用される。乗客降車後には、非接触充電ポイントまでクルマを自律走行させる自動充電システムが備わる。

アウディ エレーヌ リアコンビネーションランプ

エレーヌ市販型の発売時期としては2019年が想定されている。自動運転技術で先行するアウディは、部分的な自動運転を意味するレベル3を搭載するA8を2018年に発売予定。その翌年にレベル4搭載車を市販させるというのは少しハードルが高そうである。ただし、前述のようなスペックのスポーツEVの市販ということであれば十分に可能性はあるだろう。

#1 匿名さん2017/10/12(Thu)13:26:11
こういうのが御三家から出てきたら、テスラは消滅しちゃいそう
#2 匿名さん2017/10/12(Thu)19:22:12
この車種コメント少な!

#3 匿名さん2017/10/13(Fri)13:22:36
EVでクーペスタイルのSUV
レベル4の自動運転技術
親近感が今のところもてないクルマ。
あと2年で街を走るのね。なんか困惑。

名前(任意)
コメント
A6/TT

過去記事(2017/09/18)

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

AICONがフランクフルトモーターショーで発表、ハンドル、アクセル、ブレーキ無し

アウディはフランクフルトモーターショー2017で新型のコンセプトカー、AICON(アイコン)を発表した。

(写真は新型AICON、フランクフルトモーターショー2017)
アウディ AICON

AICONはレベル5の自動運転機能を備えたEVパワートレインモデルとなる。現行販売される多くのクルマは、自動ブレーキシステムなどを備えた自動運転レベル1に相当。日産などが高速道路での単一車線に限った自動運転を実現しているが、これはレベル2である。レベル5では完全な自動運転を実現する。

アイコン フロントグリル アウディ AICON フランクフルトモーターショー2017

AICONにはステアリング、アクセルおよびブレーキペダルといったものは装備されておらず、もはやドライバーという概念が無い。アウディだけでなく多くの自動車メーカーが、近い将来にこういったモデルの販売を目指していることだろう。

アウディ AICON フロントシート アウディ AICON リアシート

AICONは、自動運転、大型キャビン、航続距離700~800kmのEVパワートレインで快適な旅を提案

AICONをサイドからのアングルで見ると、低く構えた空力特性の良さそうなフォルムが印象に残る。ただし、実際は全長が非常に長い大型セダンとなっており、ボディサイズは全長5444mm×全幅2100mm×全高1506mm、ホイールベースは3470mmとなる。大きなキャビンとゆったりした2+2シート配列を特徴とする、居住性重視のボディ設計となっている。トランクは660Lと余裕の容量を備えており、自動運転機能を活用した旅を想像させる。

アウディ AICON 自動運転 アウディ AICON インテリア

パワートレインは独立制御された4つのモーターによるAWDシステムを採用。トータルの最高出力は260kW、最大トルクは550Nmとなる。

アウディ AICON リアコンビネーションランプ

現行のリチウムイオン式より大幅に容量が増える次世代固体バッテリーにより、航続距離は700~800km程度になることが想定される。800V電圧の充電システムを使うことで、30分で80%の急速充電が可能となる。

過去記事(2017/03/21)

アウディ・Q8スポーツコンセプトのワールドプレミア画像、新型クーペSUV提案

アウディが新型Q8シリーズをジュネーブモーターショーで提案

アウディは今月開催されたジュネーブモーターショー2017で、Q8スポーツコンセプトをワールドプレミアさせた。

(写真はアウディ新型Q8スポーツコンセプト、ジュネーブモーターショー2017)
Q8スポーツコンセプト アウディ

アウディの現行ラインアップでは、フラグシップSUVとしてQ7シリーズがラインアップされている。そのQ7シリーズのクーペSUV版となる新型車が開発中となっており、このことは2017年1月の北米国際オートショーでQ8コンセプトが公開されたことでも明らかとなっていた。そして約2ヶ月後、Q8コンセプトの更なる発展版として、早くも今回のQ8スポーツコンセプトの公開に至っており、Q8シリーズの開発が大詰めを迎えているのではと予想される。

