car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スペーシアの販売が好調、スズキが軽自動車販売で存在感

スペーシアはスズキの軽自動車で最も販売台数が多い

2017年12月にフルモデルチェンジしたスペーシアの販売が好調となっている。

(写真はスペーシア)
スペーシア コンセプト

スーパーハイト軽ワゴンのセグメントでは、ホンダ・N-BOX、ダイハツ・タントの二強状態となっていた。そんななか昨年末にFMCを受けたスペーシアは、月間目標販売台数を従来の8500台から12000台に上乗せされており、製造と販売の両面で強化されてきた。

スペーシア コンセプト 可倒式 スペーシア リアコンビネーションランプ 東京モーターショー2017

発売から半年が過ぎる2019年7月期においても、この月間目標をほぼ達成。同カテゴリ内においては、N-BOXの19,668台に次ぎ、スペーシアは11,843台。モデル末期ながらも人気車種のタントの10,708台を上回る結果となった。

スペーシア カスタム コンセプト フロントグリル スペーシア カスタム コンセプト スライドドア

2018年の軽自動車販売台数はスズキが首位の可能性

近年のスズキは、軽自動車依存からの脱却を図り、スイフト、イグニス、バレーノ、クロスビーといったBセグメントクラス車の拡充が目立った。この流れも一巡だろうか、再びスズキは軽自動車カテゴリでの存在感を示し始めている。

(写真は新型ジムニー)
ジムニー フロントグリル

2018年のメーカー別軽自動車販売台数は、中盤まではスズキとダイハツがほぼ互角の展開であった。ただし、7月にジムニーがFMCを受けており、スズキは月間プラス5000台規模を追加している。このスズキが優位な状況は、ダイハツがタントをフルモデルチェンジさせる2019年前半頃までは続くことが予想され、2018年はスズキが軽自動車販売首位の座を獲得することになりそうだ。

#1 匿名さん2018/08/12(Sun)10:52:37ID:JiMmIzY2mZ
次はジムニーのオープンデッキが見たいな!
#2 匿名さん2018/08/12(Sun)12:07:12ID:c0YzkxM2zY
これも、ジムニー効果でしょうな。
ジムニーを見に、スズキの店に来店して、スペーシアもいいねってね。
#3 匿名さん2018/08/12(Sun)23:40:03ID:YwMmQwOT2M
なるほどねえ。
#4 匿名さん2018/08/13(Mon)05:59:56ID:g5NDg5MzjN
現行スペーシアは2017年12月に登場。ジムニー登場の半年以上前から売れてるわけなんで、ジムニー効果は単なるこじつけ。
しかしこんなに商品性を高めたスペーシアでも、販売ではいまだN-BOXの後塵を拝すとは・・・N-BOX恐るべし。
#5 匿名さん2018/08/13(Mon)12:21:17ID:ZiNmRkY2zN
完全に軽自動車の主流このジャンルに移ったというわけだな
先代はあまりパッとしなかったスペーシアがヒットしてるとなると
デイズルークスも次期型をどうにかしないと取り残されてしまう
#6 匿名さん2018/08/16(Thu)21:53:04ID:M3YWE3YzWN
新型スペーシアはNBOXの当て馬(ネットや雑誌の比較記事)にされた感が多々あったけどそんなに悪い車じゃないからね
私も記事読んでNBOX買わない奴バカだろ〜って思ってたけどNBOXの値引き交渉のネタでスペーシア見積もりしに行った際試乗して内外装見た目の違いはあれどNBOXと大して変わらんかったし
結局NBOX買ったけどやたら走ってるからスペーシアでも良かったかな?と思ってる
#7 匿名さん2018/08/17(Fri)01:03:39ID:MyZGM5ZW2Y
NBOXがショボク感じる

名前(任意)
コメント

車名

スペーシア

スペーシア

代表グレード

ハイブリッドG 衝突被害軽減ブレーキ非装着車

ハイブリッドG

発売日

2017年12月

2017年12月

型式

DAA-MK53S

DAA-MK53S

ボディ形状

5ドア ワゴン

5ドア ワゴン

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1785

1785

ホイールベース(mm)

2460

2460

トレッド 前(mm)/後(mm)

1295/1300

1295/1300

室内長(mm)

2155

2155

室内幅(mm)

1345

1345

室内高(mm)

1410

1410

車両重量(kg)

850

850

エンジン型式

R06A

R06A

シリンダー配列

直列3気筒

直列3気筒

排気量(cc)

