car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

マークXが唯一の低価格V6 FRセダン、販売終了までもう少し

セダン車種のラインアップ再編が進められつつあるトヨタであるが、2017年7月10日にカムリがフルモデルチェンジ発売されたことで、今後の動きが明確化してきた。同じDセグメントセダンとして販売されてきたマークXとSAIがカタログ落ちする見込みとなっている。

(写真は現行マークX)
マークX

なかでもマークXは、1968年発売のコロナマークⅡを祖とするモデルで根強いファンも多い。現行型の残された販売期間は1年程度になることが予想される。エントリーグレードの車両価格は、マークX 250G F packageの265万6800円。6気筒エンジン搭載のFRセダンという括りで見れば、今や破格のプライスではないだろうか。新車で買える最後のチャンスとなりそう。

マークX リアコンビネーションランプ

マークⅡ時代から長年のライバルであった日産・スカイラインはモデル名としては継続されているが、海外版インフィニティQ50にSKYLINEのネームプレートを貼っただけ。エントリーモデルは2.0Lターボ搭載車で413万6400円という車両価格となっており、実質的な対抗モデルは、クラウンアスリートやレクサスISといったあたりだろう。

(写真は日産スカイライン)
スカイライン V37 発売

クラウンはFMCでダウンサイジングが見込まれる、V6ラインアップ縮小へ

クラウンシリーズも2017年末から2018年前半あたりにかけてのフルモデルチェンジが予定されている。マークX販売終了後はトヨタのエントリーFRセダンということになり、顧客の裾野を広げるためにも小排気量エンジン搭載モデルの拡充が図られ、直4 2.0L ターボ、および直4 2.5L ハイブリッド搭載モデルがラインアップの中心となる。

#1 匿名さん2017/07/21(Fri)12:26:06
セダン離れが加速してるからマークXの消滅も仕方ないけど、
新型カムリにマークXの受け皿が務まるとは到底思えない。
マークXの受け皿は次期型クラウンが妥当だと思うけれど、全国のトヨペット店でもクラウンを取り扱うのかどうか(おそらくそういうことはないだろうが)。
#2 匿名さん2017/07/21(Fri)14:18:16
マークXをカムリに統合するのではなく、カムリをマークXに統合するべき。

#3 匿名さん2017/07/23(Sun)21:52:07
この後期型マークXかっこわるいなあ。
#4 匿名さん2017/07/26(Wed)19:03:03
ロボッぽい。
#5 匿名さん2017/07/28(Fri)10:58:20
両方、ダサい。
#6 サーフィス2017/08/01(Tue)21:56:51
マークXもレクサスISと統合した方が良いと思います。
#7 匿名さん2017/08/03(Thu)14:38:48
この現行マークXは、酷いフロントデザインですね。恥ずかしくて乗れない。カムリが、まともに見える。トヨタのデザイナー全員早く解雇してほしい。次期クラウンもエクステリアデザイン、酷いんだろうな。期待できない。

名前(任意)
コメント

過去記事(2016/12/02)

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

マークXに次期型は無い、ポジションを引き継ぐのはFFミドルセダンの次期カムリ

マークXのマイナーモデルチェンジが2016年11月22日に実施された。フェイスリフトによりイメージも一新され、後期モデルとしての販売が始まっている。そして、マークXにはフルモデルチェンジに向けた準備が進められておらず、本モデルを最終型としてカタログ落ちすることが決まっている。

(写真は次期カムリのティザー画像)
カムリ2018

トヨタのミドルクラスFRセダンの歴史は途絶えることになり、実質的にはFFセダンのカムリがそのポジションを引き継ぐことになる。

(写真はマークX)
マークX マークX サイドパネル

カムリは日本向けにもハイブリッド専用車としてラインアップされるモデルであるが、ミドルクラス以上のセダンはFRのマークXがより好まれてきた。FFのカムリはあまりこれまで注目されることが少なくトヨタのラインアップの中でも脇役的な存在でもあった。

(写真はカムリ北米仕様)
カムリ

次期カムリが北米国際オートショーで公開予定、2018年モデル発表

ただし、メイン市場のアメリカでは、カムリは国民的セダンともいうべきポジションを獲得しており、ニューヨークのイエローキャブとしても多くのカムリの姿を見ることができる。日本でもマークXの実質的後継車ともなれば、注目される機会が増えてくるはずだ。

そんなカムリの次期モデルが2017年1月デトロイトで開催される北米国際オートショーでワールドプレミアされる見込みとなっている。

既にトヨタは次期カムリのリアショットのティザー画像を一点公開している。リアコンビネーションランプはセダン車として平凡にも感じるが、そこから斜め下方向に伸びるエアアウトレットがデザインのアクセントとなっている。

新型カムリ

この新型カムリは2018年モデルとしており、同時期における日本発売も予想される。一方でマークXの生産終了は2019年が予定されている。

過去記事(2016/11/22)

トヨタ・マークXがマイナーチェンジ、恐らくシリーズ最終エクステリア

マークXがフェイスリフト、マイナーモデルチェンジで後期型へ

トヨタのFRセダン、マークXがマイナーモデルチェンジを受けて2016年11月22日に発売となった。

(写真は新型マークX)
マークX フロントグリル

2009年より販売される現行マークXは、本来はフルモデルチェンジのタイミングにある。トヨタではマークXの次期型について、これまでにあらゆる可能性を模索してきた。なかでもFF案は衝撃的なものであったが、残念ながらこれがマークXを後継するモデルの姿となりそうだ。マークXは実質的にはカムリと統合され、カタログ落ちとなる。マークⅡ時代から続く、トヨタのミドルクラスFRセダンの歴史は途絶えることになる。

マークX リアコンビネーションランプ マークX サイドパネル

新型マークX、2.5Lと3.5Lの2つのV6ユニットでグレードラインアップ再編

後が無いマークXであるが、今回のマイナーモデルチェンジにより延命措置が取られ、まだしばらく販売が続けられる。フェイスリフトも施され、おそらくこれが最終エクステリアということになるだろう。セーフティセンスPなど最新の安全運転支援システムの搭載が目玉となる。

マークX ヘッドランプ マークX

新型マークXのパワートレインおよびグレード構成は再編される。4GR-FSE型V6 2.5Lエンジン搭載モデルが販売の中心となり、FRと4WDを合わせた7モデルがラインアップ。これらの車両価格は265万6800円から343万4400円に設定される。2GR-FSE型のV6 3.5Lエンジン搭載モデルについてもFRの1グレードのみ残され385万200円となる。

マークX インテリア マークX シート

噂されていた直4 2.0Lターボエンジン搭載モデルは、やはり実現されなかった。

過去記事(2016/11/08)

マークXのマイナーチェンジは11月22日、セーフティセンスP搭載で値上げ

マークXに次期型は用意されない、今回のマイチェンが最終エクステリアとなる

マークXのマイナーチェンジの日程が2016年11月22日に予定されている。2019年に生産終了するということであったから、残す販売期間はおよそ2~3年。販売末期に向けて、おそらく最後の大幅手直しとラインアップ再編が行われる。

(写真は現行マークX)
マークX

新型マークXの車両価格はFRが291万6000円~385万0200円、4WDは316万円1160円~345万2760円

後期型マークXのエクステリアデザインはフロントバンパー、リアコンビネーションランプなどを中心にリフレッシュがかけられる。

装備面では安全運転支援システムのトヨタセーフティセンスPが標準化されることになり、車格並の進化が施される。これにより車両価格は約14万円前後の大幅値上げとなる。

グレード構成は、FR車が250G、250G“Fパッケージ”、250S、250RDS、350RDSとラインアップされ、消費税込み車両価格は291万6000円~385万0200円に設定される。4WD車は250S Four、250G Four、250G Four“Fパッケージ”が316万円1160円~345万2760円に設定される。

マークXは今回のマイナーモデルチェンジで2.0L ターボエンジン搭載モデルが追加されると噂されていたがこれは実現されず、グレードラインアップも縮小されることになる。

マークX リアコンビネーションランプ

そして、マークXを後継する次期モデルは発売されない予定となっている。これによりマークⅡ時代から続くミドルクラスFRスポーツセダンの歴史は途絶えることになり、今回のフェイスリフトモデルが最終エクステリアとなるだろう。

過去記事(2016/09/24)

マークXターボが発売中止の可能性、11月22日マイナーモデルチェンジ

トヨタ・マークXがマイナーモデルチェンジで販売延長、最終型へ

今秋にも実施されるされたマークXのマイナーモデルチェンジの日程が、2016年11月22日発売日の計画で進められている。

(写真は現行マークX)
マークX

今回のマイナーモデルチェンジは大幅なエクステリア変更を伴い、特にフロント周りはイメージが一新される。2009年のフルモデルチェンジ発売の前期型、2012年のマイナーモデルチェンジの中期型に続き、マークXは後期型に相当するモデルへ移行することになる。

マークX リアコンビネーションランプ

現行のGRX130型マークXは販売期間が長くなり、2019年までの生産が予定されているが、その後の後継モデルは設定されていない。つまり、今回のマイナーモデルチェンジでマークXは最終型になる可能性が高い。

(写真はG’sマークX)
G's マークX GsマークX リアコンビネーションランプ

マークXターボの発売は見送られた可能性、トヨタセーフティセンスPの標準装備化

そして、今回のマークXのマイナーモデルチェンジは、8AR-FTS型の直4 2.0Lターボエンジン搭載モデルが追加されるという話であったが、これは中止となった可能性がある。そうなるとV6 2.5L NA エンジン搭載は維持されるだろうが、マークXターボを待望する声もあったためこれは残念である。

(写真は8AR-FTS型直4 2.0L ターボエンジン)
8AR-FTS型

スカイラインなどがそうであるように、このクラスFRセダンは2.0Lターボを設定するのが近年のトレンドとなっている。そんな中、8AR-FTS型はレクサス車種に限らずクラウンへも採用されてきたことから、マークXターボの追加発売は確実視されていた。

この他、後期型マークXでは、トヨタセーフティセンスPが標準装備化される。このあたりは車格なりの装備の充実化が図られる。

過去記事(2016/09/04)

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

現行マークXをフルモデルチェンジ無しで10年間販売した後、カタログ落ち

トヨタのミドルクラスセダン、マークXが2019年をもって生産終了の計画となっている。さらに後継モデルの開発を一旦、白紙に戻していることから、現行型の販売終了を以ってモデルネーム廃止となる可能性がある。

(写真は現行マークX)
マークX

そもそもマークXというのはマークⅡシリーズを直接後継するモデルであった。1968年から2004年の間はコロナマークⅡおよびマークⅡのモデルネームで、きっちり4年毎のフルモデルチェンジが実施され、従来型を下取りしてもらい新型車に4年毎に乗り換えるというスタイルが、当時のステイタスの一つでもあった。

マークX リアコンビネーションランプ

ただし、1990年代以降はSUVやミニバンなど多様な車種が受け入れられるようになり、セダンの人気は凋落した。それでもトヨタは2004年にマークXを発売させることでイメージ一新を図ったが、マークⅡ時代のような短いモデルサイクルを実現するほどの販売台数を達成することはできなかった。現行マークXは2009年発売のGRX130型からフルモデルチェンジを受けずに約10年間販売されることになる。

(写真はマークX G’s)
MARK X G's

後継モデルの開発はひとまず白紙、ビッグマイナーチェンジではマークXターボ投入

一方で次期マークXについては、これまでにいくらかの計画があった。中でも1.4Lターボ案やFF案は、もはやマークXではないという声もあったが、それだけミドルセダンの復活を賭けて様々な可能性が検討されてきたということだろう。BMWとの提携以降は、パワートレインの供給を受けることによる新たな方向性も期待させたが、これも叶いそうにない。

(写真は8AR-FTS型エンジン)
8AR-FTS型

2016年内とされるビッグマイナーチェンジ型が恐らく最終エクステリアとなるだろう。これには8AR-FTS型 2.0L ターボエンジンが搭載される見込みとなっている。

過去記事(2016/08/15)

マークXのターボ仕様が2016年秋に追加発売、2.0L直噴の8AR-FTS型ターボ

マークXが秋のマイナーモデルチェンジで8AR-FTS型を導入、モデルサイクル延長

以前のレポートで、マークXにターボモデルが追加発売される可能性について書いた。このプランはまだ生きているようで、2016年終盤を目処に計画されているマークXのマイナーモデルチェンジのタイミングで実現される可能性が高いだろう。

(写真は現行マークX)
マークX

現行マークXは2009年発売のモデルであった。マイナーモデルチェンジを経てここから更にモデルサイクルが延長されることになる。マークⅡ時代にまで遡ったこれまでのモデルサイクル期間と比較しても、現行型は非常に長い期間販売されることになる。