Q8スポーツコンセプト フロントグリル Q8スポーツコンセプト バックドア

Q8の市販化を期待、クーペSUVながらも後席はゆとり有り、3.0L V6ハイブリッド搭載

Q8スポーツコンセプトのボディサイズは全長5020mm×全幅2050mm×全高1700mm、ホイールベースは3000mmとなる。Q8シリーズはクーペSUVとも言われるが、BMW・X6のようなしっかりルーフライン後半が下がるモデルとは異なり、後席にも十分なヘッドクリアランスと居住性が与えられている。

Q8スポーツコンセプト リアコンビネーションランプ

Q7の全高が1741mmであることと比較すれば41mmのダウンということになる。フラグシップSUVとして、キャビン+ラゲッジの絶対容量を求めるなら、もちろんQ7ということになる。シティSUVとしての要素を重視するなら、よりスタイリッシュなQ8という住み分けとなるだろう。

Q8スポーツコンセプト ジュネーブモーターショー2017

搭載されるのは3.0L V6ターボのTFSIエンジンで、ハイブリッドシステムと電動コンプレッサーが目立った技術となる。システム最高出力として476hpが示されている。

過去記事(2016/03/08)

アウディQ2がワールドプレミア、新型クロスオーバーSUV、ジュネーブショー画像

新型Q2が発表される、アウディのコンパクトクロスオーバーSUV

アウディの新型コンパクトSUV、Q2がジュネーブモーターショーでワールドプレミアされた。

(写真はアウディ新型Q2、ジュネーブモーターショー2016)
Q2 アウディ

新型Q2のボディサイズは全長4191mm×全幅1794mm×全高1508mm、ホイールベースは2601mmとなる。プレミアムブランドから出されるクロスオーバーSUVとしてはかなり小さな部類であり、小さくとも高級感のあるモデルを求める層に新たな選択肢が与えられた。

アウディQ2 リアコンビネーションランプ アウディ Q2

新型アウディQ2の欧州発売は2016年秋の見込み、日本発売も期待できる

欧州市場における全長4.2m前後のクロスオーバーSUVは、日産・ジューク、オペル・モッカ、プジョー・2008、マツダ・CX-3あたりが挙げられる。いずれもデザイン性の高いシティSUVのポジションを狙ったモデルで、特色のあるエクステリアデザインが目を惹いた。ただし、この新型Q2に関しては、オーソドックスにQ7、Q5、Q3の流れを汲むエクステリアデザインが採用されており、これまでアウディが築き上げてきたプレミアムブランドとしてのプライドを感じさせた。

アウディQ2 フロントグリル

新型Q2に搭載されるエンジンは、1.0 TFSI、1.4 TFSI COD、2.0 TFSI、1.6 TDI、2.0 TDIと5タイプがラインアップされる見込み。

アウディQ2 リアシート アウディQ2 インテリア

新型Q2の市販時期については、2016年秋からの欧州発売が予告されている。日本市場に向けのアナウンスはまだ無いが、コンパクトクロスオーバーSUVは日本でも人気のあるカテゴリ。欧州からそう遅れることなく導入されることになるだろう。

過去記事(2015/10/02)

アウディ新型A4フランクフルトショー画像、新型S4も出展、2016年春頃日本発売予測

新型A4が出展される、従来型からキープコンセプトながらも120kgの軽量化

アウディの新型A4が10月に開催されたフランクフルトモーターショー2015で公開された。

(写真はアウディ新型A4)
アウディ A4 2.0 TDI

新型A4のボディサイズは全長4726mm×全幅1842mm×全高1427mm。ホイールベースは2820mmとなった。

アウディ A4 2.0 TDI アウディA4 2.0 TDI セダン

先代モデルからわずかに大型化しているものの、その増え幅は控えめで従来型のサイズ感が維持される。

アウディA4 3.0 TDI アウディA4 3.0 TDI セダン

新型A4のエクステリアデザインについても大まかには従来型からキープコンセプトといった印象だ。

(写真はアウディA4 Avant)
アウディ A4 Avant 2.0 T アウディ A4 Avant 2.0 T リアコンビネーションランプ

さすがにフロントの表情はエッジの効いたデザインに変更されており新鮮さが感じられるが、横桟の大きなシングルフレームグリルは先々代から続くイメージが踏襲された。

アウディ A4 Avant 2.0 T リアコンビネーションランプ Audi A4 Avant 2.0 T

ヘッドランプはアウディブランドとしても新しいデザインが採用されており、新型A4シリーズのアイデンティティとして認知されていくだろう。

アウディ A4 Avant 3.0 TDI アウディ A4 Avant 3.0 TDI テールランプ

先代モデルからの進化は軽量化にある。

アウディ A4 Avant 3.0 TDI マフラー アウディ A4 Avant g-tron

新型A4は前述の通り少し大型化しながらも車体重量は先代モデル比で最大120kgの減量に成功している。

アウディ A4 Avant インテリア アウディ A4 Avant シート

上級モデルの新型S4も発表される、新開発V6 3.0L TFSI搭載

また、上級スポーツグレードの新型S4も出展された。

(写真は新型S4)
S4 アウディ S4

新型S4に搭載されるユニットは新開発のV6 3.0L TFSIエンジンとなり、そのスペックは最高出力が354ps、最大トルクが51.0kgmとなる。トランスミッションは新開発の8速ティプトロニックを採用し、4WDのクワトロが設定される。

Audi S4 インテリア アウディS4 リアシート

新型A4シリーズは、本国ドイツでは2015年11月の発売が予定されている。日本への導入時期は2016年春頃が予測される。

過去記事(2015/03/12)

アウディ新型R8 フルモデルチェンジ画像、ジュネーブモーターショー2015

新型R8を公開、V10エンジンはパワーアップして搭載が継続される

アウディは新型R8をジュネーブモーターショー2015でワールドプレミアした。

(写真は新型R8 V10)
アウディR8 V10

新型R8のエクステリアデザインは、ヘッドライト、グリルなどパーツラインがより直線的となり、アウディ最新のデザインルールが適用されているのがわかる。

R8 V10 フルモデルチェンジ アウディ R8 V10

新型R8に搭載されるのは、先代から引き続き5.2L V10エンジンとなる。パフォーマンスアップが盛り込まれており、最高出力は先代525psから新型540ps、最大トルクは先代54.0kgmから新型55.1kgmとそれぞれ向上。最高速度は323km/hを誇る。

Audi R8 V10

R8 V10 plusもラインアップ、ウラカン共通ユニット搭載で610ps

(写真は新型R8 V10 plus)
アウディ R8 プラス アウディ R8 V10 プラス フロントグリル

また、ハイスペックバージョンのR8 V10 plusもラインアップされる。エンジンサイズは5.2L V10とノーマルモデルと変わりないが、最高出力は610ps、最大トルクは57.1kgmにまで高められる。これらのスペックは共通ユニットが搭載されるランボルギーニ・ウラカンとも同値である。

アウディ R8  V10エンジン Audi R8 plus リアコンビネーションランプ

写真をご覧いただければわかるが、カーボンファイバー製のリアウィングも装備される。R8 V10 plusの最高速度330km/hとなる。

なお4.2L V8エンジンモデルは新型には設定されず廃止となった。

アウディ R8 V10 プラス インテリアデザイン

新型R8に採用されるトランスミッションは7速Sトロニックの1タイプのみとなる。駆動方式はアウディ自慢のAWDシステム、クアトロが採用される。

これらにより0-100km/h加速は、R8 V10が3.5秒、R8 V10 Plusが3.2秒というスペックが公表されている。

過去記事(2014/07/06)

