car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スペーシア

スペーシアのフルモデルチェンジ迫る、2017年12月中旬頃に発売予定

投稿日:

新型スペーシア2017年12月中旬発売見込み、スズキの新型車ラッシュ

スズキは東京モーターショー2017でクロスビーとスペーシアの市販前提車をワールドプレミアさせたばかり。先日のレポートではクロスビーが年内に発売されるとお伝えしたが、残るスペーシアについても2017年内の発売が予告されている。

(写真は新型スペーシア)
スペーシア コンセプト フロントグリル

新型スペーシアのプラットフォームはワゴンRと共通となる。パワートレインはハイブリッドが引き続き採用され、出力重視のターボモデルも用意される見込み。

スペーシア リアコンビネーションランプ 東京モーターショー2017 スペーシア コンセプト インテリア 東京モーターショー2017

スペーシアは強気の目標販売台数でシェアを拡大か

まず通常モデルのエクステリアは、スクウェアなヘッドランプが特徴的で、このセグメントで販売をリードするホンダ・N-BOXの影響を受けたものだろうか。スペーシアでは角の丸みが大きく、全体的にも可愛らしい雰囲気に仕上げられている。

スペーシア コンセプト スペーシア コンセプト 可倒式

同時発売されるスペーシアカスタムも、やはりN-BOXカスタムを意識したのか、切れ長のヘッドランプで表情が作られた。グリルデザインはトヨタ・クラウンロイヤル風で上質感が演出される。

(写真は新型スペーシアカスタム)
スペーシア カスタム コンセプト スペーシア カスタム コンセプト ハッチバック

新型スペーシアシリーズの月販目標台数は15000台と、これまでのスペーシアの販売実績からしても強気の数字が出される見込み。値引き、サービスなどを含めた販売体制の強化が予想され、2017年にフルモデルチェンジしたばかりのN-BOXの牙城を切り崩す構えである。

スペーシア カスタム コンセプト フロントグリル スペーシア カスタム コンセプト リアコンビネーションランプ 東京モーターショー2017

もう一つのライバル、ダイハツタントはモデル末期となっており、東京モーターショー2017で次期コンセプトモデルが出されたばかりの段階である。少なくともタントがフルモデルチェンジするまでは、スペーシアとN-BOXの二強状態に持ち込みたいところだろう。

#1 匿名さん2017/12/01(Fri)16:33:16
カスタム = 完全にスズファード
#2 匿名さん2017/12/01(Fri)16:45:31
そういうデザインのほうが一般ウケは良いのだから、仕方がない
#3 匿名さん2017/12/01(Fri)20:13:32
これは、某アルファードは軽並みのデザインだということを訴えているのか。
トヨタ、もっとデザインがんばれよというエールにも見える。
#4 匿名さん2017/12/01(Fri)22:02:16
いや、タントがやる前にやる!
先手必勝でしょ!
そして、ダイハツによって…倍返し!(前の流行語だったな)される?
#5 匿名さん2017/12/01(Fri)22:21:21
目標台数15000台って、
こんな何のウリも特徴もない地味な車がそんなに売れるわけもないだろう
ワゴンRも強気の目標台数だったけど、全然目標に届いてないし
#6 匿名さん2017/12/01(Fri)22:34:16
FMC需要で9000台+不祥事日産三菱から2000台+タント末期で2000台+販売店赤字ノルマで2000台
計15000台
#7 匿名さん2017/12/02(Sat)05:28:47
物事を否定しか出来ない人間って人としてどうかと思うし、心がとても小さいですね。

目標は達成しうるギリギリの高さに設定するのは常識であり、この位に設定しても良いのでは?容易に達成できる目標にする方がどうかと思う。
#8 匿名さん2017/12/02(Sat)09:24:08
♯7
♯5のコメントは、そこまでイヤミ言われるような内容か?
お前のほうが器量が小さすぎると思うがな