マークX リアコンビネーションランプ

後期型マークXに搭載されるのは直4 2.0Lの直噴ターボエンジンの8AR-FTS型となる。レクサスのNX200tで初搭載され、その後はFR車種にも対応させることでIS200t、RC200tあるいはトヨタブランドではクラウンアスリートといった車種で搭載実績がある。

(写真は8AR-FTS型エンジン)
2.0L ターボエンジン トヨタ レクサス

マークXにダウンサイジングターボエンジンの導入でライバルのスカイラインに対抗

一方でライバルの日産・スカイラインは、2014年発売の現行モデルから、海外向けインフィニティQ50の車体が流用されている。なかでも2.0Lターボエンジン搭載モデルであるスカイライン200GT-tが存在感を示しているわけだが、このスカイラインターボのユニットはダイムラーから外部供給されるものであった。メルセデスベンツ車種で幅広く採用されてきたものと同タイプとなっている。

(写真はインフィニティQ50 2.0t)
日産スカイラインターボ

マークXターボはトヨタ製のオリジナルエンジンということになる。スカイライン200GT-tと直接対抗するミドルクラスFRターボセダンということで注目される。

過去記事(2016/05/15)

マークXターボが2016年秋のビッグマイナーチェンジで追加、V6 3.5L廃止

マークX後期型へマイナーモデルチェンジ、8AR-FTSダウンサイジングターボ搭載

2009年に発売された現行マークXは、販売期間7年となるタイミングにある。既にフルモデルチェンジを期待する声もあるが、今秋にビッグマイナーチェンジによる手直しを受けて、現行モデルが延命されることになる。

(写真は現行マークX)
マークX 2012

その中で、話題となっているのがターボエンジンモデルの追加である。既にレクサスIS200tやクラウンアスリートなどにおいて、直列2.0Lのダウンサイジングターボエンジンである8AR-FTS型の導入が進められている。今回のビッグマイナーチェンジで後期型となるマークXにターボエンジン搭載モデルが用意されることはほぼ間違いないだろう。

トヨタ マークX 2012 マークX 2012 トヨタ

マークX V6 3.5Lは廃止、直4 2.5L ハイブリッドの導入は遅れる

そしてラインアップを外れることになるのが、V6 3.5Lエンジンである。先日のレポートでは、エスティマのV6 3.5Lエンジンも2016年6月のマイナーモデルチェンジで廃止となる旨を書いた。V6 3.5LエンジンモデルはFFプラットフォーム、FRプラットフォームの違いを問わず車種を減らすことになる。そして、そのリプレイスとして役割を果すのが、直4 2.4L~2.5Lクラスのハイブリッドエンジンである。

(写真は8AR-FTSダウンサイジングターボエンジン)
2.0L ターボエンジン トヨタ レクサス

ただし、マークXについては、このクラスのトヨタのモデルとしては珍しく、ハイブリッドの設定が無い。プラットフォームが近いクラウンシリーズでは直4 2.5Lのハイブリッドモデルが販売の主力となっており、マークXにも採用されることが予想されるのだが、これはまだ先になりそう。今回のビッグマイナーチェンジのタイミングでは、マークXターボのみが追加され、マークXハイブリッドの登場は予定されていない。

マークXターボが2016年秋に発売、8AR-FTS型2.0L直噴ターボ搭載で後期型へ

次期マークXはFFの可能性、TNGAプラットフォーム採用の4ドアクーペ

次期型はマークXターボ、NX200tの2.0Lダウンサイジングターボエンジンを搭載か

86セダン、BRZセダンの開発は進行中、2.0 DIT搭載でマークX後継のFR車

次期マークXが2013年11月の東京モーターショーで発表か、ハイブリッド搭載

サイオンtCの2014年モデルはFF版86+マークX、ニューヨークモーターショー画像

次期マークXは1.4Lターボ、2.0Lターボの2タイプ、トヨタの新型エンジン工場計画

次期マークXの発売は延期、BMW3シャシー案、NS4プラグインハイブリッド案も

マークXが今夏のビッグマイナーチェンジで3連ヘッドライト廃止、G’sが発売

マークXのマイナーチェンジを実施、G’s追加、フルモデルチェンジは延期

次期マークX(2014年)はFFの1.4Lターボチャージャー

マークX新型二代目(トヨタGRX130系)の口コミ評価と分析

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先