次期マークX(2014年)はFFの1.4Lターボチャージャー

マークXは前輪駆動車となり、小排気量+過給器エンジンに

マークXは、2014年のフルモデルチェンジではFF駆動化され、エンジンは1.4Lのターボチャージャー付きになる。
これまでマークXは、先代にあたる1966年~2004年のマークⅡを含めて、FRにこだわった開発が行われてきたが、次期モデルからは大きく方向転換しFFになる。
FF化することにより、これまでFRだから選んできたユーザーにとっては不満なはずだ。
しかし、走りよりも室内の居住性を重視するユーザーが増える中、必ずしもFRでなければならないという事情もある。
FF化により、車体重量は軽量化され、エンジンのダウンサイジングも容易になる。

トヨタはこれまでハイブリッド技術を中心に環境性能を高めてきたが、もう一つの方法として、小排気量+過給器の組み合わせによる燃費向上技術に次は進出する。

1.4Lターボの中型FFセダン、つまりVWパサートを意識した中で、次期マークXの開発は行われるようだ。

マークXのダウンサイジング化は、VWのTSIエンジンがお手本になっている

トヨタをはじめとする、日本の自動車メーカーが近年注目しているのが、VWのTSIエンジン。
小排気量エンジンを使ってダウンサイジングすることで低燃費化、足りない出力はターボチャージャーで補うという方式だ。
ゴルフで1.2L、パサートでも1.4Lという小排気量エンジンに過給器を付けたTSIエンジンの出来栄えが、欧州だけでなく、日本でも評判が高い。
トヨタなど日本メーカーには、ハイブリッドエンジンというTSIよりも高性能な低燃費エンジンの技術を持っているが、全ての車がハイブリッドカーになり得ない現状では、TSI方式も一つの手段として技術力を高める必要がある。
まず、マークXより先行して発売されるのがヴィッツターボ、そして日産ではマーチスーパーチャージャーも来年にデビューする。
ハイブリッド技術は中型車を中心に開発が先行したが、小排気量+過給器の技術は小型車が先行して開発が進むだろう。
そんな中、マークXの1.4L+ターボチャージャーというのは、トヨタとして小排気量+過給器技術の一つの完成形として目標になっている。

関連するレポート

[ 2011/10/09 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.