今年2月にデビューした現行ワゴンRの目標販売台数は15,000台だった
しかし、だ
2月 12,585台
3月 13,949台
4月 9,654台
5月 8,807台
6月 9,340台
7月 10,609台
8月 8,651台・・・
ギリギリ達成どころか、目標にかすりもしていない
スズキの読みが甘すぎるんだ
現行スペーシアの販売台数を鑑みても、「スズキ大丈夫か?」と思うのはよくわかる
#9 匿名さん2017/12/02(Sat)09:29:40
ちなみに8月発売の新型N-BOXの
目標販売台数は「15,000台」
#10 匿名さん2017/12/02(Sat)09:43:34
2016年1月~12月の累計販売台数だ
N-BOX  166,074台
タント  154,932台
スペーシア  81,654台
デイズ ルークス 54,398台
ekスペース  13,330台
フレアワゴン 7,770台
シフォン  465台 (2016年12月発売)

新型のスペーシアが、15,000台/月を毎月クリアすれば年間180,000台となり、N-BOXといい勝負となるが、果たして・・・
#11 匿名さん2017/12/02(Sat)10:01:07
♯10のように、同じジャンルに非常に類似した車種が乱立するのが
日本市場の大きな特徴(ミニバンもそうだな)
デザイン・走行性能・使い勝手・安全性等、各社ともわずかな違い

「軽」という制約の大きいジャンルで、各社とも細かな工夫でユーザーにアピールする姿勢には頭が下がる思い
正直、これ以上改良しなくてはならないポイントはあるのか?というところまで進化していると思うのだが

現時点では、燃費の数値以外は「N-BOX」が圧倒的な商品力をもっていると判断できる
あとは、デザインの好みや商品のイメージといった点で選べば良い
#12 匿名さん2017/12/02(Sat)10:24:50
いや、近いジャンルに似た車がひしめくのは、何と言っても欧州の各セグメントだよ
どのセグでも敢えてだと思わせる程に似たような車が乱立してる。そこに欧州メーカー以外も入れれば更に

日本人は、欧州車やアメ車というと、日本で売られるイメージリーダー車種で想像するから、個性的に映る
それは当たり前で、日本で売る=必要とする人が多い装備とバランスの普通の車では勝負し辛い=個性のある車種で競合を避ける、ということだから
当然、日本にいると外車のイメージは多種多様と「錯覚する」

一度、車を買い換えるくらいの長期、欧州に済んでみるといいよ
街で見る日常車たちも、カタログ比較する実用車たちも、笑っちゃうくらい似たようなのばかりだから
#13 匿名さん2017/12/02(Sat)11:02:16
♯12の意見は、ある程度理解はできる
ちなみに、仕事の都合でフランクフルトに3ヶ月滞在していたことがある
♯12は住んだことあるかな?

ちなみに、似てるかどうかは人の感じ方によって異なるな
とりあえず、欧州Cセグメントの主要な車種を挙げてみようか

VWゴルフ・BMW1シリーズ・メルセデスAクラス・アウディA3・オペルアストラ・フォードフォーカス・プジョー308・シトロエンC4・ルノーメガーヌ・DS4・アルファロメオジュリエッタ・フィアットティーポ・セアトレオン・ボルボV40・トヨタオーリス・レクサスCT・日産パルサー・ホンダシビック・マツダ3・スバルインプレッサ・ヒュンダイi30、キアシード

これら、「笑っちゃうほど似てる」ようには思えないほどバラエティに富んでいるが
単純なデザインだけでなく、な(なお、個人の感想)

日本の軽スーパーハイトワゴンやミニバンは、各社、より類似性が高いと思う
わざと似せてるのではなく、スペース効率を追求したり、ユーザー受けを狙うとどうしても似てくるのだろう
#14 匿名さん2017/12/02(Sat)11:10:31
ちなみに欧州Bセグメント
似てるかね

