car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スズキ新型ハスラーが12月にも発売か、東京モーターショー出展の軽自動車SUV

新型ハスラーが東京モーターショーでデビュー、軽クロスオーバーSUV

(写真は新型ハスラー)
スズキ新型ハスラー

スズキは今月11月23日より一般公開が始まる東京モーターショー2013で新型軽自動車のハスラー(HUSTLER)を発表する予定となっている。これは市販前提モデルということで、翌12月にも生産が開始されるスケジュールとなっている。発売も2013年内に行われる見込みだ。

ハスラー クロスオーバーSUV

このハスラーのベースとなる車体はワゴンRとされている。アウトドアテイストの専用エクステリアとユーティリティ性能が備えられるだけでなく、最低地上高が上げられることでクロスオーバーSUVとしての走破性が与えられる。またルーフはボディとは別色となり、ツートンカラーで配色されたポップな印象に仕上げられる。

ハスラーは同社のラパン後継にあたるようなオシャレな軽ワゴン車としてラインアップされることになるだろう。

一方、ワゴンRがベースであることから基本性能にも期待が持てる。エネチャージも採用され、燃費性能はワゴンRのJC08モード30.0km/Lに近くなるのではと考える。

ハスラークーペも発表、市販化の可能性はあるのか?

また、ハスラーの派生車種としてハスラークーペも発表される。

ハスラークーペ

ハスラークーペはハスラーよりも全高が低く抑えられ、スポーティな雰囲気となる。ミニ・クーパーを彷彿とさせるのは確信犯的とも感じた。クーペとしながらもリアドアを装備しており実用性への配慮もある。ただし、市販化が実現したとしても、室内広さが重視されがちな軽自動車マーケットでは多くの販売台数を見込むことはできないと考える。
ひとまずハスラークーペは本家ハスラーのプロモーションカーとしての役割を果たすことになるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント