car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スズキ・ハスラー、2020年フルモデルチェンジ予測、HEARTECTで軽量化

2代目ハスラー、東京モーターショー2019への参考出品を期待

スズキの軽自動車、ハスラーがフルモデルチェンジを受けて、2020年の前半にも発売される見込み。

(動画は現行ハスラー ワンダラー)

映像のハスラーワンダラーは特別仕様車という位置づけで、一般販売されているモデル。車両価格がFFで約161万円からという、軽自動車としてはハイクラスな部類となる。専用の内外装だけでなく、ハイブリッドシステムも採用されている。

ハスラー ワンダラー スズキ

現行ワゴンRの最新技術を導入、商品コンセプトは変わらずか

さて、ハスラーシリーズは、先代ワゴンRのプラットフォームをベースにクロスオーバーSUVタイプの内外装が与えられたモデル。2013年の東京モーターショーでの初公開であった。

ハスラーワンダラー インテリア

発売当初は、ワゴンRを超えるセールスとなった。スズキとしても想定外の販売実績を残した人気車種に成長した。

そして、販売期間5年が過ぎた現段階においても月間5000台ベースを維持。フルモデルチェンジを受けて、2代目モデルへ引き継がれることになる。

ハスラー リアコンビネーションランプ

ベースとなったワゴンRのほうは、2017年のフルモデルチェンジで新しくなっている。ハーテクトと呼ばれる軽量プラットフォームの採用、R06A型エンジンとハイブリッドシステムのブラッシュアップ、これらによるJC08モード燃費の改善が次期ハスラーにも導入されることになるだろう。

衝突被害軽減ブレーキについては、デュアルカメラ式からデュアルセンサー式になる。安全装備類に関しても、新型ワゴンRと同等の新技術が盛り込まれるはず。

2019年10月の東京モーターショーで、市販型あるいはプロトタイプとしての参考出品が期待される。

#1 匿名さん2019/04/14(Sun)16:05:16ID:YyN2U2NDzN
スズキはガードが固いから、なかなかリークしないな
#2 匿名さん2019/04/17(Wed)02:14:42ID:A4NWUwMTGN
取敢えずスズキはインティキ癖を直すのがセンケツであり、次期型はスライドドアにして欲しいです
#3 匿名さん2019/04/17(Wed)16:08:35ID:UyOTExMTzN
マイルドハイブリッドいいな。シートアレンジをNBOXみたいにしてよ。
#4 匿名さん2019/04/17(Wed)20:29:33ID:Y1OTU2OWWY
スペーシア ギアがあるから、ハスラーはヒンジドアのままで良い。
#5 匿名さん2019/04/22(Mon)18:45:48ID:U3ZGVhOTmM
#2
ソリオ乗ってろや…
#6 匿名さん2019/04/22(Mon)19:20:04ID:RlN2RhMmDM
キープコンセプトでも十分売れそう
#7 匿名さん2019/04/24(Wed)22:04:28ID:U4MmZlYzTO
錆びついたエイジングみたいな塗装で発売してほしいな。
#8 匿名さん2019/05/02(Thu)10:39:38ID:E5YmUyMjWN
スズキもいい加減ホンダみたいに衝突安全性に力入れろ。スペーシアとかN-BOXと比べたら紙くずじゃねぇか。
#9 匿名さん2019/05/04(Sat)00:29:04ID:Y5YTIwZjGO
黙ってN-BOX乗ってろや

名前(任意)
コメント