car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スズキ・ハスラー正式発表、マツダもOEM車としてフレアクロスオーバーを発売

ハスラー発売、ワゴンRより安いグレードもラインアップされる

東京モーターショー2013で参考出品されたスズキの新型ハスラーが12月24日に正式発表された。

ハスラー 東京モーターショー

新型ハスラーの発売日は2014年1月8日に予定されている。
グレードAが104万8950円、グレードGが121万1700円、グレードXが136万9200円と3タイプ設定され、価格はいずれもFF CVTのもの。

グレードAはアイドリングストップが装備されず、ワゴンRよりも安い価格帯となった。一方で、グレードGではアイドリングストップが装備され、これはワゴンRと全く同じ価格となる。

全グレードにFFと4WDが設定されるほか、グレードAとGにはトランスミッションとして5MTの選択が可能となる。さらにグレードGとXにはターボも用意される。

ハスラー ハスラー 内装

新型ハスラーは、ワゴンR以上にグレード展開が充実され、SUVティストのおしゃれなエクステリアデザインも相まって人気モデルになることが予想される。

ハスラー リアシート ハスラー ラゲッジ フラット

新型ハスラーがクロスオーバーSUVしているのは外観デザインだけではない。4WD CVT車には、時速7キロをキープして坂道を降りることができるヒルディセントコントロール、悪路からの発進をサポートするグリップコントロールが軽自動車として初めて装備される。

また、タイヤはワゴンRより大きい15インチを履き、サスペンションも変更され、最低地上高はFFで180mm、4WDで175mmを確保している。

ハスラーのOEM車がマツダからデビュー、フレアクロスオーバー

さらに新型ハスラーのOEM車として、新型フレアクロスオーバーがマツダブランドから発売される。

フレアクロスオーバー

フレアクロスオーバーはエンブレムを除けば内外装ともにハスラーとの違いは感じられないが、グレード展開が縮小されての販売になる。
本家のハスラーより少し遅れて発売日は2014年1月31日の予定となっている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント