car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スズキ

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

投稿日:2017/07/24 更新日:

スズキがハスラーの登録車版を開発中、2018年中頃の発売が予想される

スズキ・ハスラーは軽自動車規格のクロスオーバーSUVとして2014年1月に発売されたモデル。その登録車版であるハスラーワイドが計画されている。

(写真は現行ハスラー)
ハスラークーペ コンセプト

ハスラーの販売から早くも3年半が経過するが、当初の月間目標台数5000台を今なお達成しており、スズキとしては作っただけ売れるというオイシイ状況が続いている。そんなセールス的大成功を納めたハスラーに登録車版が設定されるというのは、スズキのこれまでのパターンから考えれば当然の流れである。現在、登録車で人気となっているソリオも、ワゴンRのワイド版であるワゴンRソリオなどがルーツ。初代スイフトについてもKeiのワイド版という位置付けで、実際に多くのパーツが共用されてきた。

ハスラー ロードバイク スタイル 東京オートサロン

ハスラーワイドはイグニスをベースに開発中、ハスラーデザインの派生モデル

ハスラーワイドについては、登録車のイグニスと多くの部分で共通化される見込み。軽自動車の本家ハスラーと共用されるのは、主にエクステリアデザインに限られそうである。現在のスズキでは、多くの登録車モデルがラインアップされており、ハスラーワイドを開発するにあたって敢えて軽自動車をベースにする必要はない。

(写真はイグニス)
イグニス スズキ イグニス

2016年1月発売のイグニスは、まだ発売から1年半を過ぎたところであるが、販売台数は1000台を下回る月もあるほど。グローバル向け商品として開発されたイグニスを日本で売るのはちょっと無理がある。その車体をベースにハスラーデザインのエクステリアで派生モデルを設定すれば、日本でも売れるモデルが出来上がるというわけだ。

(写真は1.0L ブースタージェットエンジン)
スズキ ブースタージェットエンジン1.0L

ハスラーワイドの発売時期は2018年中頃が予想される。搭載されるエンジンは1.2Lマイルドハイブリッドと1.0Lターボが有力となっている。

#1 匿名さん2017/07/25(Tue)22:28:04
このサイズの車作りはスズキが得意としてるな…
アクアのクロスオーバーもこのくらいしないとインパクトないよな。
しかし、自動車税の変更で中間サイズの排気量の車が嫌われ始めている。世界で戦って行く中では、完全に足を引っ張る改変だったよな。
#2 匿名さん2017/07/26(Wed)10:06:12
登録車って言い方が嫌だ
#3 匿名さん2017/07/27(Thu)14:23:08
今年1-2月に見たイメージデザインはイグニスのまんまでとてもハスラーワイドを名乗ってはいけないデザインだったが、本当にどうなるやら。軽のハスラーのまんまのデザインで拡大してくれれば売れるだろうが果たして。
#4 匿名さん2017/07/31(Mon)10:02:41
イグニスいらない子
#5 サーフィス2017/08/01(Tue)21:53:16
ハスラーワイドも1.2Lマイルドハイブリッド車だけでなく1.2Lストロングハイブリッド車も出して欲しいと思います。
#6 匿名さん2017/09/22(Fri)13:28:24
やった!東京モーターショーに出品!今のハスラーを拡大しただけの1L版だ。イグニスな子にならなくてよかった。丸目じゃないとね

名前(任意)
コメント

-スズキ
-

関連記事

ジムニー

スズキがジムニーのフルモデルチェンジを計画、2014年発売目標に開発

新型ジムニーが2014年の発売に向けて開発中 スズキではジムニーのフルモデルチェンジに向けての開発が行われている。 現行ジムニーは、1998年の軽自動車規格の改訂時にデビューし、これまで14年もの間、 …

スイフト

スイフトのマイナーチェンジが7月中旬、燃費はハイブリッドを超える可能性あり

スイフトがマイナーモデルチェンジ、スズキグリーンテクノロジー採用 スイフトのマイナーモデルチェンジが2013年7月中旬にも行われる見込みとなった。昨年2012年デビューの新型ワゴンRより始まった「スズ …

