car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スズキ・ハスラー、2020年フルモデルチェンジ予測、HEARTECTで軽量化

2代目ハスラー、東京モーターショー2019への参考出品を期待

スズキの軽自動車、ハスラーがフルモデルチェンジを受けて、2020年の前半にも発売される見込み。

(動画は現行ハスラー ワンダラー)

映像のハスラーワンダラーは特別仕様車という位置づけで、一般販売されているモデル。車両価格がFFで約161万円からという、軽自動車としてはハイクラスな部類となる。専用の内外装だけでなく、ハイブリッドシステムも採用されている。

ハスラー ワンダラー スズキ

現行ワゴンRの最新技術を導入、商品コンセプトは変わらずか

さて、ハスラーシリーズは、先代ワゴンRのプラットフォームをベースにクロスオーバーSUVタイプの内外装が与えられたモデル。2013年の東京モーターショーでの初公開であった。

ハスラーワンダラー インテリア

発売当初は、ワゴンRを超えるセールスとなった。スズキとしても想定外の販売実績を残した人気車種に成長した。

そして、販売期間5年が過ぎた現段階においても月間5000台ベースを維持。フルモデルチェンジを受けて、2代目モデルへ引き継がれることになる。

ハスラー リアコンビネーションランプ

ベースとなったワゴンRのほうは、2017年のフルモデルチェンジで新しくなっている。ハーテクトと呼ばれる軽量プラットフォームの採用、R06A型エンジンとハイブリッドシステムのブラッシュアップ、これらによるJC08モード燃費の改善が次期ハスラーにも導入されることになるだろう。

衝突被害軽減ブレーキについては、デュアルカメラ式からデュアルセンサー式になる。安全装備類に関しても、新型ワゴンRと同等の新技術が盛り込まれるはず。

2019年10月の東京モーターショーで、市販型あるいはプロトタイプとしての参考出品が期待される。

#1 匿名さん2019/04/14(Sun)16:05:16ID:YyN2U2NDzN
スズキはガードが固いから、なかなかリークしないな
#2 匿名さん2019/04/17(Wed)02:14:42ID:A4NWUwMTGN
取敢えずスズキはインティキ癖を直すのがセンケツであり、次期型はスライドドアにして欲しいです
#3 匿名さん2019/04/17(Wed)16:08:35ID:UyOTExMTzN
マイルドハイブリッドいいな。シートアレンジをNBOXみたいにしてよ。
#4 匿名さん2019/04/17(Wed)20:29:33ID:Y1OTU2OWWY
スペーシア ギアがあるから、ハスラーはヒンジドアのままで良い。
#5 匿名さん2019/04/22(Mon)18:45:48ID:U3ZGVhOTmM
#2
ソリオ乗ってろや…
#6 匿名さん2019/04/22(Mon)19:20:04ID:RlN2RhMmDM
キープコンセプトでも十分売れそう
#7 匿名さん2019/04/24(Wed)22:04:28ID:U4MmZlYzTO
錆びついたエイジングみたいな塗装で発売してほしいな。
#8 匿名さん2019/05/02(Thu)10:39:38ID:E5YmUyMjWN
スズキもいい加減ホンダみたいに衝突安全性に力入れろ。スペーシアとかN-BOXと比べたら紙くずじゃねぇか。
#9 匿名さん2019/05/04(Sat)00:29:04ID:Y5YTIwZjGO
黙ってN-BOX乗ってろや

名前(任意)
コメント

過去記事(2018/08/21)

スズキ・ハスラー2019年後半フルモデルチェンジで2代目へ

ハスラーFMC、次回東京モーターショーでの参考出品を期待

ハスラーは、2013年12月にデビューした軽自動車規格のクロスオーバーSUV。販売から約6年となる2019年後半にフルモデルチェンジを受けて、2代目モデルに切り替わる見込みとなっている。

(写真は現行ハスラー ショーモデル)
ハスラー アウトドアスタイル

ハスラーは、5代目ワゴンRのプラットフォームをベースにした派生モデルで、開発段階では多くの期待がされていなかった。しかし2013年秋の東京モーターショーで参考出品されたことで、オシャレなエクステリアが注目されはじめ、発売以降は人気モデルに成長した。

ハスラー suzuki

5000台に設定された月販目標は、モデル末期となった現在も概ね達成しており、人気が一過性でないことがわかる。さらに2017年には兄貴分の登録車、クロスビーがラインアップに追加されており、スズキの王道パターンでしっかり稼いできた。

スズキ ハスラー

現行ハスラーの販売が好調であるから、フルモデルチェンジとはせずマイナーチェンジにとどまるのではという予想もある。ただし、ワゴンRが2017年にフルモデルチェンジを受けているから、ハスラーもこれに続くはず。

(写真は新型ジムニー)
ジムニー フロントグリル

特別仕様車ハスラータフワイルドを追加発売

現行ハスラーは7月に特別仕様車ハスラータフワイルドを追加。スズキでは同時期にフルモデルチェンジさせたジムニーを倣ってか、無骨でアウトドアテイストを強めたエクステリアが特徴となっている。

(写真はハスラータフワイルド)
ハスラー タフワイルド

次期ハスラーは、ジムニーのゴツゴツしたデザインテイストをいくらか取り入れる可能性も考えられる。

過去記事(2017/07/24)

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

スズキがハスラーの登録車版を開発中、2018年中頃の発売が予想される

スズキ・ハスラーは軽自動車規格のクロスオーバーSUVとして2014年1月に発売されたモデル。その登録車版であるハスラーワイドが計画されている。

(写真は現行ハスラー)
ハスラークーペ コンセプト

ハスラーの販売から早くも3年半が経過するが、当初の月間目標台数5000台を今なお達成しており、スズキとしては作っただけ売れるというオイシイ状況が続いている。そんなセールス的大成功を納めたハスラーに登録車版が設定されるというのは、スズキのこれまでのパターンから考えれば当然の流れである。現在、登録車で人気となっているソリオも、ワゴンRのワイド版であるワゴンRソリオなどがルーツ。初代スイフトについてもKeiのワイド版という位置付けで、実際に多くのパーツが共用されてきた。

ハスラー ロードバイク スタイル 東京オートサロン

ハスラーワイドはイグニスをベースに開発中、ハスラーデザインの派生モデル

ハスラーワイドについては、登録車のイグニスと多くの部分で共通化される見込み。軽自動車の本家ハスラーと共用されるのは、主にエクステリアデザインに限られそうである。現在のスズキでは、多くの登録車モデルがラインアップされており、ハスラーワイドを開発するにあたって敢えて軽自動車をベースにする必要はない。

(写真はイグニス)
イグニス スズキ イグニス

2016年1月発売のイグニスは、まだ発売から1年半を過ぎたところであるが、販売台数は1000台を下回る月もあるほど。グローバル向け商品として開発されたイグニスを日本で売るのはちょっと無理がある。その車体をベースにハスラーデザインのエクステリアで派生モデルを設定すれば、日本でも売れるモデルが出来上がるというわけだ。

(写真は1.0L ブースタージェットエンジン)
スズキ ブースタージェットエンジン1.0L

ハスラーワイドの発売時期は2018年中頃が予想される。搭載されるエンジンは1.2Lマイルドハイブリッドと1.0Lターボが有力となっている。

過去記事(2016/12/01)

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

ハスラーワイド、軽自動車規格クロスオーバーSUV人気モデルを登録車化

ハスラーはスズキの軽自動車規格のクロスオーバーSUVモデル。2014年1月の発売からまもなく3年を迎えようとするタイミングにあるが、今なお月間6千台を超えるペースの販売状況となっている。

(写真はハスラー)
ハスラー

この人気にあやかり、他メーカーではハスラーを模倣するモデルも出てきているが、スズキは次の一手として、ハスラーワイドなるモデルを登録車として新たにラインアップに加えることを考えている。

ハスラー ロードバイク スタイル ハスラー ロードバイク スタイル 東京オートサロン

軽自動車で人気の出たモデルのワイドボディ化はスズキの常套手段とも言えよう。これまでの例では、ジムニーのワイド版としてジムニーシエラが開発された。また現在、登録車で販売台数を伸ばしているソリオも、ワゴンRワイド、ワゴンRプラス、ワゴンRソリオを経ており、もとを辿ればワゴンRのワイド版ということになる。

(写真はソリオ)
ソリオ ハイブリッド

こういった実績もあり、ハスラーのワイド版はヒット車種になる期待度が高いモデルとなっている。

ハスラーワイドは一気に5ナンバー枠フルサイズ、イグニスのプラットフォーム流用

ワゴンRのワイド化にあたっては、軽自動車のプラットフォームをベースにじわじわとボディサイズを拡大してきた経緯がある。しかし、人気が出てきたのはボディサイズが十分に大きくなった3代目モデルからであった。ハスラーワイドは軽自動車をベースに中途半端にストレッチさせるのではなく、一気に全幅1.7m未満クラスまでワイド化される可能性がある。

(写真はイグニス)
イグニス

まず考えられるのがイグニスのプラットフォームの流用である。イグニスはそもそもクロスオーバーSUVの登録車であるが、グローバル販売が前提ということもあり軽自動車のハスラーとはデザインコンセプトが大きく異なる。これをベースにハスラー調の外観に衣替えすれば、容易にハスラーワイドが出来上がるというわけだ。

スズキ イグニス イグニス 東京モーターショー2015

パワートレインは直3 1.0Lエンジンがメインユニットとなり、NAとターボの2タイプのラインアップが予想される。イグニスの1.2Lハイブリッドより税ランクが一つ下となれば興味を持ってくれるユーザーも増えるだろう。

(写真は1.0L ブースタージェット)
ブースタージェットエンジン 1.0L

ハスラーワイドは早ければ2017年終盤に発売される可能性もあり、2017年秋の東京モーターショーでは、市販プロトあるいはコンセプトモデルの姿を見ることができるかもしれない。

過去記事(2016/05/19)

スズキも燃費不正、ほぼ全車種が対象、JC08モード燃費変更なしで販売継続

スズキ国内販売モデルのほぼ全てが不正の対象、鈴木修会長ら謝罪

スズキは、JC08モード燃費表記が法令で定められた方法で算出したものではなかったとして、2016年5月18日に謝罪をした。

スズキ

対象車種は登録車ではソリオ、イグニス、バレーノ、SX4 S-CROSS、スイフト、エスクード2.4、エスクード、ジムニーシエラ。軽自動車では、アルト、アルト ラパン、ワゴンR、ハスラー、スペーシア、エブリイ、キャリイ、ジムニーとなる。これらは、他社から車体供給されるOEMモデルを除く全ての国内向け車種ということになる。

ソリオ ハイブリッド

JC08モード燃費に変わりは無しで従来通り販売は継続、業績への影響は限定的か

いわゆるカタログ燃費と呼ばれるJC08モード燃費は、走行時に車体が受ける空気抵抗を主とする走行抵抗を差し引いて求められる。この走行抵抗は、テスト走行から得られる実測値であることが法令によって定められている。しかしスズキでは、開発時に使用していた各パーツごとの抵抗値より導き出されたもので、実測値が使われていなかった。

ワゴンR 2015

この理由としては、テストコースが風の影響を受けやすい場所にあり、実測で走行抵抗を出すのが困難であったとしている。

スズキが不正な手段で出した走行抵抗は、燃費性能を実際よりも良く見せようとした意図はなく、実測値ではないものの実測値とほぼ変わりがないとしている。このためJC08モード燃費の表記に変更はなく、販売も従来通り続けるとのこと。

今後は防風壁の設置などでテストコースを改良し、法令通りの測定方法を実施するとしている。

バレーノ ジュネーブ2016

また、海外向け車種については、JC08モードとは異なる現地の指定された燃費表記となるため影響がないとした。スズキのビジネスは、今やインド市場など海外が主力となっているから、株主などに向けてこのあたりも強調された。

過去記事(2015/08/17)

スズキ・ハスラー クーペ市販プロトが東京モーターショーで出展予定

ハスラークーペが発売予定、市販型が今秋の東京モーターショーで発表

スズキは新型ハスラー クーペを東京モーターショー2015で公開する計画となっている。

(写真はハスラークーペ コンセプト、東京モーターショー2013)
ハスラークーペ コンセプト

スズキ・ハスラーは前回の東京モーターショー2013で初公開された、クロスオーバーSUVスタイルの軽自動車である。発売以来からの好調な販売は今もなお続いており、アルト、ワゴンRに次ぐスズキの看板車種となっている。

スズキ ハスラークーペ コンセプト スズキ ハスラークーペ コンセプト2013

そんなハスラーの派生モデルとして、ハスラークーペの発売が計画されている。

(写真はハスラー)
ハスラー

ハスラークーペの構想はハスラーの開発段階からあったようで、ハスラーの発表時にハスラークーペコンセプトが同時デビューされていた。ただし、この時に将来市販化されるモデルとして見ていたファンは少ないはずだ。

ハスラークーペはルーフ傾斜がオシャレなクーペスタイルの5ドアボディ

ハスラークーペは全高を低く抑えたクーペスタイルの5ドアボディが採用される。ルーフは後端にかけて傾斜しており、後席居住性を犠牲にしながらもスタイリッシュなエクステリアデザインが特徴となる。また、都市部のほとんどのタワー型パーキングへの入庫が可能になるという実用的なメリットも与えられる。

(写真はホンダ・N-ONEローダウン)
N ONE ミラノレッド ホワイト

一方でホンダは、N-ONEをベースに全高1545mmのローダウンモデルをラインアップに追加したばかり。どうもハスラークーペとコンセプトが似通っているようにも感じる。

今秋の東京モーターショーで発表されるハスラークーペ市販型だが、実際の販売は少し先になりそうで、2016年の4月以降となる見方が有力となっている。

過去記事(2015/05/01)

スズキ・ハスラーにハイブリッドが5月発売予定、S-エネチャージ搭載モデルを追加

ハスラーに簡易型ハイブリッドシステムのS-エネチャージを搭載、追加発売

スズキの人気車種、ハスラーにS-エネチャージ搭載モデルが追加ラインアップされることになった。

(写真は現行ハスラー)
ハスラー

ハスラーの販売台数が好調、S-エネチャージ搭載モデルは予想燃費32km/L以上

ハスラーは2013年の東京モーターショーで発表され2014年1月より販売がスタートされたモデル。当初の月間販売台数は5000台を計画していたが、実際にはこれを大幅に上回る受注を獲得し、その後増産対応となった。発売から1年以上が経過する現在においてもなお月間1万台クラスの販売台数を維持している。

ハスラー ロードバイク スタイル ハスラー ロードバイク スタイル 東京オートサロン

そして2015年5月には待望のハイブリッドモデル、ハスラー S-エネチャージが発売される。

(写真はワゴンR S-エネチャージ)
ワゴンR S-エネチャージ

S-エネチャージは、2014年5月にワゴンRのマイナーモデルチェンジに合わせて採用がスタートされた軽自動車向けハイブリッドシステムである。ワゴンRとハスラーは基本構造が同じであるから、パワートレインの流用は比較的容易となる。

ハスラー アウトドアスタイル ハスラー ラゲッジ フラット

S-エネチャージを搭載するワゴンR FZ 2WD CVTモデルの車両価格は137万2680円、燃費性能はJC08モード32.4km/Lとなる。一方でS-エネチャージおよびエネチャージが装備されないワゴンR FA 2WD CVTモデルは107万8920円で、JC08モード26.0km/Lという燃費性能であった。

これら2モデルの差分をハスラーにそのまま当てはめると、ハスラー S-エネチャージの予想価格として137万2680円、予想燃費として32.4km/Lが出てくる。軽自動車としては割高な印象があり、販売台数の伸びは限定的か。

過去記事(2015/04/29)

ダイハツがテリオスキッド後継の軽SUVを発売予定、スズキ・ハスラーに対抗

ダイハツが計画するテリオスキッド後継モデルが2015年夏頃発売

ダイハツは軽自動車規格のクロスオーバーSUVを新たに市場投入する見込みとなっている。

(写真は旧型テリオスキッド)
テリオスキッド

ダイハツが計画する新型車は、テリオスキッドの後継車に相当するモデルと考えられる。

テリオスキッドは1998年から2012年に渡って販売されたロングセラーモデル。SUVスタイルのデザインながらも5ドア仕様という特徴により日常の使い勝手は一般的な軽ワゴン車と変わりない。

(写真はスズキ・ハスラー)
ハスラー アウトドアスタイル ハスラー 東京モーターショー

一方でスズキでは、同様のコンセプトでつくられたハスラーが大ヒットとなっている。ハスラーは前回の東京モーターショー2013でデビューしたモデル。テリオスキッドが2012年まで販売されていたことを考えると、そのポジションはスズキに奪われたと考えてもおかしくない。テリオスキッドを終了させながら後継モデルを用意していなかったのはダイハツの誤算とも言えるだろう。

テリオスキッド後継モデルはムーヴをベースに専用設計されたモデルとなる

(写真は現行ムーヴ)
ムーヴ カスタム ハイパー

次期テリオスキッドと思われる車種をダイハツが開発中であることは、2014年の初期の段階で判明しつつあった。そこから発売日まで1年半以上も経つことになるから、ベース車となるムーヴにSUVティストの装飾品が付けられただけの即席モデルではなく、専用設計でつくられた車種となりそう。

この新型軽SUVは2015年夏頃の発売になる見込み。当初の2014年内発売という予測からは遅れることになるが、ハスラーの対抗モデルとして期待される。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先