658

658

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

64.0×68.2

64.0×68.2

最高出力

52ps(38kW)/6500rpm

52ps(38kW)/6500rpm

最大トルク

6.1kg・m(60N・m)/4000rpm

6.1kg・m(60N・m)/4000rpm

圧縮比

11.5

11.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

27

27

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

30.0

30.0

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ディスク

ディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

155/65R14 75S

155/65R14 75S

タイヤサイズ(リア)

155/65R14 75S

155/65R14 75S

最小回転半径(m)

4.4

4.4

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,274,400円

1,333,800円

車名

スペーシア

スペーシア

代表グレード

ハイブリッドX 衝突被害軽減ブレーキ非装着車

ハイブリッドX

発売日

2017年12月

2017年12月

型式

DAA-MK53S

DAA-MK53S

ボディ形状

5ドア ワゴン

5ドア ワゴン

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1785

1785

ホイールベース(mm)

2460

2460

トレッド 前(mm)/後(mm)

1295/1300

1295/1300

室内長(mm)

2155

2155

室内幅(mm)

1345

1345

室内高(mm)

1410

1410

車両重量(kg)

870

870

エンジン型式

R06A

R06A

シリンダー配列

直列3気筒

直列3気筒

排気量(cc)

658

658

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

64.0×68.2

64.0×68.2

最高出力

52ps(38kW)/6500rpm

52ps(38kW)/6500rpm

最大トルク

6.1kg・m(60N・m)/4000rpm

6.1kg・m(60N・m)/4000rpm

圧縮比

11.5

11.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

27

27

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

28.2

28.2

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ディスク

ディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

155/65R14 75S

155/65R14 75S

タイヤサイズ(リア)

155/65R14 75S

155/65R14 75S

最小回転半径(m)

4.4

4.4

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,409,400円

1,468,800円

過去記事(2017/12/15)

新型スペーシア発売、フルモデルチェンジで全車マイルドハイブリッド搭載

スペーシアとスペーシアカスタムがフルモデルチェンジ発売

スズキはスペーシアおよびスペーシアカスタムをフルモデルチェンジさせ2017年12月14日に発売した。

(写真は新型スペーシア コンセプト)
スペーシア コンセプト 東京モーターショー2017

新型スペーシアの月販目標台数について前回レポートでは15000台と書いたが、これは12000台に下方修正されている。それでも従来型スペーシアを上回る水準となっており、販売シェア獲得の意欲が感じ取られる。

スペーシア コンセプト インテリア 東京モーターショー2017 スペーシア コンセプト フロントグリル

最近のライバル車種の動向は、ホンダ・N-BOXが販売好調ながらも先代型デザイン踏襲の2代目モデルということで飽きられがちなタイミングでもある。ダイハツ・タントはモデル末期でニューモデル投入までまだ1年程度の時間が必要だろう。さらに日産、三菱勢はブランドのネガティブイメージがまだ拭えていない。こういったなか、スペーシアシリーズの販売を拡大させるチャンスでもある。

(写真はスペーシアカスタム コンセプト)
スペーシア カスタム コンセプト フロントグリル スペーシア カスタム コンセプト ハッチバック

新型スペーシアは全車マイルドハイブリッドシステム搭載、N-BOXよりお得感あり

車両価格帯は消費税込みでスペーシアが127万4400円~158万9760円、スペーシアカスタムが151万7400円~190万8360円となる。装備別の比較でもN-BOXシリーズより少し安い印象があり、さらに新型スペーシアシリーズは全車マイルドハイブリッドエンジンを搭載するからお得感がある。JC08モード燃費は最高で30.0km/Lを達成する。マイルドハイブリッドと言えど、発進時にはトルク特性で有利なモーターのみでの駆動が可能なシステムであるから、NAエンジンモデルでも発進時のストレスは少なそうだ。なおターボエンジンモデルはスペーシアカスタムにだけ用意される。

スペーシア カスタム コンセプト スペーシア カスタム コンセプト インテリア

装備面では、パーキング時の周辺視界をナビゲーションモニターで映し出す、全方位モニター用カメラパッケージが用意される。

スペーシア 全方位モニター

スペーシア コンセプト メーター表示

安全運転支援システムのほか、軽自動車では初となるフロントガラス投影式のヘッドアップディスプレイも目玉装備となる。

過去記事(2017/12/01)