VWポロ・アウディA1・オペルコルサ・フォードフィエスタ・ミニの仲間・プジョー208・シトロエンC3・ルノークリオ(ルーテシア)・DS3・フィアットプント・アルファロメオミト・セアトイビーサ・シュコダファビア・トヨタヤリス・日産マイクラ・日産ノート・ホンダジャズ(フィット)・マツダ2・スズキスイフト・スズキバレーノ・ヒュンダイi20・キアリオ
#15 匿名さん2017/12/02(Sat)11:18:46
スペーシアは現在でもクラス断トツトップの低燃費
それでもN-BOXはおろかタントにも及ばなかったな

売りがない、とか書かれてが新型の訴求ポイントはこうだろう
・「スーツケース」をモチーフとした道具感を感じさせるフォルム
・最近流行りの「更にイカツイ」顔つき(カスタム)
・クラス唯一のハイブリッド化(恐らく全車)による低燃費
・最新プラットフォーム採用による更なる軽量化
・デュアルセンサーブレーキサポートによる予防安全性の向上

使い勝手は現状よく知らん
まあ、N-BOXに商品性では負けない気はする

個人的には各社似たり寄ったり
乗るのは恥ずかしいが、買うならムーヴキャンバスが個人的なベストバイ
#16 匿名さん2017/12/02(Sat)11:22:50
年内のフルモデルチェンジは予想外に早かった・・・

現行のスペーシアカスタムZは、ちょうど1年で販売終了か・・・
Aピラーから前のボディパネルを完全に新設計したのに
なんかもったい気がする
#17 匿名さん2017/12/02(Sat)11:35:35
♯13.14
毎度の情報提供おつ。

欧州Bセグ、Cセグのラインアップは多彩だな。

日本の軽やミニバンは、サイズ制約あるから異様なまでに似てしまうのな。
#18 匿名さん2017/12/02(Sat)11:56:15
スペーシアは元々商品力はあったと思う
旧型からハイブリッド化してたし、広さは他と大きく変わらない
売る気が無かっただけ
#19 匿名さん2017/12/02(Sat)13:08:53
そうかな・・・
じゃあ、スズキはほかに何を売ってたの?
#20 匿名さん2017/12/02(Sat)13:20:30
ワゴンR・ハスラー・アルト・ラパン
スペーシアを無視するほどの車種はないね
#21 匿名さん2017/12/02(Sat)15:27:51
NーBOXは失速するに違いないという甘い読みはあるかもね
初代大ヒットからの二代目キープコンセプトは試練だ
#22 匿名さん2017/12/02(Sat)15:31:44
ホンダは大ヒット後の次のモデルが鬼門だからね
#23 匿名さん2017/12/02(Sat)15:37:47
N-BOXの商品力は相当なもの。弱点は少ないな。
強いて挙げれば・・・
・価格は高め(安全装備全部盛り)
・カタログ燃費はいまだに業界3番手
・スタイリングは超キープコンセプトで新鮮味に欠ける
くらいか。
#24 匿名さん2017/12/04(Mon)12:44:29
N-BOXってあれだけ人気なのに月販目標15000台なんだな
ホンダはこれ以上はあんまり売りたくないんだろ
生産規模も拡大させたくない
よって納車は待たされるし、新春セールのスペーシアでも良いかっていう流れは出てきそう
#25 匿名さん2017/12/04(Mon)13:44:22
♯24
違う

N-BOXの「月販目標15,000台」はあくまでも「目標」だ
ホンダはあくまでも「目標」を控えめな数値で発表したのだ

実際、9月1日に発売された現行N-BOXのその後の販売台数は圧倒的だ
9月  26,983台 (タント11,636台、スペーシア9,573台)
10月 21,234台 (タント10,660台、スペーシア6,865台)
と、目標を大きく上回り、ライバルを大きく圧倒する数値だ

残念だが、N-BOXは現在のホンダの屋台骨だ
生産規模を縮小して、商機を逃すはずはないだろう?