エスクード ビターラ

次期エスクード発表、スズキが新型ビターラをパリでワールドプレミア

欧州版エスクード、スズキが新型ビターラを発表、iV-4がベース スズキが4代目となる次期エスクードを10月4日より一般公開されたパリモーターショー2014で公開した。 (写真は新型ビターラ) 日本市場 …

no image

スズキ・バレーノにお買い得グレードXSが追加、充実装備で154万4400円から

バレーノXS、1.2L NA VVTエンジン搭載で装備充実のお買い得グレード スズキのバレーノにXSグレードが新たに追加され、2016年11月17日に発売となった。 (写真はバレーノ) バレーノXSは …

SX4後継車

SX4後継車、スズキがジュネーブモーターショー2013で発表予告

SX4後継Sクロスコンセプトの市販モデルがジュネーブモーターショーで公開 SX4後継車にあたる新型クロスオーバー車の市販モデルが来月2013年3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショーで公開され …

新着コメント

CR-V ハイブリッド フロントグリル

ホンダ・CR-Vハイブリッド プロトタイプが欧州発表、日本発売の可能性はあるか

次期フォレスター VIZIV FUTURE CONCEPT

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

アクセラコンセプト リア

マツダ・アクセラ コンセプト、東京モーターショー2017で発表か

マークX

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

CX-8

マツダ新型CX-8、インテリア エクステリア写真、3列目シートは狭い

VIZIVパフォーマンスコンセプト

スバルの次世代セダン、VIZIV PERFORMANCE CONCEPT、東京モーターショー

ホンダ スポーツ EV コンセプト

Honda Sports EV Conceptを東京モーターショーで発表予定、小型電動スポーツ

WRC YARIS

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

シビック セダン

新型シビックは今夏発売のスケジュール、4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプR

ダイハツ DN トレック

ダイハツ・DNトレックが東京モーターショー出品予定、ビーゴ後継コンセプト

アルファード

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

Tjクルーザー

トヨタ・Tjクルーザーのワールドプレミアが予定、積載力の高い小型SUV

GR HVスポーツコンセプト

トヨタ・GR HV SPORTS conceptが東京モーターショーでワールドプレミア予定

アリオン

トヨタのプレミオ&アリオンがマイナーモデルチェンジ、新エクステリア採用

ヤリス GRMN フランクフルト2017

ヴィッツGRMN 2018年春発売へ、1.8L+スーパーチャージャー搭載で212hp

エレーヌ アウディ

アウディ・エレーヌ、レベル4自動運転スポーツEV、東京モーターショー出品予定

バモス

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

オデッセイ アブソルート ハイブリッド

ホンダ・オデッセイが11月マイナーモデルチェンジ、東京モーターショー出品

クラウンコンセプト

クラウンコンセプト東京モーターショー出品確定、2018年夏発売予定

CX-8 インテリア

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

BMW8 コンセプト

BMW 8シリーズが約20年ぶりにフラグシップに復活、コンセプトモデル画像

デリカ D:5

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

T-Roc フランクフルトモーターショー2017

フォルクスワーゲン・T-Roc、新型BセグメントクロスオーバーSUVが欧州発売

C-HR hy-power コンセプト フランクフルト2017

C-HR Hy-Powerコンセプト、新開発ハイブリッドパワートレイン搭載を予告

ポルトフィーノ マフラー

フェラーリ新型ポルトフィーノ画像、3855cc V8ターボは600psに進化

NX300 リアコンビネーションランプ

レクサスNXがマイナーモデルチェンジで後期型に、フランクフルト画像

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッド発売、約330万円より

EV-STER

Nスポーツの市販プロトが東京モーターショーに出展される見込み、ビート後継車

ランドクルーザー プラド

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ後期型、フランクフルト画像

レクサスCT200h

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降