マークXのターボ仕様が2016年秋に追加発売、2.0L直噴の8AR-FTS型ターボ

マークXが秋のマイナーモデルチェンジで8AR-FTS型を導入、モデルサイクル延長

以前のレポートで、マークXにターボモデルが追加発売される可能性について書いた。このプランはまだ生きているようで、2016年終盤を目処に計画されているマークXのマイナーモデルチェンジのタイミングで実現される可能性が高いだろう。

(写真は現行マークX)
マークX

現行マークXは2009年発売のモデルであった。マイナーモデルチェンジを経てここから更にモデルサイクルが延長されることになる。マークⅡ時代にまで遡ったこれまでのモデルサイクル期間と比較しても、現行型は非常に長い期間販売されることになる。

マークX リアコンビネーションランプ

後期型マークXに搭載されるのは直4 2.0Lの直噴ターボエンジンの8AR-FTS型となる。レクサスのNX200tで初搭載され、その後はFR車種にも対応させることでIS200t、RC200tあるいはトヨタブランドではクラウンアスリートといった車種で搭載実績がある。

(写真は8AR-FTS型エンジン)
2.0L ターボエンジン トヨタ レクサス

マークXにダウンサイジングターボエンジンの導入でライバルのスカイラインに対抗

一方でライバルの日産・スカイラインは、2014年発売の現行モデルから、海外向けインフィニティQ50の車体が流用されている。なかでも2.0Lターボエンジン搭載モデルであるスカイライン200GT-tが存在感を示しているわけだが、このスカイラインターボのユニットはダイムラーから外部供給されるものであった。メルセデスベンツ車種で幅広く採用されてきたものと同タイプとなっている。

(写真はインフィニティQ50 2.0t)
日産スカイラインターボ

マークXターボはトヨタ製のオリジナルエンジンということになる。スカイライン200GT-tと直接対抗するミドルクラスFRターボセダンということで注目される。

関連するレポート

[ 2016/08/15 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

三菱自動車、新型エクリプス クロスの日本販売計画有り、2018年の発売

新型BMW 5シリーズ ツーリング、ジュネーブモーターショー2017画像

レクサスがスピンドルグリルに見切り、次期モデルから新型グリルデザインの可能性

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

アウディ・Q8スポーツコンセプトのワールドプレミア画像、新型クーペSUV提案

トヨタが新型コンパクトクロスオーバーSUVコンセプトをパリモーターショーで公開

アテンザ ハイブリッドがテスト中

トヨタが新型i-TRILをジュネーブモーターショーで発表、i-ROAD後継4輪

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

レクサスLS500hがワールドプレミア、ラグジュアリー内装のフラグシップセダン

トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

メルセデスAMG GTコンセプト画像、4ドアスポーツクーペをジュネーブで提案

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産欧州キャシュカイが後期型へ、新Vモーショングリルとプロパイロット採用

マクラーレン新型720S ジュネーブショー画像、日本価格は3338万3000円から

トヨタ・ヤリスGRMNがジュネーブショーで発表、1.8Lスーパーチャージャー搭載

ボルボ新型XC60画像、ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

フォルクスワーゲン新型アーテオンがワールドプレミア、ジュネーブショー画像

フィットがマイナーモデルチェンジ予定、RSで1.0L VTEC-TURBO導入の可能性

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

三菱エクリプス クロスをワールドプレミア、ジュネーブモーターショー画像

ホンダ新型シビックタイプRの量産型が世界初公開、ジュネーブモーターショー

ホンダ新型NSX 米国生産モデルが横浜港到着、日本向け納車スタート

日産、可変圧縮比エンジン搭載のスカイラインクロスオーバーを開発中

NSX後継?ホンダの新型スポーツカー

スバルが新型レヴォーグのティザー画像を公開、インプレッサとの違いは?

ノア、ヴォクシー、エスクァイア三姉妹モデルがマイナーモデルチェンジを計画

新型スバルXVが世界発表、ジュネーブモーターショー2017画像

メルセデスベンツ CLA45 AMGを発表、Aクラス4ドアクーペの高性能モデル

QX50(スカイラインクロスオーバー)がNYショーでマイナーモデルチェンジ発表

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

N-BOXのフルモデルチェンジが今夏予定、ホンダセンシングを軽自動車に初採用

新型V37 スカイラインは2013年発売予定

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

シビック タイプRが1.6Lターボ搭載で2014年発売、日本導入の可能性高い

新型インプレッサ WRX STIの発売は延期、7月の改変でGR、GV型最終モデルへ

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.