スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

ハスラーワイド、軽自動車規格クロスオーバーSUV人気モデルを登録車化

ハスラーはスズキの軽自動車規格のクロスオーバーSUVモデル。2014年1月の発売からまもなく3年を迎えようとするタイミングにあるが、今なお月間6千台を超えるペースの販売状況となっている。

(写真はハスラー)
ハスラー

この人気にあやかり、他メーカーではハスラーを模倣するモデルも出てきているが、スズキは次の一手として、ハスラーワイドなるモデルを登録車として新たにラインアップに加えることを考えている。

ハスラー ロードバイク スタイル ハスラー ロードバイク スタイル 東京オートサロン

軽自動車で人気の出たモデルのワイドボディ化はスズキの常套手段とも言えよう。これまでの例では、ジムニーのワイド版としてジムニーシエラが開発された。また現在、登録車で販売台数を伸ばしているソリオも、ワゴンRワイド、ワゴンRプラス、ワゴンRソリオを経ており、もとを辿ればワゴンRのワイド版ということになる。

(写真はソリオ)
ソリオ ハイブリッド

こういった実績もあり、ハスラーのワイド版はヒット車種になる期待度が高いモデルとなっている。

ハスラーワイドは一気に5ナンバー枠フルサイズ、イグニスのプラットフォーム流用

ワゴンRのワイド化にあたっては、軽自動車のプラットフォームをベースにじわじわとボディサイズを拡大してきた経緯がある。しかし、人気が出てきたのはボディサイズが十分に大きくなった3代目モデルからであった。ハスラーワイドは軽自動車をベースに中途半端にストレッチさせるのではなく、一気に全幅1.7m未満クラスまでワイド化される可能性がある。

(写真はイグニス)
イグニス

まず考えられるのがイグニスのプラットフォームの流用である。イグニスはそもそもクロスオーバーSUVの登録車であるが、グローバル販売が前提ということもあり軽自動車のハスラーとはデザインコンセプトが大きく異なる。これをベースにハスラー調の外観に衣替えすれば、容易にハスラーワイドが出来上がるというわけだ。

スズキ イグニス イグニス 東京モーターショー2015

パワートレインは直3 1.0Lエンジンがメインユニットとなり、NAとターボの2タイプのラインアップが予想される。イグニスの1.2Lハイブリッドより税ランクが一つ下となれば興味を持ってくれるユーザーも増えるだろう。

(写真は1.0L ブースタージェット)
ブースタージェットエンジン 1.0L

ハスラーワイドは早ければ2017年終盤に発売される可能性もあり、2017年秋の東京モーターショーでは、市販プロトあるいはコンセプトモデルの姿を見ることができるかもしれない。

関連するレポート

[ 2016/12/01 ]
#1 匿名さん2016/12/02(Fri)23:46:43
こんばんは!
ハスラーのワイド版ですか!?

OEM車であるフレアクロスオーバーも、ワイド版を用意して欲しいぜ!
#2 匿名さん2016/12/04(Sun)19:04:24
ベストカーが・・・。
#3 ぺぺめめ2016/12/05(Mon)21:42:33
ハスラーは軽自動車で唯一気になる存在。5ナンバーのハスラーが販売されたらほしいですね。
#4 匿名さん2016/12/07(Wed)08:34:01
単に大きくなるだけじゃなく、変にゴテゴテさせてカッコ悪くなる気がする。
#5 とくめいですみません2016/12/10(Sat)01:19:43
ジムニーにもバリエーションをお願いできませんか。4ドアとか、バンタイプって無理でしょうか。欲しいです。
#6 匿名さん2016/12/24(Sat)08:35:43
軽自動車でないなら、しっかり5人乗れる車を出して欲しい。
ソリオは、後席ヘッドレストが中央席に無いのが残念。
ルーミー対抗でフルフラットシートで車内泊しやすけばいいな。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

日産E52新型エルグランド(2代目)ユーザー評価、トラブル、メンテナンス報告

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

フィットのマイナーモデルチェンジ2017年春GW前に実施される見込み

マツダ新型CX-5がフルモデルチェンジ発売、プレオーダー数は9055台に到達

ホンダ新型シビック、セダン、ハッチバック、タイプRが2017年夏に日本発売

新型ワゴンRが2月1日に発売、スティングレーを含め3タイプのエクステリア

スズキ ソリオ/三菱デリカD2を長所と短所で評価レポート

日産セレナe-POWERが2017年8月頃発売計画、シリーズ式ハイブリッド採用

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

スズキ・ワゴンRが2月1日フルモデルチェンジ、ストロングハイブリッド搭載か

ホンダがインサイト後継車を計画、次世代型1.5Lハイブリッドが搭載される

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ新型カムリハイブリッドは早ければ2017年7月発売、TNGA 2.5L HV搭載

ノア&ヴォクシーのマイナーモデルチェンジ計画、2017年夏フェイスリフト

新型ジューク市販型がジュネーブモーターショーで公開か、CMF-B採用

三菱・RVRが2017年2月9日にマイナーモデルチェンジ、新型フロントグリル採用

次期マーチ コンセプトか?日産がSWAYを発表、Vモーション採用

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スバル XV フルモデルチェンジ、2017年3月9日予約スタート

ノート・e-POWER 試乗、アクセルオンからの加速までのタイムラグが短い

BMW Z5が2017年フランクフルトモーターショーで発表か、スープラ姉妹車

マツダ・CX-6が2017年内に発売される見込み、3列シートのクロスオーバーSUV

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.