アウディS1、S1スポーツバックの日本発売は2014年秋、231psのTFSI搭載

S1、S1スポーツバックが2014年秋頃に日本発売される、2L直噴ターボ

アウディS1およびその5ドアバージョンであるS1スポーツバックは、2014年3月に開催されたジュネーブモーターショーでワールドプレミアを迎えていた。その日本発売が2014年秋頃に実現することになりそうである。

(写真は新型アウディS1スポーツバック)
アウディ A1スポーツバック

新型S1およびS1スポーツバックは、アウディ最小のBセグメントカーであるA1のスポーツモデルとしてラインアップされる。日本車で言えばフィットなどと同クラスのコンパクトなボディサイズであるのだが、アウディのS1シリーズは最高出力231ps、最大トルク37.8kgmを誇る2L直噴ターボエンジンのTFSIが搭載されるということで注目度は高い。

(写真は新型アウディS1)
新型S1

S1シリーズに設定されるトランスミッションは6MTのみで、自動変速モデルは用意されない可能性がある。駆動方式は4WDのクアトロのみがラインアップされる。

足回りは専用設計でタイヤサイズは225/35R18。アウディドライブセレクトと連携した可変ショックアブソーバーも装備される。リアサスペンションは4リンク式となる。

アウディS1スポーツバック AUDI S1 SPORTBACK

エクステリアでは専用のエアインテークデザインを採用。アルミ調ドアミラーを装備。リアは4本出しマフラーの装備によって表情が引き締められる。

S1の車両価格は410万円程度、S1スポーツバックの車両価格は430万円程度

現在のところ車両価格は3ドアのS1が410万円程度から、5ドアのスポーツバックは430万円程度からに設定される見通し。

アウディ S1 ジュネーブ2014

よりスポーティなルックスとなるルーフ別色のツートンカラー仕様は、S1が6万円アップ、S1スポーツバックが8万円アップで設定される見込みだ。

過去記事(2014/03/16)

アウディ S1がジュネーブ発表、コンパクトボディに231psのTFSIを搭載、欧州発売

アウディの新型S1シリーズがジュネーブモーターショー2014で初公開

ジュネーブモーターショー2014でアウディは、新型S1と新型S1 スポーツバックをワールドプレミアした。

(写真は新型S1 スポーツバック、5ドア)
アウディS1スポーツバック

アウディのSシリーズはこれまでS3、S5、S6、S8、SQ5がラインナップされていたが、最小モデルのA1シリーズにS1が設定されるのは、今回が初めてということになる。

AUDI S1 SPORTBACK アウディ S1 ジュネーブ2014

アウディS1には最高出力231psの2.0L直噴ターボエンジン、TFSIを搭載

アウディ S1に搭載されるパワートレインは、2.0L 4気筒ガソリンターボエンジンのTFSIである。最大出力231ps、最大トルク37.7kgmという性能を引き出すこのエンジンは、S1専用のチューニングが施されている。これと組み合わさるトランスミッションは6速のデュアルクラッチ式となる。アウディの4WDシステム、クワトロを駆動方式として採用しており、0‐100km/h加速を5.8‐5.9秒、リミッター最高速250km/hを達成しながらも、欧州複合モード燃費は14.3km/Lと燃費性能も優秀である。

アウディ A1スポーツバック

また、アウディ S1には標準装備として、アウディドライブセレクトと呼ばれるドライブ中のサスペンションの具合やエンジンのレスポンス内容を変更して走行できる機能、およびエレクトロニックパワーステアリングシステムなどの最新技術が搭載されている。

(写真は新型S1、3ドア)
新型S1

さらに新しいボディカラーやナビゲーションシステム、さらにはエクステリアデザインパッケージなどのオプションも充実される見込み。欧州でのデリバリーは2014年春を予定している。日本市場での発売時期については未定だが、順次導入されることになるだろう。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先