スペーシアのフルモデルチェンジ迫る、2017年12月中旬頃に発売予定

新型スペーシア2017年12月中旬発売見込み、スズキの新型車ラッシュ

スズキは東京モーターショー2017でクロスビーとスペーシアの市販前提車をワールドプレミアさせたばかり。先日のレポートではクロスビーが年内に発売されるとお伝えしたが、残るスペーシアについても2017年内の発売が予告されている。

(写真は新型スペーシア)
スペーシア コンセプト フロントグリル

新型スペーシアのプラットフォームはワゴンRと共通となる。パワートレインはハイブリッドが引き続き採用され、出力重視のターボモデルも用意される見込み。

スペーシア リアコンビネーションランプ 東京モーターショー2017 スペーシア コンセプト インテリア 東京モーターショー2017

スペーシアは強気の目標販売台数でシェアを拡大か

まず通常モデルのエクステリアは、スクウェアなヘッドランプが特徴的で、このセグメントで販売をリードするホンダ・N-BOXの影響を受けたものだろうか。スペーシアでは角の丸みが大きく、全体的にも可愛らしい雰囲気に仕上げられている。

スペーシア コンセプト スペーシア コンセプト 可倒式

同時発売されるスペーシアカスタムも、やはりN-BOXカスタムを意識したのか、切れ長のヘッドランプで表情が作られた。グリルデザインはトヨタ・クラウンロイヤル風で上質感が演出される。

(写真は新型スペーシアカスタム)
スペーシア カスタム コンセプト スペーシア カスタム コンセプト ハッチバック

新型スペーシアシリーズの月販目標台数は15000台と、これまでのスペーシアの販売実績からしても強気の数字が出される見込み。値引き、サービスなどを含めた販売体制の強化が予想され、2017年にフルモデルチェンジしたばかりのN-BOXの牙城を切り崩す構えである。

スペーシア カスタム コンセプト フロントグリル スペーシア カスタム コンセプト リアコンビネーションランプ 東京モーターショー2017

もう一つのライバル、ダイハツタントはモデル末期となっており、東京モーターショー2017で次期コンセプトモデルが出されたばかりの段階である。少なくともタントがフルモデルチェンジするまでは、スペーシアとN-BOXの二強状態に持ち込みたいところだろう。

過去記事(2017/11/03)

新型スペーシア コンセプトが東京モーターショーで発表、ほぼ市販型を公開

次期スペーシアは正常進化で新機能搭載、デザインが良くなった

スズキはスペーシアコンセプトを東京モーターショー2017で初公開した。

(写真はスペーシアコンセプト)
スペーシア コンセプト

スペーシア コンセプトとは言いつつも、ほぼ市販モデルと同等とのこと。

スペーシア コンセプト フロントグリル スペーシア リアコンビネーションランプ 東京モーターショー2017

ショーモデル用にデニム調ファブリックや専用カラーなどが施されているが、基本設計は次期スペーシアと同じ。2018年のフルモデルチェンジ発売が予定されている。

リアシート スペーシア コンセプト 乗車

次期スペーシアも室内空間重視の設計は従来型と変わらず。大人4人が十分乗車できるシート位置でも荷室容量はこの余裕。もちろん後席可倒式で自転車の収納が可能な広々ラゲッジに変わる。

スペーシア コンセプト トランクルーム スペーシア コンセプト 可倒式

天井にはサーキュレーターが装備され、広さ以外の部分でも居住性が高まる。

スペーシア コンセプト サーキュレーター

フロントウィンドウ埋め込み式のディスプレイが採用される。写真のモデル女性の腰のあたりに速度表示と簡易ナビ表示が浮かび上がっているのを確認していただきたい。

スペーシア コンセプト メーター表示 スペーシア コンセプト インテリア

出品されたもう一台のスペーシアコンセプト。ほぼ同じモデルが市販型の普及グレードにラインアップされることが想定される。

スペーシア コンセプト 東京モーターショー2017 スペーシア コンセプト インテリア 東京モーターショー2017

スペーシアカスタムコンセプトも発表、迫力のミニバン風エクステリア採用

そして、上級グレードのスペーシア カスタム コンセプトも同時公開された。

(写真はスペーシアカスタムコンセプト)
スペーシア カスタム コンセプト スペーシア カスタム コンセプト リアコンビネーションランプ 東京モーターショー2017

カスタムのほうも細かな仕様変更の可能性はまだあるのでコンセプトモデルと位置付けられているが、基本的には市販型と大きく変わらない見込み。

スペーシア カスタム コンセプト スライドドア スペーシア カスタム コンセプト ハッチバック

エクステリアではトヨタミニバン風の大型メッキフロントグリルが特徴となる。

スペーシア カスタム コンセプト フロントグリル スペーシア カスタム コンセプト インテリア

ホワイト系カラーに加えてエンジ系カラーも公開された。こちらはグリル枠に太いメッキフレーム装飾が採用されている。

スペーシア カスタム コンセプト 東京モーターショー スペーシア カスタム コンセプト リアコンビネーションランプ

新型スペーシアのデビュー時期について尋ねたところ、2018年には発売されると、曖昧な回答であった。ただし、現行モデルで実質的に生産されているのはカスタムZに絞られており、通常モデルについては大幅値引きの在庫販売といった段階に入っている。これから2017年末にかけて新型スペーシアの予約受付が始まる可能性も考えられる。

過去記事(2017/08/25)

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スズキ・スペーシアがフルモデルチェンジ準備、東京モーターショー出品か

スズキ・スペーシアのフルモデルチェンジが2018年初頭に実施される見込みとなっている。今秋開催の東京モーターショーでは次期スペーシアの市販プロトタイプが参考出品される可能性がある。

(写真は現行スペーシア カスタムZ ショーモデル)

現行スペーシアは2013年に発売されたモデル。国内では軽自動車の販売が好調であるが、全高を高く設定することでキャビン容積を大きく取ったスーパーハイトワゴンが特に人気となっている。

(写真はホンダ次期N-BOX)
新型N-BOX

自動車メーカ各社がラインアップするスーパーハイトワゴンであるが、これまで同カテゴリのパイオニアであるダイハツ・タントと、登録車から軽自動車への乗り換えを加速させたホンダ・N-BOXの二大ブランドが販売台数で結果を出している状況だ。

そんななかスズキのスペーシアは販売期間約5年でのフルモデルチェンジが予定されている。プラットフォームは一新され基本性能の向上と軽量化が期待される。そして、同セグメントで唯一のマイルドハイブリッドシステムにも改良が盛り込まれ、現在クラストップの燃費性能はさらに向上することになる。

次期スペーシアの性能は十分、販売のカギはエクステリアにあり

ただし、販売面で優位に立つにはエクステリアがカギとなるだろう。スズキは前々回の東京モーターショー2013でクロスオーバーSUVテイストのハスラーを発表。そのエクステリアが好評となり、想定以上の台数が売れた。エクステリアでハスラーぐらいの評価を得ることができれば、性能面で申し分のない新型スペーシアはN-BOX、タントと並ぶ販売実績を残せそうだ。

(写真はハスラー、東京モーターショー2013)
ハスラー 東京モーターショー

東京モーターショー2017は10月25日(水)のプレスデーを皮切りに、10月28日(土)~11月5日(日)の期間での一般公開が予定されている。

過去記事(2017/07/06)

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

スズキ・スペーシアがフルモデルチェンジ、来春発売の次期モデルに期待

スズキのスーパーハイト軽ワゴン、スペーシアが2018年春頃にフルモデルチェンジを受ける予定となっている。

(写真はスペーシア カスタムZ)
spacia-custom-z-premium

現行スペーシアは、2013年3月にパレットの後継モデルとしてデビューした。販売期間5年のタイミングでフルモデルチェンジとなり次期型へ切り替わることになる。

spacia-custom-z-premium-rear spacia-custom-z-face

スーパーハイト軽ワゴン市場は、ダイハツ・タントがパイオニア的な存在としてリードしてきた。ホンダがN-BOXを発売させてからは、タントとの二強体制でさらに市場規模が拡大しており、登録車から軽自動車への乗り換えの動きが加速している。

そんな中、スズキもパレットからスペーシアへとモデル名を変更してイメージの一新を図るなどしたが、販売台数として大きな結果を残せていない状況である。同セグメントで唯一のマイルドハイブリッドシステムを採用するなど、技術面では先行部分が目立つが、エクステリアあるいは販売促進といった部分で消費者のココロを掴むことができなかったか。

次期スペーシアのマイルドハイブリッドは次世代型へ、低価格ながらもEV走行可能

このマイルドハイブリッドシステムも次期スペーシアでは、次世代タイプが採用される見込み。次世代マイルドハイブリッドはモーター出力が上げられ、部分的なEV走行が可能になるということで、さらなる燃費性能の向上が期待される。ただ、エクステリアやインテリアの部分でも魅力的なものを出さなければ、販売面で実績を残すのは難しそう。