この結果に対して、上のコメントにおいて
新型スペーシアの「目標15,000台は達成可能か?」と
いうやり取りになっているのだ
#26 匿名さん2017/12/04(Mon)13:47:18
♯24
例えばさ。
余裕で達成可能な「目標」を掲げ、軽く目標を達成して「大ヒット」をアピールするか?
それとも、社員の士気を鼓舞するために、敢えて高い目標を掲げ、結果失敗してしまうか?
どちらが良いか、だよ。
#27 匿名さん2017/12/04(Mon)13:59:05
目標台数ってほぼイコール生産規模だったりする
#28 匿名さん2017/12/04(Mon)14:06:23
発売直後だから、「新車効果」込みの数値だな
ただし、♯8に記載のワゴンRの「目標15,000台」といい、スズキは市場の読みがあまりに甘すぎる

売りたい気持ちはわかるが、スペーシアで「15,000台」は残念だがかなりハードルが高いのでは?
#29 匿名さん2017/12/04(Mon)17:38:13
カスタムはともかく標準は現行以上におもちゃっぽく見えて現行以上に売れないんじゃないか?
あとドアサッシュはOPでブラックアウトするもんがなければ厳しいぞ
#30 匿名さん2017/12/04(Mon)17:59:43
2トーンカラー選択の際、センターピラー以外のドアサッシュを、
「敢えて」塗り分けないデザイン手法は、賛否両論だろうな
個人的には、ものすごく違和感を感じるが、慣れの問題かな

ま、ブラックに塗ってしまえばN-BOXとどこが違うのわからなくなるから
個性を出したんだろうな(現行モデルもそうだけど)

スズキのことだから、発売1年後に、特別仕様車「●●リミテッド」で
ドアサッシュはすべてブラックに塗る仕様を出すだろう
#31 匿名さん2017/12/04(Mon)20:32:04
カスタムはともかく標準は現行以上におもちゃっぽく見えて現行以上に売れないんじゃないか?
あとドアサッシュはOPでブラックアウトするもんがなければ厳しいぞ
#32 匿名さん2017/12/04(Mon)21:40:52
軽自動車は日本国内の規格だから、N-BOXだけが売れても利益は低い(研究開発費に対してマーケットが狭い)だろ。それに、同じモデルが売れ続ける訳がないことも知っている。
ホンダもバカでは無いと言うことだ。
#33 匿名さん2017/12/04(Mon)21:51:52
スペーシアのアドバンテージは、この規格でハイブリッド車モデルを持っていることで燃費で勝っている点か…。(ギラギラした顔も勝ってるか)
もう少し、個性的でも良かったな。
#34 匿名さん2017/12/05(Tue)05:15:47
新型の訴求ポイントはこうだろう
・「スーツケース」をモチーフとした道具感を感じさせるフォルム
・最近流行りの「更にイカツイ」顔つき(カスタム)
・クラス唯一のハイブリッド化による低燃費
・最新プラットフォーム採用による更なる軽量化
・デュアルセンサーブレーキサポートによる予防安全性の向上
#35 匿名さん2017/12/05(Tue)06:21:07
♯29 ♯31
え?新型の標準車、可愛いじゃん。女の子やママさんにうけそう
http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/special/teaser/

ただ、ピンクはちょっと彩度が高すぎる気はする
#36 匿名さん2017/12/14(Thu)14:18:12
本日発売された!
上で話題となった月販目標台数は「12,000台」だって!
N-BOXにどこまで迫れるかな・・・
#37 匿名さん2017/12/14(Thu)17:03:20
燃費の数値が先代よりかなり悪化してて意外だった
まあカタログスペックの話だけど

それでもクラストップは維持!
#38 匿名さん2017/12/14(Thu)21:00:51
燃費の表示方法が変わったんでないかい?
これからはより実燃費に近いように。市街地、市内地、高速とか別れてたな。
#39 匿名さん2017/12/14(Thu)21:08:15
♯38
それ、WLTCモードのことね

残念ながらスペーシアはまだ「JC08モード」のまま変わってないよ
車重は先代より+10㎏くらいで、そんなに数値が落ちる要素が
ないけどな・・・
例のグレーな不祥事の影響で、過剰な数値を控えたのかもしれないな

名前(任意)
コメント