(写真は現行スペーシア)
スペーシア

秋の東京モーターショー2017の開催が迫っており、ここで次期スペーシア市販プロトタイプが参考出品される可能性があるだろう。

過去記事(2017/01/14)

スズキ スペーシアカスタムZ プレミアムを東京オートサロンで出品、画像

新型スペーシアカスタムZに早くもカスタマイズモデルの提案

スズキは開催中の東京オートサロン2017で、スペーシア カスタムZ プレミアムを出品した。

(写真はスペーシア カスタムZ プレミアム)
spacia-custom-z-premium

全高の高いスーパーハイト軽ワゴンの車種として、スズキはスペーシアシリーズを2013年より販売するが、ライバルのダイハツ・タント、ホンダ・N-BOXに対し、売上台数の実績としては負けている。スペーシアカスタムZはそんな状況を打開するため、2016年12月に発売されたばかりのモデルとなる。

spacia-custom-z-premium-face spacia-custom-z-premium-rear

スペーシアシリーズは従来からノーマルとカスタムの2タイプのエクステリアがラインアップされてきた。カスタムZのフロントデザインは従来型モデルとは別デザインが与えられており、悪ミニバン風の迫力あるフロントグリルが採用された。

spacia-custom-z-premium-face spacia-custom-z-face

市販型カスタムZをそのまま出品させても注目度十分であったとは思うが、東京オートサロンはカスタムカーイベントという性格を持っていることもあり、市販ラインアップには設定されていない専用のカラーリングが与えられた。なかでも専用ステージにディスプレイされたモデルは、大粒径メタリックフレークが混ぜ込まれたブラック系塗装が施され、反射光がキラキラと輝くそのボディは夜の街にも映えそうである。

spacia-custom-z spacia-custom-z-rear

次期スペーシアも開発中、カスタムZが予告する次期型エクステリアデザイン

既にスペーシアシリーズはモデル末期の段階となっており、今回のカスタムZは次期スペーシアのエクステリアデザインを占う重要なモデルとして見ている。カスタムZの販売が好調となれば、次期スペーシアカスタムにもこういった押し出し感の強いエクステリアが採用されるはずだ。

過去記事(2017/01/07)

スズキ・スペーシア次期モデル開発中、2017年夏のフルモデルチェンジ予測

スペーシアカスタムZは次期スペーシアカスタムのデザインテストモデルか

スズキではスペーシアの後継モデルの開発が進められており、早ければ2017年夏頃のフルモデルチェンジ発売が予想される。

(写真は現行スペーシア カスタムZ)
スペーシアカスタムZターボ フェニックスレッドパール ブラック2トーンルーフ

現行スペーシアは2013年にパレットの後継モデルとしてデビューした。今年で販売期間4年を迎えることになり、モデルサイクルの短い軽自動車にとっては早くもモデル末期となっている。

スペーシア カスタム Z

スペーシアシリーズには2016年12月にカスタムZとして新たなエクステリアが与えられている。新デザインである大型のフロントグリルを装備することで、迫力ある面構えとなっており、男性ユーザーを意識した商品が設定された。ただし、残り販売期間としては1年を切る状況であり、スペーシアカスタムZは累計では多くの台数が出回らないモデルとなる。それでも新デザインのカスタムZが追加投入されたのは、次期スペーシアのデザインテストを兼ねているのではないだろうか。カスタムZの販売が好調となれば、次期スペーシアカスタムはより男性向けにデザインされるということである。

スペーシア カスタムZ インパネ

次期スペーシアは燃費性能クラストップを維持、ストロングハイブリッドという手段もあり得る

新型スペーシアは、アルトで採用された新プラットフォームがベースとなり、大幅な軽量化と室内空間の拡大が予想される。スペーシアはスズキの乗用軽自動車としては最も全高が高く、車体は重い。軽量化による燃費性能向上の伸びしろは大きく、次期型の燃費性能が期待される。

(写真は現行スペーシア)
スペーシア

現行スペーシアは、同クラスで唯一マイルドハイブリッドが導入されており、既に燃費性能はトップである。今後のライバルモデルの動向によっては、次期スペーシアに新開発のストロングハイブリッドが搭載される可能性も残されており、やはり次期型もクラストップの燃費性能となるだろう。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先